FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


リレーの回

本屋を覗いてみたら、「スマイルプリキュアコンプレートブック」という本が置いてあり、同時に
アニメージュという雑誌が「プリキュア10周年」という事で表紙を含めて特集を組み
しかも歴代プリキュアの「下敷き」というグッズ付だったのですが、
悩んだ末、「スマイルプリキュア」の方を購入してしまいました。

資料としてはかなり充実した内容ですし、
絵もストーリーまとめも面白い内容でしたので、結構楽しめました。
980円という元は十分取れたかなとも思います。
アニメージュは来週かな・・・?

スマイルの声優さん達のインタビュー記事を読んでみると、印象に残った回として
結構出ていたのが、第18話、なおのリレーの話でした。
これは、読んでいて「なるほど」と感じました。
スマイルは、歴代プリキュアの中では、比較的ギャグ的要素が多いシリーズでもあり、
ギャグ回は歴代の中でも圧倒的に多かったと思います。
それでも、感動回・泣ける回・神回など色々あったと思いますが、
この第18話のなおのリレーの話は、屈指の名シーンだと思いますし、
プリキュアシリーズの中でも屈指の名作回だと思います。






普通の流れですと、
あのままなおが5人抜きの末に一位でゴール到着というのが定番だと思いますし、
初代のなぎさだったら、ぶっちぎりの一位かもしくは、転倒してもずっこけた体制のまま
ゴール乱入という事になっていたと思います。
だけど、スマイルの場合、そうした展開にはならずに、
あえてなおの転倒⇒結果として最下位という結果になったものの
メンバー全員の絆の確認、バトンを最後までつないだというチームとしての結束を
出すことで、かえって何か感動するような回になったと
思います。
改めて第18話を見てみたら、さすがに素晴らしいと感じましたね。

スマイルの場合、次の第19話もやよいの父親との思いで話という非常に泣ける回だったのですが、
次の第20話の「透明人間回」というくっだらないギャグ回で一気にテンションを下げられてしまい、
これがまたいかにも「スマイル」らしくて
自分はこういうの結構好きです。

スマイルの場合、最終決戦は別にすると、やはり22~23話あたりが一つのクライマックスだったと
思いますが、その中で、キャンディー救出の是非と自分達の方向性について、
「自分達一人一人が自分の頭で考え、そして結論を出す」という事になったのは、
似ていると言われる「プリキュア5」との決定的な違いだと思います。
プリキュア5の場合、絶対的なチームの柱であるのぞみが決定した事にチーム全員が
迷わずついていくという図式がありましたが、スマイルの場合、絶対的なリーダーが不在の代わりに
一人一人が自分の頭で判断するという点を強調していたのは、
面白い所だと思います。

だけど、このコンプレートブックを改めて見てみると、一年間の「スマイル」の流れが
よく分りますね。
ホント、楽しませてもらったと思っています。

色々な名シーンがあったけど、

〇あかねがプリキュアに覚醒し、仲間が増えたと素直に喜ぶハッピーがサニーに抱き着く回

〇秘密基地探し ⇒れいかさんの「道」の掛け軸の回

〇れいかさんの「道程」と他のメンバーのボンクラ振が遺憾なく発揮された回

〇ゲームに吸い込まれる回

〇世界一周の回

〇文化祭の回

〇あかねちゃんとブライアンの淡い恋の話の回

〇ハッピーロボの回 ⇒ギャグ回の頂点・・??

〇ハッピーの幼い頃の不思議な体験談と笑顔を求める理由探求の回

などホント色々な名シーンがありましたよね。

勿論、スマイル以外の歴代プリキュアにも素晴らしい話は山ほどありますし、
現役の「ドキドキ」だって本当に頑張っていますからね。

出来れば「10周年が一つの区切り」なんて言わないで
もう少しシリーズとしての継続を期待したいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/304-5f62af15
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |