プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.明石北高校


B/世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」より(C.オルフ)


この年は少し珍しい結果になりましたね・・
関東代表の4チームは全て金賞であるのに対して関西代表の3チームは全て銀賞・・・
もちろん、吹奏楽コンクールの結果だけが全てじゃないのですけど、関西のチームが全国大会に出場して
金賞がゼロというのは極めて珍しい現象ですので、その点はとても強く印象に残っています。
淀工はプログラム1番+休み明けという事で今一つノリが悪い演奏で、洛南は確かにパワー炸裂なのだけど
演奏にドライヴ感と切れが悪い感じでやはりノリが今一つという感じでしたし、
明石北は、全体的に少し淡白すぎたかな・・と思ったものでした。
というか・・・この年の関東代表は埼玉栄・柏などとにかく圧倒的な名演が続出し、レヴェルの高さを見せつけ
まさに「ここに関東あり!」みたいなものを見せつけた年でもありました。

日本ワールドレコード社が当時発売していた「関西の吹奏楽91」がありましたので
この年「関西大会ダメ金」で全国に進めなかったチームの演奏、天理と兵庫の演奏を聴いてみると、
天理は、明石北と全く同じ自由曲の「カルミナ・プラーナ」を演奏していましたけど、
天理の「カルミナ・プラーナ」は、カットが大変ユニークなのが興味深かったです。
天理は、原曲の冒頭部分から開始し、そしてラストもその冒頭を再現する形で曲を閉じ、
音楽としての「構成美」というものは強く伝わってきました。
但し、90年のショスタコの5番で感じたような「サウンドの弱さ」がこの年もそのまんま弱点として継承されていて
曲の意図は分かるけど音楽としての骨格の弱さというかひ弱さが気になったものでした。
兵庫はこの年、ホルストの組曲「惑星」~Ⅳ.木星を演奏していましたけど、
正直・・・・「え・・なんで兵庫はこの年代表に選出されなかったんだろう・・」みたいな感じでしたね。
俗にいう「松井節」が炸裂し、音楽のスケールも申し分のない迫力のある演奏だったと思いますけど、
是非あの木星は、普門館で高らかに鳴らして欲しかったですね!

あ・・・今、松井先生という名前が出てきましたけど、
兵庫高校の松井先生は、兵庫に赴任される前に指導をされていたのがこの明石北高校だったのです。
明石北高校というと・・・
私のようにオールド吹奏楽ファンの皆様ですと、真っ先に1983年の「ダッタン人の踊り」を思い出される人も
多いと思います。
あの年の課題曲C/カドリーユは、とにかくとてつもなく個性的な演奏で、
音楽はとっても軽快で流れが大変良好なのですけど、トロンボーンの部分的なダーダー吹きなど
カドリーユの演奏としては習志野と並んでこの年のトップクラスの演奏でした。
そして自由曲の「ダッタン人の踊り」は、これぞまさしく歴史的名演!!
演奏のどこにも「弱み」がありませんし、オーボエ・コールアングレ・クラリネット等のソロもほぼ完璧で、
何よりもあのしっとりとした「情緒」は、本当に聴く者に「感涙」を与えさせてしまうほどの
とにかく「感動性」に溢れた素晴らしい名演だったと思います。
とにかく・・・1983年の松井先生指揮での明石北の演奏は素晴らしかったと思います!!
ちなみにですけど・・・
私自身の高校1年の定期演奏会で演奏した曲の一つがこの「ダッタン人の踊り」でして、
とにかくこの曲は技術的に大変難しかったですし、まさに「クラリネット奏者泣かせ」の曲だったと思います。
とにかく指揮者から連日怒られまくり、
打楽器は「お前らはどっかの応援団か!」とかトランペットは「その高音の破裂音何とかしろ!」とか
低音セクションは「音楽の土台がそうやって不安定だから全体が不安定になるんだ」とか
クラリネットは・・・
「論外!!」ととにかくバッサリ斬られまくりでした・・・
クラリネットの上級生なんか、結構遅い時間帯でも体育館とか教室で必死の形相で練習しまくっていた光景は
今でも忘れられないですね・・
とにかくそうした大変な難曲をあそこまで音楽的に深く掘り下げて、クリアな音色で聴衆を魅了した
1983年の明石北の松井先生と全奏者の皆様には
深く深く・・敬意を表したいと思います。
あんな難しい曲をどうすればあんなサラッ・・と吹きこなせるのか・・・とにかく「お見事!」の一言に尽きる名演でした!

そして・・・・!!

明石北高校というと、絶対に忘れてはいけないことが一つあります!!

それが何かと言うと、女性奏者の制服が、まるで「宝塚」を彷彿とさせるような
とっても可愛い水色のワンピースの制服!! とにかく個性的なユニフォームで、あれは・・・
まさに・・・
「天女」みたいなステージユニフォームだと思います!
本当にあの水色の制服は可愛くて素敵ですよね!

確か聞いた話では、あれは夏用制服で、秋に開催された普門館の全国大会のステージでは
女性奏者は普通のブレザー制服で演奏されていたと記憶しています。

1991年と1997年にも明石北は全国大会に出場しているのですけど、
残念ながら、女性奏者のステージユニフォームは、1983年の水色のあの天女みたいなユニフォームでなかったのは
少し惜しまれます・・・・(笑)
ま・・・全国大会は既に「秋」の季節だから、夏用制服のあの水色の天女みたいな制服でステージに立つことは
元々多分ありえない話だと思うのですけど、一度ぐらいは
是非生で見てみたかったような気もします。

私が1984年に都内の大学に進学し、そこの吹奏楽団に入団した際に関西出身の女の子がいましたので
当然ながら・・・・(?)
この「明石北」の制服について聞いてみたのですけど、
「え・・・明石北の女子生徒の制服は普通のブレザーやねん・・・、あれはちゃうで・・・
あれはあくまで夏限定やわ・・・」とか言っていましたので、
多分そうなのでしょう・・
松井先生指揮での明石北の普門館再登場も当時とてつもなく期待していたのですけど、
松井先生はその後兵庫高校に異動されましたので、
あの天女みたいな水色の制服も松井先生指揮での演奏もお目にかかる事はありませんでした・・

ちなみにですけど・・・・

明石北高校のその水色ワンピースのステージユニフォームは、「バンドピープル」のバックナンバーに
何度か登場していますけど、
やっぱりあれは、今改めて見ても斬新なデザインですね!!
最近の高校生・・特に女子高生の皆様の制服って本当に可愛くて素敵なものばかりが多いですよね!
いわゆる「デザイン系制服」みたいなものを指定制服とする学校も随分と増えてきたと思うのですけど、
私が高校~大学の学生さんだった頃って、こうした「デザイン系制服」自体がまだまだ珍しい時代でもありましたので、
こうした明石北みたいなデザイン系みたいな可愛い制服自体が大変貴重だったと言えると思います。
バンドジャーナル・バンドピープルといった吹奏楽月刊雑誌の毎年11~1月号の「吹奏楽コンクール特集記事」において、
出場チームの写真が掲載される事もかなりあり、
私が田舎の県立男子高校の時に、既にこうした吹奏楽雑誌にて「明石北高校」のあの天女さんみたいな制服は
既に掲載されていて、
よく男子部員と共に・・・
「あーあ・・・こんな可愛い制服の女子高生と同じステージで演奏したいよなぁ・・」とか
「それにしてもこの制服可愛いよな・・」
「あんな可愛い制服の女の子と××したいよなぁ・・」
とか色々と健全orよからぬ妄想ネタで盛り上がっていたものです・・・(笑)



CIMG9902_convert_20160816193053.jpg



ちなみにですけど、上記画像は、1988年11月号の「バンドピープルの掲載写真です。

そうですね・・今現在の感覚・視点で見てみると・・・
「別に大したことないじゃん・・」と思われる方が多いのかもしれないですけど、とにかく・・・
私が現役奏者の頃は、珍しかったですし、とっても貴重だったのです!!

あ・・・・すいません・・・・今は、1991年の明石北高校の話でしたね・・・(笑)

そうですね・・・・一言でいうと「無難すぎる演奏」で、
あんまり強烈な個性とか主張を感じさせないで、サクサクと曲が進んで行って
いつのまにか終曲を迎えていた・・という感じでした。
関西代表にしては珍しく「アク」がうすいなぁ・・と普門館で聴いていても感じたものでした。
少しマイルド過ぎたのかな・・?

あ・・だけど、この年から6年後の「アルプス交響曲」の演奏はとても素晴らしかったです!
この曲は、ほとんどの場合、原曲通り静粛に閉じられることが多いのですけど
この年の明石北の演奏は、原曲で言うと、嵐→頂上にての盛大に盛り上がる部分で曲を閉じていましたので、
このあたりも大変印象的でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3056-87e061ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |