プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在、東京MXテレビにおいては「ハピネスチャージプリキュア」が再放送中です。
先日の8/4(木)の回にて第44話が再放映されていて、
第45話が「誠司闇堕ち」の回となっていますので、実質的には既に最終決戦に突入していると言えると思います。
ま、ハピネスの場合、フレッシュと同様に実質的な最終決戦は、リアルタイムでの放映時における12月で既に
始まっていたとも言えると思います。

うちのブログにおいては、ハピネスの再放送の話については、極力書かないようにしていました。
というのも、
このブログにおいては、ま、古くからの読者の皆様はお分かりだと思うのですけど、
管理人の私が大の「ハピネスチャージプリキュア」&大の大の「キュアラブリー」好きという事情もあるのですが、
ハピネスの各話の感想記事とラブリーの賞賛記事は、2014年に「これでもかっ!!」というくらい既に散々
書きまくっていましたし、
「ま、別に再放送で今更目新しい発見も今更ありそうもないしね・・」という感じでしたので、
ハピネスの再放送については、ほぼスルーさせて頂いておりました。

だけど・・・・

先日の第44話を改めて見てしまうと・・・やはり・・・・
どうしてもあの人・・・というか・・あいつ・・・・地球の神・ブルーの事をついつい思い浮かべてしまうのですよね・・・(苦笑・・)

そうなんですよね・・・・

私、いまだに・・・というか多分永久にですけど、
第44話にて、めぐみを大泣きさせて号泣させる原因のほぼ100%を作り出したブルーだけは
絶対に許せない!!みたいな気持ちが、リアルタイムでの放映から既に2年近く経過しているにも拘らず、
あの「怒りの感情」がまたまたこみ上げてくるのですよね・・・!!

まさに・・・「お前だけは絶対に許さない!!」という感じなのかも・・・ですね・・・・(苦笑・・)

ま、本音としては、ブルーの事を今更書きたくもねぇーー!!という感じなのですけど、
改めて簡単に・・というか過去記事の「再構成」という形ではあるのですけど、あの第44話を
簡単に振り返ってみたいと思います。



fca36e8a_convert_20141210051010.jpg


0be3b862_convert_20141210050728.jpg


その前に、43話のラブリーVSミラージュの事も44話の前提として語っておくと・・・・

一言で言うと
ブルーと元カノのミラージュとの間の痴話喧嘩に現カノのラブリーが首を突っ込んでしまい
収拾がつかなくなり、大変な修羅場になってしまった・・・・・
という感じと言えるのかもしれないですね。
結果論になるのですけど、300年近くも(?)この問題を放置し、ミラージュに対して
きちんと自分の思いを伝えきれていなかったブルー自体にやはり
一番の原因があるというのは、既に「定説」なのだと思います。

私自身よく仕事で「クレーム処理」を担当する事があるのですけど、
その際によく使用するロジックとして

1.私はあなたの〇〇という事がとてもよく分かるし大変共感できる。

2.なぜなら私自身も〇〇という事と同じことを考えている。(同じことを経験している)

3.だけど、△△という解決方法もあるのでは・・・・? こちらの場合××というメリットがある・・・

という三段階論点で行くパターンが結構あったりします。

要は、相手をまずは認めてきちんと受け止めてあげる事→相手の自分の「共通現象」に対する共鳴→
最後に、こうすればもっとお互い良くなるという提案
なのだと思います。

第43話のハピネスチャージプリキュアを見てみると
ラブリーがこうしたロジックを使用している事に何となく驚いたものです・・・・

「私はあなたの攻撃を受けて、あなたの本当の気持ちが…その思いの強さが分かった。
本当はブルーのことが好きで好きでしょうがないってことが!」

「私にはあなたの悲しみが…苦しみが分かる。だって、だって…私もブルーのことが大好きだから!」

「あなたも同じはず! 一度見た幸せはどんな苦しみや悲しみの中でもなくなったりしないはずだよ!」

この辺りのラブリーとミラージュの会話には、ホント、しびれるものがありました・・・

振り返って見ると、
ラブリーが4人の中で一番最後に「イノセントフォーム」を取得しましたけど
その取得のきっかけになったのが
「誰かの役に立ちたい・・・」・「誰かかの思いに応えたい」という「強い気持ち」だったのでしたけど
この非常に危機的な場面でも、そうしたラブリーの「強さ」が発揮されていたのは
なんだかんだ言っても「ピンク主人公の面目躍如」ですね。

だけど・・・・

なぜミラージュはああなってしまったのだろう・・・・

元々は巫女さんで、優しくおとなしそうな雰囲気が漂っています・・・・

ま、それは言うまでも無く
ブルーに捨てられてしまった事がとてつもなく「悲しい」からに他なりません・・・

「なぜ私を捨てたの!! 本当は私だけを見ていてほしかった!!」

「本当はブルーと自分の命がある限り愛を育みたかった・・・・!!」

「訳も事情も何も語らず私を捨てたブルーが恨めしい・・・・」

といった思いが錯綜していたのでしよう・・・・

そして色々と思い悩んだ挙句の結論が・・・・

「ブルーに捨てられた私は、ずーーっと傷つき悩み、悲しみ、苦しんでいた・・・・
何度泣いたか分かりゃしない・・・・
ブルー!! あなたには私のこうした気持ちが分かっているの!!」
「私の思いに気づいて!!!!、私を忘れないで!!!!!」という
一つの「叫び」だったのかもしれません。

いわばブルーに「自分の悲しい気持ち」をぶつけるために
ディープミラーにある意味洗脳されていたとはいえ
世界をああやって不幸のどん底に落としこんだとも言えるのかもしれませんよね。
(ま、世界中の人たちにとっては迷惑千万みたいな話ですけど・・・・苦笑・・
 「喧嘩をするなら表でやれ!!」という感じなのかな・・・・)

だけどその「悲しい気持ち」をストレートにぶつけてしまっては
何だが自分がとても惨めになってしまう・・・・という思いもあったのかもしれません。
それをカムフラージュする一つの理屈として
「ブルーをはじめとする世界の人達に対する復讐」という事に転化されたというのが
このハピネスの物語の実態なのかな・・・・??

だけどラブリーはさすがに「愛のプリキュア」でしたね・・・!!

「愛することを怖がらないでミラージュ」
と語りかれるラブリーは、まさに「天使」そのもの!!

ラブリーは、ミラージュの「心の深層」というのか
表面上の「ミラージュの復讐心」の内面には、実は「繊細で傷つきやすい心」が潜んでいる事を見抜き
「このクソ女、ブルーに振られて気が狂ってしまった・・・・、本当にバカな女!!」と罵る事もせずに
「ミラージュのこうした狂乱が起きるのも、ミラージュの人を愛する力が強いから・・・」と
ミラージュを全て受け入れ肯定し、そしてミラージュを守ろうとしていましたし。
まさに「愛の天使」そのものでしたね・・・・

ラブリーの「愛する事を恐れないで」という問いかけに対しての
ミラージュの
「愛すること? 私がもう一度愛することができる?」という答えは
歴代プリキュア達がこれまで何度も展開してきた「敵に対する救済」、そして敵に対しても
「やり直せることが出来る」と提示した「再生」の物語を
更に前進させたようにも感じる事が出来ます。








7e87b9af_convert_20141216205958.jpg



第43話では結局は、ミラージュは無事に元の巫女さんの姿に戻り、そして同時に本来の優しくて思いやりのある
普通の女の子に戻る事が出来たのでした。
だけど、それが意味するもう一つの事とは、すなわち・・ミラージュとブルーの間に「ヨリ」が戻る事を意味し、
それはつまり・・・・
めぐみがブルーに対しての「失恋」という事を意味するのです・・・
第43話のラストの段階でのラブリーの「よかったね・・ミラージュ・・」と涙ぐんでいる様子は、
確かにミラージュが元に戻ったのはブルーの為にも嬉しい事なんだけど、
同時に・・「自分の悲恋」を示唆し、第44話のあの大泣きを既に予告するような雰囲気でしたね・・・

それを既に察知していたのか、いおなたちは、めぐみに「パジャマパーティー」という気分転換を提案します。

そのパーティーでもネタにされていましたけど、
確かにいおな・ひめが糾弾する通りブルーは、相当デリカシーに欠けていたと断罪せざるを得ないですね!
(関係ないけど、東方の四季映姫様のテーマ曲でもある「断罪! ヤマザナドゥ」を思いっきりBGMに
したくなります・・・)

勿論、300年以上待ち続けたミラージュと久しぶりに対面できたという理由は理解できますけど
めぐみの気持ちを分かっているはずのブルーが
めぐみの目の前でミラージュと熱いキスを交わすのは
確かに「反則」でしたよね・・・・(苦笑・・)

ゆうゆうがブルーに対しては多分色々と言いたい事は多々あると思うのです・・・・
だけどそれを口に出さずに
「ブルーの胸元がヘン」と笑いを取る事で
一気にめぐみの気持ちを楽にさせ、めぐみに語らせるきっかけを作ったのは
さすが・・・!!としか言いようがないですね・・・・
ホント、ゆうゆうはハピネスのメンバーでいるのが何か勿体ない・・・・
別のシリーズで主人公にしたいくらいですね・・・・

ひめが、「ブルーは意気地なし!!」と断罪しましたけど
確かに、ブルーが少し勇気を出してミラージュに謝りに行けば、こうした悲劇は元々起きなかったはず
なのですけどね・・・

だけど・・・・

物語の序盤で敵前逃亡を繰り返してはブルーから慰められていたプリンセスの事を考えると
ファントムではありませんが
「お前が言うな・・・!!」
という感じですね・・・・・(苦笑・・・)

めぐみのフィギュアスケートのシーン・・・・

そうか・・・・「かわるんるん」はこういう事にも使えるのですね・・・・(笑)

あのスケートをするめぐみは本当に可愛かったですね。

誠司も、まずはめぐみと楽しいひと時を過ごさせることで
のちにめぐみの「本音」へと誘導する一つのきっかけづくりをしていたと思われますけど
何か今作は、
誠司と言い、ゆうゆうと言い
何かきちんと周りに「配慮」できる人が揃っていて
その点が出来ないめぐみとひめとの対照的な感じを演出しているのが
何か面白い感じはしますね。



333741d7_convert_20141216210155.jpg



そうですね・・・ブルーに対しては少しだけ擁護すると・・・・

「多分、ブルーにだって何か事情があったのだろう・・・」
「ブルーだって色々と思い悩み後悔している・・・」
「闇落ちしてしまった元カノに対する対抗措置として、今カノ・ラブリーを当てるのは
仕方がない側面もある・・・」
「最後は、多分、自分が悪かった・・・・と言い残して自分と言う存在自体を消滅させるのでは・・・??」
「神様だって至らない点があってもいいじゃないか・・・」
「神様だって過ちを犯すし、それに対してはもう少し温かい目を向けても良いのでは・・・??」
みたいな気持ちもあったとは思います・・・・

だけど、前述の通り、
ラブリーが見ている目の前で、ミラージュに熱いキスを交わしている場面でもって
何か一気に流れが変わったような気がします・・・・(苦笑・・・)

何て言うのかな・・・・

ラブリーびいきの自分としては
気持ちとしては、
「めぐみ(キュアラブリー)を本気で泣かせてしまう原因を作ったブルーは、爆発してしまえ!!」という気持ちですね・・・・

確かに、ブルーにも言い分はあるのかもしれません・・・

だけど・・・・

「男性というものは、絶対に女の子を泣かしてはいけないのです!!」
これだけでブルーを断罪するのに十分だと私は思っています!!

めぐみは、幻影帝国に侵略されていた世界を救い平和をもたらしたばかりでなく、
ブルーとミラージュのヨリを戻した「最大の第一功労者」なのでしょう・・・
だけど、それで得たものとは何なのか・・・・
結局は「ブルーに対する失恋・・」、そして「喪失感」というアンハッピーな出来事ばかりなのでした・・・
おまけに、自分の見ている目の前で
ブルーとミラージュは熱いキスを交わしてしまうし・・・・
(あれって、いくら鈍感なラブリーでも気持ちは凹んでしまいますよね・・・)

自分がボロボロになりながらもミラージュとの激戦を制し、「ミラージュを倒し巫女さんとして復活させれば
ブルーと復縁してしまい、自分は振られてしまう・・・」という事が分かっていながらも
「ブルーとミラージュの幸せは自分の幸せ」というロジックの下で
結果的に「自己犠牲」をする事で世界を救った一人の女の子はそれで幸せになれるのか・・・・
本当にめぐみはそれで幸せなのか・・・・という大変重たい「課題・試練」を
ハピネスの物語は、最終決戦前夜というのに
私達に与えてしまうのですよね・・・・
これまでの歴代プリキュアの最終決戦は、「真の敵」・「許しがたい真の敵」とバトルを繰り広げる事で
ラストは比較的スカッとした終結を迎えてくれてはいましたし、しかも・・第45話は
「誠司」がついに闇堕ちしてしまうし・・・

改めて見てみると・・・結構ハピネスはドロドロとした話でもありましたよね・・・

でもな・・・・

めぐみの気持ちを考えると
何か自分まで心が痛くなってしまいますね・・・・(苦笑・・・)

「自分が好きな人(ブルー)に幸せになって欲しい」

「ブルーが愛するミラージュにも幸せになって欲しい」

「だけどブルーとミラージュが復縁する事で自分は愛を失ってしまった・・・・」

「ブルーが幸せになる事は嬉しいけど、自分が降られたという気持ちは、とても悲しくせつない・・・」

めぐみは、誠司との二人っきりのシーンでポロポロに大泣きして
「嬉しいけど悲しい・・・」と心情を吐露していましたけど
これはまさにめぐみの「偽らざる本音」でしたね・・・・

「世界を救う」という自分の行為は正しいし、「誇り」に感じても良い事・・・・
同時に「失恋」して「苦しい」と感じるのも、自明な事だと思います。
「嬉しくて苦しい」と感じるめぐみは、極めて普通の感覚の持ち主だと思います。
結果的に一人のポンコツな女の子が世界を救った・・・
だけどその結果残されたのは、傷ついた女の子とその子を心配する一人の男の子・・・・
何かそういう「哀しい側面」も提示しているというのは
歴代プリキュアでも極めて異例な出来事だと思います。
(この辺りが、多分歴代プリキュアでも一番ストーリーが難解とか意図が中々伝わりにくいという
ハピネスの強みでもあり弱点でもあるのかな・・・・)

でもな・・・・

遅咲きのピンク系主人公のラブリーをここまで悲しませる原因をつくったブルーに対しては
何か今までの数少ない擁護者の立場を忘れて
「ラブリーをここまで悲しませる原因を作ったブルーは、自爆して逝ってしまえ・・・・!!」
と声を大にして叫びたい気持ちですね・・・・(苦笑・・)

先々代のプリキュアのキュアハッピーの一つの口癖は
「みんな、笑顔でウルトラハッピー」というものがありましたけど、
このみゆきが言う「みんな」には当然みゆき自身が含まれていました・・・・

だけどその点めぐみはどうなのかな・・・・

めぐみの一つの思考パターンとして
「他人の幸せは自分の幸せ」
というものがあります。
だけどそれを軽く言い過ぎていた傾向がもしかしたらあるのかもしれません・・・
というか、当事者間意識に欠けるというか
第三者的に評論家風に言っていた感じもあります・・・

だけど今回の一件はどうだったのか・・・・

「プルーとミラージュという他人の幸せを願い、結果的にその他人の幸せを自分はもたらすことが出来た・・・
だけど、その結果自分は失恋し、苦しむ結果となってしまった・・・」
という事なのですけど
もしも「他人の幸せは自分の幸せ」と本気で心の底から信じていたとするならば
めぐみは決して苦しむことは無い・・・
やはり「他人の幸せも大事たけど、それ以上に自分の幸せも大切・・・」という気持ちがあるからこそ
めぐみはここまでボロボロに傷ついているのです・・・
要は、これまで放置していた「自分の幸せとは何・・・??」という「問い」をずっと放置していたツケを
何と最終決戦直前で払うという大変やっかいな形で
この物語は「人間の幸せとはなーに??」という問題に対して提示していくことに
なるのです・・・・

やはり、めぐみのそうした諸々の課題に対して
何らかの「一筋の光」を当ててくれそうなのは言うまでも無く「誠司」なのでしょうけど
その誠司をあえて一旦闇堕ちさせることで
めぐみ自身も
「自分の幸せとは何か・・・」という問いに気が付いたと言えるのかもしれないですよね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

三角関係ですか…難しいですよね…(;-;)
わたくしは、プリキュア見ておりませんが、男のひとって、やっぱり身近にいるひとに一瞬の心変わりって、あるのでしょうね…
ましてらぶりーたんのような魅力的なひとならば…!
でも、ぬくぬく先生のぴゅあな気持ちはとってもわかりましゅ!
(><)❤

めぐみとブルーと失恋

この回においてめぐみが失恋、大泣きするシーンがあり、ハピネス20話でのひめの大泣きといい、野々村竜太郎議員とリンクしたネタまで生まれています(例として「ヒメルダ竜太郎」など)。ドキドキ23話でレジーナを失い我を忘れたマナがキュアエースからキュアラビーズを没収されるシーンについては野々村議員とのコラボネタは聞かれていません。後のマナの号泣→スッキリした!は、ジョジョのエシディシを連想させるところがありました。
話を元に戻すと、めぐみは失恋のショックでレッドから洗脳されかけるのですが、同じようにレッドから洗脳される危険性がありそうな人物としては、プリンセス38・39話でのはるかや、魔法つかい26話でのことはが該当しそうです。めぐみやマナのこのようなシーン、美希やゆりが見たらひっぱたかれそうな予感がしました。次の45話で闇落ち誠司(いわゆるダーク誠司)を連れ去られめぐみが号泣するシーンも、レジーナを連れ去られ号泣するマナを思い出しました。

ちなみにですけど・・・(笑)

Baby pink amy 様


ちなみになんですけど、ラブリーたちプリキュアに対して
いわば「二股」(?)をかけていたこのブルーという地球の神様は
こともあろうに「恋愛禁止令」を発していたのですよね・・・(笑)

自分は二股かけておいてプリキュア達には恋愛禁止を説くなんてこれ矛盾じゃん・・!
みたいな感じで、リアルタイムでの放映の時から、この神様の評判は「最悪」に近いものがありましたね・・

このシリーズは見方によっては「神様と言えども万能ではない、過ちも時にやらかす」という事を
示唆しているのかもしれないですよね。

そうですね・・・私の場合は「ぴゅあ」じゃなくて
単に「ラブリー大好き!」という感じなのかもしれないですね・・・(笑)

Re: めぐみとブルーと失恋

鎌倉快速 様


あ・・兵庫のあの号泣県議のあの泣きっぷりは、めぐみ・ひめ・マナを確かに
彷彿とさせますよね・・(笑)
オールスターDX3とかスマイルの最終回も
「まさかの全員大泣き」でしたけど、
スイートのまりあママじゃないですけど
「泣きたいときは泣けばいい・・休みたいと思う時は休めばいい」という言葉の通り、
プリキュアと言えでも決して万能じゃないから、
たまーには「泣いてもいいじゃん・・」という事なのかもしれないですよね。

パジャマパーティ

ひとつ思い出しました。この回ではめぐみ達がパジャマパーティーをするのですが、ドキドキの43話でもマナ達が同じことをしていて、マナ達はばば抜きや枕投げ(これによりマナの祖父の宗吉に怒鳴られていた)をしていました。このときの号泣は亜久里で、「四葉財閥の力で時間を巻き戻して」などといった、のび太を思わせるようなことを六花やありすに頼みこんでいました。野々村県議の号泣はめぐみ、ひめ、マナのほか、亜久里とかやよいをも思い出しました。ブルーが発した「恋愛禁止令」は、AKB48や関連ユニット(SKE48など)を連想させていました。
全員大泣きといえば「ラブライブ!」で、μ'sを解散することを宣言して全員が号泣するシーンがあり、これは根府川駅のホームといいます。

Re: パジャマパーティ

鎌倉快速 様


そうそう、「パジャマパーティー」はドキドキでもありましたけど、
3人の小さい頃のエピソードは中々素敵なものがありました!

スマイルの修学旅行の回も一つのパジャマパーティーと言えるのかもしれないですね・・・
ま、あれは佐々木先生一人がとばっちりを食らっていましたけど・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3068-6c3f7cb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |