プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・

その①では触れなかったのですけど、ゆゆ様の能力は、生前と死後では若干ですけど
変化してきているような感じがあります。
生前の西行寺家のお嬢様時代は、死霊を操る程度の能力→死に誘う程度の能力だったのが
いつの間にか・・・死を操る程度の能力というある意味大変危険な能力を身に付けてしまいました・・・
この「死を操る程度の能力」なのですけど、文字通りどんな人でも抵抗なく殺してしまう能力という事ですので、
阿求ちゃんの表現をお借りすると、文字通り抵抗なく生物を殺す能力であり、
この能力によって殺された者の幽霊はゆゆ様の支配下に置かれるため成仏することが出来ないとの事です。
ゆゆ様自体は基本的には大変おっとりされた御方でもあるので、人間に対して「あいつ・・殺したる!」みたいに
目を付けるという事は多分無いとは思うのですけど、万一ゆゆ様に目を付けられてしまうと・・・
まず敵わないという感じですよね!
そうですね・・・・
このゆゆ様の危険極まりない能力は、レミリア様の「運命を操る程度の能力」とかその妹のフランちゃんの
「ありとあらゆるものを破壊してしまう程度の能力」に匹敵しそうなとてつもなく恐ろしい能力であるのは
間違いはなさそうですね・・・・

ゆゆ様のそうした能力はゆゆ様の生前の能力が発展したものなのですけど、
実は・・・
生前のゆゆ様と親交があった御方のお一人が・・・・! そう・・! あのゆかりん、八雲紫様なのです!!
だから、ゆかりんとゆゆ様の二人の関係は大変長い歴史があるのですよね!
でも残念な事に、ゆかりんは生前のゆゆ様をよく覚えていても、
ゆゆ様には生前の記憶は全く残っていないので、生前のゆかりんとの記憶が全く残っていないというのも
なんか勿体無い感じはあります。
というか・・・
生前のゆゆ様は言うまでも無く列記とした西行寺家の大切なお嬢様で、ゆかりんは幻想郷内屈指の妖怪・・・
うーーむ、ゆゆ様の生前において、ゆかりんとの交流のきつかけはどんな背景や物語が
あるのでしょう・・・?
この辺りは公式では一切語られていませんので、なんか個人的には大変気になったりもします。
果たして生前のゆゆ様と妖怪・八雲紫の間にどんな会話があったのでしょう・・・?
それはなんかとてつもなく興味がそそられますね。
その①で語った通り、生前のゆゆ様はその生涯は「自決」という事で閉じられてしまうのですけど、
果たしてそうやってゆゆ様が自らの命を絶たられた際に、
果たして・・・ゆかりんは一度は止めたのかそれとも放置されたのか・・・
それとも案外知らなかったのか・・・
もしも・・・ゆゆ様が死の直前に八雲紫と何か「会話」が何かあった場合、それはどんな感じのものなのか・・・
その辺りはなんかとてつもなく「妄想」のし甲斐があるのですけど、
お二人ともつかみどころがない御方同士でもありますので、全く予想はつかない感じはありますね。
案外・・・・・生前のゆゆ様と既に親交があった頃のゆかりんは、実は「妖怪」としては当時は
まだまだ未熟という感じで、意外とドジっ娘でもあり、
境界と境界の間に瞬間移動する際にうっかり間違えて隙間に入り込んでしまい、出るに出られなくなった所を
ゆゆ様に手を差し伸べて救出してもらったり、
当時は強い妖怪でもなんでもなかったゆかんりが当時の強い妖怪に恫喝されている際に
それを見かねたゆゆ様がゆかりんを苛めていたその妖怪を「死に誘う程度の能力」によってこらしめたりとか
今現在の最恐クラスの妖怪の紫様とは到底同一妖怪とは信じられないような「過去」が実はあったとか
そうした「妄想」を想像しただけでなんか妙に楽しくもなったりします。
なんかそうした過去があるからこそ、ゆかりんとゆゆ様のあの何とも言えない「信頼関係」が
成り立っているのではないのかなと思ったりもします。

というか・・・・そうでもないと、「東方儚月抄」におけるゆかりんとゆゆ様のあの「あ・うんの呼吸」は
絶対に生じたりはしないんじゃないのかな・・?とふと思う時もあったりもします。

ゆゆ様の生前は、西行寺家の大切な「ひとり娘」として、後継ぎ娘としてそれはそれは大切に育てられていたんじゃ
ないのかな・・?とも思います。
ま、それは現在のゆゆ様のあのとてつもなくおっとりとした雰囲気とか
いかにも「お嬢様」らしい香りにおいても、そうした生前のゆゆ様が偲ばれるような感じが伝わってきますね。
ゆゆ様の父親は、ま・・色々な説はあるようなのですけど、有名な歌人でもあり身分的にもかなりお高い御方であるのは
定説のようですね。
ゆゆ様の父親は「歌聖」として多くの弟子たちにも慕われ、大変充実した生涯を送っていたものと思われますが、
人間と言うものはいつかは死ぬもの・・・
ゆゆ様の父親も惜しまれながらも桜の木の下でこの世を去るのですけど、
そうしたゆゆ様の父親を慕っていたお弟子さん達も後を追うように、
満開になったその桜の下で死んでいったのでした。
その桜は死んでいった者達の生気を次々と吸い取っていき、ついに妖力を持つ妖怪桜、「西行妖」となってしまい、
ゆゆ様自身も、父親の死が悲しかったというのもあるでしょうし、それ以上に元々ゆゆ様が有していた能力でもある
「人を死に誘う能力」がそうした「西行妖」を力を更にパワーアップさせてしまい、
それが結果として父親のお弟子さんたちを、なんていうのかな・・・結果的に「殉死」という自決へと誘ってしまい、
それが結果としてゆゆ様を苦悩させる結果になってしまい、
そうですね・・その時のゆゆ様の心境としては・・・
「自分がこうやって生きているだけで、周囲のいろんな人たちを死へと誘ってしまい、本来は
まだまだ生きるべき若き人たちを死に追いやってしまう私は一体何と言う罪な存在なのだろう・・・」と
思われていたのかもしれないですよね。

そして・・・

ゆゆ様は、結果的に責任を取る形で自決・・・つまり、これ以上父親絡みの関係者で殉死者を出さないように
楔を打ち込むような意図でもって
自ら命を絶ってしまうのです・・・
そう・・・西行妖の下で自らその命を絶たられてしまったのです・・・
そうですね・・・なんか自分の脳内妄想としては、ゆゆ様の自決の際に「介錯役」を務められた御方というのが
実は・・・・あのゆかりん・・八雲紫様ではないのかな・・・?と思ったりもします。

その後・・・ゆゆ様の死体によって西行妖は封印され、確かに人の死を誘う事はなくなりましたけど
その桜は二度と満開にならないようになっていったのです・・・

ここで注意をして欲しい事は、亡霊が一番嫌がる事・・というのか一番したくないことは
「自らの死体」を見る事なのです。
自分の死体を見る事で、自分自身が実は「既にこの世の人間ではない」という事実をはっきりと突きつけられることを
嫌うという事でもありますし、
同時に・・・
もしも何らかの事情で「亡霊」が人の世で大暴れをして、人の死を誘うような事を仕出かした場合の
最も有効な対応策は、その亡霊の本体・・すなわち「死体」を狙うのが
その亡霊を抹殺させるのに最も効果があるとの事なのです。

さてさて・・・それから約1000年後の幻想郷・・・

亡霊となっていたゆゆ様は、生前の記憶も無くなり、暢気に従者の妖夢と共に白玉楼で暮らしていました・・・

そう・・・昨日と言うのか今朝食べたものを忘れるぐらい・・・・
とてつもなくのほほーーーんと何の「悩み」もなく暮らしていました。

そうしたある日、ゆゆ様は書架にあった古い記録から「何者かが西行妖に封印されている」という事実を
知る事になるのです。
そして・・・ゆゆ様は、生前の記憶は全くないものですから、その「何者か」というのが実は
「自分」というのか「自分の死体」であるというのは知る由も無かったのでした・・・

そして、ゆゆ様は興味本位でその封印を解こうとしたのでした・・・

そう・・・それこそがまさに「東方妖々夢」異変の始まりなのです・・・・

→その③へと続く・・・・







さてさてその「東方妖々夢」なのですけど、
3キャラにそれぞれ2種類の装備、合計6パターンが用意されており、それぞれに異なるエンディングが用意されています。
自機は、霊夢・魔理沙・十六夜咲夜なのですけど、
そうですね・・・私としては「魔理沙」が自機のパターンが会話としては一番面白いようにも思ったりもします。
(霊夢が自機の場合の、旧作からの復活組としてのアリスとの対話がいろんな意味で意味深で
この辺りは大変興味深いものはありました!)

一例をあげてみると・・・


レティ:今年は冬が長いわねぇ。私もいい加減、春眠したくなってきたわ。
魔理沙:しっかりしろ、この寒さで寝たら殺すぜ。
魔理沙:こんな奴でも、倒せば、少しは春度が増えたかな?

→レティ・ホワイトロックは、春は春眠、夏は惰眠、秋はまどろみと、要は冬以外はほぼ全て
  ポケッ・・としているような妖怪でしたね。
  だけどこの異変はさすがにレティにとっても「長すぎて寒い・・」という感じなのかもしれないですね。
  魔理沙の「寝たら殺す!」はとっても面白いですね!



魔理沙:ああもう。ここは人間の様な何かが棲みそうな所だな。猫とか、犬とか、狐とか。
橙:呼ばれて飛び出て……。
魔理沙:……出る杭は打たれる、か?

→橙は藍の式神でもあるのですけど同時に「化け猫」でもあるのですけど、
  「呼ばれて飛び出て」というのは、まさに・・「ハクション大魔王」のパクリでしたね・・(笑)



アリス:所詮、あなたは野魔法使いね。
魔理沙:温室魔法使いよりはよくないか?
アリス:都会派魔法使いよ。
魔理沙:あー?、辺境にようこそだな。

→魔理沙とアリス・マーガトロイドは「魔法使い」という同業者でもあるのですけど
 「魔法」に関しては、考え方は水と油なのかもしれませんよね。
 アリスと魔理沙は人によっては「犬猿の仲」と言う人もいるようですけど、田舎の魔法使いと都会の魔法使いという
 「違い」は確かにありそうな事を示唆する会話でとっても興味深いものがあります。



魔理沙:この結界は凄いな。素人にはさっぱり解き方が分らないぜ。何を隠してあるんだか。
リリカ:えへへ~。企業秘密。
魔理沙:オンパッキャラマド……。
リリカ:そんなんじゃ、この結界は開かないって。
魔理沙:どうでもいいけど、お前は誰だ?
リリカ:どうでもいいじゃん。
魔理沙:ああ、どうでもいいぜ。どうせ、倒せば扉が開くんだろ?
ルナサ:リリカのお友達?
リリカ:お友達よ~。
メルラン:それは良かったわ。ようやくリリカにもお友達が出来て。

魔理沙:さて、扉は開くのか?
リリカ:この扉は開かないわ。
魔理沙:お前達は、この中に入るんじゃないのか?
リリカ:私達は上を飛び越えて入るのよ。
魔理沙:……ほう・・・・

→最初、「え・・・なんでこのバトルにプリズムリバー三姉妹が参戦してくるの・・? なんか意外」とも感じたのですけど
  そっか・・・プリズムリバー三姉妹は、日常的に白玉楼の余興のお楽しみの一環として
  三姉妹の演奏がお披露目されることが多くて、白玉楼へのお呼ばれは日常茶飯事みたいなものでしたね。
  リリカかかなりお調子者というのもなんか面白いですね・・・
  あ、そっか・・・プリズムリバー三姉妹は一応・・「幽霊」でしたよね・・
  だからこうした冥界に日常的にいるのですよね。
  「扉があかないというのならば飛び越えろ」というのはなんかとてつもなく楽しい発想でもあります。

  そうそう・・・プリズムリバー三姉妹は、公式においては一番下の妹のリリカが一番優遇されているようにも
  感じますね・・・
  というか、「東方花映塚」において三姉妹の中で唯一リリカだけが自機として抜擢され、ちゃんとセリフも
  あったりします。



魔理沙:いっそのこと、私がお前の集めた春を全て奪ってその妖怪桜を咲かせてやるぜ。
妖夢:私の集めた春は渡しやしない。
魔理沙:私もな。
妖夢:……妖怪が鍛えたこの楼観剣に斬れぬものなど、殆ど無い!

→妖夢(みょんさん)の不滅の名言「この楼観剣に斬れぬものなど、殆ど無い!」はこの場面だったのですね!!


幽々子:もう少し春があれば西行妖も完全に咲くわ。
魔理沙:持ってきたぜ。その、なけなしの春を。
幽々子:あら、あなたが妖夢の後継ぎかしら?
魔理沙:まさか、私はこんな辺鄙な処で一生を終えたくないぜ。
幽々子:じゃ、代用品?
魔理沙:話を聞いてるのか?

幽々子:なんにしても、冥界の桜は人間には目の毒かしら?
魔理沙:ああ、この辺は死臭でいっぱいだな。
幽々子:あら、あなたは目で臭いを嗅ぐのね。
魔理沙:ああ、匂うな。こんな辛気臭い春も初めてだぜ。
幽々子:失礼ね。そんなここ春は、あなた達の住む幻想郷の春よ。
魔理沙:失礼な。誰が、目で匂いを嗅ぐ!
幽々子:会話がずれてるずれてる。

→このあたりの魔理沙とゆゆ様の会話は大変面白いけど、ゆゆ様の「つかみどころがない感じ」が
 よく出ていると思いますね。
 妖夢を倒した魔理沙の事を「後継ぎ」とか「代用品」とか言うゆゆ様がとってもお茶目だと思います。


さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!
というか・・なんか今週の当ブログはまさに「アミグリさんウィーク」の様相を呈してきました・・・(笑)
日曜に射命丸文、火曜にゆゆ様、水曜にキュアミラクル、木曜が大妖精、金曜がこいしちゃん、
そして本日土曜が魔理沙・・・
いやいや・・なんかマジでこんなにもアミグリさんの素敵なイラストを無償転載&無償借用ばっかりで
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・
アミグリさん、本当にいつもこちらのお願いを快くご了解頂きありがとうございます!!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが昨年8月に描かれた魔理沙です!!

いや―――、この魔理沙ですけど、とにかく「気合」というのかアミグリさんの「気迫」がまさに伝わってくる
素晴らしい作品だと思います!!
アミグリさんは、過去に何度もこの「魔理沙」を描かれているのですけど、
この2015年8月に描かれた魔理沙は、そうした中でも特に「お気に入りの魔理沙」の一つとの事です!
それは本当によく分かります!
だって、この魔理沙のファンタジー感は「素晴らしい!」の一言に尽きると思いますし、
クラシック音楽の名曲でもあるドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」という夏らしいけだるさと夢うつつ状態の
あの幻想的な世界に相通ずるものがありそうな本当に素敵な一枚だと思います。

昨日のこいしちゃんもまさに「名作」だと思うのですけど、こちらの魔理沙もまさに「名作」だと
私は確信しています!!

アミグリさん!! 本当にいつも・・・というか今週は特に特にお世話になりました!!

本当にいつもありがとうございます!!

尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピー等はご遠慮くださいね・・・・


最後に・・・

魔理沙というと私もそうなのですけど、アミグリさんとしても2015年6月に描かれたこの魔理沙も大変
気に入られているとの事です。

アミグリさん/2015年6月・魔理沙

私としては・・・2013年12月に描かれた「レティ・ホワイトロックの衣装を着た魔理沙」も大好きです!!

レティ・ホワイトロックの衣装を着た魔理沙

アミグリさんの「魔理沙進化録」を見ると・・・アミグリさんの「魔理沙愛」と「着実な素晴らしき進化」を
間違いなく感じられると思います!!

魔理沙進化録
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラストの掲載、とてもうれしいです!!

魔理沙のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

2015年6月の魔理沙、レティの服を着た魔理沙、魔理沙進化録の記事も紹介してくださり、嬉しい限りです!!

こちらこそ、いつも私のイラストを掲載してくださり、とっても嬉しい気持ちです。本当にありがとうございます!!

魔理沙進化録は、まさにアミグリさんの軌跡!!

アミグリ 様


いえいえ、本当にいつもこちらこそありがとうございます!

魔理沙進化録を改めて眺めていると、アミグリさんの「素敵な歴史」というものが
まさに思い浮かびますよね!
あれはまさにアミグリさんの「魔理沙愛」がぎゅーーーっと詰まっていると思います。

是非是非これからも素敵な魔理沙を私達に見せ続けて頂きたいと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3017-07eb74f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |