プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方Project」の世界は、勿論、背景のストーリーとかキャラ設定も本当に素敵な作品群だと
思うのですけど、それに関連した商品にも本当に優れたものが一杯あると思います。
その一つが「フィギュア」の世界だと思うのですけど、これは最近の記事でも書いた通り、
東方のフィギュアは、とにかく・・・・市場にあまり流通していないようにも思われ、
中古おもちゃ店・大手古書取扱店・最近特にこうしたアニメ関連のフィギュア等の取扱いに力を入れ始めたと
思われるリサイクルショップにおいても、
初音ミクとかけいおんとかラブライブの関連フィギュアは「腐るほど店頭に置いてある」状態とは全く対照的に
東方関連のこうしたフィギュアはほとんど見ることはないですので、
やはり東方のコアなファンの皆様方は、
一度購入したものは滅多な事では転売・売却処分等はしないのじゃないのかな・・・?とふと思ったりもしますね・・・(笑)

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
(改めてですけど、Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は本当に素晴らしいですよね!!)
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)
現在は、発売は終了しているのですけど、是非是非新しいシリーズの企画とかそれが無理ならば
昔の商品の再発売も実現して欲しいものですね!!

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、既に完売状態となっていて
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
アマゾンでは、時折こうした商品においては「もしかして・・・掘り出し物・・?」みたいになぜか突然価格が安く
設定されたものが出る場合もあったりもしますので、
その時こそが千載一遇のチャンスなのかもしれないですよね。

さてさて・・・今まで当ブログの東方フィギュア紹介記事においては、グリフォンとキューズQ、そしてアクアマリンを
取り上げさせて頂いておりましたが、
今回取り上げさせて頂きます「グッドスマイルカンパニー」の東方フィギュアも
素晴らしいものがあると思います!
前回は射命丸文と橙を取り上げさせて頂きましたけど、今回は・・橙のま・・元締めというのか組長的存在でもあり、
同時に・・・
「幻想郷」全体の創始者の一人でもあり、
博麗神社の巫女さんの霊夢の最大の保護者的存在とも言えますし、
見方によっては、霊夢と並んで「幻想郷の最大のヒロイン」と言っても決して過言ではない
スキマ妖怪こと、八雲紫・・・通称、ゆかりんのグッドスマイルカンパニー版を取り上げたいと思います。

前回のあややと橙はどちらかというと「可愛らしさ」を全面に出していたと思いますが、
ゆかりんは、やっぱり何と言ってもあの「独特の無言の存在感・威圧感」がまた一つの魅力だとも思いますので、
このグッドスマイル版はそうした意味では、まさに理想的な仕上がりではないのかな・・・と
私は思ったりもしています。




邏ォ縲€2_convert_20160721184207


八雲紫様、ゆかりんは、
幻想郷最古参の妖怪にして、最強の妖怪の一人であるのですけど、そうした最強妖怪の威厳を
1/8スケールで立体化した素晴らしい作品と言えると思います!
原型師のYOSHI氏がイベント販売キットとして制作した原型を、
イラストレーターユニットQP flapperの書き下ろしイラストをベースに再現し、
空間の裂け目であるスキマに腰掛け、こちらをうかがうような艶やかな視線を送る印象的な作品となっています。

先日同じく「八雲一家」の一人として取り上げた橙の「てへっ・・」みたいな可憐さはほぼ無いのですけど、
その代りに・・・
この「威厳さ」・「圧倒的な上から目線」・「威圧っぽい雰囲気」は、まさに「紫様!」そのものだと思います!

そして何よりも・・・・

あの胸の谷間の強調! 組んだ脚の色っぽさ!!
ゆかりんにしては比較的珍しいと思われる薄いドレスに露出感のある衣装・・・・

うーーむ、これは「紫様大好き! ゆかりん愛してるー―!!」みたいなゆかりん好きの皆様にとっては
まさしく・・・
「たまらない作品」であるのは言うまでもない感じですね!

ま・・・そういう私自身も、ゆかりん大好きの私もまさにそんな感じなのですけどね・・・・(笑)



邏ォ_convert_20160721184313


邏ォ縲€4_convert_20160721184233


改めてですけど、このゆかりんフィギュアの概要を記しますと・・・・

商品名: 八雲 紫 (やくも ゆかり)

メーカー : Phat!

カテゴリー : 1/8スケールフィギュア

価格 : 7,429円 +税

発売時期 : 2013/01

仕様 : PVC製塗装済み完成品・1/8スケール・専用台座付属

全高:約200mm

原型制作 : YOSHI(とれぱんぐ)

発売元 : Phat

!販売元 : グッドスマイルカンパニー

そうそう・・・この紫様は何やら腰かけているような感じがするのですけど、
それは違いますからね・・(笑)
あれは腰かけているんじゃなくて、あくまで「空間のスキマ」からスキマにかけて移動をしている
真っ只中という事でありますので・・・

「東方三月精」のゆかりんの初登場シーンも、霊夢と魔理沙の会話の中に突然割り込んで来て、
空間のスキマから突如、手が出現し、そこからゆかりんの全身が出没してきた様子は
まさに「スキマ妖怪」に相応しい感じでした!
あのシーンの際、ゆかりんは同時に・・・
なぜか「2000円札」を別の空間から出没させて博麗神社のお賽銭箱に奉納していましたけど、
多分あれは・・・
外界の日本銀行かなんかで備蓄されている2000円札をスキマ移動させてきた・・という事なのかも
しれないですよね・・・


邏ォ縲€3_convert_20160721184347



ゆかりんの後姿もなんか妙に色っぽいですよね・・・

ちなみにですけど、ゆかりんが被っているあのZUN帽は外す事も可能ですので、
さらさら長髪のゆかりんを拝む事も可能ですよ!!

紫様の本当の正体って何なのだろう・・・? ふとそのように感じる瞬間もあります。

ま、只の普通の「妖怪」じゃない事は間違いないとは思いますけどね・・・
式神の藍はキツネ、同様に橙は化け猫、
そうなると・・・
なんだろう・・・もしかして「龍」なのかな・・・??
阿求ちゃんの設定では、龍、すなわち龍神は幻想郷の最高神であり、幻想郷の創造神でもあります。
博麗大結界を張った際にこの龍神が出没し、妖怪の賢者がその命を掛けて
龍神に対する誓いを約束し、龍神は去ったとの事ですけど、
ゆかりんは、結界張る事を画策した賢者とも言われていますので、ま・・さすがに「龍」ではないのかな・・・?
でも雰囲気的には決してありえない話ではないのかな・・・?とふと感じる瞬間も実はいまだにあったりもします。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

むむ、ゆかりんさん、可愛いですね!!(>◇<)❤
髪のみだれかたが、どうにも美しいです!!(ⓞ◇ⓞ)❤
そして、可愛いおりぼん…❤(=◇=)❤ふりる…❤
とっても好みです!!(>◇<)❤
後ろの開いた空間も、ふしぎふしぎで好みの感じです!

こんにちは。
すさまじくパワーを感じさせるフィギュアですねー^^
ゆかりんそのものもいいですが、何よりもこのポーズとそれを際立たせる周りの小物たち^^;
造った人の、どうだ!っていう感情が伝わってきそうですね^^

ゆかりん、素敵ですよね!!

Baby pink amy 様


東方の私のお気に入りキャラの一人でもあるゆかりん=八雲紫様のことをこんなに素敵に
褒めて頂き、とっても嬉しいです!
この御方は「スキマ妖怪」とも言われていて、空間の間から体
を自由自在に移動できちゃうのが
すごいと思いますし、
例えば、手だけという部分移動もできちゃうのが驚異的な御方だと思います。

とてつもなく威厳とか威圧感があるのですけど、基本的に服装はとてつもなく派手な人でもありますので、
導師服とかドレスとかあの衣装を見るだけでも「ゆかりん様、素敵!!」と思ってしまいますね!
普段は日傘を差しているのですけど、その姿もとっても優雅で素晴らしいと思います!!

ゆかりんの圧倒的存在感!!

八咫烏 様


そうなんですよ!!

このフィギュアは凄まじい程の「エネルギー」というのか「威圧感」を感じさせてくれますよね!!

まさにこれこそ「制作者の愛」が伝わってくる渾身の一作だとも思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3050-8fad6515
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |