プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その③の続きです。

前回までの話の中で、「東方妖々夢」における幻想郷に「いつまでたっても春がやって来ない」という異変
については、霊夢たちによって無事に解決された訳なのですけど、
そうですね・・・
あの異変の解決を一番望んでいなかったのは、雪女のレティ・ホワイトロックで
一番解決を望んでいたのは、春告精でもあるリリーホワイトと言えるのかもしれないですよね。

ゆゆ様自身は、本当に幸いな事に・・・
桜の下に眠る死者が、実はその正体は生前の自分自身だとは気づきませんでした。
(多分ですけど、今現在も気が付いていないのかもしれません・・・)
もしも気が付いていたとしたら・・・
幻想郷内の素敵なヒロインが消滅していた・・・という事になると思うのですけど、
天は・・・というか幻想郷は「ゆゆ様」というヒロインを決して失わせはしなかった・・という事になるのかな・・とも
思ったりもします。
結局、ゆゆ様は今後もこれからも・・・永遠に白玉楼で亡霊のお嬢様として暮らすことになるのでしようし、
それはむしろ・・・四季映姫様もゆかりんも皆が望んでいる事なのだと思います。

そして・・・・結局は・・
西行妖の開花を見ることは今年もありませんし、来年もありませんし、
たぶん・・・永遠にないと思います。
なぜなら・・・ゆゆ様は既に幻想郷の一人のヒロインなのですから・・・

そして、ゆゆ様は妖々夢以降も幻想郷のメインヒロインとしての立ち位置をほぼ確保し、
妖夢共々「冥界」の主としての座はほぼ揺るぎがないと思います。
事実、妖々夢以降の活躍もかなり目覚ましいものがあるというのか、霊夢・魔理沙たちが気が付かない事に
いち早く気が付き、独自の視点から異変解決に動いている点は
特筆に値するものがあると思います。

「東方萃夢想」においてなのですけど、
あの延々と繰り返され続ける「宴会」・・・・永久に飲み会が続くとすら思われたあの異変は、
言うまでもなく、その黒幕と言うのか主犯は「萃香」なのですけど、
ゆゆ様は・・・!! 本当に淡々と・・そして飄々とした様子で黒幕の視線を交わしながら、
萃香のもとに近づいていきます!
そしてその際のあの一言が繰り出されます!
「右足の隣に左足があるわ。そのくらい常識ですよ! 」

そう! ゆゆ様のストーリーは「お茶」と「香り」のワードを通して風流に展開されていくのが、
実にこの御方らしいお話でしたよね!

ちなみにですけど、「東方萃夢想」におけるゆゆ様の勝利時の決め台詞は、
これ・・・結構楽しいものがあり、私はこれ大好きですよ!!

一例を記しますと・・・

vs 博麗霊夢   → 前から思ってたんだけど……貴方って幽霊の素質があるわよね。
vs 霧雨魔理沙 → 前から思ってたんだけど……貴方って長生きしそうに無いわね。
vs 十六夜咲夜 → 前から思ってたんだけど……貴方って意地悪な姑になりそうね。
vs アリス     → 前から思ってたんだけど……貴方ってガリバーみたいね。
vs パチュリー → 前から思ってたんだけど……貴方って松竹梅で言ったらアサガオみたいね。
vs レミリア     → 前から思ってたんだけど……貴方ってコウモリ傘みたいね。
vs 八雲紫     →  紫ってさあ。最近丸くなってない?頭の辺り。
vs 紅美鈴 → 前から思ってたんだけど……貴方って地味よね。

いや――――、これってよくみると面白いですよね・・・・(笑)
霊夢やレミリア様やゆかりんに対して素面でこんな事を平気でさらっと言えちゃう人って、
幻想郷内にはそんなにいないと思いますし、いやいや・・これは、ゆゆ様以外絶対に言えそうもないセリフなのかも
しれないですよね。
個人的には、アリス・パチュリーさん・美鈴に対するあの容赦ないツッコミは、「さすが、ゆゆ様!」という感じですね!!

いや――――、これはお見事です! こりゃ一本取られちゃいました・・・・(笑)


「東方永夜抄」におきましては、異常な月を元に戻すため、妖夢を引き連れて
「迷惑な術」をかけた黒幕と言うべき主犯のもとに向かいます・・・
ま・・その黒幕と言うのは言うまでもなく永琳様なのですけど、
「東方萃夢想」の時もそうなんですけど、ゆゆ様って霊夢たち主人公に先駆けて「異変の主犯」を特定し、
その主犯の元に向かっていっちゃう所は、本当に凄いと思いますね!
まさに、幻想郷の切れ者とか知恵袋みたいな二つ名に相応しいとすら感じてしまいます!
飄々とした様子で、天上に掲げられた「偽の月」の本質を見抜いていたのは、まさに「お見事!!」の一言に
尽きると思います!!
何か私の中では、幻想郷の「賢者」とか「知恵者」というと、真っ先にゆかりん=八雲紫様を思い浮かべてしまうのですけど、
なんか実戦面においては、「東方儚月抄」のあの一件も含めて、
ゆかりんよりも実は・・・ゆゆ様の方が一枚上手なのでは・・!?とすら感じてしまいますね!
いや――――、ゆゆ様、すごいよ!! あなたは本当に凄いと思います!!
そしてその際にあの有名なセリフが登場するのです!
「妖夢。あの月の顔を見るのは忌まわしい事よ。今すぐに見るのをやめなさい」
うーーむ、これはまさに主犯を見切ったゆゆ様の「感性」に今更ながら、惚れ惚れとするものがありますね!!

そして圧巻は、 「東方緋想天」なのではないでしょうか!?

霊夢・魔理沙・十六夜咲夜などほぼ全てのキャラクターが異変調査に出かけるよりも前のかなり早い段階において、
ゆゆ様は既に「異変」を察知し、誰よりもいち早く行動を開始しているのです!
え・・・これって・・まさに、霊夢みたいな主人公クラスが果たすべき役割をゆゆ様が
先駆けて果たしているのですよね!

しかも・・・天子のあの例の局地的地震によって博麗神社か゜倒壊していない時期の話なんですよね!
つまり・・誰も何も異変について警戒をしていない頃の話なんですよね・・・・・
そして・・・・天子の元へ一番最初に到達していたのも、ゆゆ様であり、
天子自体、ゆゆ様との一戦を「 これから起こるだろう地上の者どもとの戦いの前座 」と評するなど
それなりに高い評価はしています。
またこの異変においては、「天候の変異」自体が、それぞれの意思の制御から離れた所で起きてはいるのですが、
ゆゆ様自体は、その天候を自らの意思で変容させているとすら思える結果すら引き起こしています。
ゆゆ様曰く・・・「 冷静になれば天気を変える事だって簡単です 」
うーーむ、ゆゆ様の能力って、ゆかりん・永琳様クラスと言っても過言ではないですね!!

天子ちゃんは見た目は本当に可愛くてかわいくて仕方がないのですけど、
同時に・・・
とてつもないある意味憎まれキャラでもあったも思うのですけど、
それを全てあの「天真爛漫的可愛らしさ」で乗り越えていたのですが、それを完璧にぶち壊し、
天子をフルボコにしたゆかりんは・・・・やっぱり幻想郷最大のヒロインなんだなぁ・・・とも
思ったりもしちゃいます!!

ま・・・・、ゆゆ様の切れ者&聡明さを遺憾なく最大限発揮したのが・・・、
そう・・!
言うまでもなく、「東方儚月抄」だと思うのですけど、とにかくあの時のゆゆ様は素晴らしかったです!!
「東方儚月抄」の影の主人公はゆかりんなのですけど、
ゆゆ様は、ゆかりんと並んでこのシリーズの最大の功労者だとすら思います。
というか・・・・
ゆかりんとゆゆ様は、漫画版においては、底巻のラストのあの宴席シーン以外は実は一度たりとも
会っていないのですよ!!
何も事前打ち合わせをしていないどころか、作戦会議も協議どころか、手紙とか、文面での指示書とか
とにかく・・・一言すら「言葉」を交わしていないのに、
まさに・・以心伝心というのか「あ・うんの呼吸」でお互いがお互いの意図するところをわかって
ぶっつけ本番で行動し、
結果的にそれが「成功」しちゃう点は、本当にあれは「すごいな・・」と思ってしまいます。
あれは・・・・当然ながらゆかりんも素晴らしいけど、それ以上にゆゆ様が素晴らしいのだと思います!

ま・・・・見方によっては・・・・

そーんなダブル囮作戦なんてまどろっこしい事しなくても最初からゆゆ様一人だけを月界に派遣し、
何かテキトーなものを盗ませても効果は同じじゃん・・みたいな事を言う人もいるかとは思いますが、
否! それは違うのです!
ゆかりんの「意図」というのは、第一次月面戦争のリベンジでもなくて、綿月姉妹をぎゃふんと言わせることでもなくて、
実は・・・・
そう・・!! ゆかりんのターゲットは、永琳様なのですから!!

ま、それについて語りだすと長くなってしまいますので、、「東方儚月抄」の話については、次回以降に
譲りたいと思います。

それと・・・その、「東方儚月抄」を見て感じたのですけど、ゆかりん・レミリア様・ゆゆ様の従者・式神は、それぞれ、
藍・咲夜・妖夢なのですが、
各々の関係性はなんか興味深いものがあったりもします。
藍の場合は、ゆかりんから指示された事だけを忠実に守るという印象で、
言うならばゆかりんの「忠実なメッセンジャーガール」とも言えるのかなと思います。
反面・・・・指示された事以外は極力やりませんし、そうした自主性は弱いと思います。
十六夜咲夜の場合は、「指示待ち族」という感じではなくて、むしろ・・・レミリア様から指示されなくても、
場合によっては独断で行動を起こしちゃうタイプで、
レミリア様との関係性もどちらかというと「対等なパートナー」という感じすらあります。
だけど咲夜の場合、聡明ですので、「レミリア様を絶対にたてる」という事は遵守する点は素晴らしいですよね!
そして、妖夢の場合・・・・
確かに自分の判断で時に考え行動もしちゃうのですけど、
それが全てゆゆ様に、実は「お見通し済」という雰囲気があるのかな・・・とも思います。
妖夢はゆゆ様から特段指示を受けていなくても妖夢がよかれと思った事は、ゆゆ様の指示にたとえそぐわなくても
やってしまう意志の強さもあったりするのですけど、
妖夢の場合、それが時に「裏目」に出ちゃう辺りが咲夜との違いなのかなとも思いますし、
そうですね・・・
妖夢の場合、あまりにもゆゆ様の懐が深いため、
全てゆゆ様の手のひらに躍らせている・・・みたいな感じもありそうですね。


→ ゆゆ様 その⑤に続く・・・・



mmyonnn_convert_20130806172153.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の夏らしいミニスカート&ソフトクリームを手にしている妖夢を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なイラストは2013年8月にアミグリさんが描かれたものです。

梅雨も明け、これからまさに「酷暑」が始まろうとしていますので、

「夏」に相応しい素敵な一枚と言えますよね!

だけど、このみょんさん(妖夢の愛称)が手にしているソフトクリームはとっても美味しそうですし、
妖夢の雰囲気も、まさに「夏本番!!」という感じですね!
見ているだけで「あーー、アイス食べたいなぁ――!!」と思わせてしまうとっても楽しい一枚だとも思います!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラストの掲載、嬉しいです!!

妖夢のイラストを載せてくださり、ありがとうございます!!

妖夢、とっても可愛いです!

アミグリ 様


いえいえ、こちらこそいつも本当にありがとうございます!

本日のうちのブログの記事も、またまたアミグリさんから転載のご了解を頂きましたみょんさんですけど、
先日のアイスみょんさんといい本日のこたつみょんといい
アミグリんが描く妖夢は、本当にどれも可愛くて素敵ですよね!!

こんばんは。昨日はメッセージのお返事のみで失礼しました。こちらこそ
いつも素敵すぎるコメント、誠にありがとうございます☆お怪我の方は…
無事に回復されているようで何よりですが…電気が走るような痛み等
大変そうですね。引き続きご無理はなさらずお過ごし下さいね!

前回の記事では…東方記事40突破に気付いて頂け嬉しかったです♪
最近も古めの東方記事にも拍手が頂けていましたが…もしかして…?
「わたし!わたし!」というお声が聞こえてきそうな気持ちです(笑)
ぬくぬく先生様は…あっという間に100超え…この勢いは誰にも止められない
ですね☆しかもぬくぬく先生様の記事はいつもとっても濃密でキャラの魅力が
最大限に溢れていて…ビックな愛!を感じます♪私も負けじと更新したいです!

コンプエースは異なる形で2つの東方作品が楽しめる、まさに夢のような素敵な
雑誌ですよね☆クラピーはすっかり準レギュラー!大活躍なんですね♪
早苗が名付けた(笑)ヘンなTシャツヤロー様にお叱り…というか
活躍し過ぎて嫉妬されてしまったら…と思うと少し心配なので、機会があれば
先生の描く他の紺珠伝キャラも見たい!と思います☆鈴奈庵ではマミゾウが
大活躍なんですね!マミゾウは色んな経験が豊富なイメージがありますし…
語りの内容は…まさにわくわくもんだぁ!!という感じですね。

そして三月精に早苗が登場したのですね!霊夢は…個人的にはどの作品でも
きっぱり、さっぱりした印象がありますが…早苗はぬくぬく先生様の記事でも
感じる通り、正統派美少女だったり、お茶目だったり…多様性を感じます。
私の中のイメージでは…美少女路線の鈴奈庵寄りだと思いますが、また機会が
あれば茨歌仙もしっかり読んで、その後に早苗を描いたら…はじけまくって
全くの別人になってしまうかもしれませんね(笑)そして三月精で活躍すると
したら、どうなってしまうやら…それを想像するのもとっても楽しいですね♪
是非守矢神社にも悪戯に来てもらって、神奈子や諏訪子と一緒に活躍して欲しいです!

それと先日ようやく小説版の儚月抄も読破しましたが…やはり影の主人公は
紫様!と改めて感じましたし…まさに以心伝心!の幽々子様との深い絆を
感じました。またこの記事の中で…とっても涼しげで可愛らしく登場している
みょんの意志の強さ、頑張りについても、しっかり書いてもらえて嬉しかったです☆

私の場合は…ハマっている時期によっては…めだ箱やクロガネ等結構ジャンルが
偏っていたと思いますが、今後も色んなジャンルの記事を書いていきたいです。
「素晴らしき変化と多様性!」と褒めてくださりありがとうございます☆
今後もぬくぬく先生様にドキドキを感じて頂けるような進化&発展ができたら
良いなぁと思います♪

今日の更新は東方の過去のワンドロ作品で…少しでも涼しさを感じて頂けたら
幸いです。お怪我の事はもちろん、暑い日が続きますし、しっかり体を休めつつ
お過ごし下さいね。では読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3055-00705b63
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |