プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


さてさて・・・当ブログの東方フィギュア紹介記事においては、グリフォンとキューズQ、そしてアクアマリンを メインに
取り上げさせて頂いておりましたが、
最近では、「グッドスマイルカンパニー」版の射命丸文と橙、そして八雲紫を取り上げさせて頂きました。
今回は、橙とゆかりんを取り上げておいて、藍を一人蚊帳の外にしてしまうのもとっても気の毒でもありますので、
八雲藍のグッドスマイルカンパニーのフィギュアの事をご紹介させて頂き、
そして改めてではありますけど、紫様の式神としての「八雲藍」についても、ほんの少しばかり
語らさせて頂きたいと思います。

藍というと、やっぱり最大の特徴は誰が何と言ってもあのふさふさ・ふわふわとした温かそうな九つの尻尾
だと思うのですけど、
その最大の特徴である大ボリュームの九尾はもちろんの事、帽子のお札、服の紋様も忠実に再現していると
思います!



陂ュ_convert_20160729143644


改めてですけど、この藍の商品概要を下記に記しますと・・・・

商品名 : 八雲 藍 (やくも らん)

カテゴリ : 1/8スケールフィギュア

価格 : 8,800円 +税

発売時期 : 2012/04

仕様 : PVC製塗装済み完成品・1/8スケール・専用台座付属

全高 : 約20cm

発売元 : Phat!

販売元 : グッドスマイルカンパニー

「八雲一家」と言うと、八雲紫・八雲藍・橙なのですけど、
ゆかりんと橙はこのブログでも既に紹介済なのですが、
やはり何と言っても、ゆかりんのあの圧倒的な威圧感&存在感は素晴らしかったです!
あの雰囲気は、早苗さんじゃないけど、まさに「まいったかぁーー!!」の世界なのだと思います。
そして対照的に橙のあの可愛らしさは、そう・・まさに反則ですね・・(笑)
そしてこの二人とは明らかに雰囲気を異にするのですけど、東方のキャラの中でも群を抜いて
「個性」を感じさせる容姿の御方が、
そう・・・! この八雲藍、通称・らんしゃまなのだと思います。



陂ュ2_convert_20160729143749



この藍なのですけど、もう見るからにボリュームが規格外というのか、何やら大変な事に
なっていますね・・・! (笑)
東方には「妖獣」という事で尻尾が付いているキャラは結構いたりもするのですけど、
尻尾が九つも付いていると・・・・
ま・・そりゃ、見た目のインパクトが全然違いますよね!!
とにかくすごいボリューム、とてつもない迫力があるのだと思います。
「迫力」といってもゆかりんみたいなああいう「威圧的」なものではなくて、「見た目の物珍しさ」という点が
際立っていると言えるのかもしれないですよね。

元々は橙と同様にガレージキットとして販売することを目的として原型が一旦は制作されたものの、
その九つの尻尾のボリュームがあまりにもかさみすぎてしまい、原材料費があまりにも掛かってしまい
フィギュアとしての「商品化」にはとてもじゃないけど利益が確保されそうにもないみたいな判断で一度は
商品化としては「お蔵入り」になってしまったという噂すらあるほどです。

ま、確かにこの後ろ姿のボリュームを見てしまうと、そういう話も「確かにそりゃそうだ・・・」みたくなってしまうのも
極めて妥当性があると思います。
結果的にある程度の大量生産によるコストダウンによってどうにかこうにか「妥当価格」に落ち着き、
商品化が実現されたとの話です。

これだけの大ボリュームを背にしながら、すらりと立つその姿は異様な雰囲気とも言えますけど
やはり・・・とてつもない「個性」を感じてしまいますね!!

公式ゲームとか漫画版では、そんなに藍の後ろ姿の尻尾なんて意識はしていなかったですし、
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」での紹介じゃないけど、
「あ・・・なんかあの尻尾、ふさふさしてあたたかそう・・」みたいな印象しかなかったのですけど
こうやって「フィギュア化」という商品を目にしてしまうと、
「あ・・・やはり他のキャラの仕様とは明らかに一線を画すものがあるな・・!!」と感じてしまいますよね!!

ちなみにですけど・・・・この藍しゃまのボリュームは相当なものがあると思います。
両脚だけではこの重量を支えきれないと思います。
それゆえ、尻尾のひとつも支点となっていて、台座上に固定する位置が用意されています。
ま、こうしないとさすがに「安定感」は取れそうにもないかもですね・・・・(笑)




蘭3




さてさて・・・この八雲藍なのですけど、ゆかりんの事は今まで結構色々と語っていたのに、この優秀な式神の事は
実はあんまり語ってはいなかったですね・・・
うーーん、なんか藍しゃま、ごめんなさい・・・という感じですね・・・・(苦笑・・)

一言で、八雲藍を語ってしまうと、八雲紫の「式神」であり、阿求ちゃん曰く「最強の妖獣」と言えると思います。
ま・・・あのゆかりんが全幅の信頼を寄せて、幻想郷内の様々な仕事・雑務を一手にこの藍にさせている点からも
紫様自身が藍を高く評価していることが窺えますし、
確かにこうした高い能力を有していないと、とてもじゃないけどあのゆかりんの式神は務まらないとすら
思いますね!!
ここで言う「式神」とは既存の妖獣等に「式神」という術を被せ、強化・制御したものを指すとの事です。
そうですね・・・今風に表現すると・・・
パソコンにソフトウェアをインストールするようなものと言えるのかもしれませんよね。
藍の場合は、「九尾の狐」という妖怪がパソコンで、
藍という「式神」を憑けることで、そのパソコンにソフトを読み込ませていると言えるのかもしれません。
「九尾の狐」は、それ自体が最上位に位置する力を持つ強力な妖怪なのですけど、
そこに藍という式神が憑くことによって超人的な頭脳まで併せ持っているため、
その実力は計り知れないものがあります。
だからこそ、あのゆかりんが使っているのだと思いますし、ゆかりんに相応しい妖獣なのだと思います!
そんな強力な妖獣が式神の身に甘んじているのは、
ひとえに主人である八雲紫の強大さによるものなのだと思います。
また、藍自体が自分が八雲紫の式神である事にとてつもない誇りと喜びを持っているのだとも
思われます。

ちなみにですけど、藍は式神ですけど、その式神自体が自分の補助という事で更に式神を使役する事も可能で、
藍の場合、その式神が化け猫の橙なのです。

ま・・・確かにとてつもなく優秀な式神なのですけど、「つまらない無機質なロボット」という印象は
全く無いですね!
「東方文花帖」でのゆかりんとあややとのインタビュー記事でも掲載されていましたが、
藍が自分の式神でもある橙が人間・妖怪等によってイジメを受けた場合なんかは、
「そんな事はやめなさい・・」というゆかりんの忠告も無視し、橙をいじめた人間や妖怪に復讐を兼ねた喧嘩に
臨んだりもする時もあるのですけど、大抵そう言う場合は、後日ゆかりんからお仕置きを食らっています。
(「文々。新聞」における「それは動物虐待ではないか!?」と激しくゆかりんに抗議するあややの対応が面白いです!)
また橙自身が藍の言う事を聞かない事もよくある話みたいで、そういう場合は、マタタビでもって操っている
場合もあるみたいですね・・

藍を一言で述べると、ゆかりんの式神であると同時に第一公設秘書とも言えるのかな・・と思いますね。

また、頭脳は紫様にはさすがに及んでいないものの、超人レベルに相当するのは間違いないと思います!
文花帖の記述によると、三途の川の川幅を求める方程式の開発・証明に成功していましたね・・・!

要は・・・方程式が式神そのもの

その方程式とは、具体的には、幻想郷内の測量結果をベースに、北極星までの距離の計算とか
幻想郷内を「霧」で包み込んだ場合、どのぐらいの量の素粒子が必要になる等なのですけど、
方程式が生きた立体を無限に生み出すように、ゆかりんが作り上げた方程式は、藍の力を無敵なものに変えてしまうと
換言できるのかなとも思います、
だから、鸞は紫の指示通りに・・紫の方程式通りに動くのが最善の方策なのかもしれません。

式神は、紫様の決めた通りに行動することで、紫様並の程度の力を発揮する事が出来ますけど、
上記のように橙可愛さのあまり、余計な事を仕出かしてしまうと本来の力を発揮できないのです!
だから・・・藍としては、取り急ぎ、紫様の指示通りに行動すれば絶対に負けることは無いと言えるのだと思います。

藍は基本的には大変礼儀正しく、幻想郷内の人里の人間からも「ちゃんとしている」みたいな一定の評価は
得ているようです。
ま、たまにですけど・・・ゆかりん以外の妖怪たちには、幾分タメ口を叩いてしまう事はあるのは、
それは仕方が無い事なのかもしれないですね。
藍は・・・・なんと・・インタビュー中の射命丸文にすら、
「あなた、私の式神にならない・・?私の式神になれば、何倍も速く飛べて何倍も強い力が出るようになり
何倍も特ダネ記事が書けるわよ!」と巧みに勧誘しているのが
とっても面白いです。


陂ュ繝サ繧ー繝ェ繝輔か繝ウ_convert_20160729143720



最後に・・・

すぐ上ののフィギュアは、グリフォン版の藍です。

こちらの藍は、どちらというと紫様譲りの「威厳」とか「威圧」みたいな硬質的な雰囲気を有していて、
いかにもゆかりんの式神みたいなオーラを出していると思います。

雰囲気が柔らかく、「笑顔」をベースにしているグッドスマイル版との違いは
なんか一目瞭然のようにも感じたりもします。

やっぱり、こうしたフィギュアの世界でも「作り手の感じ方」で随分と印象も変わってくるもんだなぁ・・・と
感じたものでした!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

やっぱりどの藍しゃまもでっかいですね、尻尾。
自分は東方の妖獣系のキャラはおしなべて好きですが、彼女は不動の1位ですね。きつねかわいい。

こんにちは
すっごく完成度が高いフィギュアですね^^
顔の表情が見事すぎますね^^
やはり作り手の愛を感じますね^^

ほほう…藍しゃまというのですね…(=◇=)❤
上のほうは、なんというか、笑顔が素敵で、下のほうは、クールな表情がすてきですね…!
しっぽは…どちらも甲乙つけがたい迫力ですね…!(>◇<)❤
またひとつ、お勉強になりました!

コメント頂きありがとうございます!!

黄輪 様


いつも当ブログを見て頂きありがとうございます!
私の方はいつも読み逃げばかりで申し訳ないです・・・

黄輪 様も東方がお好きとはとっても嬉しいです!

鈴奈庵では、現在タヌキのマミゾウが大活躍を見せていますけど、
タヌキはどことなく「オヤジ」を連想させられるのですけど
藍のようなキツネは、いかにも少女!という雰囲気ですし、あの尻尾も含めて
とにかく可愛いから素敵ですよね!

まさに「愛」ですね!!

八咫烏 様


八咫烏 様のブログからは「躍動・情熱・パワー」を強烈に感じ、まさにあれは「愛」だと思うのですけど
藍を制作したスタッフからの「愛」も確かに伝わってくる
本当に見事な作品だと私も思います!

いつもコメントを頂き、本当に感謝しています!! ありがとうございます!!

藍しゃま!!!

Baby pink amy 様


いつも素敵なコメント頂きありがとうございます!!

藍は「キツネ」なのですけど、いかにも聡明な美少女というオーラに満ち溢れていて
とっても素敵だと思います。
ちなみにですけど、東方には「マミゾウ」というタヌキの親分さんもいるのですけど、
マミゾウは、可愛い女の子なんだけど、どこかオヤジ臭いオーラに溢れているのが
何となくですけど、キツネとタヌキの違いを感じさせたりもしますね。

フィギュアと言うのは、制作者・・・特にデザイナーの感性によって同じ素材を使用しながらも
かなりの「違い」が出るのも大変面白いものがあると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3066-ff3f2aab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |