プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.仙台向山高校


D/世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」より(C.オルフ)


この仙台市内の学校は、私が高校時代に共に宮城県大会にて「東北大会出場枠」を巡って
共に競い合った学校の一つで、私としてもなんかとっても懐かしい学校でもあります。
この高校は1980年代初めに荒井富雄先生という大変優秀で指導力がある先生を吹奏楽部顧問として赴任以降は
残念ながら、私の在籍したポンコツ高校との「実力差」はどんどんつくばかりで
いつの間にか「置いてけぼり」を食らったような感じがあります。
そしてこの学校は年々技術&音楽の表現力がとてつもなくレヴェルUPしていき、
東北大会B部門金賞常連校→東北大会A部門金賞常連校へとどんどん「進化」を重ねていき、
なんとあの花輪・秋田南すらも凌駕するほどの実力をメキメキと付けていき、
そして・・・
ついに1988年に念願の「全国大会初出場」を果たす事になったのでした。

そうですね・・・

本音をズバリと書いてしまうと、1988年の普門館の全国大会のプログラム2番の向山の演奏を
聴いた時は、正直・・・大変複雑なものがありました。
同じ県内の学校の全国大会出場という事で「郷土愛」としては確かに嬉しいものはあるのですけど、
心の底では・・
「1980年は地区予選で姿を消し県大会にすら出場できなかったあの高校が、ここまで進化と発展を遂げるとは・・・!
なんか自分たちはすっかり置き去りにされたような気分・・・
向山は美しい蝶へと進化を重ねたのに
自分たちは相変わらず蛾のまんま・・・それどころかいまだに毛虫のまんま・・
なんか・・ちょっと惨めだな・・・
なんか向山が羨ましいな・・眩しいな・・」みたいな
どちらかというと「妬ましい・・・・」みたいな焼きもちとか嫉妬みたいな気持ちの方が強かったですね・・・
あ・・なんか「妬ましい」なんて書くと
「お前は東方Projectの水橋パルスィか・・・!?」みたいなツッコミが入りそうですね・・・・(苦笑・・)

1991年の向山高校の10年前というと1981年・・・
この年の宮城県大会はなぜかいつもの宮城県民会館ではなくて、とてつもなく遠い「石巻」がコンクール会場となっていて
ほとんどの県大会出場校は前日から石巻に泊まっていたような記憶があります。
1981年の向山の自由曲は確か・・・チャイコフスキーの交響曲第5番終楽章という現在ではまずどの学校も
絶対にやりそうもない曲でしたね。
ちなみに1979年の向山はわずか30名の人数でホルストの組曲「惑星」~Ⅳ.木星という無茶振り自由曲を演奏し、
ほぼ破綻した演奏を聴かせてくれていました・・・
だけどやっぱりスクールバンドは「指導者」でほぼ全てが決まってしまうと言っても過言ではないのかも・・・?
向山も荒井富雄先生という稀有な実力者が赴任されて以降は、まさに・・「ビフォーアフター」じゃないけど
本当に劇的に進化を重ねていきましたからね!
それにくらべて私が在籍したポンコツ高校は・・・(苦笑・・)
だって・・だって・・・うちの高校がOB悲願の「東北大会初出場」を成し遂げたのは
私が卒業して28年後の話しというのも・・・ま・・なんかポンコツすぎるお話ですね。
だけどあの時は、卒業生としては本当に嬉しかったものです!
ま・・・結果は東北大会銅賞でしたけど、悲願が実現できただけでも嬉しかったです!!

あ・・・なんか話が思いっきりそれてしまいましたね・・・(苦笑・・)

向山の初出場の1988年のR.シュトラウスの「ティル・・・・」と89年のサロメは本当に見事な演奏でしたね!
正直あの演奏は・・・
ま・・本音を書くと、私の内面は嫉妬心メラメラのまさに水橋パルスィ状態ではあったのですけど(苦笑・・)
結果として銀賞と言う評価ではあったのですが、
金賞と評価されても全然遜色ない、まさに「全国トップクラスの演奏が出来る学校」へと素晴らしい進化を
遂げられていたと思います。
特に89年のロサロメはほぼ完璧な演奏&表現だったと思います。
90年の「ダフニスとクロエ」は、そうですね・・・
向山は多分ですけど、ブートゥリー編曲版を他校がやっているように手を加えることもなく
そのまんまのアレンジ版を素直に楽譜通り演奏した事が時に裏目に出てしまい、特にⅠの夜明けの部分の
木管の細かい動きに難点と生臭さが出てしまい、勿体ない印象はありました。
そうした中での1991年は4年連続出場の年で、まさに「東北の雄」みたいな様相というのか貫禄すらも感じさせ
「さてさて・・今年はどんな素晴らしい演奏を聴かせてくれるのか・・・」と期待していたところ・・・
まさかまさかの粗削りで雑な演奏になってしまい、
「音が大きい」という印象で終わってしまったのは大変勿体なくもあり、残念に感じたものでした。
それまでの88~90年が比較的、繊細とか美的限界みたいな「芸の細かさ」を感じさせていたのですけど、
やはり「カルミナ・プラーナ」という曲は
高校生にとってはちょっと「躍動感」というかエネルギーがありすぎる曲だったのかな・・・?
曲の持つそうしたエネルギー・パワーに奏者が何か憑りつかれるというのか飲み込まれるみたいな雰囲気があり、
終始「音が執拗にうるさく鳴っている」とか「生臭い・・」みたいな印象だけで終わってしまったのは
なんか勿体ない感じがありました。

結果としてこの年は銅賞という事になってしまい
(またまた、向山に関しては焼きもち妬きの私は、「けっ! ざまーみろ!」とは少しは思ったのかな・・・苦笑・・)
荒井先生も翌年以降は向山を離れてしまいましたので、
向山は一時的に停滞期を迎える事になってしまいます・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3032-0a22cdc5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |