プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.常総学院


A/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」~モンタギュー家とキャプレット家・タイボルトの死(S.プロコフィエフ)


私の勝手な意見ですが、日本の吹奏楽コンクールは、1989年の常総学院の普門館への登場で
一瞬で「何か」が変わったような気さえします。
それぐらい、89年の常総学院の「スペイン狂詩曲」の演奏は素晴らしかったと思います。
よく「1977年の銚子商業のディオニソスの祭りの名演は、高校の部の飛躍を示唆したもの」と評されることが
あるのですけど、
同様に「1989年の常総のスペイン狂詩曲の歴史的名演は、その後の高校の部全体のサウンドのより洗練さ・透明度に
多大な影響をもたらした」と評しても
決して言い過ぎではないとすら思います。
常総学院の1989年の初出場以前と以降では、「サウンドの作り方・響かせ方」が何か変わったような気さえします。
そのくらい、もしたしたら後世への影響力が強かった演奏とも言えるのかなとも思いますし、
逆に多くのチームがあの「常総サウンド」を一つの目標にすえたような感じも当時したものでした。
確かに習志野高校など、常総のサウンド近いものは過去にも既に存在はしていたと思いますけど、
あそこまでサウンドがフランス音楽に近いというか、音のエスプリを重視した演奏は、
ありそうでなかったような気もします。
1989年の常総のスペイン狂詩曲の演奏を聴いて感じた事は、
「へー、日本の吹奏楽コンクールも随分進化したものだ・・・もしかしてこの日の演奏は、今後の
日本の吹奏楽コンクールの変化を示唆するものかもしれない」という事でしたが、
自分で言うのも何ですが、この時感じた事は後で振り返ってみると当たっていたような気もします。
常総は、この年の後も、サロメ・アルプス交響曲など名演を続出させますが、
音自体にあそこまで色気を出せること自体、驚異的なのだと思います。

このように89年の常総の初出場・初金賞でありながらのあの素晴らしき名演は、本当に今でも私の目と耳に
焼き付いています!
そして常総学院は、90年のサロメ、92年のアルプス交響曲、94年のローマの噴水、96年の交響三章など
現在に至るまで、あのサウンドは全く色褪せることなく
「進化」を続けながら現在にまで至っている事は本当に素晴らしいと思います!!
これはあくまで私の私見なのですけど、常総学院のサウンドが「神」の領域に達してしまった究極の演奏は、
1992年の「アルプス交響曲」だと思います!
あの演奏の素晴らしさはまさに絶品です!!
特に・・木管セクションのあの音の色気・艶は、あれは・・もう既に吹奏楽の領域ではないです!
吹いていた楽器がたまたま管楽器であったという感じで、
まさに「究極のシンセサイザー」みたいなオーケストラの音そのものでした!!

90年のサロメも素晴らしかったのですけど、そうした中・・・・91年の演奏は
90年の92年の名演と名演の間に挟まれた、ちょっと・・・・常総にしては、今一つ本調子ではないような感じのする
演奏だったと思います。

だけど、課題曲は抜群に上手いですね!! 冒頭の打楽器の細かい動きからして既に
「他とは違うぞ・・・」みたいなオーラを醸し出していたと思いますし、この難解な課題曲を演奏するチームの多くは、
強奏部分でコントロールを崩し、弱奏部分で不安定さを露呈させるような演奏も結構支部大会や全国でも
散見されていましたけど、常総はその点のコントロールが実に巧みだったと思いますし、
曲全体の「安定感」が他チームよりぐんと秀でいたような気もします。
自由曲の「ロメオとジュリエット」は・・・・少し好みが分かれる演奏なのかな・・・・?
というか・・・
アレンジャーが上埜先生でも磯崎氏でもなくて豊島区吹奏楽団の八田先生という事で
今一つ馴染みがないアレンジの上に、
「タイボルトの死」の後半の打楽器の叩きつけ以降の劇的シーンの場面では、
上埜先生等のアレンジでは、ほとんどが「強奏」の繰り返しが続くのですけど、八田先生のアレンジでは、
部分的に木管のみの弱奏を展開させ、そこから金管と打楽器を絡めた強奏と絡めていくパターンが展開されていく訳ですが、
そうした今までと違うアレンジが、なんか少し「違和感」を感じさせ、
今一つ私がこの年の常総の演奏にはまらなかった一因になっているのかもしれません。
それと自由曲全体が、89年~90年の洗練されたサウンドと少し異なり
(ま、自由曲がロシアものということで多少粗いサウンドの方が曲に合っていると言えるのかもしれないですけどね・・・)
部分的に「ちょっとサウンドが粗くて細かいところまでの配慮が足りないのかなとか
サウンドよりも音量を優先されてしまったかなとか
少し雑だなと感じさせる面もなくはなかったことも一因なのかもしれないです。

ちなみにですけど、常総学院の「タイボルトの死」の弱奏を絡めた展開と言う解釈は、
ロシアの大指揮者・ロジェストヴェんスキーがかつて読売日本交響核団を客演指揮した際の解釈と
似ている面がありましたので、
解釈としては、むしろ妥当と言えるのかもしれません。

常総学院の自由曲と豊島区吹奏楽団の自由曲は、1985年~1995年あたりは、毎年ほぼ同じでしたので、
本図先生と八田先生の交流を考えると、
むしろ当然と言えるのかもしれないですよね。
ちなみに、前述の1992年の常総学院の「アルプス交響曲」のカット方法を考えたのは、
この年の常総のドイツ演奏旅行中に、ロマンチック街道をバスで通行している最中の八田先生と本図先生との事で
ロマンチック街道にちなんで「ロマンチックカット」と命名したのは、
なんか微笑ましいエピソードなのかな・・とも思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

知られざる強豪

こんばんは。
常総学院は野球のイメージが強いですけど、アド街でも紹介されていましたね。
茨城県では負けなしの強さで、野球部より厳しい練習で有名です。
1989年といえば、野球部のキャプテンが仁志敏久(巨人→横浜)の頃。
吹奏楽部の伝説が始まった年だったんですね。

ホークスだけに試練が降りかかってばっかし。
あわててはいませんが、モヤモヤですね。
マリーンズもサブロー引退は驚きました。
マリスタの谷保さんのサブローコールは聴けないのかな?
管理人さまはマリスタに行ったことありますか?

常総学院

五航戦の愛鷹 様


そうなんですよ!

常総学院というとやはりあの「木内監督!」というイメージが強いと思うのですけど、
吹奏楽においても常総はまさに「関東の雄」ですね!

マリーンスタジアムは当然何度か応援に行っていますよ!
何て言うのか・・・外野席で応援する人は、みんな跳ねているから球場自体が「揺れている感覚」は
間違いなくありますね!
あの独特な雰囲気もすごいです・・・

ちなみに武蔵浦和駅近くに、マリーンズの二軍球場もあったりします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3067-b49002e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |