プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めに冒頭でおことわりを・・・・

実は、この一つ後の記事で記してある通り、私自身が先週、スリップ横転事故→背中強打により、
ちょっと・・・色々と「痛いこと」が続いていたものでして、
このブログの常連様の中には、
「あれれ・・最近、例のあのやたらとラブリー、ラブリー、連発するあの人からコメントがこないな・・」と思われる方も
中にはいらっしゃるのかとは思いますが、
言い訳をさせて頂くと、上記の事がほぼ原因だったのでした・・・・

そして・・・皆様にとっては極めて意外に感じるかもしれませんけど、
例の事故から本日で5日が経過しましたが、
この「魔法つかいプリキュア 第25話」の感想記事が実は、あの事故以降初めてブログ記事として書きあげたものです。
つまり・・・・
私自身は、この5日あまり一つも記事を書いていません・・・・
こういう時に威力を発揮するのは「ストック記事」ですね!!
予約記事・ストック記事を吐き出しまくり、なんとか・・・「連続更新」は保つことが出来ていました。
だけど、一つ上の記事でも書いた通り、何とか「回復」は図られつつありますので、
以前のようなこうしたブログ活動も、本日から改めて再開をさせて頂きたいと思います。
それと・・・ま・・自分で言うのもヘンな話ですけど、
こうやって日々ブログを更新し続けるというのは、私にとっては、「一つの生きている証し」でもありますし、
私自身の「矜持」なのかな・・・とも思っています。

ま・・そんな訳で今回の第25話だけは・・・・大変申し訳ないのですけど、
本当に本当に・・・ごく手短な感想記事になっていまいますけど、まだこれが限界・・・・
来週以降辺りから「通常営業モード」になりますので、今回ばかりはご容赦下さいませ・・・・






前作の姫プリまでは「プリキュアは絶対に本編では水着にならない!」というのが一つの暗黙のルールのように
なっていたと思いますけど、
前作でそれを打破し、今作でもって「プリキュアでも水着はOK!!」と言う事はほぼ定着したと言えるのかな・・とも
思いますね!
今までは、カレンダーでは水着解禁なのに、本編で解禁しないのはなんかおかしくない・・・?みたいな
雰囲気もあったのかもしれないですけど、
とにかく・・・・もしも来年以降も引き続き「プリキュアシリーズ」がこのまんま継続されるとするならば
「も――――、水着は全面解禁!!」という流れは
「けってーーーい!!」という事でほぼ決まりですね!!

うううう・・・・そうなると・・・・
2009年のフレッシュの第2話冒頭でいきなり「スクール水着」をお披露目したのに、
プリキュアファンの皆様たちから
「ああいうのはプリキュアの本筋ではない!!」と当時多方面から批判&お叱りの声を受けた美希たんは・・・
やっぱり「不遇のプリキュア」という事になるのでしょうか・・・・(苦笑・・)



8ecf524d-s_convert_20160726135436.jpg


3人の水着もとっても可愛かったですね!

だけど水着よりも私としては・・・ことはちゃんのあのまさかの「ツインテール」の方がなんかツボにはいりました・・・・

あれは私にとっては・・・

「魔法入りました!」というよりは「ツボにはいりました!」という感じでしたね・・・・

みらいのおさげっぽい髪型もとっても可愛いです!
リコちゃんは・・・「確定」という訳ではないですけども多分ですけど、トワ様同様「カナヅチ」なんでしょうね・・・・
あ・・・・「カナヅチ」というと、即座に初代のなぎさの「私、トンカチだから・・・」というしょーもねーオヤジギャグを
思い出したそこの御方・・・
あなたは・・もー、立派な「プリキュアマニア」だと思いますよ・・・(笑)



55e8a774-s_convert_20160726135534.jpg



しかし・・・前回同様、今回もことはちゃんは「魔法」を使いまくり・・・・!!

うーーむ・・・・今はいいけど、多分新学期以降、みらいたちの学校に転校生として入っていった場合・・・
たぶん・・・・
学校中をパニックに陥らせるか
勝木さんに例によって目撃されまくり・・・というパターンになるのは、もー、「お約束」になりそうですね・・・

今回のはーちゃんのいたずらは・・・
一言で言うと・・・・
「誰か・・・誰でもいいから奴を止めてくれぇ―――!!」という感じなのかも・・・・
このことはちゃんの「魔法・・・誰かにバレなきゃOK!」という発想は、今後吉と出るのか凶と出るのか・・・・
なんにせよ、みらいとリコちゃんの苦労は当分続くのかも・・・・

ヤモーから色々痛い所を指摘された経緯もあり、
ことはちゃんは・・・
「ごめんなさい!
皆を楽しませようと思ってたの…。でもそれが2人に迷惑をかけてたんだね…」と反省はしているようです・・・

みらいの「大丈夫、はーちゃんの気持ち、ちゃんと分かってるよ!」とか
リコちゃんの「それにこの程度の事、私達なんてことないし!」は、
さすが、はーちゃんの母親ポジションみたいな発言ですね!

リコちゃんの「ただし、こっそりでも今日みたいにたくさん魔法を使うのは無しでお願いね!」というお願いに対しての

「はーい!あっ、でも…」ということはちゃんのこのお言葉からは・・・
まだまだ前途多難というのか、はーちゃんのイタズラ魔法が当面は炸裂しまくり!!というオーラが
溢れていましたよね!!

新学期回までまだ回数がありますので、当面は、ことはちゃんのいたずら魔法から
目が離せそうもないですね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プリキュアの常識を打ち破った水着姿、リコは…

プリキュアの水着姿は美希で実現して以降は全くの皆無だったのが、昨年のはるか達で“解禁”、今年のみらい達でも受け継がれました。リコは浮き輪装備でひとり貝をつついていますが、リコもカナヅチ?といった予感です。本人はひとことも語っていませんが、「もしかしてリコ、泳げないとか?」「べ、別に泳げない訳じゃないし、浮き輪が好きなだけだし」といったやり取りも期待していましたが…。泳げないプリキュアはなぎさ、えりか、トワ、そしてリコで4人目、協力者ではゆいがいます。
さらにことはが魔法をイタズラに使い、そのせいでみらい&リコ、ことはによる“キュアップ・ラパパ合戦”になってしまう…。ことはのイタズラには魚を空に浮かせる魔法があり、しかもそのなかには蛸もいたので、これを美希が見たら悲鳴モノでしょうか。今話の勝木かなのやっていることは、「ついでにとんちんかん」の毒鬼醜憎(中の人がラブーと同じ)を彷彿させる感じがしました(彼もとんちんかんの正体に勘づいている)。
プリキュアでの浜辺回といえば、水着披露はないもののスイートで響達が砂の城を作る回がありました。

あとスリップで背中を強打ですか。お体をお大事にお願いします。

Re: プリキュアの常識を打ち破った水着姿、リコは…

鎌倉快速 様


いやいや・・私の横転事故のお気遣いまでして頂きありがとうございます!

美希たんは「不遇のプリキュア」みたいな側面もあるのですけど、確かに今回の話の中に居たら、
「きゃー、たこちゅー!」とかいって涙目になってしまうのかもしれないですよね・・・(笑)
ご指摘の通り、まさしく今回は「魔法かけた・解除した」合戦になってしまいましたけど、
果たしてはーちゃんが学校に通いだしらどんな風になるのやら・・
なんか「不安要素」しかないですし、まさに勝木さんに目撃されまくりの展開が期待できそうですね!

最近の、魔法使いプリキュア、寂しいのです。
みらいちゃんに、リコちゃん、影が薄いような・・・
でも、今だけですよね、今は、はーちゃんを育てる時期なのですよね。
リコちゃんのぽんこつぷり、違った、活躍を見てみたいな~

背中を打ったそうですね。
お大事にして下さいね。

かしこ

これからの二人の更なる飛躍に期待します!!

みかんゼリー 様


確かにその通りなのかもしれないですけど、ま、7月は「新しいプリキュア誕生」ということで
はーちゃん強化月間でもありましたから、
あの優遇ぶりはむしろ当然なのかもしれないですよね。

新しい敵幹部の登場の頃に、間違いなく「二人の試練回」もあると思われますし、
新学期以降は、リコちゃんは、ことはの「保護者ポジション」という新しい役割も担いそうな予感も
あったりしますね。

怪我の事もご心配して頂きありがとうございます!! おかげさまでなんとかV字回復の道を歩んでいる
最中なのかもしれません!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3060-2cdcb86c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |