プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


リードの「パンチネルロ」序曲は、底抜けに明るく健康的な作品だと思います!
構成もA-B-Aのオーソドックスな三部構成で非常にシンプルですし、何よりも中間部のかなりロマンティックな響きが
感じられます。
この中間部が中々しっとりくるのがいい所ですよね。
この序曲の副題は「ロマンティックな喜劇のための」という表記があったと思いますが、
まさにこの副題がこの曲の魅力の全てを物語っているといっても過言ではないと思います。
出だしも結構インパクトのある強烈な出だしなのがいいですね!

この曲、私が高校生辺りまでは、「パンチネルロ」と表記されていたのですが、
何かいつの間にか「パンチネロ」に変化していました・・
なぜなんでしょうかね・・・??
これはバーンズの「呪文とトッカータ」のタイトルがいつの間にか「祈りとトッカータ」に変更されていたのと
同じくらい、なんか私にとっては「謎」です・・・(笑)
昔、ソニーから「リード作品集」というレコードが発売されていて、このレコードの中には、
第一組曲、アレルヤ!・ラウダムス・テ、イン・メモリアム、音楽祭のプレリュード・パンチネルロ、
ジュビラント序曲などというリードにしては比較的マイナーな曲が収録されていて
昔はよく聴いていたものでした。

私が高校生辺りの時は、この曲はよく自由曲として演奏されていた事も多いと思いますが、
最近では、県大会クラスでもこの曲を耳にすることはほぼ無いのが
少し寂しい感じがあります。
全国的にみても、A編成・大編成でこの曲が演奏される機会も激減し、たまーに、小編成部門で
目にすることがある程度ですね・・

私自身、この曲は高校一年の時の定期演奏会で演奏した曲の一つであり、その意味でも個人的には
大変思い入れがあります。
ちなみにこの時の定期演奏会で演奏した「吹奏楽オリジナル作品」ステージで演奏した曲が、
リードのパンチネルロ・アルメニアンダンスパートⅠ・ジェイガーのシンフォニア・ノビリッシマというのも
何だか随分と「時代」を感じさせますよね・・・
もしかして・・
今の現役奏者の皆様にとっては、リードの「アルメニアンダンスパートⅠ」という不滅の名曲ですら、
もはや「懐メロ」という領域になってしまうのかな・・・?
だけど、リードのパンチネルロもアルメニアンダンスもジュビラント序曲も第二組曲もインペラトリクスも
ミュージックメーカーズも
絶対に忘れてはいけない作品ですし、後世にきちんと受け継がれなければいけない曲の一つだと
思います!
ま・・・そんな中、私が高校在学中の定期演奏会で、「アルフレッド=リード」の作品の中で
ジュビラント序曲・第二組曲・パンチネルロ・アルメニアンダンスパートⅠの曲を長い練習時間をかけて
じっくりと取り組める機会を持てたのは、本当にラッキーな事だと思いますし、
更に高校一年の時のコンクール自由曲がホルストの第一組曲というまさに吹奏楽オリジナル作品の古典的名曲を
吹くことが出来たのは、
これは本当に私の「音楽体感」を語る上では大変貴重な出会いだったと思いますし、
1982年に花輪高校のウォルトンの1番を東北大会で聴く事が出来た「幸運」に匹敵するものがあると
思いますし、
まさに私の「音楽」の一つの方向性を導き出してくれた素敵な体験だと思います!

さてさて・・・・このリードの「パンチネルロ」なのですけど、
この曲が最後に全国大会で演奏されたのは、1991年の徳山大学なのかな・・・?
でもこの徳山大学って、1983年に最初に仙台で開催された全国大会に初出場を成し遂げていますが
この時は、ウィリアムズの交響的舞曲第3番「フィエスタ」を相当ひどい演奏を
宮城県民会館の聴衆に聴かせてくれたのですけど
(徳山大学の関係者の皆様・・すいません・・・・)
だけど、1991年~93年の全国大会3年連続出場時は、メンバーが25~30名程度の少数人数ながら
とてもこんな小編成とは思えない大変立派な素晴らしい演奏を聴かせてくれていて
あの3年間の徳山大学の演奏は、まさにコンクールの歴史に一ページを刻んでくれていたと思います。
というか・・・あの小編成でもこんなに素晴らしい演奏を聴かせてくれて全国大会にも進むことが出来るという
一つの「希望の灯」を提示してくれた事は、このチームが「吹奏楽コンクール」に残してくれた
一つの偉大な軌跡だと思います。
あの3年間の演奏は、まさに、「軌跡は奇跡!!」という感じの演奏でした!!
91年の「パンチネルロ」は、トランペット・トロンボーンがかなり充実した編成なのに、
クラリネットはたったの4本!!
これって誰がどう聴いても相当バランスが悪いのですけど、この4人のクラリネット奏者が極めて優秀であるため、
ま・・確かに曲としては多少金管が強すぎバランスは正直あんまりよくはないのですけど、
きちんと「音楽」として成立させ、
編成のアンバランスさを聴衆にそんなに過度に印象付けなかったことは大変立派な事だと思いますし、
これは指揮者のコントロールも含めて、賞賛に値すると思います。
あの演奏が「銅賞」という一言だけで終わるのもなんか勿体ない話だと思いますし、私はあの演奏は
もっと高く評価されて然るべき演奏だと思っています。
93年のパーシケッティーの「ディヴェルティメント」も91年に比べて遜色ない演奏でしたが、
91年以上に少々金管が強すぎバランスが悪かったのが残念なのですけど、
93年の演奏は個人技術の高さとか粋な仕上がりも申し分なく、私は大好きな演奏です。

吹奏楽コンクールの場合、パンチネルロの圧倒的名演といえば
やはり1978年の瑞穂青少年吹奏楽団の演奏に尽きるのかな・・・・??
これは、とてもアマチュアとは思えない演奏ですし、
爆発力もあるし洗練されているし、スピード感も透明感も申し分なしという素晴らしい名演
だと思います。
瑞穂も、ジュビラント序曲⇒交響的舞曲第3番「フィエスタ」⇒パンチネルロと3年連続金賞を成し遂げ、
このまま「5年連続金賞⇒特別演奏」というパターンかと思われたのですが、
なぜか79年はコンクール不出場、そして80年はまさかの都大会銅賞・・・・
81年は都大会銀賞で、82年以降は、都大会からも遠ざかるほどの低迷期に入ってしまいます。
だから結果的に78年の演奏が、「全国大会お別れコンサート」になってしまったかのような
感じです。
ちなみに・・・1981年のホエアーの「セレヴレーション21」は実は素晴らしい名演で、
あれはまさしく・・知る人ぞ知る名曲の影の名演という印象です。
瑞穂って、74年の「シンフォニアノビリッシマ」を今聴くと、相当程度凄まじいほどに
荒っぽい演奏をしていて、この74年とか77年もオーボエがホントひどい演奏をしているのですが、
それでも現代のコンクールでは絶対に感じられない「素朴さ・自然なドライブ・生き生きさ・
躍動感・自然な明るさ・手作り感」が感じられて素敵です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3053-e7e8b6fe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |