プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その②の続きです・・・

さてさて・・・実は私のお誕生日&通算3000記事到達等の関連記事が先週から今週の一つのメインとなってしまい、
ゆゆその②の記事から大分時間の感覚が空いてしまいました・・・・
うーーーん、ゆゆ様、ごめんなさい!!という感じです!

そんな訳でその①~その②の復習という意味で再度ゆゆ様の死の直前の事について
再度簡単に記させて頂きます。

ゆゆ様は元々・・・生前の頃より「人の死を操る程度の能力」に近いものをお持ちの方でした。
ある日の事・・・・
ゆゆ様の父親も惜しまれながらも桜の木の下でこの世を去るのですけど、
そうしたゆゆ様の父親を慕っていたお弟子さん達も後を追うように、
満開になったその桜の下で死んでいったのでした。
その桜は死んでいった者達の生気を次々と吸い取っていき、ついに妖力を持つ妖怪桜、「西行妖」となってしまい、
ゆゆ様自身も、父親の死が悲しかったというのもあるでしょうし、それ以上に元々ゆゆ様が有していた能力でもある
「人を死に誘う能力」がそうした「西行妖」を力を更にパワーアップさせてしまい、
それが結果として父親のお弟子さんたちを、なんていうのかな・・・結果的に「殉死」という自決へと誘ってしまい、
それが結果としてゆゆ様を苦悩させる結果になってしまい、
そうですね・・その時のゆゆ様の心境としては・・・
「自分がこうやって生きているだけで、周囲のいろんな人たちを死へと誘ってしまい、本来は
まだまだ生きるべき若き人たちを死に追いやってしまう私は一体何と言う罪な存在なのだろう・・・」と
思われていたのかもしれないですよね。

そして・・・

ゆゆ様は、結果的に責任を取る形で自決・・・つまり、これ以上父親絡みの関係者で殉死者を出さないように
楔を打ち込むような意図でもって
自ら命を絶ってしまうのです・・・
そう・・・西行妖の下で自らその命を絶たられてしまったのです・・・
そうですね・・・なんか自分の脳内妄想としては、ゆゆ様の自決の際に「介錯役」を務められた御方というのが
実は・・・・あのゆかりん・・八雲紫様ではないのかな・・・?と思ったりもします。

その後・・・ゆゆ様の死体によって西行妖は封印され、確かに人の死を誘う事はなくなりましたけど
その桜は二度と満開にならないようになっていったのです・・・

ここで注意をして欲しい事は、亡霊が一番嫌がる事・・というのか一番したくないことは
「自らの死体」を見る事なのです。
自分の死体を見る事で、自分自身が実は「既にこの世の人間ではない」という事実をはっきりと突きつけられることを
嫌うという事でもありますし、
同時に・・・
もしも何らかの事情で「亡霊」が人の世で大暴れをして、人の死を誘うような事を仕出かした場合の
最も有効な対応策は、その亡霊の本体・・すなわち「死体」を狙うのが
その亡霊を抹殺させるのに最も効果があるとの事なのです。

これはほぼ完全に私の脳内妄想の話なのかもしれないのですけど、
ゆゆ様が生前に「自決」をされてこの世から散っていかれた際に、もしかしたら誰か協力者がいたのではないのかな・・・と
思うことがあります。
上記の通り、ゆゆ様が自決をされて以降に白玉楼で何の不安もなく呑気に生活をされていた際に
一番あってはいけない事態というのは、ゆゆ様の「死体」が誰か人の目に触れてしまうことなのです、
つまり・・・・
ゆゆ様の「死体」は永遠に絶対に誰の目にも気づかれないところに封印されておく必要があるのです。
つまり、死体をどこか別の場所に移す役割を持った人が必要なのです。
そして・・・・
これは大変グロテスクな話になってしまい大変申し訳ないのですけど、
ゆゆ様が自決をされた際の時代というのは、ゆゆ様のように比較的身分が高くて高貴な御方の自決方法というのは、
首吊り・毒殺・武士のような切腹とかそうした方法ではなくて、
喉を掻き切るとか小刀で胸を突くというのが一つの主流だったとのことです。
だけど・・・そうした方法での自決というのは決して「即死」というわけではありません。
むしろ、実際の「死」までは意外と時間がかかり「苦痛」もかなりのものがあったとのことです。
そうした苦痛を防ぐためにも「介錯役というのかトドメを差す役割の人も必要になってくるのだと思われます。
つまり・・・
ゆゆ様の自決の際にトドメを差し、同時にゆゆ様の「死体」を永遠に封じ込める役割を担った人間は
絶対に必要不可欠になってくると思います。
以前ですと、そうした役割を担っていたのは、西行寺家にお仕えしている妖夢またはその祖父だったのかな・・とも
思っていたのですけど、
ゆゆ様自身は、自決時にはまだ天寿を全うしていないし、生きようと思えばまだ何十年と生きられた御方ですので
そういう御方を果たして従者が「はい、そうですか・・・」と簡単に言うこと聞くのかなとか
本当にゆゆ様の事を思うのだったら「自らの死」を掛けてゆゆ様を止めるんじゃないのかな・・・とも思ったりもします。
そうやって考えると・・・・
やはり、ゆゆ様の自決後の様々な「後片付け」の役割を担ったのは、やはり・・・あの紫様じゃないのかな・・・と
ふと感じることもありますね・・・
そうでないと、ゆゆ様とゆかりんのあの「あ・うんの呼吸」は生まれないんじゃないのかな・・・とも
ふと思ったりもします。
なんかそれだけ、現在のゆゆ様とゆかりんの関係は「絶対的な相互信頼関係」にあるものだと思ったりもします。

さてさて・・・それから約1000年後の幻想郷・・・

亡霊となっていたゆゆ様は、生前の記憶も無くなり、暢気に従者の妖夢と共に白玉楼で暮らしていました・・・
(その①で語った通り、ゆゆ様は地獄の閻魔様より「冥界」での亡霊管理の仕事の一任を受けています)

そう・・・昨日と言うのか今朝食べたものを忘れるぐらい・・・・
とてつもなくのほほーーーんと何の「悩み」もなく暮らしていました。

そうしたある日、ゆゆ様は書架にあった古い記録から「何者かが西行妖に封印されている」という事実を
知る事になるのです。
そして・・・ゆゆ様は、生前の記憶は全くないものですから、その「何者か」というのが実は
「自分」というのか「自分の死体」であるというのは知る由も無かったのでした・・・

そして、ゆゆ様は興味本位でその封印を解こうとしたのでした・・・

そう・・・それこそがまさに「東方妖々夢」異変の始まりだったのです。

西行妖は春になっても絶対に満開になりません。
ゆゆ様は、「もしかして、満開になれば封印が解けるのではないか?」と考え始め、
幻想郷の「春」を集めて無理矢理西行妖を満開にさせようと企てます。
そしてゆゆ様の従者の妖夢は指示通り、幻想郷内の「春」を片っ端から無理やり集めてきて、
その結果として・・・・
「春」を奪われる形となった幻想郷内に一向に春が訪れる気配もなく、ただひたすら「寒さ」に耐え忍ぶだけの
日々を過ごし、凍り付いた日々を過ごしていたのでした・・
あの異変において、レティホワイトロックが「くろまく~」とか言って気楽に霊夢たちの前に出没していますけど、
ま、間違ってもレティは黒幕じゃありませんので・・・(苦笑・・)
だけどあの異変を一番喜んでいたのは、幻想郷の雪女・・・レティであることは言うまでもない話でしたね・・・

しかし・・・・結果としてこの異変は霊夢たちらよって解決され、幻想郷内に再び「春」が戻ってきたのでした!

もしもなのですけど・・・
万一、ゆゆ様の「反魂の術」が成功して封印が解け、桜の下に埋まっている死者・・・つまりはゆゆ様の死体を
ゆゆ様自身が発見しちやった場合は一体どうなってしまったのでしようか・・・??
多分ですけど・・・
瞬間的に生き返った人間としてのゆゆ様は、次の瞬間に問答無用で1000年という「時の流れ」という自然な時間の流れによって
同時に年を取り、
そして・・・あっという間に死亡され、そして・・・
同時に亡霊としてのゆゆ様自体も消滅しただろうと予想されます。
(今一つ確信は持てませんけど・・・)

ゆゆ様自身は、本当に幸いな事に・・・
桜の下に眠る死者が、実はその正体は生前の自分自身だとは気づかなかったという事なのです。
もしも気が付いていたとしたら・・・
幻想郷内の素敵なヒロインが消滅していた・・・という事になると思うのですけど、
天は・・・というか幻想郷は「ゆゆ様」というヒロインを決して失わせはしなかった・・という事になるのかな・・とも
思ったりもします。
結局、ゆゆ様は今後もこれからも・・・永遠に白玉楼で亡霊のお嬢様として暮らすことになるのでしようし、
それはむしろ・・・四季映姫様もゆかりんも皆が望んでいる事なのだと思います。

そして・・・・結局は・・
西行妖の開花を見ることは今年もありませんし、来年もありませんし、
たぶん・・・永遠にないと思います。
なぜなら・・・ゆゆ様は既に幻想郷の一人のヒロインなのですから・・・

さてさて・・・・次回のゆゆ様 その④では、その後のゆゆ様の活躍について・・・・
そして、その⑤あたりでは、「東方儚月抄」でのゆかりんとの絡みも含めて色々と語ってみたいと
思います。








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2012年8月に描かれた水着ゆゆ様です。

アミグリさんには、7/12の私の誕生日の際にあの素敵な「水着ゆかりん」を描いて頂いたのですけど、
考えてみると・・・
幻想郷には「海」が存在しないから、元々が「水着」自体か普及していないうえに、
ゆゆ様・ゆかりんといった幻想郷内の素敵すぎる長老(→失礼ですよね・・苦笑・・一応設定の上では全員が「少女」なのにね・・)
の皆様に、いくらなんでも「水着」はありえないでしょ・・・という感じなのですけど、
ま・・それに関しては・・・
早苗さんじゃないけど、幻想郷は常識が通用しない世界ですし、
それに・・・・実はゆゆ様と大して御年が変らないと思われる射命丸文だって、「東方儚月抄」底巻のラストでは
プールサイドに水着で登場していましたから、
ゆかりんやゆゆ様に水着で登場する事は決して「非常識」ではない事は
ここに高らかに宣言させて頂きたいと思います!! (笑・・)

というか・・・幻想郷同様に「常識」に囚われない柔軟な発想のアミグリさんが素敵なのだと私は確信しています!!

アミグリさんは2014年と今年、2016年において「夏らしい絵を描こう」企画を展開されているのですけど
この「水着ゆゆ様」は、まさしく「夏らしい絵」そのものだと思います!!
全体的には、南国のリゾート地のゆゆ様! みたいな雰囲気が漂っていて、
とっても夏らしい「爽やかな雰囲気」がとってもよく出ていると思います!

やっぱりゆゆ様みたいな亡霊は夏場に出られた方がいいみたいな事をまさに立証したような素敵な一枚だと
思いますし、
私自身も「夏を楽しむゆゆ様」を思いっきり堪能できた!!という感じさえしますね!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

でも、本当にいかにも「夏らしい一枚」ですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラストの掲載をしてくださり、とっても嬉しいです!!

水着ゆゆ様のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

私事なのですが、ちょっと今、イラストのモチベーションが低下しておりまして…「夏らしい絵を描こうプロジェクト」は、あと何枚描けるかわからないですけど、モチベーションが復活したら、できる限り描けたらいいなと思っております。

モチベーションが低下しているとき、私の場合は、無理やり描いたりせずに、少し絵から離れよう…というスタイルでやっていますので、ブログ更新が停滞することもあるのですが…マイペースにやっていこうと思います。

こちらこそ、いつもイラスト掲載のお願いをしてくださって、とてもありがたいと思っております。
この水着ゆゆ様のイラストも、気合いを入れて描いた一枚なので、掲載してくださったことに、本当に感謝しておりますっ!!

あのあの、こんにちは!この間もコメント、ありがとうございました!!!
(>人<)❤
そそそそれであの、突然なのですが、DANDY BEARと相互リンクを張ってはいただけませんでしょうか?
えとえと、お返事、お待ちしております!!

夏らしいー!

是非是非無理なさらずにマイペースで描いて頂きたいと思います!!

アミグリ 様


またまた今回もとっても素敵ないかにも夏らしいゆゆ様の転載をご利用介して頂き
ありがとうございます!
そして本当にいつもありがとうございます!!

いやいや、人間の集中力や持続力なんて間違いなく「限界」がありますので、
「ちよっと描きたくないな・・」とか思われている時はゆっくりと休んで是非是非リフレッシュして
頂きたいと思います。
そして元気と気力が回復されたら
またその時に描けばいいのだと思います。

どうかどうか無理されないで、マイペースな更新を心がけてください!!

それにアミグリさんには、過去の「素晴らしいイラストの作品群」という財産があるのだし、
私などアミグリさんのイラストが大好き! 応援している!と思う人間は
一杯いっぱいいますよ!!

了解です!! 是非是非こちらこそ宜しくお願いします!!

babypinkamy 様


光栄です! とっても嬉しいです!!

是非是非相互リンクを貼らせて頂きたいと思います!!

ちなみにですけど、私の方は既にリンクを貼らさせて頂きました。

是非これからも宜しくお願いいたします。

ありがとうございます!!

ハロー 様


アミグリ様が描かれた「水着ゆゆ様」のイラストを褒めて頂きありがとうございます!!

ゆゆ様は亡霊なのですけど、亡霊の水着という発想が実に秀逸で
とっても夏らしいですよね!!

私もこのイラスト大好きです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3039-743a60b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |