プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


20.新屋高校


B/交響三章~第三楽章(三善晃)


結果論となりますが、新屋の指揮者の高野豊昭先生は、この年の演奏を含めて
三善晃の「交響三章」は仁賀保高校時代を含めて合計三回全国大会で演奏をされていますが、
私としては、この年の演奏が一番好きです。

1983年の仁賀保高校時代の演奏なのですけど、
82年の矢代秋雄の交響曲の歴史的名演の演奏があまりにも素晴らしすぎたせいか、
この年の三善晃の「交響三章」は正直今一つ冴えない印象が強いです。
というか、サウンドがあまりにも暗くて陰鬱なのが残念な所でした。
何となくですけど、緊張感が内面に籠り過ぎたような感じの演奏で、よく言うと緊張感をキープした演奏、
悪く言うと、終始ピリピリとした雰囲気は、正直相当好き嫌いは分かれるような感じもあります。
演奏自体、82年のようなキビキビとしたスピード感に欠け、少しもっさりとしたような感じもあったのは
マイナスなのかなとも思いました。
テーマが暗示され膨らんでいく展開が、何か説得力に欠けるというか
訴えるものが少し弱いというのか。
何となく数式の羅列・楽譜を正確に音に変えただけという印象があったりもします。

高野先生は、2000年にもこの「交響三章」を自由曲として取り上げられているのですけど、
課題曲がⅢ.胎動の時代という少し長めの曲という事で、83年・91年に比べて少し淡々というかサクサク進展しすぎ
みたいな印象もあり、
少し「せっかち」みたいな感じを持ったものでした。

そうした観点からも、高野先生の三善晃/交響三章の演奏は、やっぱりこの1991年の演奏が一番すぐれていて
技術的なレヴェルの高さとか内面的充実感の素晴らしさなど、
やはり、83年と91年の演奏を単純に比べてみても群を抜いて秀でた演奏だと思います。

改めてですけど、高野先生は少し気の毒な印象があったりもします。
だってあれだけの優れた指導力&指揮能力をお持ちで、楽曲の解釈にも大変素晴らしいアプローチを毎年のように
見せてくれながらも、
秋田県内で、秋田南高校と花輪高校という「二大巨匠」がでーーんと構えていて、80年代中盤以降、この両校が
全国大会で金賞を取れない時代が長く続いた背景もあり、「秋田県の東北大会への代表枠」が二つに減らされ、
そのとばっちりで高野先生指揮の仁賀保があれだけ見事な演奏を秋田県大会で聴かせても
東北大会にすら進めないというある意味大変不遇な時代が相当続いていましたからね・・・
このブログで何度も書いている通り、私は大の秋田南と花輪の熱烈的な信者(?)でもあるのですけど、
結果的に秋田南が一時的に没落したというおかげで(?)
仁賀保から新屋に異動された高野先生に陽が当たる時代が来るというのも
なんかとてつもなく皮肉なお話でもあるのですけど、
ま・・・・コンクールというものにそうした「悲哀」はある意味付き物ですから、これはこれで仕方が無いのかも
しれません。
但し、当時の自分としては、
「この数年後に花輪の小林先生がまさかまさかの秋田南への異動」というある意味地殻変動的な(?)大事件が起きるとは
全く予想もしていなかったものでした。

さてさて・・・91年の新屋の演奏ですけど、
特に課題曲B/コーラルブルーを聴けばよく分かるのですけど、
あの82年の矢代秋雄の交響曲の際の「独特な透明感を有したスピード感」を彷彿とさせる素晴らしい仕上がりだと
思います。
課題曲Bは、金賞を受賞した伊予の演奏を賞賛する方は多いと思うのですけど、
私としては、音量的なコントロールをきっちりと図った上で「南国の澄み切ったような透明感」=「青い海」を
意図するかのような新屋のあの澄み切った演奏の方により魅かれるものがあります。
ラストも比較的冷静に曲を閉じていた解釈も素晴らしいと思います。
そして、自由曲の三善晃/交響三章も本当に素晴らしい演奏だったと思います。
矢代秋雄の交響曲みたいな「スピード感」は必ずしも求められる曲ではないのですけど、
「暗示されたテーマ」を発展させていく過程のひそやかな感じ+音の切れのよさは、素晴らしいものが
あったと思います。
1989年の習志野・1980年の秋田南のような「切迫感」・「寂寥感」はあまり感じなかったものの
「シャープな感覚」は十分すぎるほど伝わってきて、
切れの良さが前述の二つの学校との違いなのかなとも思ったりもします。
緊張感あふれる前半もよかったと思いますが、トムトム・コンサートチャイムの響きが印象的な後半以降の展開が
やはりあのきびきびとした感じは、確かに一見陰鬱な邦人作品なのですけど、
「躍動感」みたいなものも感じたものでした。

そう・・・その「躍動感」なのですけど、これが遺憾なく発揮されたのは、この演奏の翌年のガイーヌ、
更に翌々年のペトルーシュカなのかな・・とも思います。
とにかく・・・・1991年~93年の新屋の3年間は本当に素晴らしい演奏が続出していました!!
コンクールの結果としては銀賞に留まっているのですけど、私個人としては、この三年間の銀賞は
金賞に限りなく近いとも思っていますし、
私個人としては、とてつもなく高い評価をさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

名マエストロ・高野先生

管理人様の仰ることは全く同感で、高野豊昭先生が顧問だった頃の仁賀保高校は、秋田県大会で毎年金賞を授賞しているのに、そして全国大会出場レベルであるのに、あの時代は秋田南高校と花輪高校の存在があったために毎年のように東北大会出場すら叶わず、「あんなに凄い演奏しているのに、あれで県大会ダメ金はなんかかわいそうだよな。。。」と自分も思っていました。
今現在の視点で見れば、東関東支部と西関東支部の高校の部がこんな構図かもしれませんね。
そんな時代の秋田県の高校の部を知っているだけに、今の秋田県の高校の部に寂しさを感じるのも事実です(頑張っているとは思いますが)……。
その後高野先生は新屋高校に異動され、毎年全国大会出場を果たしたことは素晴らしいことだったと思ったのと同時に、高野先生は新屋高校で報われたなぁとも思いましたね。
この年と2000年の「交響三章」・翌年の「ガイーヌ」・1994年の「スペイン狂詩曲」・1998年の「交響曲」は秋田県大会で聴いて感動したのを覚えています。
新屋高校から異動後は仁賀保高校の教頭先生や県教育委員会などで管理職を務められ、最後は新屋高校の校長先生で定年退職されましたが(ちなみに今は亡き高橋紘一先生も新屋高校の校長先生で定年退職され、高橋先生と高野先生は2年間新屋高校で一緒にお仕事をされました)、確か当時の秋田のTVのニュースで「定年退職する校長先生に吹奏楽部が恩返し」みたいな特集をやってましたね。
私が中学・高校時代に我が地元にもコンクール前の講習会などに講師として招かれ、各学校に暖かい目でご指導・ご助言されていたことを思い出します。
秋田県吹奏楽連盟会長だった高野先生も、一昨年度に秋田県で開催された「国民文化祭」で区切りをつけられ、惜しまれつつ吹奏楽連盟役員をご勇退されましたが、高野先生が今後もお元気ですごされ、更なるご活躍をさせることを期待したいと思います!

Re: 名マエストロ・高野先生

一秋田県民 様


まったく「おっしゃる通り!」とまさに「共感」するばかりのコメントを頂きとっても嬉しいです。
そしていつも本当に素敵なお言葉をありがとうございます!
吹奏楽記事でこうした真摯なコメントを頂けることがどちらかというと珍しいだけに
いつも本当に感謝しております!

高野先生を初めて見たのは、1981年の仁賀保時代の「スキタイ組曲」でした。
あんな激しい野蛮な音楽をああした洗練された美しいサウンドで、スピード感&切れのある音楽を
展開していた事に当時驚きだったのですけど、
翌年の矢代秋雄の交響曲は、このブログでも散々語っている通り、まさに歴史に残る素晴らしい名演を
後世の私たちに残して頂けたことに対して
高野先生に「感謝」の気持ちでいっぱいです!

エイト社から出版された「吹奏楽と11人の先生」という本の中で高野先生の事も紹介されていて、
この中で「スピード感」を強調されていたのは大変印象的でした。

確かに仁賀保は少し気の毒でしたよね。

84年に花輪が金を取れましたので、85年に仁賀保も「火の鳥」で東北大会に出場できたのですけど、
あの「火の鳥」は本当に素晴らしい名演だったと思います!

新屋に異動後も、ガイーヌ・ペトルーシュカ・スペイン狂詩曲の「スピード感」は、本当に素敵でした!
98年の矢代秋雄/交響曲も、82年とはアレンジやカット方法が異なっていましたけど、
82年に勝るとも劣らない素晴らしい演奏を聴かせてくれていました。

高野先生は、第一線を退かれたとの事ですけど、まだまだお元気で頑張って頂きたいと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3069-b2fed513
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |