プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.愛知工業大学名電高校


D/吹奏楽のための詩曲「アトモスフェア」(名取吾朗)


この年、1991年の名電を語る前に、その前年~3年前辺りの事を先に記させて頂くと・・・

名電は、1984年~87年まで全国大会4年連続金賞を達成し、
1988年に金賞を受賞すれば「5年連続金賞」という吹奏楽コンクールでは大変な栄誉と翌年の特別演奏を
与えられるという大変プレッシャーが掛る年でしたけど、
結果的に1988年の演奏は、正直、あんまり芳しい演奏ではなかったですね。
当時、普門館の会場で生で聴いていても、
「え・・・、これがあの名電・・・??」と目を覆いたくなるような不出来な演奏になってしまい、
結果として銀賞に留まり、5年連続金賞を達成する事は出来ませんでした・・・・
88年の表彰式は私も生で目撃していましたけど、銀賞と言う結果がアナウンスされた時の名電の代表者3名の方の
落込む様は・・何となくではありますけど客席にも伝わってくるかのような雰囲気はあったものでした・・・

そして、翌年の1989年のコンクールなのですけど、松井先生としても、
「まさかこの年に自分たちが普通にコンクールに参加しているなんて・・」みたいな不本意な気持ちは
もしかしたらお餅だったのかもしれません。
奏者にとっても前年度の「悔い」をなんかそのまんまそっくり引きずっているような印象すら感じたものでした。
前年度のショックの後遺症みたいなものが実際にあったかどうかなんていうのは、部外者の私には知る由もない話
ではあるのですけど、あの年の名電の自由曲の「神話」を聴いた限りでは、正直・・・・評価に困る演奏です。
一言で言うと、名電にしては「粗雑」で感銘性が希薄な印象です。
神話の世界と名電カラーが合っていないというか、音楽がすごくちぐはぐな感じなのです。
例年ならば、瞬発力が漲る打楽器セクションも、何か切れ味に欠け、なんかモサッとした演奏でした。
結果的に前年の演奏よりももっと印象は悪くなり、
 「もしかして名電、1976年のリエンチ以来の銅賞・・・??」とすら思ったほどでした。

でもさすが名電ですね・・・・

翌年の1990年はきっちりと立て直してきました!

自由曲は、1988年の時と同じ矢代秋雄の交響曲・・・・
もしかして、松井先生は余程、88年の演奏に「悔い」があったのかもしれないという事ですね・・・
同じ自由曲で2年後に「リベンジ」を果たしたかったという意図がもしかしたらあったのかもしれません。

課題曲A/ランドスケイブがこれまた素晴らしい演奏でした・・・・!!
この課題曲Aは埼玉栄・常総学院など多くの名演がありますけど、
この名電の演奏も大変鮮烈でした!!
この課題曲は、前半のホルンとトロンボーンの「リズムの刻みの掛け合い」が結構難しいものがあり
それが微妙にズレてしまう演奏も結構多かったのですけど、名電はそれがほぼ完璧に決まっていましたし
中間部の「鳥のさえずり」みたいなフルートソロも実にひそやかでしたし、
後半のアレグロの再現部におけるホルンの刻みが実にうまい!!
そしてそれに乗っかる形での木管の高音が実に美しくブレンドされて響いていました。
課題曲Aとしては、この日、トップクラスの演奏だったと思います。

圧巻は自由曲でしたね・・・・

アレンジは88年と同じ天野正道版を使用しているのに
88年の演奏と全く印象は異なります!
88年の方は、ヘンな所でユーフォを被せたり少しチグハグな印象もあったのですけど、
この年はそうした印象がほとんど無い・・・
88年の方は、「何か妙にヘンな厚化粧・・・50過ぎて急に色気づいたおばさんの厚化粧みたいな音楽・・」とも
感じたのですけど、
90年の演奏は大変洗練されスッキリした印象を与えてくれています。

この年は特に各奏者の技術が大変光っていました。

特に・・・・

前半の、ファゴットとピッコロのデュエットの部分は・・・、もう素晴らしすぎて背中がゾクゾクしたものです!!
あれはこの年の「技術賞」または「デュエット賞」をあげたい気持ちですね。
中盤以降のファゴットは、これまた「神がかり」的な見事な演奏を聴かせてくれていました。
あのファゴット奏者の優秀さは・・・とてつもないものがありましたね。

88年の方はとにかく金管がバリバリに鳴らし打楽器もガンガン叩きまくっていましたけど
90年の演奏はそれがかなりセーブされた演奏になっていて
金管・木管・打楽器のバランスが大変よく整理されていましたし、
何よりも「音のブレンド」をきちんと考慮されていたのが良かったと思います。

ラスト近くの金管のコラールも実に力強くかつ清らかでとても良かったですね。

だけどこの演奏、評価としては「銀賞」になってしまい、
リアルタイムで成績発表を聞いた際は「え・・・・、まさか・・」と思わず絶句してしまいました・・・・
あの演奏が銀賞で終るなんて、何か割り切れないものがありましたし
一応表面的には、88年と90年の演奏が「同じ銀賞」というのも何か腑に落ちないものがありました。
そのくらい、同じ自由曲で共に評価としては銀賞という結果になっているのですけど、
88年と90年の演奏には雲泥の差があると思います。

さてさて・・・そうした中での1991年の名電の演奏でしたけど、
一つ驚いたのは、毎年の傾向として「課題曲は難易度の高い曲を選ぶ傾向が強い」という名電の一つの方向
だと思いますし、事実、序奏とアレグロ・白鳳狂詩曲・深層の祭り等毎年難易度の高い課題曲に果敢に挑んでいる
パターンが多いのですけど、
名電がまさか「マーチ」を選ぶとは予想外でした!
これは・・・・花輪高校が87年に課題曲E/マーチ ハロー! サンシャインを選んでいたのと同じくらいの
「意外性」がありました。
名電のマーチは、予想通りというのか・・・やはり・・・「そよ風」というイメージではなくて
「モンスーン」とか「熱帯低気圧」みたいな大変威勢のいいマーチでした!
もうちょっと楽に吹いてくれるともっとよかったのかもしれないですね。

自由曲の「アトモスフェア」ですけど、これは1986年にも一度自由曲として演奏していますので、
いわば二回目の出し物です。
二回目という事で指揮者の松井先生にも「手慣れた感じ」があり、
演奏自体は全く問題なく終わったという感じです。
「アトモスフェア」というと、やはり市立川口が85年と90年の二度に渡って自由曲に選び、それぞれ
素晴らしい演奏を聴かせてくれていますが、
名電と市立川口の演奏上の違いってどこにあるのかな・・・みたいな事を最近ふと感じたものでした。
それに関しては、正直両校共に大きな違いはないと思います。
(どちらも実力校ですからね・・・)
ただ感覚的には、市立川口は特殊楽器を多用している事情もあるのですけど、
曲のタイトル「アトモスフェア」=「雰囲気」という事で、どことなくミステリアスな雰囲気を醸し出しているような
印象があります。
それと市立川口はソロ楽器が抜群に上手いと思います。
名電の方は、ミステリアスな雰囲気というよりは、やはり名電らしいというのか、
「圧倒的な威圧感」でもって曲全体の雰囲気を制圧しているような雰囲気が感じられたりもします。

似ているようでもあるのですけど、よーく聴いてみると、それぞれの学校の「個性」が
演奏にもよく表れているような気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3061-a2359aef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |