プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


日本の年末はベートーヴェンの第九・・・すなわち交響曲第9番「合唱付き」ばかりが演奏されていて、
そうですね・・・正直この第九が今一つ苦手というか大嫌いな私としては、
年末年始に何か祝祭的な気分を求めたい時は、むしろ・・
カール=オルフの世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」の方が全然しっくりきます!

少し専門的に述べると、この曲は劇的三部作「勝利」の中の一番最初の第一作に該当しまして、
正式名称は「世俗への讃歌、カルミナ・プラーナ」と言われることが多いと思います。
だけど申し訳ないですけど、有名なのはこの第一作のみでして、私自身は続編の第二作と第三作は
いまだに聴いたことすらありません・・・

第九は、通常の管弦楽の編成に4人の合唱ソリストに混成四部合唱が加わり、
打楽器もティンパニ以外に、大太鼓・シンバル・トライアングルも加わり
19世紀初めの作曲当時としては異例の大編成となっています。
「カルミナ・プラーナ」は、20世紀に作曲された曲なのですけど、「難解」という印象は皆無ですし、
不協和音・難しい表現は全く無く実にわかり易い曲です。
というか・・・楽譜を見れば一目瞭然なのですけど、全般的に♭・♯等の臨時記号があんまり出てきません。
前述のベートーヴェンの交響曲第9番もかなり大規模な編成ではあるのですけど、
「カルミナ・プラーナ」は、拡大編成の管弦楽団に加えて、
ソプラノ・カウンターテナー・バリトンの3人の合唱ソリストに、混成四部合唱、児童合唱が加わり
全編を通じて2台のピアノがいい活躍を見せてくれます。
(カウンターテナーの人は、1時間近い演奏時間で歌う個所は、前半の一曲だけで、
4分程度の自分の出番が終わったら、最後までお休みですので何かヒマそうで少し気の毒な感じもします・・・)
打楽器も、シロフォーン・2台のグロッケン・コンサートチャイム・鐘といった鍵盤楽器
カスタネット・タンバリン・ドラなどが登場し
色彩感に華を添えてくれます。
(第22曲に登場するカスタネットのカタカタと鳴るリズム感が大好きです・・・)
そうそう・・第24~25曲にかけては部分的にティンバニ奏者も2人となりますし、第24曲なんかは2台のグロッケンを
二人の奏者で派手に鳴らす部分もあったりして、演奏効果としてかなり高いものを感じたりもします。

私がこの「カルミナ・プラーナ」という曲を知るきっかけは例によってやはり「吹奏楽コンクール」でした。
吹奏楽に詳しい方ですと、
「ああ、1990年の近畿大学の演奏ね・・」と言うかもしれませんが、
「カルミナ・プラーナ」の吹奏楽コンクールでの全国大会初演は、近畿大学ではありません!
実は・・・1984年の長岡吹奏楽団が全国初演でした!
私は、この長岡吹奏楽団の演奏を聴いて初めてこの曲の存在を知ることになったのです。

吹奏楽コンクールでは現在においては「カルミナ・プラーナ」はすっかりと自由曲レパートリーとして定着化していますけど、
それを定着化させるきっかけを作ったのが1990年の近畿大学ですので、
その意味では近大の貢献度は相当なものがあると思います。
1984年の長岡吹奏楽団の演奏は、
音色が柔らかすぎるというのか、もやーーッとした演奏で
あまり感銘度が高くないせいか、当時はほとんど話題にもなりませんでしたが、
今にして思うと「パイオニア」でしたね・・・

この曲を管弦楽版として初めてCDで聴いたのは
確かプレヴィン指揮のロンドン交響楽団だったと思います。
この曲は色々な名盤・名演があると思いますが、
個人的には、
①スラットキン指揮/セントルイス交響楽団
②プロムシュテット指揮/サンフランシスコ交響楽団がお気に入りです。

導入部分はかなり有名な部分で、この曲を知らなくても
ほとんどの方は、テレビCMとかバラエティー番組で一度は耳にされていると思います。
そのくらい「あ、この曲どこかで聴いたことがある」といった認知度は高いと
思われます。

この出だしと次の曲が導入部

そして、

第一部 春に

第二部 居酒屋にて

第三部 愛のささやき

最後に冒頭部分が再現され、華麗に曲は閉じられます。

特に第三部 愛のささやきで結構きわどい歌詞が出てきますけど
第一部でも結構やばい歌詞も出てきたりもします。
第二部はあまりエッチな要素は少ないのてすけど、全体的には酔っぱらいの戯言みたいな感じもします。

一例をあげると・・・

第一部 第9曲 輪舞

ここで輪を作って踊っているのはすべて乙女たち。
でもこの夏中男がいらないだなんて、なんとしたこと?
さあ、こっちに来て、私の貴方。貴方を待ってるのよ。
おいで、おいで、僕の恋人よ、赤い唇をした可愛い娘、
来て、僕を元気にしておくれ!

この夏中男がいらないだなんてこと、あるわけがない!
甘いバラ色の唇よ・・

第三部 第19曲 もしも若い男が若い娘と一緒の部屋にいたら・・

もしも若い男女が小さな部屋で一夜をともにすれば
幸せな二人の結合が生まれるに違いない
そして、それとともに愛は高まっていく         
彼らの自制心は急激に消え失せ、疲労するまで
精力の続くかぎり、愛の営みが続けられるだろう
言葉にできない悦楽
手足で、腕で、唇で・・・・

第三部 第22曲 歓びの季節がやってきた

歓びの季節がやってきた!
おお、処女たちよ、さあ楽しむのだ!
おお、若者たちよ、体中が花と咲くようだ。
今や処女恋しさに身も心も燃え上がる。
新しい恋だ、私が死ぬほど参っているのは・・・

私が元気になるのは、恋の約束をするとき
私がしおれるのは、断らなければいけない時

寒い季節は男心も忍耐するが
春の息吹を感じれば、浮気心も目を覚ます。
私だけが遊び相手の
私の処女の絆
私の心を押しとめるのは
私のうぶな心。

おいで処女よ。
歓びの声と共に、
おいで、おいで、若くて美しい女よ。
私はもう死にそうだ・・・
おおーーー!! もーー、たまらん!!

第三部 第23曲 いとしい御方

愛しいあなた
私のすべてをあなたに委ねるわ! 身も心も全部あげちゃう!

うーーーん、
やはり歌詞的には少しきわどいものがありますね・・・(笑)
ホント、20世紀のクラシック音楽の名曲とは思えない歌詞も部分的にあったりもしますけど、
曲全体としては、「生きる生命感」というのか「躍動感」というのか
「人間の本性」がむき出しに生き生きと描かれていて
なんか聴くだけでパワーが湧いてくる曲だと思います。

BISというレーベルから
この曲の「ピアノ+打楽器+合唱版」という管弦楽を抜かしたアレンジ版が出ているのですけど
管弦楽を外すと、打楽器セクションがむき出し状態となり
ものすごーく生々しい演奏になってしまうという事がわかりました。
管弦楽の役割をピアノが担っているのですけど
ピアノは「鍵盤楽器」でもあるので、
打楽器とピアノだけでは、
妙に迫力と荒々しい感じは伝わってくるのですけど
何かすごーーく抵抗感があり、
このCDはすぐに売却してしまいました・・・
確かこれは現在では廃盤扱いとなっていて入手困難になっていると思いますので
何か勿体ない事をしたような気もします・・・

戦術の通りこの曲は、吹奏楽コンクールの自由曲として完全に定着化していて
数多くの名演が生まれています。
ま、もっとも吹奏楽コンクールでの演奏の場合、
合唱は入りませんので、
気分としては、カラオケの伴奏を聴いているような違和感も確かに感じることがありますね。
名演もある一方で色々と「珍演」というか「迷演」もあったりします・・・
確か2000年の東京文化会館で開催された職場・一般の部の全国大会で
東北代表のJR東日本が、この曲を取り上げていたのですけど、
確か曲の途中で、打楽器セクションが、
なぜか唐突に片手にグラスを持ち始め、グラスとグラスでチンと合わせる形の「乾杯」の真似事という
パフォーマンスをなぜか全国大会の本番中のステージでやり始めて
当時の聴衆の度胆を抜いていた事は大変印象深いです。
ま、確かに演奏していた箇所は第二部の「居酒屋にて」でしたので、
その意図するところはわかるような気もしますけど、
演奏があまりにもお粗末でしたので、そうした演出はそうですね・・・
「あのね・・きみたち、そういう演出はもう少し上手くなったらやってよね・・」という感じもありましたけど
とにかくユニークな雰囲気は伝わりましたし、その是非は別としても大変面白い試みではありました。

プロの管弦楽団の演奏としては、
1997年3月15日の新宿文化センターで開催された、O.レナルト指揮/都響の演奏が断然素晴らしかったと
思います。
音楽を聴いていて、あんなに自分自身がノリノリというか
幸福感に包まれていたといたというのは、比較的珍しい方だと思いますので
相当素晴らしい演奏だったのだと思います。
特に第22曲のカスタネット奏者のお姉さんが
ノリノリに体を大きく揺らしながら
生き生きとリズムを刻んでいましたけど、その光景がなんか今でも脳裏をよぎることがあります・・・
このカスタネットのお姉さんは、
その翌年の、やはりレナルト指揮=都響のマーラー/復活でも
打楽器奏者として出ていましたし、
その後、N響の演奏会でも
ラヴェル/スペイン狂詩曲でシロフォーンとして、
武満徹/ファミリーツリーでヴィヴラフォーンを担当されていましたけど、
あの方は、フリー奏者というか、エキストラみたいな感じだったのでしょうね・・・

そうですね・・・・若い女の子というのか
吹奏楽コンクールで特にそうなのですけど、女子中学生・女子高生の若き乙女の皆様が
パーカスを一心不乱に無我夢中に気持ちよく演奏されている様子は
見ていてとっても気持ちがいいものがあります!!
私が初めてそういう経験をしたのは、高校生ぐらいの時だったかな・・・
自分自身も出場した吹奏楽コンクールの地区予選会場において、中学のB編成部門に出場していた
とある中学校の自由曲がファリアの「三角帽子」で
女の子のパーカスが、サスペンダーシンバルを鳴らしていた次の瞬間に、
ジャンパースカートのポケットに入れておいた「カスタネット」を鮮やかに鳴らしだし、
またまた次の瞬間にマリンバの位置まで奪取し、マリンバを軽快に鳴らし、
またまた数秒後にドラを叩きつけ
ラストは両手にタンバリンを持ってタンバリンを盛大に鳴らすというまさに「パーカス掛け持ちの荒業」ょ
お披露目してくれていて、
あれはまさに・・・当時男子校のポンコツクラリネット奏者であった私の目をまさに・・点にしてくれたものでした!!




73dd4d9e_convert_20150707202052.jpg


d7b64059_convert_20150707202450.jpg




最後に・・・

このブログのブロとも様のお一人でもあられる「りえ太のなんでも日記」の管理人様でもあられるりえ太さん様は、
実は・・・
中学在籍中は吹奏楽部に在籍されていて、パーカッションを担当されていたとの事です!

りえ太さんと私は実はなのですけど「都大会予選」に出場されていた時期が被る年も2年ほどあり、
実は前からふとよぎってはいたのですけど、
当時本選出場をかけた「都大会予選」は普門館で数日間に渡って開催されていて、私もこの中学と高校の予選会は
何日間かは聴いていた事もありますので、
もしかしして・・
当時中学生のりえ太さんのチームの演奏をもしかして聴いていた可能性があります。

ま、それは今となっては確認のしようがないのですけど、
もしもですけど・・・
当時、某中学校のりえ太さんという「美少女打楽器奏者」が色々な打楽器を掛け持ちされていた光景を
私は見ていた可能性があると思うだけで
なんか・・・
「魔法つかいプリキュア」のみらいじゃありませんけど、
「わくわくもんだぁー!」という気持ちになったりもするものですね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

美少女ではありませんw

思い返してみると、あんまり楽器移動が無かった気がします。
練習前とかは皆であれこれ叩いて遊んでいましたが、
割と「この曲はこの楽器」となっていて
上記の文章のような掛け持ちは皆無でした(´д`)
唯一掛け持った?と言えるのは
ラスト3年時の課題曲でしょうか(笑)

第九は何故かドイツ語で音楽のテストで歌わされました・・・

追記:明日0時にお祝い更新致しますv
他のブログの皆さんの美麗な絵の中にしょっぱいものが混じりますが(笑)
あのお方を見に来て下さいね(^-^)

パーカスの「叩く女の子」はみーんな美少女!!

りえ太 様


いえいえ・・・そんな事ないと思いますよっ!

だって・・・

パーカスの「叩く女の子はみーんな美少女」というのは、男子高吹奏楽部員
全員の共通認識だと思いますよ!
長い髪の毛の子が一心不乱にティンパニ・シロフォーン等を叩いて髪の毛ゆさゆさ・・・というのは
まさに今風に言うと「萌え・・」という感じなのかもしれないですよね・・(笑)

当時の写真を拝見すると、打楽器が比較的珍しいというのか
舞台左手に配置というのではなくて、ステージ正面側に横一列で配置でしたけど、
あの配置だと確かに演奏中の移動は色々と制約があるのかもしれないですよね。
打楽器の数が意外と少ないから、「一人一つの楽器」が成り立ったと言えるのかもしれないですね。
自由曲がなんだったのか少し気になります・・・
ちなみに私の場合、あの年・・・1987年は、
ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」でした・・・
ま・・・都大会予選銅賞じゃ・・話にもなんないですよね・・・(苦笑・・)

1988年の「カーニバルのマーチ」は確かにパーカスの数はやたら多かったから大変だったでしょうね。
あのホイッスルを担当されたのは、もしかして・・・りえ太さん・・・??

なんか色々とお気遣い頂きありがとうございます!!

皆様からのこうした「おめでとうイラスト」一つ一つがまさに私の「生きるチカラ」なのです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3019-29af83a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |