プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日、8月5日は「永琳様の日」です!

ま、別にこの日が永琳様のお誕生日とかそういう訳ではなくて
単なる語呂合わせ・・・・、永琳様のお名前の「八意永琳」=「やごころえいりん」にかけて
「8月5日頃は永琳の日」という東方の一つの記念日が成立したようですね・・(笑)
有名な所では、「5月14日はこいしちゃんの日」とか「3月7日は早苗さんの日」とか「⑨月⑨日はチルノの日」とか
「8月9日は博麗霊夢の日」とかありますよね!
面白い所では「毎週金曜日はカレーとムラサの日」というのもあったりします・・・(笑)
ちなみにですけど、
8月5日は「秦こころの日」でもありますし、翌日の8月6日は「妖夢の日」でもあります。

東方Projectの世界に登場するキャラって、神主であるZUN様が明言している通り、基本的には
登場するキャラはほとんどが「可愛い少女」みたいな印象が大変強いのですけど
やはりそうした中にあって、永琳様のあの大人びた風情とかしっとりとした情感とかたたずまいなんかは
明らかに他の東方キャラとは一味もふた味も違うな~なんて思いますね。
八雲紫様・・ゆかりんもそうした「明らかに他のキャラとは違う雰囲気」があるのですけど、
ゆかりんの場合は明らかに威圧・威厳みたいなものを感じさせ、その点は八坂神奈子の雰囲気と似ているものが
あるのかなぁ・・とも思ったりもしています。

そうですね、永琳様の場合、

大人の女性・・

一人の人間としても尊敬と畏敬の対象・・・

あの「凛とした雰囲気」がとにかく素敵で憧れる・・・

みたいな印象が大変強いです。

永琳様は、幻想郷内では大変貴重な凄腕薬師として活躍をされていて、現在は弟子のうどんげちゃんを
使って(こき使って・・?)
幻想郷内の各家庭における「置き薬」配備の営業展開もされていますし、場合によって「女医」みたいな役割も担って
往診とか急患患者が永遠亭に運び込まれた際の治療なんかもされているようです。
時には手術なんかもされているみたいですけど、あれを見てしまうと単なる「薬師様」の領域をとっくに超越し、
本当に幻想郷内では、絶対にいなくてはいけない存在になっていると思います。

だけど・・・・

永琳様の本当の「真意」とは何なのだろう・・・

永琳様の真意としては
「出来れば極力目立たぬように・・・ひっそりと息をひそめて生活をしていきたい・・・それが、輝夜を守るための
一つの最善の策」と思われているのかもしれません。
輝夜を守るために月の使者を全員ぶち殺してしまうほどの「悲愴な覚悟と決意」を持った方が
どうして幻想郷内の人里等での妥当な金額以下での医療活動をされているのでしょうか・・・?
世の中の「不滅の名言・格言」として「タダより高いものはない」と言いますからね。

「蓬莱の薬」を飲み不老不死の永琳様は・・・・どこかで「寂しい・・」という気持ちは少しはあるのかな・・とも思ってしまいます。
だからこそ永琳様は・・・・
「それならば・・この永遠の時間を怠惰に生きるのではなくて・・・
何かをしたい・・・
何かをやっていないと・・・私は・・・生きている気がしない・・」という風に思われているのかもしれませんし、
やはりそこには・・・
「輝夜と共に生きる!」という決意と生きていくからには少しでも楽しみたい・・
という「何か飄々とした開き直り」みたいな意志も感じたりもします。

そして何よりも・・・・

永琳様としては・・・・

そんな無償の行為を「純粋な好意」だけでやっているのではないな・・・とも感じます。

やはり・・・

何か・・・目的が・・・「隠された大きな意図」があるような気がします。

それでは永琳様が意図している事とは何かと言うと・・・

要は・・・「臨床実験データ」ではないのかな・・・と思います。
膨大な家庭に「置き薬」を置いて・・・・各家庭の「情報」を取る・・・
そして・・・
その中で・・・永琳様にとってなにか気になる症状の患者が出た場合・・・勿論好意で治療はするけど
「この新たに調合した薬はこの症状に本当に合うのか・・・副作用はどうなんだ・・」とか
「この間は人間だったけど、では妖怪に対してはどうなのか・・」とか
要は・・・・色々とデーターを集めて
それをもとに何かとてつもない「新薬開発」に務めているのが実は・・・「真の目的」なのかな・・とも
思ってしまいますね。
そして・・・・
その「新薬」とは何なのか・・・・
そうですね・・・・
例えば・・・
蓬莱の薬を飲み不老不死になったとしても、それを無効にしてしまい、自身にも自然と「死」が訪れる薬とか・・・
はたまた・・・
幻想郷に関わる人達全てを「月の民」に変えてしまう薬とか・・・

そうですね・・・あのゆかりん・・八雲紫様を「毒殺」してしまうような薬の調合とかを
もしかしたら意図されているのかもしれません。

それではどうして永琳様はゆかりんの毒殺を考えているのか・・・・
永琳様はゆかりんのどういう点を不気味に感じ、脅威として感じているのか・・・
その辺りについては、実は偶然なのですけど、二日後の「ゆゆ様 その⑤」の記事で触れさせて頂く予定に
しておりますので、ここでは割愛をさせて頂きたいと思います。

ただ一つ言える事は、
永琳様の幻想郷内におけるそうした医療行為と言うのは、
永琳様にとっては人助け+暇つぶし+臨床実験データ確保という意図があるのかもしれないのですけど、
そうした永琳様の行為というのは、実はあのゆかりんが意図する「幻想郷内の人と妖怪のパワーバランス」を
崩す危険性も実は秘めていて、
そのあたりがもしかして「東方儚月抄」のおけるゆかりんの「第二次月面戦争」を意図した動機ではないのかなとも
思ったりもしています。
ゆかりんが一番恐れる事は、幻想郷内で、人間たちが現況よりも強い力を持ってしまい、
妖怪の勢力を凌駕する事なのだと思います。
だからこそ、ゆかりんは藍を使って幻想郷内を日々チェック&パトロールし、
人里内において「座敷童」という監視用のスパイを放ち、人間たちの動向を日々確認し、
人間たちが妖怪たちの力を超える事が起きないように日々苦労をしているのだと思います。
永琳様のそうした人里における医療行為というものは、ゆかりんの視点では
「人間たちの治療行為と言う延命行為を図る事で、必要以上に人間たちの寿命を延ばしている」とか
「永琳は、月世界出身という立ち位置ながら、幻想郷内では明らかに妖怪側といち立ち位置に立たず、
明らかに人間側の肩を持ちすぎている・・」
「これはいずれ、幻想郷内のパワーバランスを崩すきっかけになるのではないのか・・」
「永琳の危険な兆候は今のうちに摘んでおく必要がある」
「永琳に対しては、郷に入れば郷に従え! つまり、幻想郷内においては幻想郷のルールに従ってもらわらないと困る」
みたいな事を感じているのだと思われます。

だからこそ・・・ゆかりんは「「東方儚月抄」においては、
別に月侵略とか第一月面戦争の敗北の雪辱を果たすという意図は、全くないのではないか・・と
私は考えております。
なぜなら・・・
ゆかりんの「東方儚月抄」におけるターゲットは永琳様唯一人だからです!
ゆかりんの意図は「永琳様に対する警告」なのだと思います。

あ・・この辺りを語ってしまうと8/7の「ゆゆ様 その⑤」で語る事が無くなってしまいますので
今はここらで止めておきたいと思います・・・(笑)

さてさて・・・永琳様は、私の脳内妄想では「臨床データ確保」とか「新薬開発」のために
幻想郷内における置き薬配備という事をやっていると解釈しているのですけど、
それについては、既に「東方文花帖」の中の射命丸文の永琳様に対するインタビュー記事でも
表れていたような気もします。

永琳様は、実は「胡蝶夢丸」という新薬も開発しています。
これは服用した者が、睡眠時にとてもよい夢を見れるようになると言われている薬との事で、
「精神を休める目的の薬」というのが永琳様からの説明のようです。
あややとのインタビューも結構これが面白くて、
永琳様としては「文々。新聞」にこの胡蝶夢丸の事を記事にしてもらったはいいものの、
反響がイマイチであった事に不満があったみたいで、
あややに「この新聞は一体どこに主に配布しているの?」みたいな事を問いただし、あややから「天狗仲間」と聞かされると、
「学級新聞みたいなものね・・」と皮肉交じりに感想を述べているのが
なんかとっても楽しいです。
あ・・ちなみにですけど「東方鈴奈庵」を読んだ限りでは、最近の文々。新聞は、鈴奈庵という人里でも
販売をしているみたいですので、少なくともこの文花帖あたりの頃よりは購買層は多少は広がっていると言えるのかも
しれませんし、今だったら多少は人間たちからの問い合わせ・反響もあるのかもしれないですよね。
このインタビュー記事の中で永琳様が突然「べらんめえ口調」になり、
あややから「どうして急に江戸弁になるのですか・・・」とツッコまれていたのもなんか面白かったです。
ちなみにですけど、あややがこの胡蝶夢丸を飲んでもあまり効果がなく、
普段よりも「ゆっくりとしか空を飛べない・・」という感想を述べていました。
一応この薬には「ナイトメアタイプ」というのもあるそうで、永琳様はあややに対して、そのナイトメアタイプを飲めば
「早く飛べる夢を見るんじゃないの・・?」と言っていたのがなんか面白かったです。








上記の永琳様のイラストなのですけど、
こちらを描かれたのは、当プログの大切なブロとも様のお一人で、
「五月雨日記」<仮の宿>を管理運営され、
ご自身はリフル社会では薬剤師を務めれ、また別のお顔として自作創作小説のライター兼絵師をされている
とってもとっても魅力的な風月時雨様です!

永琳様は上記で書いた通り「薬師様」ですので、
まさに風月時雨さんとの素敵な共通点がありますよね!!
リアル社会でのご自身の職業と二次元キャラが被る事はそんなにある訳ではないとも思いますので
そういう意味においては、薬剤師様が素敵な薬師様のイラストを描かれるというのも
実は「一つの素敵な幸せ」と言えるのかもしれないですよね。

風月時雨さんが描かれたこの永琳様は、そうですね・・・
「輝夜は私が守る!!」という強い意志としての永琳様というよりは、
むしろ優しさ・・・しっとりとした情感みたいな「慈愛」の方をより強く感じさせる素敵な永琳様だと思います。

実はなのですけど、風月時雨さんが東方キャラで一番好きというのか尊敬されているキャラと言うのは
この永琳様なのです!

風月時雨さんがこのイラストを乗せられた記事の中で一部を引用させて頂きますと、

「彼女は…優しく芯が強く、
そして「薬師」としての才能を尊敬しているキャラクターです。」

との事なのですけど、そうですね、本当に風月時雨さんの「永琳様・愛」が伝わってくるとっても素敵な一文だとも
思います。

風月時雨様の当時の記事をご覧になりたい方は是非こちらから・・! → 永琳とアンケート

またこの記事においては、風月時雨さんの商業誌への投稿に対するお気持ちも述べられていて
大変興味深いものはあります。

また・・・別の記事においては、
風月時雨さんの社会人デビューを果たされる前の事・・・・
薬剤師としての国家試験を受けられる頃の風月時雨さんの様子も少しだけ窺う知る事も出来て
大変興味深いものがあります。
この記事において、風月時雨さんは「東方の本命は永琳!」と言われていますけど、
その辺りは既に、ご自身の職業との共通性を既に予感されていたのかもしれないですね。
そしてこの記事が風月時雨さんの記念すべき「東方初記事」だったのでした!

全体的にとっても初々しい感じが伝わってきて、とっても新鮮で素敵です!!

この記事をご覧になりたい方は・・・・ → 本命は薬師

風月時雨さん、いつも本当にありがとうございます!!

リアル社会でも、是非是非あの永琳様を目指して、頑張って頂きたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

素敵なイラストですね!(>◇<)❤
う~ん、ぬくぬく先生の記事を読んで、またひとつ勉強になるとともに、永琳さまへの興味が出てきましたよ!(=◇=)❤
東方は、本当にすてきな世界ですねえ…!

東方は本当に奥が深い世界です!

Baby pink amy 様


風月時雨さんが描かれた永琳様のイラストを褒めて頂きありがとうございます!

これを書いた御方は現役の薬剤師さんでもありますので、やはり「共有する想い」は強いものがあると
思いますね。

東方はストーリーというか多様で個性的なキャラ同士の絡みが大変面白いものがあり、
それが更に一層奥深い世界に仕上げていると思います。
東方は、霊夢・魔理沙という主人公が既に確立化された作品なのですけど、その二人を巡る
準レギュラーのキャラとの絡みが大変面白いものがあると思います。

こんばんは。本日は連続でのとっても素敵なコメント、そして先日はとっても
嬉しいご紹介記事、改めての40記事達成のお祝い、労いのお言葉…等など
誠にありがとうございました☆お体の事は引き続きお大事になさって下さいね。

まず昨日、とってもとっても魅力的に書いて頂けた永琳記事についてですが…
「類は友を呼ぶ」という感じで、やはり大好きな2次元キャラと職業がかぶる
のは素敵な幸せだなぁと改めて感じました。あの作品は…本当に拙い部分が多い
ですが、優しさ、しっとりした大人の情感、慈愛を感じて頂け嬉しいです♪
アンケートの事、私の永琳愛についても取り上げてくださってありがとです☆
更には…かなり昔に書いた初代東方記事のご紹介まで…!あの頃はまだガラケー
だった事もあり、画像も見にくかったり、文章も…ブログに慣れていない感じも
して(苦笑)とっても初々しいですね。引き続き、憧れの永琳のような女性を
目指して精進したいですっ!!

プリキュア記事のリンクもありがとうございました☆フェリーチェとこころ
ちゃんの…「スカートの膨み具合」という共通点については全く意識して
いませんでしたが…2人共似合いますよね♪ 素敵と褒めてくださったり、
幸せになる言葉の魔法をいつも本当にありがとうございます!!


儚月抄の小説版読破のお祝いもありがとです☆表紙にも登場した輝夜、そして
裏表紙をど~んと飾ってくれた永琳の視点でも書かれたり、挿絵がとても多く
豪華で独特のタッチも素晴らしくとても嬉しかったです。
最終的な黒幕は…漫画版の「底」の表紙を飾ったあの方々ですね(笑)
紫様の考えを悟った影の功労者の幽々子様もすごかったですし、最大の
ヒロイン・紫様の幻想郷愛はまさに…世界に広がるビックな愛!でしょうか(笑)
あの永琳に永遠の不安感を与えてしまうのは…さすがですね。
いつか儚月抄の紹介記事も書けたら良いなと思います。

それから…あの時の答えは、青娥だったのですね…!小町が狙う対象については
今まで意識はしていなかったのですが、仙人達の苦労を感じました。華扇は
理解者・情報提供者な小町と仲が良いのですね!来週ついに!通販で頼んだ
茨歌仙が到着予定なので、その辺りにも注目して読んでいきたいです。
いつかは全部集めて早苗の変化…というか進化…?も見たいと思います!鈴奈庵、
三月精も引き続き集めたいです。サニー…を始め三月精は皆幼めで可愛いですよね!

私が描いた青娥、とっても可愛い、とっても爽やか、涼しげ…等々褒めてくださり
ありがとうございました☆原作の青娥も…見た目が本当にロリっぽい純狐程では
ないですが…人妻というよりはキュートな少女のイメージですね(笑)そして
ああいったわっかのような髪形は…キュアドリーム、ナズーリンも連想しますね♪

また体育座りについても褒めてくださりありがとです!見えそうでみえない、は
個人的には「想像の美学」からのポリシーなのですが(笑)、見えてしまう部分を
しっかり描けて更に「萌え」を感じられる絵を描かれる絵師様はすごいなぁ…と
尊敬しています。屠自古は烏帽子もチャームポイントの一つですよね☆
やんちゃな一面を感じて頂け素敵と言って頂け嬉しいです!


ここからは東方質問コーナーについて書かせて頂きますね!
まず描きたいネタは…たくさんあるのですが(笑)、「どんな衣装でも」と衣装を
変えるとしたら…もんぺのイメージが強いもこちゃんに女の子らしい格好をさせた
絵…でしょうか(笑)恥ずかしがるか不機嫌になるか意外にノリノリになるやら…
ポーズはその時の衣装によりけりかなぁと思います!普段の衣装だとハクタク化
慧音や「輝夜は私が守る!!」という強い意志を持って弓を構える凛々しい永琳…
等はいつか挑戦したいです!!

続いて水着は…メイドカチューシャを装着しながらも、違和感なく美しい体を
披露してくれそうな咲夜が似合いそうなイメージです!他には…グラマーで
シンプルな水着姿が合いそうなのは勇儀、スクール水着に限定すると(笑)
チルノ、てゐ、キスメかなぁと思います。でも東方は皆可愛く美しいので、
それぞれに似合う水着を皆ばっちり着こなすだろうなぁと思います(笑)
セーラー服は…現代っ子ぽいイメージもある早苗が合いそう!と思います♪
検索してみると…セーラー服を着こなす早苗がたくさん出て目の保養です(笑)

そしてもしも霊夢が…そんな展開になったら、紫様は霊夢を放置せず、報復
だろうなぁと思います。なんだかんだで紫様は霊夢とは特別な絆を感じますので
形は直ではなくても、裏から何らかの方法で霊夢を解放する行動に出ると思います!


また、めだ箱記事からががしぶ愛を感じて頂け幸いです♪副会長戦の時もががしぶ
については語ると思いますので…ががしぶ愛に呆れて頂けると思います(笑)
掲載日のご連絡、そして素敵な常連様からのお誉めのお言葉のご報告、誠に
ありがとうございました☆私の作品を素敵とお誉め頂けとっても嬉しいですし
また本人様にもお礼のコメントに行こう!と思っています!そしてやはり
本当にすてきな東方の世界に興味持って頂けた大きなきっかけになった
ぬくぬく先生様の「文章力」は改めて素敵!と感じました♪

それからめだ箱の怒江ちゃんと東方キャラ達と通じるものがある、というのは
ぬくぬく先生様ならではの素晴らしい「気付き」ですよね…!怒江ちゃんの
「役に立っていいんだぁ…」は本当に名言ですよね。何かしたい!という前向き
な気持ちはとても尊いものと思います。さとりは…そのままのさとりも魅力的
ですが…いつかオープンマイハート!して欲しいな…と思ってしまいますね。
そして良い方向に変わっていけたら、誰かに「貢献」するようになったら、
更に魅力が増すだろうなぁと思います!!

次の東方更新は…誰にしようか迷い中です(汗)その時にこの記事やまほプリ
記事にリンクを貼らせて頂く予定なので、やはりぬくぬく先生様の
ブログでも触れられていたり、今後触れられそうなキャラにしたい!と
思っています。ちなみにパルスィは…記事の内容がドロドロしそうなので(滝汗)
まだ保留状態です。私のドロドロしそうな所はカットするのも良いかも…?(苦笑)

今日の更新のキュアビートは…少しでも涼しい気持ちになって頂けると幸いです!
ちなみに本日紹介させて頂くブロガーさんとお話するきっかけは…なんと…!
ぬくぬく先生様とのお話から生まれたプリキュア×東方コラボネタの1つ、
やよい&なおちゃんの東方コスプレネタでした。大げさかもしれませんが
あの作品を描かなければ…今もその方とお話できていないかもしれません。
きっかけをくださったぬくぬく先生様にも改めて感謝の気持ちでいっぱいです☆

水分補給につきましては…私の場合は「ガブ飲み」してしまったせいなので
(苦笑)ぬくぬく先生様は大丈夫かと思いますよ!そちらも暑い日が続いているか
と思いますが、引き続き暑さに負けないようにお過ごし下さいね。長文失礼
しました。今後のご更新も楽しみにしています♪では読んでくださり、
ありがとでした☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3073-ddd278ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |