プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


上白沢慧音は、獣人(半人半獣)という位置付なのですけど、てゐ・うどんげちゃん・橙・藍のように「獣」みたいなのだけど
その本質は「妖怪」という皆様たちと異なり、
限りなく「人間」の立ち位置に近いし、人間友好度も極めて高いですし、
活動目的というかほぼ全てが「人間の為ために・・」という大変ありがたい先生でもあります。
人間ヴァージョンは、長髪も印象的ですけど、
あの独特の帽子・・・六面体と三角錐の間に板を挟んだような形の青い帽子がとても印象的です。
胸元の赤リボンとかスカートの先端の白のレースもとっても素敵だと思います。
満月の夜に白沢(ハクタク)という獣になった時には、幻想郷の歴史の編纂作業を行なっているとの事です。
ハクタク化するのは満月の時だけに限られ、時間制約があるせいか、普段と異なり、かなり苛立っている雰囲気も
あるとの事で、不用意に近付くと角のある頭で頭突きをされる恐れがあるとの事です・・・
この頭突きは人間化している祭の寺子屋の先生の「懲罰」としてやることもあるみたいで、
共に相当痛いらしいですね・・・

この「獣人」には先天性と後天性があるとの事ですけど、阿求ちゃんの著作によると、慧音先生は
後天性との事で、実は慧音自体は元々は列記とした人間で、両親も当然ながら人間との事です。
普段は人間としての活動&形態を取っていますけど、前述の通り、
満月の夜のみ「白沢」に変身し、この時には、白沢としての役割でもある幻想郷の歴史の編纂及び一部改訂(?)を
しています。
普段は、人里に住み「寺子屋」を開き、幻想郷内の人里の子供たちに「歴史」を教えています。
そうそう・・その慧音先生の歴史の授業は結構難しいらしく、
生徒からは「退屈でつまらない」と言われ、
阿求ちゃんからも「私が授業をした方がきっと面白い」などと言われている始末です・・・(笑)
ま・・・授業なんてものは大抵はつまらないものだから、それは仕方が無いのかな・・・・?
ちなみに慧音先生は大変生真面目な御方でもありますから、授業中に寝ていたり、宿題を忘れてしまうと・・・
なんと・・!! あの痛そうな帽子を被ったままの状態で頭突きというお仕置きを食らうそうです・・・・

慧音先生の人間としてのお姿は、まさに「真面目な女教師」そのもの!!という
感じですし、まさに「先生!!」という呼び方が幻想郷で最も相応しいお人のようにも思えますね。
「東方鈴奈庵」では、この寺子屋は慧音先生の他にも複数の先生が在籍している描写があり、
授業も歴史に限らず、読み書きそろばんといった普通の授業もやっているみたいですね。
よく二次創作においては、「悪い女教師」とか、「慧音先生は昼間は寺子屋の先生、夜は僕の個人教師」とか
はたまた・・「幻想郷の若い男の子は昼も夜もみーんな慧音先生の教え子」
みたいな描写もあるようですけど(苦笑・・)
慧音先生は根が真面目な御方ですし、そうしたよからぬ妄想はご法度ですので、
よいこのみんなはマネしちゃダメですよ・・・(苦笑・・)

二次創作においては、よくあの「パカルテット」(チルノ・ルーミア・リグル・ミスチー)という
ちょっと頭が弱そうな(?)妖精&妖怪たちをこの寺子屋で一生懸命教えているという設定が見られますけど、
それはなんか「いかにもありえそうな展開」という感じがしますよね!
だけど・・あの鳥頭のミスチーを教えるのは相当大変だし、ましてやあのチルノ相手だと・・・・(以下省略・・・苦笑・・)

余談ですけど、ピクシブにて「東方キャラ」として一番最初に投稿されたのは、実は・・・
霊夢でも魔理沙でもアリスでも無くて、
慧音先生だったのでした!!

さてさて・・上白沢慧音なのですけど、実は公式設定を見た限りでも、実は全然よく分からん・・・!!みたいな
感じが漂うキャラでもあるのかな・・とも思います。
上記の通り、慧音は生まれつきの人獣ではありませんし、ある日突然そうした妖怪みたいなものに変容した経緯が
あるのですけど、どうして経緯がそのような人でありながらも獣に限りなく近い妖怪みたいな立ち位置になってしまったのか
みたいな経緯は全く触れられていません。
その辺りは、そうですね・・正直、「脳内妄想の範囲」で考えるしかないですね・・・・
「人獣」ですから、要は・・・西洋の「狼男」みたいな設定に近いとも思えます。
または、カフカの「変身」という小説ではありませんけど
「ある朝目覚めると、自分が一匹の巨大な毒虫になっているのに気付いた・・」
まさにそんな世界なのだと思います。
慧音みたいな幻想郷のうら若き乙女が突然そんな「獣」になってしまったとしたら、本人としてもとてつもないショックが
あったのかな・・とも思うのですけど、
なんかそうした「ショック」とか「どうして私がこんな目に・・」といった「悲愴感」は慧音からは全く伝わってきません。
むしろ逆になんか「自分の意志」でそうした「人獣」としての道を選んだのかな・・とすら思ってしまいます。
そうですね・・・八坂神奈子がお空に「八咫烏」としての力を与えたかのように、
幻想郷内の神が慧音にそうしたハクタクとしての力を与えたのかもしれないですよね。
ま、その辺りは公式でも何にも設定がありませんので、想像の域は出ませんけどね・・・(笑)

どうなんでしょ・・なんか私の脳内妄想としては、慧音は、元々「歴史」に大変興味がある女の子で、
今風に言うと「歴女=れきじょ」という感じだったのかもしれないですよね。

幻想郷自体は、人間と妖怪の「微妙なバランス」というのか「妖怪は時に人間を襲い、人間は妖怪を恐れ、
そして定期的に巫女等に依頼し妖怪を退治する」という絶妙なバランスで成立しているとも言えます。
妖怪というのは基本的にはどの妖怪も恐ろしくご長寿な方達ばかりなのですけど、
人間と言うものはにはおのずから「寿命」というものが最初から存在し、
大体20~30年で「代替わり」が果たされていきます。
だから・・・・
「あの日あの時こんな場所でこんな妖怪に出会い、こんな酷い目に遭った」みたいな記憶と記録と言うものは
どんどん薄れていってしまいます。
妖怪側としては「昔も今も大して変わりがないじゃん・・」みたいな感覚なのかもしれないのですけど、
人間側の記憶・記録が曖昧なものとなり、
特に幻想郷に結界が張られるようになり、以前ほど「妖怪は恐れるべきもの」という意識が強くない状態ですと、
妖怪にとっても張り合いがありませんし、
人間にとっても「こういうある意味平和な状態が来るまでの間にどういう過程があったのか・・・」みたいな
意識も薄れていくのかもしれません。
ま、人間と言うものは、阿求ちゃんみたいに「先祖代々の記憶」を例えうっすらとでも「継承」は出来ないものですからね・・・

そこで・・・

こうした「妖怪と人間に関する歴史」というものを、現在から歴史を発見・探索していくという方法ではなくて
「歴史」という動きを、「現在の動き」のように・・・
昔から脈々と受け継がれていくべきかのように・・・
歴史そのものを現在の事のように伝え続けていく事の重要性を絶えず提唱し続けているのが
この慧音なのではないのかな・・・とも思ったりもします。

もしかしたらなのですけど・・・・

例えばゆかりんとかレミリア様とか永琳様のようなとてつもない巨大な力をお持ちの御方から
阿求ちゃんの先代とか先々代に対して、
せっかく阿求ちゃんの先代たちが編纂した歴史書に対して
「ここは、私があまりにも悪く書かれ過ぎているからこのように修正しなさい」みたいに指摘を受けてしまい、
不本意ではあるのですけど、そうしたお強い御方の意向を受けて歴史書に修正・変更を重ねていく実態に対して
「ちょっと・・・・それは違うんじゃないの・・・!
私達、幻想郷の人間の歴史は、私達人間のもの!!」という何か「義憤」とか「使命感」みたいなものを感じて、
「今現在の幻想郷の現実・実態はこんな感じだ!!」というようにまさに「今現在の生きている歴史」をそのまんま
後世に伝え続けていくことの必要性を認識し、それを自らが「ハクタク」という人獣になるというある意味リスクを
背負ってでも実践しようとした強い意志の御方が
この慧音と言えるのかもしれないですよね。

ま・・・上記の事は、これはあくまで私の脳内妄想ですので・・・(笑)

そうそう・・・私が大学生の頃、「近現代西洋政治史」の講座の中で、担当教授が
半分口癖のように、
「紀元前5世紀を生きた歴史家は紀元前5世紀の頃の現代史を書き、
19世紀の歴史家は、19世紀の頃の現代史を書いた。
つまり、古今東西の歴史家は常に現代史を書いているのだ」みたいな事を言われていたのですけど、
これはまさに慧音が実践している事とほぼ同じなのかな・・とも思います。

つまり・・「歴史」というのは、「現代史」の積み重ねという事なのだと思います。

そして慧音が幻想郷で「寺子屋」を開設したのも、
「今現在の生きている歴史」をそのまんま後世に伝え続けていくことの必要性を、一人でも幻想郷の人たち・・・
特に子供たちに伝え、
「歴史の普遍的価値」を後世に受け継いでいきたいという気持ちから出てきたものなのかなとも思いますね。



CIMG9810_convert_20160726174603.jpg



さてさて・・・慧音というともう一つ欠かせない要素は「藤原妹紅」との絡みなのだと思います。

「東方永夜抄」Exステージでは、「あの人間の護衛のため」と言いつつハクタクに変身していますけど、
その「あの人間」とは言うまでもなく、妹紅です。
そして、小説版の「儚月抄」では、妹紅が慧音を指して「数少ない私の理解者」とも評しています。

東方の世界では、慧音と妹紅のカップリングは「もこけー」という百合カップリングとして
既にほぼ定着化しているのですけど、
それでは、どうしてこうしたカップリングが成立したかと言うと、これって実は公式でもほとんど説明・描写が
ないのですよね・・・
だからこの点に関しても、脳内妄想に頼りっきり・・という状態になってしまいます・・・(笑)

どちらかというと無愛想・不器用な性格であまり他人との交流を好まない妹紅なのですけど、
そうした妹紅を何かと気にかけている慧音なのですけど、
それじゃ、なんで元々慧音は妹紅の事を気にかけるようになったのかな・・・?みたいな事も何だか
気になってしまいますね。
しかも・・・
一応ご年齢的には、妹紅の方が慧音より、はるかに年上だと思われますからね・・・

上記の通り、慧音は「人間」とは異なるものですけど、
妹紅も「蓬莱の薬」を飲み、不老不死になった時点で既に人間とは言えない状態とも言えますので、
人間とは異なる立ち位置という「共通点」から、
なにかお互いに「気持ちがよく分かる」というのか「同情できる点」が多々あるのかな・・・とも
思ったりもしますね。

そうした事を示唆していたのが、「東方文花帖」のアンソロジー漫画として掲載されていた
ふじみやみすず先生の「永夜の狭間」なのかな・・とも思います。

あの中では、どちらかというと・・・慧音がとてつもなく美少女にロリッぽく描かれていて、
慧音の「妹紅大好き!!」みたいなオーラが遺憾なく発揮されていたのがとっても印象的でした!
そして・・・それをちょっとからかうみたいな感じの妹紅の「(慧音を)食べちゃいたい・・」みたいな発言も
とっても可愛かったです!

あの漫画の中では、二人の出会いの経緯とかも特に明らかにされてはいませんでしたけど、
妹紅の慧音を評しての「あのまっすぐなところが私には眩しすぎた・・」みたいな発言もなんか素敵に
感じたものです。
ま、経緯という訳では無いのですけど、
妹紅が幻想郷にやってきて間もない頃、妹紅の住いの縁側に誰が置いたのかわからない謎の食糧が
置かれていたのと事ですけど、
それを置いていたのは言うまでもなく、慧音だったのでした・・・
その際に慧音のあの特殊な(?)帽子の先端が、家の垣根から出ていましたので
「あ・・・また慧音か・・」と妹紅が気が付いたのが二人の親交の始まりという事なのかもしれないですよね。

あの漫画のラストシーンは、輝夜から「あの二人を倒してきなさい」との命令を受けた永琳様orうどんげちゃんが
急襲してきた場面で閉じられるのですけど、
妹紅からの言葉では、これまで何度も繰り返し行われてきた戦いとも言っていますし、
これからも永遠に続く戦いとも言っていますから、
慧音+妹紅は、永琳クラスの実力者とも互角に渡り合える力を持っているのかな・・・とも思ってしまいます。

この二人の更なる公式での絡みも今後増えてくると嬉しいものがありますね!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。本日&先日はご体調が万全ではない中、誠実で丁寧なコメント、
ありがとうございました☆涼風みたいな爽やかなコメントと言って頂け
瞬間的でも暑さが吹っ飛ぶ感じがして頂け嬉しいです!ぬくぬく先生様は
先日のお怪我は本当に大変そうでしたね…大怪我に繋がると大変ですし
今後もお気を付けてお過ごし下さいね。そんな中、その事を感じさせない
密度の濃い熱い記事のストック&ご更新はさすが…!と改めて感じました。
ぬくぬく先生様のブログにかける情熱を改めて感じましたね。

改めてのお祝いメッセージもありがとうございます!ぬくぬく先生様の
ご住宅の方は…残り10年なんですね。ひっそりと応援していますし
ご達成される頃には…是非お祝いをさせて頂きたいと思います!!
…その頃には、少しは画力が上がっていると良いなと思います(苦笑)

また未熟な私の事を十分すぎる、まぶしいですぞ!と温かいお言葉も
ありがとうございます!8月最初の二日間は管理薬剤師が不在…しかも
異動して来られる方の初出勤、そして8月中にはステップアップの試験に
お盆の時期には完全お一人様出勤、資格取得の為の学習等、何かと
大変な事も多そうですが、乗り越えながら、マイペースに自分のやりたい
事、夢を模索して、素晴らしい発想も舞い降りると良いな!と思います♪

また今後の「人生」についてのアドバイスもありがとうございます!!
転職は…今の所は考えていませんし一概には言えない事かもしれませんが、
もし転機があれば、ぬくぬく先生様から頂けたお言葉を思い出したいです。

うどんげ、とっても可愛いと言って頂け感激です♪うどんげはやはり
ブレザー&ちょっとたれた耳がと~っても似合いますよね☆
背景のにんじんも可愛いと言って頂けたり、赤い眼におおらかさを
感じて頂けた事も嬉しいです!そして…ミニスカートは
あの見えそうで見えない鉄壁に趣を感じます(笑)
文花帖でのエピソードも教えてくださり、ありがとうございます☆
兎、鳥半分とは…(笑)鳥鍋おいしいですが、あややの前でそれを
口にしたら…とっても不満そうな顔をしちゃいそうですね(苦笑)
それと永琳は文々。新聞を「学級新聞」と評してるんですね!

そして永琳はとってもお若い!ですか(笑)やはり東方のメイド=
咲夜は連想してしまいますね。無意識で雰囲気がでてしまったかも…?
咲夜は永琳とも関係がありそうですし、同じ銀髪キャラですしね。
とっても可愛いと言って頂け嬉しいです!秋葉原に永琳メイドさんが
いたら…もう移住しちゃいそうな勢いです(笑)グッズも見て
くださってありがとです!

永琳好きと言っておきながらすっかり抜けてしまっていましたが…
8月5日頃は永琳の日だったのですね…!今から用意…はワンドロや
5分ドロでないと難しそうですが、昔コンプティークで掲載して
頂けた作品のデータがあるかもなので、ひっそりとあのページだけ
更新するのはありかも…?(笑)ぬくぬく先生様は何か書いてみたい、と
おっしゃっていらっしゃって…永琳&ぬくぬく先生様のファンの
私はまさにわくわくもんだぁ!という感じです(笑)

こちらのもこけーね記事も楽しく読ませて頂きました☆慧音は帽子が
印象的で赤リボン&白レースがとっても素敵ですよね♪あっきゅんからは
厳しい意見もありますが、真面目な女教師!な慧音先生の授業を是非受けて
みたいです…!白沢化のご想像も楽しく読ませて頂きました!あの姿に
なったのは…強い意志からかもしれませんよね。そしてアンソロ作品では
積極的なもこちゃんにドキドキでした…!もこちゃんは慧音に対し
共感や眩しさ等様々な感情を持っているだろうな、と思いますし
今後公式で是非絡んで欲しい組合せの一つです!!

お気遣いもありがとうございます。そちらも梅雨明け、暑い夏本番を
迎えますね。暑さはもちろん、先日のような事故等もないように、
お気を付けてお過ごし下さいね。ぬくぬく先生様のご健康を心より
お祈りしています!!では読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3052-589d6a3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |