プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず冒頭でいきなり個別のお名前を出してしまい大変恐縮ではあるのですけど、
今回の第23話を見て真っ先に感じた事は、
このブログのとーーっても大切なブロとも様のお一人の「五月雨日記」<仮の宿>の
風月時雨様のブログ内での不滅のあの名言・・・
「結局、1番の魔法はきっと――「言葉」なんだろうな・・・」というお言葉ほど今回の素敵な第23話を物語っているものは
無いと思います。

ま・・・話としては、要は簡単でして、朝比奈家にリコちゃん以外にまたまた「居候」が1名増えて
「朝比奈家の家計は本当に大丈夫なんじゃろか・・・」(By 校長先生・・・)
みたいなお話ではあるのですけど、
歴代シリーズにおいて、姫プリの「全寮制」という例外を除くと、一人のプリキュアの家に
プリキュアたちが全員集合というのか全員一つ屋根の下で暮らすというある意味「快挙」をやらかしてくれているのが
とっても面白い感じはあります。
というか・・・
まさかと思いますけど、「魔法つかいプリキュア」に関しては「4人目」はさすがに今後もう登場しませんよね・・・?
そうですね・・・朝比奈家としても、ま・・・二人ぐらいなら
「なんとかなるなるぅーー!」(By 夢原のぞみ)みたいなノリなのかもしれないですけど
さすがに居候が3人となると朝比奈家の財政も「破綻」寸前になってしまうのかな・・・・??

前回のお話でもそうした描写があったのですけど、
「舞い戻る強き生命」とも言うべきはーちゃん=キュアフェリーチェも誕生しましたし、
何よりも・・校長やヤモーたちがあんなにも必死で探し求めていた「リンクルストーン・エメラルド」も
手に入ってしまったし。
そうですね・・・確かに、リコちゃんやはーちゃんがみらいの住む世界の「ナシマホウ界」にこのまま滞在する
理由も必然性も無くなった・・・という事になってしまいます。
本来ならば校長先生の
「これまで本当に長い道程であったが無事にエメラルドも見つかり、君達もこれで魔法界に…」という言葉が
示唆する通り、リコちゃんとはーちゃんは魔法界に戻るのが筋なのかもしれません・・・

だけど・・・・

状況も大分変っていました・・・

リコちゃんは、も――――「みらい、大好き! 私のみらい!!」といノリですし、
はーちゃんに至っては、
フレッシュでラブ達がシフォンを育て上げ
ドキドキでマナたちがアイちゃんを育て上げたのとほぼ同じような感覚で
みらいとリコの「育児」(?)の結晶としてナシマホウ界で育て上げたようなものだと思います。
そう・・・!
はーちゃんにとっては、まさしくみらいとリコこそが自分の育ての親でもありますし、このナシマホウ界こそが
はーちゃんの生まれ育った場所とも言えるのですよね・・・
みらい・リコ・はーちゃん、そしてモフルンの4人の「絆」というものは、
終始「一つの家」で寝泊まり・・・という合宿状態にあるせいも大きいのですけど
歴代でも抜きんでて強くて固いものがありそうな感じも実はあるのではないのかな・・とも思ったりもします。

それゆえ・・・・

校長の「きみたち・・・そろそろこちらに帰ってきてはどうじゃろ・・」みたいな問いかけに対しても・・・

「私達、これからも一緒にいたいです!」

「長い道程を探して、やっと会えたんです!はーちゃんに!!」

「別々は嫌モフ~!」

そしてトドメは・・・はーちゃんの
「魔法をかけたの。皆とずっと一緒にいられますようにって。みらいとリコとモフルンは…私の家族だから!」
という言葉なのだと思います!!

あの4人の言葉はまさに「本心」から・・・まさしく「本音」だと思いますし、
「自分が強く願っている!!」という「思い」から自発的に発せられた自然な言葉なのだと思います。
そしてあの4人の「自分達はこうしたい!」という思いこそがあの「言葉」なのであり、
その言葉でもって校長先生の気持ちを動かし、結果的に・・・・
「君達の気持ちはよく分かった。無理に帰ってこいとは言わん。エメラルドを頼むぞ!」という
校長先生の言葉に繋がったのだと思います。

そう・・・「言葉」っていうのは、冒頭の風月時雨さんのお言葉じゃないけど
まさに・・・ある意味「一つの魔法」なんだと思います!
例えば・・・「どうしよう・・・」と迷っている人というのは、実は「自分の生きる道はこっち!!」と本当は分かっている事が
多いはずなのに今一つ踏ん切りがつかない事が多いもの・・・
そうした迷っている人に
「あなたはこうしたいんでしょ・・」と優しくさりげなく「一つの言葉」を投げかけそっと相手の背中を押してあげることが
相手の気持ちが吹っ切れて
そこから先は面白いようにどんどん進展していく・・・
そうした事は結構多いんじゃないのかな・・・とも思います。

実は昨日、うちのこんな拙いブログも開設以来3000記事到達を迎えさせて頂き、
皆様からあんなにも素敵すぎるコメントを数多く頂けたのですけど、
そうした皆様からのコメント一つ一つが・・・まさに私にとっては「魔法」なのだと思います。
そりゃ・・私だって一人の生きている人間です・・・
長い間生きていりゃ・・・そりゃ・・・正直嫌な事もありますし凹む事も一杯あると思うのです。
だけど・・・
そうした「マイナスの気持ち」もこうやってブログみたいな事を長く続けていると
こうやって色々な人たちからの「温かいお言葉」を頂ける事で
「よーーし、なんか生きるチカラをまたまた貰っちゃった! また気持ちを切り替えて頑張ってみよう!」と思う事は
実は日常茶飯事でもあったりします。
やっぱり「言葉」というのは「一つの魔法」なのだと思います。
たった一つの言葉で思いがけず相手を傷つけてしまう事もありますし、
逆にたった一つの言葉で「生きるチカラ」を頂ける場合もあります。

私達は・・・というか・・・私自身がそうなのですけど、そうした「言葉の重み」というものは
やはり日々認識していく必要がありますし、
言葉というものは・・・ある意味怖いものでもあるし、これほと「力強い」ものはないものは無いとすら
感じます。
そうした「言葉」という「魔法」をどのように私たち自身一人一人の実生活に有効に活用していけるのか・・・
というのは、やっぱり私たち一人一人の「気持ちの持ち方」なんじゃないのかな・・・・とも
ふと思ったりもしたものです。

だからこそ・・・そうした言葉の重み・・・言葉は魔法・・・という事を誰よりもいち早く気づかれていた
風月時雨様のあの「感性」には、
我ながら、惚れ惚れするものがあったりもしますね!
風月時雨様のオリジナル小説は、まだ私自身も「読みかけ」という事もありますし、
とてもとても論評できる立場ではないのですけど、
確かにあのお話を読んだ限りでは、リアル社会の自分とネット社会の自分とあくまで「素の自分=本心」の波を
彷徨い歩く「虚ろで危い感じ」をテーマにしながらも
時に垣間見える「それでは自分を自分たらしめる事とは何なのか・・」とか
そうした現実と虚構の間で本当に見えてくるものとは何なのか・・・とか
「言葉」の一つ一つの重みとか
今回の「魔法つかい」第23話じゃないけど、
「やっぱり一番の魔法というのは、別に空を飛んだり呪文を唱えたりする事じゃなくて
自分の言葉が相手にきちんと伝わり、相手の方が何かを感じ取ってくれる事じゃないのかな・・・」と
ふと感じたりもしたものでした・・・

やっぱり今回の一番の「魔法」は、はーちゃんの
「さっき、校長先生が言ってたよね。「言葉は言の葉」って。
 皆はいつも温かい言葉をかけてくれたよね。皆の言葉が私のここにいーっぱい詰まってるの」
という言葉じゃないのかな・・・??







それにしてもはーちゃん可愛い!!

はーちゃんが「はー!」と言う際に両手を上に上げていますけど、
あれって・・・・
そうですね・・・吹奏楽マニアの方ならばもしかして「ピン・・」とくるのかもしれないですけど、
はーちゃんのあのポーズは、田中賢の「メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために」のパーカッション奏者の
ラストの決め技ですよね・・・(笑)
うーーむ、もしかしてはーちゃんの前世は打楽器奏者なのかな・・・??

はーちゃんの「ワクワクもんだしー!」というセリフなのですけど、あれって・・
みらいの口癖とリコの口調を合わせたようなものですよね・・・(笑)

うーーーむ、やっぱりみらいとリコちゃんの二人の娘は、何事にもすぐ染まってしまうもんですね・・・(笑)

というかはーちゃんの名前は「ことは」なんですけど、
あの名付け親は・・校長先生・・? それともはーちゃん自身?



25e2fe04-s_convert_20160712091130.jpg



ことはちゃんは意外と・・じゃなくて前から予想はしていたのですけど、
まさに「天真爛漫」という言葉が似合いそうで、まさに「天使!!」という雰囲気ですね!

猫を発見して、そのニャンコの所まで行こうとしたら・・・・
そっか・・・
ことはちゃんは、あの小さいはーちゃんでは既にないし羽も無いから、空は飛べないのですね・・・・

ああいうことはちゃんは、まさにみらいとリコのパートナーに相応しい
ドジっ娘でもありますし、天然さんでもありますし、ポンコツさんでもある事を既に示唆していましたね・・・

というか・・・

あの空を飛ぼうとすることはちゃんは、OPの一番の歌詞の「そら とぶ とか マジ あぶないし」を
そのまんまやってくれたようなものでした・・・(笑)

でもことはちゃん、とっても可愛いから、どんなポンコツやらかしても許して貰えそうな雰囲気が既に
あるのかも・・・??

ま・・・フェリーチェとしての「無双振り」は、これはこれで素敵なものがありそうですね!




4e6cb82c-s_convert_20160712091030.jpg


c13d9919-s_convert_20160712091243.jpg



今回、一番笑ってしまうのはこのシーンでしたね!

リコちゃんが先輩風(?)を吹かせて
「無理よ、そんな魔法。校長先生にだってできないわ・・」と言ったものの
ことはちゃんは・・・
なんと・・そんな補習組のポンコツ先輩のレヴェルをとっくに超越していて
まさに無から有を生じさせるとてつもない「魔法」も既に有していたのでした!!

あの時のリコちゃんの「え・・・・・」という絶句顔がとてつもなく可愛かったです!!

もーーーー、リコちゃん、やっぱりあなたは最高です!!



19c5b0b6-s_convert_20160712091059.jpg



フェリーチェは「お花畑系プリキュア」という新しい立ち位置なのかも・・・??

戦闘中のフェリーチェの「2人とも大丈夫ですか?」というセリフは、
なんか・・・
「魔法つかいプリキュアは、もうミラクルとマジカルいらないじゃん・・・フェリーチェ一人で十分じゃん・・」みたいな
感じもあったりするのですけど、
ミラクルとマジカルの二人のポンコツ先輩たちの「これからの一層のパワーアップ」にも
期待大!!という感じですね!!

というか・・・・新しい敵幹部は登場しないのかな・・・?

当面はヤモーがお相手・・・? うーーん、なんか「華」がないっすね・・・

8月の第一週は、私の地元、川口市にて毎年恒例の「たたら祭り」が開催され
ここで毎年毎年プリキュアショー・・・しかも「新メンバー」が初お披露目というパターンが多いのですけど、
ここで当然フェリーチェが登場すると思いますけど、
そのお相手役の敵幹部に、死んだはずの(?)バッティ―さんたちがプリキュアショーのためだけ限定復活という
可能性もあるのかな・・・?
ま・・・それを避けるためにも新しい敵幹部の投入もそろそろ必要なのかも・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

フェリーチェとことはと花の海

はーちゃん/ことはが見たという花の海は、思わず埼玉県秩父の羊山公園を連想させたりもしました。フェリーチェに変身すると敬語かつ大人びた感じになるようですが、変身すると性格などが変わるプリキュアといえば、変身後一人称が変わるいつきと、やはり変身後大人びた声になる亜久里以来のことです。イチゴメロンパンを何個でも食べるというところ、のぞみやなお以来の大食いキャラといったところでしょうか。
エメラルドが見つかり、リコとことはも…で、「一緒にいたい」という言葉が校長を揺り動かした…一度妖精と別れラストで再会した映画DX3やスマイル最終回とはひと味違った展開でした。
花海ことはは、「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンイエローこと花織ことはと名前が似ているうえ一文字違いです。しかも変身時に文字を描くという共通点もあったりします(イエローは「土」、フェリーチェは「F」)。エメラルド以外のリンクルストーンで変身するフェリーチェも見てみたいところです。
エンドカードの「ことはの部屋誕生」というところ、不動産会社の広告風といった感じでした。

4人目のプリキュアは、今期はなさそうですね。新OPの歌詞で“3人”って出てきていますし(笑)。

言葉の重みはつくづく感じます。
どんなに言葉を選んでも、ぬくぬく先生さんが仰るように、相手を傷付けてしまったり、なぜか伝わらなかったり。
僕自身が幼少期にコミュニケーション(特に口頭での)が酷く苦手だった時期があるのでわかります。
現在も、語彙力でカバーしているだけです(笑)。
はーちゃんも「ことは」の名前に決まったくらいですから、ぜひとも言葉をひとつのテーマとして、今後取り上げて行って欲しいと思いますね。

リコちゃんは、自分の魔法力のなさを努力で伸ばしてきましたから、はーちゃんがすんなり高度な魔法を使えたことに、納得が行かなかったんでしょうね。
嬉しさもあるでしょうけど、複雑でしょう(笑)。

敵キャラも現段階では寂しいですね。
バッティさん達があのまま復活しないのはもったいないです。
ドキプリの時のように、リーヴァ&グーラみたいな得体の知れないキャラ登場させるより(彼らもよくわからないまま消滅)、愛着のあるキャラを最後まで活躍させて欲しいものです。

Re: フェリーチェとことはと花の海

鎌倉快速 様


確かに・・・エンドカードは「きみたちは不動産屋の回し者かっ!」とツッコミを入れたいですね・・・(笑)

おおーー、「秩父の羊山公園」をご存知とは!!
埼玉県民としては嬉しいものがあります!
確かにあの公園の雰囲気は、ことはちゃんの回想シーンとリンクするものがありますね!

ことはとフェリーチェの雰囲気の違いは、まさに亜久里とエースを彷彿とさせますね!
エースの場合は「かっこいいお姉さん!」という雰囲気でしたけど
フェリーチェは、無双振りを発揮しながらも「可愛い」という雰囲気の方が強いのかな・・とも思いました。
ことはちゃんは意外と大食いなのかもしれないですね・・・(笑)

スマイルの本編とDX3は構成がそっくりなのですけど、
あれは・・・「別れと新しい出会い」を意図しているのかもしれないですね。

「言葉」はまさに魔法・・

takumi 様


そうですね・・「言葉はまさに魔法」なのだと思います。
相手を気遣うつもりの言葉が逆に相手を傷つけたり、
ついつい言わなくてもいい余計な一言を言ってしまったり、
はたまた・・・「売り言葉に買い言葉」とか・・・・
まさに人間は「感情の生き物」だから「言葉」を操るのは本当に難しいものがありますよね。

だけど・・・

同時に、思ってもいない一言を言われて逆にとってもなにか目覚めるものがあったとか
さりげない「褒め言葉」がまさに浮上のきっかけとなったり
たった一言でとてつもなくハッピーな気持ちになったりと
要は・・毒にも薬にもなる不思議な「魔法」なんだなぁ・・・と思います。

敵幹部さんは・・・後半戦は魅力的な人の登場が待ち望まれますね!

そういう意味では・・・敵幹部と言うと、ウエスターとかブンビーさんとかオレスキーとか
本当に大好きでしたし、
あの御方達の「人間臭さ」がとっても魅力的でした!

こんばんは。いつもいつも、私を幸せな気持ちにしてくださる魔法をありがとう
ございます!また土曜に記事内でもしっかり触れさせて頂きますが…こちらの
記事で私の感性等褒めてくださり、誠にありがとうございました☆今回取り
上げてくださった台詞は…創作記事だったにも拘わらず「名言」として覚えて
くださっていた事、まほプリ23話をご覧になって真っ先に感じて頂け幸せです!

言葉は魔法…というのは、同じように感じて、表現されている方もたくさん
いらっしゃると思います。そしてこちらの記事にもあるように、迷いがあっても
さりげない言葉一つで大きな一歩に繋がっていきますし、ブログでも温かい
コメントを頂けると、頑張ろう!という気持ちになる…まさに「魔法」ですよね。

そして創作小説にまでわざわざ目を通してくださって本当に本当に
ありがとうございます!!…10年位後には、話がある程度ちゃんと進んで、
「面白い作品」になっていると良いなぁと思います(笑)ぬくぬく先生様の
素晴らしい表現で、なんだか…これは私だったら、この人の作品面白そうだなぁ
と騙されて読んでしまいそう!な気持ちになってしまいました(苦笑)

虚ろで危い感じ…をテーマとして感じてくださってありがとうございます!
リアルとネットでは同じ部分もあれば、違う部分もあって
本当に「自分を自分たらしめるもの」は何なのか…考えてしまいます。
改めて考えてみると、自分の場合は…分からなくなってしまいます(汗)
私も、私のキャラクターも、各々のブロガーさん達も…現実とネットでは
違う部分があれば、同じ部分もあって…大切な個性の1つ1つかなぁと思います。
現実と虚構の間で本当に見えてくるものも、物語の中で描いていきたいです!!


もちろん、1年前は…次のプリキュアがまさか「魔法つかい」とは思いません
でしたし、「言葉」が名前の由来になったキャラが出るとは…想像できません
でした(笑) これはこれはとっても嬉しい偶然ですし、改めてプリキュアを
応援し続けていて良かった!と感じました☆「ことは」という名前は
はーちゃんが自分で決めた名前でもありますが、私の大のお気に入りの(笑)
校長先生の言葉がきっかけ、という事実がとっても嬉しいです!!

それから、1つ上の記事でも私の名前を出してくださり、ありがとうござい
ました☆ 既にお祝い更新されている他の方には遅れをとってしまいましたが
…気持ちは皆様に負けない位、土曜は記事内で全力でお祝いさせて頂きますね。
ではまた土曜日にお会いできると幸いです。まもなく更新される記事も
とってもとっても楽しみです!

今後私の言葉が、ぬくぬく先生様の小さな幸せに繋がる魔法となりますように!
今回は取り急ぎのコメント失礼しました。読んでくださり、ありがとでした♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3028-decfb8dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |