プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


13.高岡商業


D/シンフォニエッタ~Ⅲ.フィナーレ(L.ヤナーチェク)


長い間「吹奏楽コンクール」を聴き続けていますと、
何度か「え・・なんでこの素晴らしい演奏が金賞という評価を得られないの・・?」とか
「こんな素晴らしい演奏を聴かせてくれたのに、どうして銀賞または銅賞という評価になってしまうの・・?」
「審査員の耳とセンスを疑ってしまう」みたいな事も何度かあります。
私自身が一番最初に全国大会を聴いたのは1984年の高校の部だったのですけど、この年の実際の評価と
私が感じた自分なりの採点結果にかなりの乖離が見られたのは、
このブログの1984年の感想記事で散々ブーたれていたと思いますが、
そうですね・・・・
この年以降は、自分なりに勉強をしたという事もありましたし、
何となくですけど、吹奏楽コンクールの演奏と審査結果の傾向みたいなものも何となくわかってきましたので、
そんなに極端な乖離という事は起きていなかったと思います。

ただそうした中にも、例えばですけど・・・

「1985年の花輪のガジべコフの2番の銅賞は絶対納得いかない! あれは絶対審査員の耳がどうかしている」とか

「1987年の雄新中のエルザの銀賞は絶対にあり得ない! あんなまさに歴史的名演のエルザが金賞取れないなんて
やっぱり審査員の見識を疑ってしまう・・」とか

「1992年の兵庫のロメオとジュリエットと新屋のガイーヌの銀賞は絶対におかしい!!
あの演奏が銀賞で金賞じゃないなんて、じゃーも一体どうすれば金賞という評価に届くのかその根拠を
教えてほしい」とか

とにかくまーー色々とありましたね。

そんな中、「絶対にこの銀賞と言う評価は納得いかないし、あの演奏は金賞という評価意外ありえない!」と
感じさせてくれた演奏の一つが
まさにこの年の高岡商業の「シンフォニエッタ」だと思います。

高岡商業ですけど、1989年の「ローマの祭り」以降1992年の4年間の演奏は、
全体的に名演が続出している素晴らしい土合=高商サウンドの中でも特に秀でている素晴らしい
充実していた時期だと思います。
高岡商業というと、個人的にはどうしてもあの1983年の「ローマの祭り」という聴く者全てに圧倒的な存在感とパワーを
見せつけたあの伝説的な演奏がとにかく印象的なのですけど、
85年と86年のドビュッシーで別の高商サウンドを聴かせてくれたあの「ひそやかさ」も素晴らしいと思いますし、
ローマの祭り・展覧会の絵などのようにとにかく豪快に鳴らしてくれた演奏も
「まさにこれぞ高岡商業!」と思ってしまいますし、
92年のベルキスや90年のペトルーシュカのように「豪快さと知的さ」が見事に両立していた演奏も素敵だと
思います。

そうした中、この年1991年の演奏なのですけど、
一言でいうと・・
演奏に全くスキがない、大変緻密な演奏と言えると思います。
「シンフォニエッタ」というとどうしても過去の関西学院とか富山商業のように
「華麗なる音の絵巻なんだけど明らかに音量過剰」みたいな傾向になりがちですし、
この曲は金管主体で、トランペットの高音域が大変きつくて音程がぶら下がってしまう傾向に
なりがちの演奏になってしまいますけど、
この年の高岡商業は、その点はまさに技術的に「ほぼ完璧!」の域に達していると思います。
1981年の富山商業は確かに豪快で素晴らしい鳴りなのですけど、「高音域のピッチの高すぎとか金管の破裂音のきつさ」が
どうしても耳についてしまい、気になってしまうのですけど、
この年の高岡商業には、そうした技術的な不安が全くないというのはまさに驚異的だと思います。
原曲では「バンダ」が加わるフィナーレにおける高岡商業は、
本当に一言で言いきってしまうと「美しいけど実に逞しく鳴っている」みたいな相反する矛盾する事を
まさに完璧に両立していると思います。
特にあのフィナーレにおけるティンバニ奏者は、普門館の会場から見てみても
まさに「格好いい!! なんて粋な奏者!!」と感じましたし、
ティンバニ奏者の打点がまさにピシッ!!と決まっていますので、聴いていて実に気持ちいいです!
まさにあれは「快感」です!
対照的に第三楽章の演奏は、フィナーレとは反対に「ひそやかさ」を絵に描いたような雰囲気です。
結果的にⅢの「静」とフィナーレの「動」の対比が極めて鮮やかで
このチームの演奏を更に良好のものにしていると思います。

課題曲もどうしても他のチームがこのマーチを演奏すると「そよ風」ではなくて「台風」みたいな感じに
なってしまいがちなのですけど、
その点のコントロールもお見事でした!!

改めてですけど・・・・・この演奏を一体どうやって採点すると「銀賞」という結果になってしまうのでしょうか・・・?

私自身のこの年の高校の部のジャッジとしては、
もしもグループ表彰ではなくて昔の順位制だったとしたら、

1位 埼玉栄

2位 高岡商業

3位 浜松商業または札幌白石

なのではないのかな・・と思います。

高岡商業のこの演奏なのですけど、CDやカスタムテープで何度も何度も聴き直し、
最近も改めてこの演奏を聴いてみたのですけど、
「え・・、なんでこの素晴らしい名演がこんなに評価低いの・・・? ま、別に金賞だけが全てじゃないし
審査は水物なんだけど、
形の上では、この演奏は伊予高校よりも評価が低いなんて絶対にありえない!!」という思いは
全く変わりがないですね・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます。

高岡商業高校のことではありませんが、我が県のあの2校に賛辞のコメントありがとうございますm(__)m。
管理人様はもちろんご存知かと思いますが、当時は秋田南高校がコンクールに限っていえば失速していた感じで……、ちょうどこの頃が秋田県大会でダメ金が3年続いていた時期だと思います。
その秋田南高校が失速していた時期に代わって秋田県を代表する高校になりつつあったのが新屋高校でした。
花輪高校は豪快なサウンドで当時の指揮者の小林先生もダイナミックな指揮をしていたのに対して、新屋高校は個人的には慎重なサウンド作りで当時の指揮者の高野先生は動きが少ない指揮という対称的な印象がありました。
あの「ガイーヌ」は秋田県大会で聴きましたが、全国大会金賞に値いしていたかもしれないんですね。。。
花輪高校のガジベゴフはCDでしか聴いてませんが、朝イチとはいえ確かに銅賞は厳しすぎるよなぁと思います。
ちなみに先日秋田県大会がありましたが、秋田南高校は金賞(自由曲は21年前と同じ「舞楽」で、1位だったようです)で今年も東北大会出場を決めたのに対して、花輪高校は銅賞、新屋高校は銀賞、指揮者の先生の交代が一番影響していると思いますが、なんか昔の両校の栄光を知っているだけに寂しいものです。。。やっぱり公立校は先生の異動が必ずありますので、仕方ないといえば仕方ないんですが。
そう考えると、こちらの高岡商業高校は自分が中学・高校時代から何度も、しかも指揮者の先生の異動等による交代があっても全国大会に出場していて凄いことだと思います。そういう点では習志野高校・磐城高校も同じですね。
何度か申し上げていますが、予算の限界・指揮者の先生の異動がある公立校には、ぜひぜひ頑張ってほしいです。

Re: ありがとうございます。

一秋田県民 様


いつも素敵なコメントを頂きありがとうございます!

新屋高校ですけど、実は・・・高野先生赴任前の塩谷先生がB編成時代を振っていた頃の演奏も
以前聴いた事があるのですけど、当時から素晴らしい技術と表現力を持っていて
高野先生着任で一気に花が開いたようなイメージがありますね!
新屋のガイーヌとペトルーシュカの全国大会の演奏は評価の上では銀なのですけど、
あれは今でも私的には納得いかない銀の一つです!

それと・・・花輪のガジペコフの2番の銅賞は、私の中では生涯「到底納得いかない銅賞」です!
成績発表の際の会場のどよめきは今でも忘れられないです!
というか・・課題曲Aの金管の重厚な音と木管のうねりの音だけで十分に金賞に値する演奏だと
思います。

ここ埼玉も、常連校はいつのまにか私立ばかりになっていて、
与野・市立川口の名前はすっかり最近ではご無沙汰していますね・・・
公立校も是非是非頑張って頂きたいものですね!
そうした中、都立片倉はすごいな・・と感心しちゃいますね!

こちらの投稿とは関係はありませんが、東北大会で残念なことが。。。

管理人様もご存知かもしれませんが、昨日と一昨日に岩手県盛岡市の岩手県民会館で開催された「全日本吹奏楽コンクール東北大会」中学・高校両部門で、我が秋田県の山王中学校と秋田南高等学校がともにまさかの「ダメ金」。。。全国大会出場はならず…。
特に山王中は1995年以来の全国大会連続出場がストップしてしまい、部員さんと顧問の木内先生はガッカリしていると思います。
ちなみに代表は中学が福島県の植田中学校・岩手県の上野中学校・秋田県の湯沢北中学校、高校は福島県の磐城高等学校と湯本高等学校・宮城県の聖ウルスラ学院英智高等学校でした。
本当に残念ですが、いずれも支部大会金賞は立派な成績だと思います(普通なら簡単に取れない成績です)。審査結果は出てしまったので、来年のコンクールへの期待と引退まで最高の部活動をしてほしい、そして代表校には全国大会で東北支部の代表として頑張ってきてほしいです。
東北各県代表の皆さんに敬意を表したいです。

コンクールは「時の運」もありますからね・・・

一秋田県民 様


こんなビッグニュースを教えて頂きありがとうございます!

私自身も吹奏楽コンクールからはすっかり足を洗っている感じでもありますので、最近のコンクール情報は
疎いもので、こうした情報は大変貴重です。
ありがとうございます。
秋田南と山王中の件は残念ですね・・・
だけどコンクールは「時の運」でもありますので、今回はダメ金であったとしても来年以降の素晴らしい演奏を
期待したいと思いますし、それが出来るチームだと思います。

ウルスラですか・・・

私が現役の頃は、学校内に吹奏楽部すら存在していない学校だったのですけどね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3049-7a09aaf2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |