プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーーーーーん、困っちゃったな・・・・(笑)

「魔法つかいプリキュア」の放映が2月に開始されて以降、初めての事だと思うのですけど
「なんか感想が書きようがない・・」という感じです・・

見る人の感じ方・捉え方ではーちゃんのあの「しょっぱいクッキー」に関するみらいとリコの対応についての
評価がなんか思いっきり割れそうな感じがあるのかな・・と感じた事もありましたし、
「なんか違うんだよな・・・」と第26話を最初に見た時は、「微妙な違和感」を感じたものでした・・・






だけど、そんな事よりもこの回は二つの事でまさに「ぴっくらぽん」状態でした・・・

一つは、敵幹部のヤモーが今回でついに退場!!

え・・・・次週以降は、プリキュアたちが戦う相手すらもいないという事なのかな・・・?
今後ですけど「キュアフェリーチェ」も加わった3人体制でのプリキュアショーも全国各地で随時開催されていくと
思われるのですけど、
現状ですと・・・・
なんと、プリキュアたちの戦う相手の敵幹部さんが全員まさかの浄化状態ですので
誰もいないのですよね・・・
物語の中盤で、敵幹部がほぼ消滅なんて、まさかの最終決戦状態になってしまうなんて、
これは初代【無印】にてなぎさたちが光の園から戻ってきたばかりの頃の状態となんかよく似ていますよね・・・
初代の場合は、それからすぐに新しい三人組が登場してきましたけど、
ヤモーがヤモリという元の姿に戻ってしまいましたのでも一体どうするのでしょ・・・?

と思っていたら・・・

例の上空から戦況を見つめているだけのあの魔神みたいなのが

「なぁんだ、あっけねぇの。
仕返しとやらがすんだら、色々面倒事を押し付け…いや、あのお方からの大事な仕事をまかせようと思ったのによう・・」
「まぁ所詮は魔法…この程度か・・」

みたいな事を呟いていましたので、
あの魔神の更に「上のボス」というのか真の黒幕が魔法つかいプリキュアにはいるんじゃないのか・・・という事
なのかなぁ・・と思います。
それと・・・・何やら「魔法」すらも凌駕してしまう「とてつもない何か暗黒的なもの・・」みたいなものも
これから登場するんじゃないのかという事を示唆していましたけど、
どちらにしても物語が中だるみしない内に、「新しい敵幹部」・「プリキュアたちの真の敵」みたいなものは
ちゃんと提示した方がよいのかもしれませんね。
だけど、今はとにかく「はーちゃん強化月間」ですし、
関西方面の方は8/14が一回お休みと言う事もあり、この期間内は傾向として
物語は進展しない・・・・というパターンがありますので、
このあたりは新学期以降から本格的に描かれていくような感じもありますね。

それと二つ目ですけど、あれれ・・・・はーちゃんの例の屋根裏部屋の壁に飾られていた
みらいたちが作った「ビーズ」がいつの間にか・・・撤去されていましたよね・・・(笑)
あれって、みらいのママがさすがに「これはとちとやり過ぎなのかも・・・」と思い、さり気なく撤収してしまった
と言う事なのかな・・・?

さてさて・・この第26話にて評価が分かれてしまいそうなあの「クッキー」のシーンなのですけど、
その前提として、
ことはちゃんとしては、
「自分は本当にみらいとリコの役に立っているのだろうか・・二人の足を引っ張っていないだろうか・・」とか
「私の存在意義ってなーに・・?」とか
「やっぱりエメラルドを持っている私といるから、みらいとリコが大変な目にあっちゃうのかな…」
といった内在的な「不安」を抱えているのかな・・とも思ったりもします。
ま、こうした「私は本当に二人に何か貢献出来ているのだろうか・・・」みたいな三人目のプリキュアの「不安感」
みたいなお話は、初代【MH】の中でも出てきましたけど、
あの時、シャイニールミナス=九条ひかりの「不安」をそのまんま受け止めた上で
「あなたはそのままでいい・・」と諭すほのかのおばあちゃんのさなえさんが本当に素敵でした!

ことはちゃんはどちらかというとまだまだ未熟なプリキュアですから、
ヤモーの言葉とかたまたま見た悪夢によって、ついつい動揺してしまう所が多々あり、
結果的に・・・
「私がいないほうがいいんじゃないのか・・・」みたいなある意味安直な発想になってしまうのは、むしろこれは仕方が
ないのかもしれません。
ま・・・それ以前の話なのですけど、キュアフェリーチェのこれまでの向かうところ敵なし!状態の
あの例の「一人無双状態」を見せつけられてしまうと、
「いやいや、はーちゃん、それは違うよ・・・」と言いたくもなってしまいますし、
「みらいとリコが大変な目に遭ってしまうのは、そりゃ・・・二人の先輩さんたちがあまりにもポンコツだから、
仕方が無いよ・・・」とフォローしてあげたくもなりますよね・・・(笑)

ことはちゃんは、みらいとリコの前から姿を消す事を決意し、その「餞別」という意味を兼ねて
「クッキー」を焼くのですけど、実はこのクッキー、砂糖と塩を間違えて
相当しょっぱいクッキーになっています・・・
あれれ・・なんかこの話どっかで見た事があるような気が・・・・と思っていたら
スマイルのみゆきの「母の日」回において、育代さんのために淹れてあけだコーヒーに間違えて
砂糖じゃなくて塩を入れていましたよね・・・(苦笑・・)



81e1f117-s_convert_20160802163347.jpg




はーちゃんがクッキーを焼く際の苦戦ぶりは中々楽しいものがありました!

はーちゃんが卵を割るのに苦労している様子は、どっかのドキドキしている先輩の某アイドルさんを
なんだか彷彿としちゃいますよね・・(笑)

最初に第26話を見た際の率直な印象としては、
「え・・・なんでみらいとリコちゃんの二人は、ことはに本当に事をあえて伝えないのだろう・・・」
「そんな激マズクッキーを美味しそうに食べているのは実は二人の演技だったと万一ことはちゃんが
気がついたら、一番傷つくのはことは自身なのではないのかな・・・」
「三人の友情の真価を試すうえでも、ここは、あえて言いにくい事でも
友達のためなんだから・・・と
心を鬼にしても、これはまずい、食えたもんじゃない・・・と言った方が
むしろことはちゃんのためじゃないのかな・・・」というものでした・・・

そうですね・・・・最初にこの回を見た際は、なんかみらいとリコのあの演技がなんかヘンに大人ぶっているみたいな
違和感も感じ、
「うーん・・なんかそれ違うんだよな・・」と感じたのは事実です。

だけど・・・

あの回をよーく見てみると、上記で私が感じた事は、ちょっと「的外れ」だったのかもしれないです・・・

上記で私が述べた事は、あれはあくまで「三人が対等なパートナー」とか「三人の信頼しつくした友達どうし」という
事ならばそれで間違いではないと思うのてすけど、
今作の「魔法つかい」の場合は、その点が少し異なっていて、
そうですね・・・
ことはの立ち位置は、まさにみらいとリコの「ふたりの大切な子ども」という立ち位置と言った方が
むしろ良いのかもしれません。
事実、魔法界にいた頃より、あんなに小さかったはーちゃんをここまで育て上げたのは、
まさに・・・みらいとリコの二人なんですよね!
確かに、キュアフェリーチェとしては「一人無双」の如くとてつもない強さを発揮しているのですけど、
変身前のことはちゃんとしては、まだまだ半人前で未熟・・・
どちらかというと、みらいとリコの二人に精神的に大きく依存していると言えるのかもしれません。
そうした観点から例のクッキーシーンをもう一度ながめてみると、
あれは、まさに「友達」としてではなくて、みらいとリコの二人は明らかに「母親的な慈愛」からことはちゃんに
接しているような感じがしてならないのです。
別に甘やかしているといかそういう訳ではないのですけど、
「この子が自分達のためにクッキーを焼いてくれた・・」という事実だけで私達は純粋に嬉しい・・・という
事なのかもしれないですし、
そうした一つの「親バカ」的側面が、あのしょっぱいクッキーでもおいしく感じてしまう所以なのかも
しれないですね。

「でもそんな大事なことを1人で決めるなんて」

「どうして私達に話してくれなかったの?」

「2人だって私に言ってくれなかった!クッキーがしょっぱいって、ほんとは美味しくないって・・」

「嬉しかったの・・・!」

「はーちゃんが私たちの為に一生懸命作ってくれた!!」

そうですね・・・・

みらいとリコちゃんは自然にはーちゃんを気遣ってくれたとも解釈できますし、
この場合は、二人はまさに「大人の対応」だと思いますし、またまた・・・
「クッキーがまずくても、その心意気が嬉しかった!」という母親として子供を思う心遣いも素晴らしいといえると
思いますし、
とにかくあのクッキーのシーンは、
みらいとリコちゃんの「私達の大切な子ども!!」という意識が遺憾なく表れていたと思いますし、
あれはまさに二人の「母性愛」そのものなのだと思います。
そして母性愛は、別の言葉で言うと「親バカ」なのかな・・とも思ったりもします・・・(笑)

こういう関係性は歴代プリキュアでは珍しいのかも・・・

大抵は「対等なパートナー」とか「友達」という関係性に焦点が当たりがちなのですけど
二人の母親にはーちゃんという子供という言わば「親子関係」みたいな関係性というのは
意外と新鮮に感じたりもしますね!



fde4eb45-s_convert_20160802163515.jpg



最後に・・・

最近、はーちゃんのみらい化&リコ化が止まらない・・・という感じですね・・・

最近は「わくわくもんだしぃー」をよく連発していましたし、
今回は、リコちゃん顔で「べ…別に寂しくなんかないし!」とリコのモノマネをしていたのは、
なんかとっても微笑ましいものがありました!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ことはのクッキーと家出

ことはがみらいとリコに「ありがとう さようなら」と残して家出するのですが、これを見て最初に思い出したのは「ウイングマン」。リメル編でナァスが登場したときに、アオイは健太から離れる決意をして「さようなら」と残して去りますが、当の健太はその意味を的確に捉えきれず、戸惑いながら「バイバイ」と言っていたシーンがありました。ことはがアオイなら、みらいとリコは健太…といった感じがしました。ことはは部屋を元の倉庫に戻して家出しますが、アオイは健太の両親から記憶を消して出るというものでした。
ことはがクッキーを作り砂糖と塩を間違えるところは、真琴も同じようなことをしていたような気がしました。砂糖と塩を間違えるところはドラえもんなど藤子不二雄系の作品でも見られたパターンでした。そしてヤモーもまた素体がヤモリ…。なおが見たら気絶は間違いないでしょうか。
ヤモーが自らをヨクバール化し、その体内の檻にことはを閉じ込めるところ、スマイルでアカンベェ体内の檻になおの兄弟のゆうたとひなを閉じ込めるところと格好が似ていました。

おはようございます!(>∀<)❤
クッキーにお塩ですか…
クッキーは作ったことがありますが、お砂糖の量は半端なかったです!あの分量でお塩を入れたとすると…(^^;)❤
想像にかたくないです!
でもでも、あのお年頃の女の子たちが、一生懸命手作りクッキーを作っているところを考えると、とってもかわいいです!
次に頑張れば、いいんだよ!(>∀<)❤

クッキーの件、僕も今回は「ん?」と感じました。

ことはの名が付いても、はーちゃんは一生はーちゃんなんですかね…。
しかしながら、プリキュアになったからには、みらリコ同様に扱って欲しいというのが、僕の個人的な思い…です。
これまでも、後から登場したプリキュアが良くも悪くも別格の扱いを受けるって展開はありましたけど…今回のみらリコの気遣いは、むしろはーちゃんを傷付けないか?なんて思ったりしました。
まぁはーちゃんが納得したのであればそれで良いのでしょう(笑)。

ヤモーさんがやられる展開になったのは想定外です。
絶対黒幕だと思っていましたから(笑)。
ラブー(魔神)も謎めいてる割には、ここまで目立った登場がないので、愛着も湧かないし敵としてはどうかなと。

Re: ことはのクッキーと家出

鎌倉快速 様


ことはちゃんは、プリキュアに変身した際の強さと変身前の天然さんみたいな感じの
ギャップが実に素敵ですよね!
塩と砂糖を間違えてしまうエピソードは、確かにまこぴーを彷彿とさせますよね・・・(笑)
ハピネスのひめは、その点は一応はクリアしていたのは「さすがに腐ってもお姫様!」という感じなのかも
しれないですね。

そういえぱ確かに最終決戦直前のなおちゃんの弟妹たちを巡るエピソードと展開は似ていましたね!

あれは・・・夏バテ防止用クッキーなのかもしれないですよね・・・(笑)

名無し 様


コメント頂きありがとうございます!

砂糖と塩を間違えてしまったのは「ご愛嬌」の範囲ですよね!! (笑)
お年頃の女の子たちにとっては確かに「手作り」という行為自体が大変尊いものと言えるのかもしれないですね。

塩分たっぷりクッキーは、夏場のミネラルと塩分補給という「夏バテ対策」も兼ねていますから、
それはそれで大ありなのかもしれないですね!!

疑似関係・・・

takumi 様


そうなんですよね・・・今回は少し解釈と評価が分かれる展開なのかも・・?

takumi 様がお感じになった事は私自身が最初に感じた事とほぼイコールです。
だけど今作のプリキュアは、「対等な仲間」という事じゃなくて
「疑似親子関係」とか「母性愛に基づく関係」という風に解釈すると、
今回のみらいとリコのあの一連の対応は、妥当性はあるのだろうと思います。
それだけ二人が半年間の戦いを経験した事で、はーちゃんを疑似子育てした事で
強さを身に付け、確かにまだまだポンコツなのですけど、二人としてのそれなりの「成長の証し」なのではないのかな・・とも
思ったりもしますね。

敵が現況皆無・・・というのは意外と斬新な展開なのかも・・?

取り急ぎ8/7のお相手は誰がつとめるのかな・・・??

今回は、ちょっとだけ、マジカルとミラクル、活躍して良かったです。
何て言うのか~、頑張っている、て姿が、素敵なような気がするのです、プリキュアて。

所詮は魔法・・・、う~ん、来週から、大変そうですね~
リンクルストーン・エメラルドが、魔法世界で、最高みたいな所が、ありましたけど。
なので、フェリーチェが、強いのは、仕方ないのかな~、て。
でも、魔法より、すごいの、出て来たら・・・

頑張って~、プリキュア~

かしこ

みかんゼリー 様


みらいとリコちゃんの二人の立ち位置を「ことはの母親」みたいな観点から捉えると
二人の「大人びた対応」にも急に説得力が出てくるような感じもありますね・・・(笑)
プリキュア達が頑張っている姿勢は、見ていて気持ちがいいですよね!
子供の頃「ウルトラセブン負けないで!」と感じていた感覚と
現在の「プリキュア頑張って!」という感覚は全く同じですね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3072-46e7e0be
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |