プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.東海大学第四高校


A/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り(R.シュトラウス)


この年に関しては、高岡商業もそうでしたけど、
「えーー、なんでこんなに素晴らしい演奏を聴かせてくれているのにこの演奏が銀賞なの・・・?」みたいな
演奏も結構多かったような気もします。
高岡商業以外では、今回取り上げるこの東海大学第四とか新屋・花輪・関東第一あたりも
金賞受賞チームとほとんど差が無いまさに「紙一重」の大変レヴェルが高い演奏を聴かせてくれてたと
思います。
この年の傾向は、以前も書きましたけど、関西代表のチームが極めて珍しい事に全般的に低調と言う
事情もあったのですけど、全体的には「東高西低」みたいな傾向があり、
更に・・・・
午前中のチームよりは午後に運送した方のチームの方に名演が集中していたような印象もあります。
今現在の全国大会のシステムは、午前と午後の入替制度になっていますけど、
この年は、まだそうしたくだらないシステムは導入前です。
もしもですけど、この年にそうした入替制度が既に実現されていて、午前中だけの演奏を聴いて帰ってしまった人は
「この年はレヴェルが低い・・」みたいな印象をもしかしたら持たれてしまう可能性もありましたね・・・

課題曲A/斜影の遺跡は、私自身がこの課題曲、正直あんまり好きじゃないというか、
「大嫌い」という部類に入ってしまうため、そういう私自身が論評する事自体あまり好ましい事ではないと
思うのですけど、
全部門を通して、東海大学第四の課題曲Aの演奏はトップクラスに入ると思うくらい大変完成度の高い
見事な演奏だったと思います。
この課題曲は、このチーム以外では、常総学院・埼玉栄・土気中・市立柏・出雲第一中学校・中間東中・神奈川大学の
演奏が大変印象が強いです。
足立第十四中学校も人数不足+習得技術の低さという難点は一杯あるのですけど
この曲の「意図」らしきものは見事に聴く者に伝えていたとは思います・・・

そうそう・・・東海大学第四の自由曲は「サロメ」であるため、この頃は「サロメ」は今現在と違って
録音NGでしたので、
CDとしての収録は課題曲が収録されています。
東海大学第四の課題曲は、生で聴いていてもそのように感じていたのですけど、
翌日の中学の部の土気中の課題曲Aに近いような演奏というのか、
とにかくダイナミックスレンジの巾が広いというのか音楽が自由自在というのか
強弱のコントロールが抜群と言うのか
とにかくこんな訳のわからん大変難易度の高い課題曲を聴衆に「難しい・・」みたいな事を全く感じさせないで
圧倒的な威圧感でもって聴衆を飲み込んでしまったみたいな雰囲気すらあったと思います。
打楽器のトムトムの音質感の良さとか金管セクションのヒステリックな響きなんだけど、全然破裂音のように
聴こえさせない点の技術の高さは、まさに高校生の領域を超越しているとすら
思ってしまいます。

自由曲の「サロメ」は、上記で書いた通り、この頃はまだ録音不可の時代ですので、
今回ここに記す感想はあくまで25年前の一回聴いた時の感想と言う事になってしまいますので、
今回はあくまで手短に主観だけを記したいと思います。
一言で言うと、本当に「上手い!!」、というか・・まさにこの一言に尽きると思います。
前年の1990年に浜松商業が演奏した「サロメ」は、どちらかというと「柔らかく振ったようなサロメ」という印象があり、
どちらかというと「妖艶」というよりは「若き少女の踊り」みたいな爽やかな印象を与えてくれました。
91年の東海大学第四の「サロメ」は浜商とは対照的に「キッチリカッチリに硬質に攻めてきたサロメ」という印象があり、
「しっとり」というよりは「どだ、まいったかぁー!」みたいに
曲の至る所に細かい仕掛け(テンポの揺らし、一つの楽器の意図的な強調、テンポルバートなど・・)を用意し、
「守り」というよりは「攻め」の姿勢を重視したような印象も私としては受けたものです。
後半以降の追い込みも大変お見事!!
後半はどんどん追い込んで曲を閉じ、印象としては「一気呵成な閉じ方」みたいなものも感じたのですけど、
これ・・・・評価としては銀賞で終っています・・・

うーーん、高岡商業と言いこの東海大学第四と言い、この2チームの銀賞はいまだに
納得がいかないものがありますよね・・・
ま、吹奏楽コンクールは水物だから仕方がないのかもしれないですけど、やはりいまだに納得は
いかない銀賞の一つです。

最後に・・・ちなみにですけど、「サロメ」は、1983年までは普通にレコード収録されていたのですけど、
実況録音として収録がOKになったのは、1999年以降の話でした。
84年から1998年までの間に多くの「サロメ」の名演が生まれていたのですけど、
この間は本当に録音自体されていなかったのかな・・・・?
もしも・・・実は「こっそり隠れ録音」がされていたとするならば、
1984年の神戸高校とか89年の常総学院の演奏は是非是非聴いてみたいものがあります!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3057-f0442b79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |