プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.都立永山高校


A/バレエ音楽「火の鳥」~魔王カスチェイの凶悪な踊り・終曲(I.ストラヴィンスキー)


都立永山高校は、吹奏楽コンクールにおいてある意味記念碑的な学校でもあると思います。

東京都代表のチームというと、1970年代の初めに都立板橋高校が出場して以降、
玉川学園高等部・関東一高等の私立学校がほぼ都大会代表の座を独占し、都立の学校は
20年近くも全国大会に出場できないという時代が続いていたと思います。
都立高校にとってはそうした幾分停滞していた流れを打破したのが、この都立永谷高校、
そしてこの都立永山を指導されていた馬場先生が永山を異動後に赴任された都立片倉高校なのだと
思います。

都立永山の全国大会初出場の1990年のフーサの「プラハのための音楽1968」は本当にメッセージ性に富んだ
とにかく熱いあつい素晴らしい演奏だったと思いますし、
あの演奏は都大会でも全国大会でも聴衆に間違いなく「何か」を伝えていたと思います。

さてさて・・・そうした初出場の翌年は、概してこけてしまうパターンも結構あるのですけど
都立永山はそうした事も無く、
初出場の翌年の都大会も、まさに気合が入り奏者全員からの全身全霊の気迫が凄まじく漲った演奏を見事に
聴かせてくれていて、初出場の翌年も無事に全国大会への切符を掴む事となります。
私も1991年の都大会の都立永山の演奏は聴いていましたけど
「こりゃ、今年の都立永山は昨年以上にすごいな・・なにこの気迫溢れる演奏!
案外1980年以来の東京支部としての全国大会金賞が実現出来ちゃうのかも・・」と思ていたものです。

だけど・・・

現実はそう甘くはない・・という事だったのかもしれないですよね。

全国大会の演奏は、そうですね・・・・一言でいうと都大会に比べると「少し精度に欠けるな・・」という
感じの演奏でした。
課題曲もちょっと技術的な詰めが甘いというのか、意外と細かい部分の動きが不鮮明で、
確かに音はよく鳴っているのですけど、何を言いたいのかよく分からない感じにもなっていて、
自由曲の「火の鳥」もやはり音はよく鳴っていて
時に終曲は気持ちいい程豪快に音は出ていたのですが、
木管楽器の細かい動きが部分的に不鮮明で、部分的に「不安定な印象」を与えていたようにも思えます。

都大会ではあんなに気合が入っていたのに、全国大会ではなにか奏者の気分が乗らないまま
本番の演奏が終わってしまい、
奏者としては「あれれ・・なんか普段の練習での成果が発揮されないまま本番があっけなく終わってしまった・・」みたいな
ちょっと不本意な感じがあったようにも感じられます。

これは完璧に余談なのですけど、
実は偶然なのですけど、午前中の演奏が終わって休憩中の普門館のロビーにて
(当時は、入替えみたいなシステムがなくよかったですねぇーー!!)
馬場先生が誰かと会話されているのをちらっ・・と耳にしました。
確か私の耳に間違いが無ければ、あの時馬場先生は、
「いやーー、学校の行事が重なってしまい、本番直前だというのにすっかり練習不足になってしまいました・・」と
何やら申し訳なさそうに口にされていたのが大変印象に残っています。

やはり、音楽というのはうまくいくときもありますし、中々うまくいかない時もありますし、
まさに「音楽とは生き物だ」という事を立証されていたと思います。
確かに都大会に比べると少し「乗らない感じ」というのは、学校行事に追われる中での
スクールバンドの運営の難しさを示唆しているのかもしれませんよね。

だけど・・・・

そうした中でも馬場先生は91年の演奏を一つの教訓にされていたのかもしれません。

それはその後の馬場先生の都立永山と都立片倉でのご活躍を見ると分かるような気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3018-645b79f2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |