プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の吹奏楽コンクールとか演奏会では、ロバート・ジェイガーの曲を聴くことはむしろ珍しい部類に
入ってきたような気さえします。
私が中学から高校時代の1970年代後半から80年代前半は、
ジェイガーは、リードと並んで吹奏楽界の二大巨匠という風格さえあった事を考えると
まさに「諸行無常の世界」ですよね・・・
逆に言うと、今現在大流行している「邦人吹奏楽オリジナル曲」が20~30年後に引き続き演奏されているかと言うと、
その答えは誰にも分からないというのと同じ事だと思います。
つまり・・・歌謡曲でも吹奏楽コンクールでも「流行」というものに「無限」という言葉はあんまり相応しくないのかも
しれないですよね。
先ほど、二大巨匠なんて言葉を使ってしまいましたけど、1980年代初めの「吹奏楽オリジナル作曲家三羽烏」というと、
リード・ジェイガー・マクベスというのが一つの正解でもありましたので、
昨今の邦人作品・スパークの「宇宙の音楽」、バーンズの交響曲第3番、クロード・スミスの一連の作品群といった
今現在の吹奏楽オリジナル作品の流行の視点から見てみると、
まさに「隔世」の感はありますね・・・

だけど・・・そうした中でも、温故知新・・・古きを訪ねて新しきを知るじゃないけど、
1970年代~80年代に流行し、今ではすっかり「忘却の彼方」の作品の中にも、本当に素晴らしい価値のある作品だって
一杯ある訳ですから、
たまには、そうしたかつて流行した吹奏楽オリジナル作品でも耳にされて、
今現在の指導とか解釈とか、何か「新しい発見」だってもしかしたらあるかもしれないですから、
そうした古い作品も、たまには聴いて貰ったり、演奏して頂けると
私のようなオールド吹奏楽ファンからすると、とっても嬉しいものがあったりもします。

ロバート・ジェイガーもそういう作曲家の一人・・・、つまり、絶対に忘れてはいけない作曲家の一人だと
思います!

ジェイガーと言うと、「ヒロイック・サガ」が1991年の全国大会で演奏されて以降、
実に20年近くもこのジェイガーの作品は全国大会で演奏されていませんでしたけど、、
2011年に高知大学が「シンフォニア・ノビリッシマ」を演奏していたのは、なんか・・・一部のファンの皆様にとっては
「久しぶりのビッグニュース」という事になるのかもしれないですよね・・(笑)
このシンフォニア・ノビリッシマが全国大会で演奏されるのは、
1977年の天理中以来でしたから、実に34年振りということになります!!

そうですね・・・ジェイガーの曲の中で好きなものをあげろと言われると、

〇吹奏楽のための交響曲

〇第二組曲

〇第三組曲

〇ダイヤモンドヴァリエーション

をあげたいのですが、やはりジェイガーの代表作は誰が何と言っても「シンフォニア・ノビリッシマ」なのでしょうね。

この曲は、ジェイガー夫妻の結婚を祝した曲で、いわば婚約時代から新婚にかけての
初々しいイメージを表現したものなのですが、
曲を聴くとすぐ分る通り、「まさにその通り!!」という非常に初々しくハッピーで気品のある曲だと
思います。
昔、富山商業がこの曲を全国大会で演奏した時、タイトルはなぜか
「吹奏楽のための高貴なる楽章」というものでしたが、翌年以降は、「シンフォニア・ノビリッシマ」と
表記されるようになります。
ちなみに、ジェイガーの名前も、1970年代初め頃までは
「ジャガー」と表記されていたこともあります。

昔の「バンドジャーナル」のバックナンバーを見てみると、
ジェイガーへの単独インタビュー記事も特集として組まれていたこともありました。
その記事の中で、
「よく日本の吹奏楽コンクールで、イェーガーとかジャガーとかジェイガーとか色々な表記が
されているけど、本当に正しいのはどれ?」みたいな質問をご本人にしているのは、中々楽しいものがありましたね・・(笑)
記事では、恩師の教授も「ジャガー」と呼んでいたので、ジェイガー本人も一時期本気で改名を検討されていたというのも
何か興味深いものがあります。

さてさて・・・この「シンフォニア・ノビリッシマ」なのですけど、本当に美しくて高貴な曲だと思います。
特に中間部の、なんだろう・・・なんか「日本の演歌」っぽいノリのあのたっぷりとしたお涙頂戴的な
歌い廻しは、まさに・・・
あれは・・・都はるみの「あんこ椿は恋の花」のこぶしの世界そのものだと思います・・・(笑)
そうなんですよね・・・・
私達日本人って・・・吹奏楽オリジナル作品で言うと、ミッチェルの「海の歌」と「大草原の歌」とか
バーンズの「アパラチアン序曲」とかスパークの「ドラゴンの年」~Ⅱ.間奏曲みたいな
中間部でググッ・・ときそうな感情たっぷりの詠い廻しに弱いのかもしれませんよね・・・(笑)
だけど、ああいうある意味安直というのかあまりにも分かり易くて親しみやすいメロディーラインの曲自体が
最近では意外と聴けそうで聴けないだけに、
やはりこの曲の有する意味と価値は高いものがあるのだと思います。

吹奏楽コンクールにおける「シンフォニア・ノビリッシマ」の名演というと、正直思いつきません。
嘉穂高校・阪急・三木中・天理中など確かに色々なチームが取り上げているのですけど、
意外と納得できる演奏にお目にかかれていません。
「これぞ名演!!」という決め手にどれも欠くみたいな印象です。
強いて言うと、1974年の瑞穂青少年吹奏楽団が一つの「お手本」なのかな・・・
でもこの演奏、荒っぽいの限度を通り越して「粗雑」と言えるのかもしれません・・・
だけど、不思議と気持ちは伝わってくる演奏です。
この年の課題曲B「高度な技術への指標」が抜群に良かっただけに、自由曲のこちらは
少しというか相当不満が残ります・・・
中間部のうっとりとさせられるオーボエのソロの部分をトランペットが代役し、
しかも突然オクターブを下げている箇所が出てきて相当違和感は感じます。
また、この年の瑞穂のオーボエは、相当ひどい出来でして、あの音程不良ぶりとか、
はちゃめちゃなテクニックなんかは、「あれ・・・もしかしてウケを狙ってわざとやっているのか・・・」と
思わせるぐらい、相当ひどい演奏なのですけど、同時に思わず「くすっ・・」となってしまうほどの
なんかほのぼのとした笑ってしまう感はあったりもします・・・・

実は、瑞穂青少年は、この2年前の都大会でもこの「シンフォニア・ノビリッシマ」を演奏しています。
そしてこの時は、74年と全く異なり、かなり洗練された演奏を展開し、
少なくとも74年のような荒っぽさはそれ程感じません。
一体この落差は何なのでしょうか・・・
面白い事に、1972年は、瑞穂は間違いなく都大会に出場し、
課題曲に「シンフォニックファンファーレ」を、自由曲にこの「シンフォニア・ノビリッシマ」を間違いなく
演奏しているのですけど
(トラヤで収録されていたこの年の都大会のカスタムテープは私自身も間違いなく聴いた事があります!)
なぜか・・・都大会の記録とか吹奏楽コンクールデータベースから削除されています・・・
あれ、なんでなんだろう・・・?

さてさて・・・・ジェイガーと言うと、私的には、吹奏楽のための交響曲とか第三組曲も大好きなのですけど、
出来れば、どこかうまいチームが「ダイヤモンドヴァリエーション」を演奏してくらないものかなと思っています。
ああいう渋くて、いかにも「通好みの曲」を大人の魅力で音楽的に聴いてみたい気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3065-af89a6e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |