プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.洛南高校


B/交響詩「ローマの祭り」~Ⅲ.十月祭 Ⅳ.主顕祭(O.レスピーギ)


洛南高校と言うと・・・やっぱり「ダンス・フォラトゥーラ」とか「ハリソンの夢」とか「アメリカの騎士」などのような
吹奏楽オリジナル作品をあの独特な解釈&サウンドで演奏した時の方が
クラシックアレンジものを演奏した時よりも一層「際立った個性」が感じられ、
私個人としては、「洛南はオリジナル作品の方が真価を発揮できる」と思ったりもしています。

それと改めて感じるのですけど、
関西支部は本当に昔も今も「名物指導者」が揃っていますよね!
あれは関東在住の私から言わせて頂くと、まさに「羨ましい!!」とか「なんでこんなに関西はこれほどまで
強烈な個性を有する優秀な指導者が昔から揃っているんだろう・・・
本当に関西は役者が違う!!」と
眩しい思いで一杯であります!!
具体的には・・・・丸谷先生の淀川工科、故・宮本先生の洛南、明石北と兵庫を指揮された松井先生、
兵庫と西宮を指揮された吉永先生、天理の新子先生、御影と西宮吹奏楽団を指揮された楊先生、
そしてとてつもなく古いお名前ですけど、兵庫の今津中学校を指導された、故・得津先生など
まさに三国志の豪傑のように個性的なお名前がすぐにパパッ・・と出てきてしまいます。
対照的に関東ですと、例えば・・・新妻先生の習志野とか本図先生の常総学院とか、大滝先生の埼玉栄とか
信国先生の市立川口など
どちらかというと洗練されてスマートな印象があるのとは極めて対照的なものを感じてしまいます。

ま・・関西だから全て個性的な演奏という訳ではもちろんないのですけど、
どちらかというと洗練されスマートな関東に、「下品でどこが悪いねん!」の関西という日本の東西の違いを
こうした「吹奏楽コンクール」でも味わってみるというのも
コンクールを聴く一つの楽しみ方と言えるのかもしれないですね。

私、洛南高校のサウンドは大好きです! ま、それは、私自身が高校時代は男子校という事情も大きいと思いますけど、
男子校ゆえの編成やサウンドの悩みが分かるだけに、
共感する部分も相当大きいのかなと思ったりもしますね。
洛南はツボに入った時の名演時の演奏と、ツボに入らなかった時の「なんちゃって凡演」の落差が結構極端に
感じる事も多々あり、そうした点も洛南高校のサウンドを堪能する楽しみ方の一つなのかな・・・とも
思ったりもします。
クラシックアレンジものに限定すると、これはあくまで私個人が感じた事なのですけど、
ツボに入った演奏として、89年のローマの松、94年のリバティ・ファンファーレ、93年の海、 97年のくじゃくを
推したいと思いますし、反面・・・
逆にツボに入らなかった演奏は、91年と95年のローマの祭り 96年のダフニスとクロエあたりかなとも感じたりもします。
それと繰り返しになりますが、やはり洛南の真骨頂は「オリジナル曲」なのかな・・・とも思ったりもします。
洛南の1992年の「ダンス・フォラトゥーラ」は本当に生で聴いていても惚れ惚れするくらいの圧倒的なパワーを
感じさせる超名演なのですけど、
実はダメ金で終わっていますが、1987年の関西大会でもこの曲を自由曲にしていますが、
この年も実に素晴らしい!! 正直、1992年の演奏より更に上を行くかのような知る人ぞ知る「隠れた名演」だと思いますし、
この年の課題曲の「渚スコープ」という「静の世界」との凄まじすぎるギャップが
とにかく光りまくっている演奏だと思います。

それと、ま、この話は既に過去記事でも何度か記してはいるのですけど、
洛南のツボに入ったアレンジものでとにかくインパクトがあったのは、1989年の「ローマの松」だと思います。
あの演奏は、まさに宮本先生と全奏者の「ガッツのかたまり」なのだと思います!!
あの演奏を普門館で聴いた時は、正直驚きました。
「ローマの松」は、過去の演奏の場合、Ⅳのアッピア街道の松の部分だけを取り上げるか、またはⅢのジャニコロの松の
終結部とアッピア街道の松を組み合わせるというのが一つの「定型パターン」だったと思うのですが、
なんと・・・!! 洛南は、とてつもない強引で大胆すぎるカットではあるのですけど、全楽章を取り上げておりました!
そうですね・・・・悪く言ってしまうと、
おいしい所取り」というか、曲のエッセンスだけを巧みに編集したという感じもあります。
例えるとNHKの一年間の「大河ドラマ」を年末に「総集編」として放映したようなものだとも感じます。
仕方が無いのかもしれませんが、タイムオーバーを危惧するために全体的にテンポが速くなってしまい、
第一曲はスピード感があり躍動感があり、切れがありとても良い雰囲気だったのですけど、
第二・第三曲は、意外とさくさくとあっけなく情緒感もなく進行し、
ラストのアッピア街道の松も、もう少し「おおらかさ」が欲しかった感じもあります。
出来れば、もう少し「ppの熱演」というのか、弱奏部の歌を大事にして欲しかったし、
弱奏と強奏のコントラストを大事にして欲しかったとも思います。
だけど、一番驚いた事は、第一曲を、トロンボーン奏者が全員フルートに持ち替えて
演奏していた事ですね・・・
演奏効果はともかくとして視覚的効果は抜群だったと思います。

だけど・・・あの89年の洛南の演奏は熱かったです!! あれこそまさに「熱演」に相応しい演奏だと思います。
とにかく奏者全員の「熱い熱い気迫」が普門館に隅々にまで伝わっていて、
聴いているだけでなにか「じーーん」とくるかのような感動は間違いなくあったと思います。

あ・・・・またまた例によって話が思いっきりそれてしまいましたね・・・

今回は1991年の「ローマの祭り」の話でした。

「ローマの祭り」は「ローマの松」以上に色彩的効果があり演奏効果が発揮できる華麗な曲ですので、
私も当時、「洛南がローマの祭を演奏するんだから、相当な爆演が期待され、
ドッカーーーン!!みたいな大爆発が起きるのかな・・、これはすごく楽しみ・・!!」と思い、
とてつもない期待感ワクワクで聴いたのですけど・・
うーーん、やっぱり「吹奏楽コンクール」は難しいですよね・・・・

結果的には、「ローマの松」ほどは、残念ながらツボに入らなかった演奏になってしまいました・・・
このチームの特徴は、男子高校らしい豪快さとサウンドの硬質感だと思いますが、
男子校らしい「木管の弱さ」をカバーするため、
色々とアレンジ面と解釈面で工夫をしているのですが、その工夫がなんか結果的に裏目に出ているような感じもしましたし、
全体的に音楽が「散漫な方向」になってしまい、
確かに派手によく鳴っているのですけど、全体的な「統一感」がうすいのかな・・とも思ったものでした。
結果的にサウンドが厚化粧になっているような気がしました。
例えは悪いのですが、80代くらいの老婆が急に色気づき、バタバタと顔中に厚化粧を施したような感覚の音楽なのかな・・
とすら感じてしまったほどでした。
「ローマの松」は、それほど「複雑なメロディーラインの絡み」はあんまり無いと思うのですけど
「ローマの祭」は、曲自体が大変複雑で精緻に計算された曲だとも思うのですけど、
その「精緻さ」に奏者自身がなにか「迷い」が生じ、ローマの松ほどの「おおらかさ」を生まないで、
どちらかというと「何か理屈っぽい雑然さ」を呼び込んでしまったのかな・・・とも
感じたものでした。

同じ作曲家の曲でも、片方はうまくいき、片方は思ったほど効果は上がらなかった・・・という感じもありますし、
やはコンクールは難しいよなぁ・・と改めて感じた次第でもあります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

以前からブログは拝見していましたが、初めてコメントさせていただきます^^
書かれている関東と関西の指導者の違い、とても面白く拝見しました。
私は吹奏楽に関しては全然わかりませんが、こういう傾向は音楽に限らずあるような気がします。スポーツの指導者などももしかしたらこういう傾向あるかも。シンクロの井村コーチとか、まさしく関西の指導者の先生という感じかなと。
私は岡山県生まれで30年大阪に住んでいますが、こういう関西と関東の気質の違いは昔から興味があるテーマなんです。
吹奏楽の指導者にもタイプの違いがあるんだなあと知って、参考になりました。
淀川工科は確かにすごく有名ですよ〜^^♪

ありがとうございます!

マナサビイ 様


コメント頂きありがとうございます!

また当ブログをいつも見て頂き感謝しておりますし、私もマナサビイ 様のブログはいつも読み逃げばかりで
申し訳ないです!

ご指摘の通り、音楽に限らず「関西と関東の違い」は間違いなくあると思います。

どちらかというと、「ええかっこうしぃ・・」の関東と
本音をストレートにぶつけ合う関西みたいなイメージもあったりします。

そうした「違い」が実際に演奏にも反映されているのも大変面白いものがありますよね!


洛南高校~「アメリカの騎士」

2001年全国大会の実況録音CDありますが、あの「アメリカの騎士」は名演でしたね。
関西代表でしたが、サウンドとか音楽的なものとかはどちらかというと東北・関東勢に近く、独特のステージ配置などが強いイメージの学校でした。
あと、吹奏楽には関係ありませんが、この高校の偏差値の高さには驚きました。。。他の部活動も全国レベルのところがありますので「文武両道」の学校なんだなと思いました。
当時の顧問の宮本先生は数年前にご病気で残念ながら急逝され(福島の北野先生も、某支部大会で指揮中に倒れた指揮者さんも同じご病気で急逝されましたね。。。)、最近は全国大会にも支部大会にもなかなか出場が難しい状態らしいですが、この名門校がまた全国大会での名演をされることを期待したいですね。

アメリカの騎士

一秋田県民 様


「アメリカの騎士」は2001年においては、洛南と市立柏が演奏していましたけど、
私も洛南の方が大好きです。
市立柏は確かに巧いしジャズっぽい雰囲気もうまく醸し出しているのですけど、
少しサクサク進展し過ぎな点がネックだと思います。
その点、洛南は、骨太・豪快といった感じなのですけど、部分的に繊細さも感じさせてくれて、
ご指摘の通り確かに、オリジナル曲を演奏した際の埼玉栄の雰囲気に近いものもあったと思います。

洛南はまさに「文武両道」の鑑ですよね!

最近は県大会どまりという年もあるようですけど、天理同様「名門復活」を期待したいですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3063-60ad1d4d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |