プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事の中で「キューズQの東方フィギュア」の事を取り上げさせて頂きましたけど、
どのキャラの出来栄えはどれも大変素晴らしく「とにかくレヴェルが高い作品ばかりだな・・・」と感じていたのですけど、
あの中では特に特に・・・こいしちゃんの出来栄えがまさに「完璧!」というのか
美的限界をとっくに超越しているとか
「ふつくしい・・・」とか「あまりにもこいしちゃんが可愛過ぎて生きるのがつらい・・・」みたいな感想しか
出てこないです!

本当にあのこいしちゃんは素晴らしかったです!

あのあまりにも素晴らしすぎる出来栄えのキューズQの「こいしちゃんフィギュア」と
アミグリさんが描かれた「5月14日はこいしちゃんの日」のイラストをご覧になりたい方は
是非是非こちらから!! → こいしちゃん、マジ天使!!

先日なのですけど、フィギュア・アニメ関連グッズ・カード等もかなりの量を取り扱っている
とある大手チェーンの古書店に寄ってみたところ、
まーー、確かに色々なグッズが揃っていて見ているだけで飽きないもんです!
でも以前から分かってはいたのですけど、この種の古書店とか中古おもちゃショップにおいては、
極めて残念な事に、「東方Project」関連のフィギュアは全く店頭には出てこないですね・・・(泣・・)
やはり相当人気がある商品だと思いますし、ニーズが高い商品ゆえに店頭で発売される事自体が無いというのか、
ほとんど流通していない状態なのかな・・とも思ってしまいます。
東方フィギュアって、グリフォンとかキューズQとかグッドスマイルカンパニーとかねんどろいどとか
とにかくレヴェルが高い極めて優秀なものばかりですので、
これを一度入手した人って、多分ですけど余程のことがない限り売り払ったり手放したり転売するという事が
他のキャラクターに比べると少ないのかな・・・だから市場にあんまり流通してこないのかな・・・?と
ふと感じたりもします。
その際に、珍しくグリフォンの「十六夜咲夜」のフィギュアが店頭に出ていたのですけど、
なんと・・・!!
14000円の値札が付いていました!
たしか発売当時の価格は9000円ぐらいだったと思いますけど、こうした中古品と言えども
発売時の新品同様価格よりも中古品の方が圧倒的に価格が高いというのも、なんかそれは分かるような
気がしますね。
ちなみにですけど、その店においては、このグリフォンの十六夜咲夜に関しては、
「箱有りで状態が並以上ならば当店は最低6500円以上の買取は保証します」との案内文も貼り出されていましたので、
やはり咲夜の人気の高さというのか東方の人気の高さを窺い知ることが出来ると思います。


今回はキューズQ東方フィギュアの世界の中から、紅魔館ファミリーの中から、
スカーレット姉妹というご主人様サイドでも居候でも無くて
メイドと門番といういわば「使用人」の二人をここに取り上げさせて頂きたいと思います。


まずは、東方でも屈指の人気を誇ります完璧なメイド長の十六夜咲夜です。


咲夜7


簡単にその概要を記しておきますと・・・

商品名……“完全で瀟洒なメイド”十六夜咲夜
作品名……東方Project
スケール……1/8スケール(全長約20cm)
発売時期……2011年12月予定
仕様……PVC製塗装済み完成品(一部ABS)
標準小売価格……7,980円(本体価格7,600円)

単純に比較をしてしまうと、グリフォンフィギュアの十六夜咲夜は、どちらかというと
「ミステリアスな雰囲気」が漂っていたと思いますし、
紅魔館全体の雰囲気の「ちょっと近寄りがたい雰囲気」みたいなものも感じさせる
迫力というのか圧倒的な存在感がとにかく光り輝いていたと思います。
それに対してキューズQの方はどちらかというと咲夜さんの「可愛らしさ」をよりイメージさせたようにも
思えます。
咲夜さんは、表現される方によって、子供っぽい雰囲気とか大人っぽいミステリアスな雰囲気など
かなり違いが出やすいキャラであるとも思うのですけど、
キューズQのように「とっても可愛いかわいいメイドさん」みたいな咲夜さんも全然OKだと思いますし、
これはまさに素敵すぎる完璧な仕上がりに近いと思います。

やっぱり・・・秋葉原のメイド喫茶じゃないけど、なんか男の子っていうのはどうしてこうした「メイド服」に
思わずきゅん・・・!!となってしまうのでしょうかね・・・(笑)



蜊∝・蜥イ螟彑convert_20160711133919


蜊∝・螟・_convert_20160711134027



エプロンのスカート垂れ部に時計の文字盤が並んでいるのは、時間を操る程度の能力の咲夜さんを
まさに象徴させるものであり、この辺りも大変芸が細かいですよね!
全体としてはいかにも「夢見る少女」みたいな雰囲気が漂っていますよね!
グリフォン版の咲夜さんは、ボディーラインがまたまたとっても大人っぽい雰囲気になっていて
ある意味大変な事になっているのですけど、
キューズQの咲夜さんは、比較的平坦におとなしめに仕上げているのですけど
逆にそれが咲夜の「清楚な感じ」をとっても巧みに演出していると思えます。
少し子供っぽい雰囲気の漂うキューズQ版の咲夜さんが立派に成人されたお姿が
グリフォン版のようにも感じたりもします。


蜥イ螟・_convert_20160711133949



十六夜咲夜の特技・能力は「時間を操る程度の能力」の他に「ナイフ投げ」というのもあるのですけど、
こうやってナイフ投げをやらかしてしまう咲夜さんがとっても可愛いです!

咲夜さんは普段は、ナイフはスカートの下に隠しておくという設定になっていますけど、
ナイフを取り出す際にスカートをひらっ・・とさせる動作なんかを妄想してしまうと、
やっぱり咲夜さんの人気が高いのも分かるような気がしますね。
だって・・・・
ご主人のレミリア様だけでなくレミリア様の妹のあのフランちゃんすらも人気投票では上回ってしまう程の
超人気キャラですからね!!



蜥イ螟懊・蜈・オオ_convert_20160708185542



さてさて・・・・上記のとっても素敵なキューズQの十六夜咲夜フィギュアには元絵が実は
あったりもします。

それは岩本ジェイムズ先生なのですけど、フィギュア企画のための書き下ろしイラストという事ですけど、
これ・・・イラストもとっても素晴らしいですよね!
まさに「完全なるメイドさん」に相応しいまさに完全なイラストだとも思えます。
だけど、そうした元のイラストをここまで忠実に再現出来ちゃうキューズQの制作者・デザイン担当の皆様には
本当に心から敬意を表したいと思います。




美鈴03


美鈴2



続きまして咲夜さんと同じく「紅魔館ファミリー」の虹色な門番「紅 美鈴」(ほん めいりん)です!!

武術の達人らしい躍動感あふれるポーズと脚線美・・・
というかあの麗しき「太もも」がとにかくとにかく眩しいですっ!!
トボけた表情が妖怪なんだけど実に人間くさい雰囲気を醸し出すフィギュアだなぁ・・と思います。

概要を以下に記すと・・・

原型制作……竹内剛太郎(アトリエバンブー)
スケール……1/8スケール(全長約21cm)
発売時期……2010年10月下旬予定
仕様……PVC製塗装済み完成品(一部ABS)
標準小売価格……7,770円(本体価格7,400円)

美鈴は以前このブログでもグリフォン版のフィギュアを取り上げさせて頂いているのですけど、
グリフォン版の印象としては・・・
美鈴のあのチャイナ服のめくれ具合とか太ももチラ見せがとっても「健全なお色気」を感じさせるものでした。

だけど・・・

キューズQ版の美鈴はもっと「チラ見せ」が進化する結果となってしまい、
片足を持ちあげてのあの堂々とした「太もも見せつけ」は、
とにかく・・・「も―――素晴らしいとしか言いようがない!! いいものを拝ませて貰ったありがたや、ありがたや・・」の
世界だと思います!!
キューズQは、咲夜さんはあんなにも抑え目に「美少女」とか「可愛らしさ」をむしろ優先させたというのに
そうした「お色気」としての鬱憤を遺憾なくこの美鈴にぶつけてしまった・・・!!
みたいな制作者スタッフの意図というのか心意気が伝わってくるかのような
とっても素敵な作品だと思います!!

美鈴のグリフォンフィギュアでのキャッチコピーは、「そこまでよ! そこから先は一歩も進ませない!」というものでしたけど、
あれれ・・確か美鈴は、公式でも二次創作でも門番中に居眠りをしてサボって、
魔理沙等色々な人の紅紅館侵入をやすやすと果たさせてしまうというのが一つの定番みたくなっていましたよね・・・(笑)
そうですね・・・・
こういう太もも見せまくりの躍動的な美鈴も素敵ですけど
門前で居眠りしてウトウトしている美鈴もとっても可愛らしいものがありそうですね・・・(笑)

最後に・・・・

美鈴というと、なんか個人的には、
当ブログととっても大切なブロともさまのお一人で「五月雨日記」<仮の宿>の管理人さんの
風月時雨様が6月に描かれたこの美鈴のとっても素敵なイラスト!!
というか・・・
あまりにも健全なお色気で、とにかくとにかく美鈴の太ももが眩しくて仕方がないとっても素敵なあのイラストを
ついつい連想しちゃいます・・・

その風月時雨様が描かれた美鈴をご覧になりたい方はこちらから・・・!! → 風月時雨様/アナログ美鈴&小悪魔

チャイナ服&立て膝絵&美鈴の生足は、まさに「必見」ですっ!!

風月時雨様!! いつもありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは
美鈴のポーズがとっても良いですね。
すごく躍動感があります。
微妙に色が淡い感じなのもよいですね^^

美鈴、素敵ですよね!!

八咫烏 様


いつも素敵なコメントを頂きありがとうございます!

美鈴のあのフィギュアはポーズが悩ましいけどとっても魅力的ですよね!

本人が「武闘系」という事もあるのですけど、あの躍動するダイナミックスさは本当に
申し分ないと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3023-2dce75f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |