FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の話ではーちゃん=キュアフェリーチェがドクロクシーを一人でやっつけてしまうという「無双」ぶりを
遺憾なく発揮しそのまんま行方不明・・・という大変いい所で終ってしまい、
「さてさて・・・今週は・・!!」と思って比較的一人勝手に(?)高潮した気分で第22話を見ていたら、
あらあら・・・本編はいつの間にか唐突に話が進んでいたという感じでした。

だって・・・

いつの間にかナシマホウ界に戻ってきていて、いつの間にか普段の何気ない日常の日々が戻っているし、
ポンコツ設定だったはずのリコちゃんが期末試験で学年一位を取ってしまうし
(ま・・リコちゃんの学年一位は、ほのか・かれんさん・れいか・六花・いおなの歴代聡明プリキュアと違って
何となくですけど胡散くさく(?)も感じてしまうのは、ま・・・普段が普段という事なんでしょうけど、
異世界にやってきてあんまり日本語の書き取りすらよく分かっていなかった中においては、
あの一位は立派と言えますよね!)
OPにはフェリーチェもいつの間にか加わり歌詞が2番になっているし、
そして何よりも・・・!!
あの校長先生がいつの間にか若返っていましたので、なんか一安心!!という感じでした!!
そうですね・・・「五月雨日記」<仮の宿>の管理人の風月時雨様はじめ、全国100万人の(?)校長先生ファンの
皆様は「ホッ・・・」とされたのではないでしょうか??
どさくさまき゜れに水晶のキャシーも老婆→お姉さんにもどっていたのもよかったですね・・・
あれ・・・・やっぱり校長の若返りの秘訣はやっぱり「薬草・薬膳茶」なのでしょうかね・・・・??
そっか・・・・東方Projectにおいてメイドの十六夜咲夜さんがやたらとレミリアおぜうさまに
薬草を煎じたお茶を紅茶の代わりに飲ませていたのは、その辺りに理由があるのかも・・・?
ま・・・レミリア様は500歳なんだけど基本的にはおこちゃまなので、三月精においては、そんな薬膳茶に
こんもりと砂糖を投入していましたよね・・・(笑)

そうそう・・・いつの間にかEDも後期ヴァージョンになっていました。

歴代においてEDを見る度にいつも感じる事なのですけど、
「とにかく毎年毎年プリキュアのEDのCG技術の進化は凄いなぁ・・・」と思ってしまいますよね。
だって・・・・初代なんか2年間に渡ってEDの動きはほぼ皆無ですよ・・・
しかもMHのEDの背景は「挿絵」のみの静画だけですよ!!
SSとプリキュア5の「ガンバランスDEダンス」は歌が大変素晴らしいし、動画も可愛いのだけど
あれは・・・・なんか「盆踊り」みたいな感じでしたよね・・・(笑)
そうした中において、プリキュアのEDにおいて画期的な変化をもたらしたのは、
誰が何と言ってもフレッシュの後期EDだったと思います!!
最初にあれを見た時の驚きと感動はまさに新鮮なものがありました!!
ハートキャッチの前期EDとスイートの後期EDもとっても素晴らしい出来栄えで、プリキュアたちの
可愛さと躍動感がとっても見事に表現されていたと思います。
スマイルのEDは毎回毎回メインを務めるプリキュアが異なるというのも大変画期的なものがありましたし、
スマイルの前期EDの冒頭でいきなりこけてしまって鼻に絆創膏を貼っているピースは、
まさに「ドジっ子可愛い!」の世界でしたね!
ドキドキの前期EDのバラード的仕上がりはまさに美的限界に達していたと思いますし、
ハピネスはとにかく前期EDのラブリーとプリンセスの二人だけの世界がとっても素晴らしかったです!
スカートひらひらさせて踊りまくるラブリーはまさに天使です!!
姫プリの後期EDはとにかく・・・! スカーレット編が素晴らしかったです!!

さてさて・・こうやって振り返ってみると、「さすがにこうした歴代のプリキュアたちのEDを超える事は
さすがにもうないだろうなぁ・・・」と予想していたら・・・
なんと・・・!!
あっさりと魔法つかいの後期EDはそうなってしまいました・・!!
え・・・なにあの可愛らしさと躍動感!!
そうですね・・・なんか第22話は、美味しい所は全て後期EDに持っていかれてしまいました・・・・
そして・・ラスト近くではーちゃんがみらいとリコの胸に飛び込んでいったシーンは、
とにかくめちゃくちゃ可愛くてとっても素晴らしいシーンだったと思います!!







今回またまたさり気なく重要な情報がちらっと出ていましたね!

そう! リコちゃんの父親はなんと結構以前からナシマホウ界にいたのですね!
というか・・・
校長先生と電話で話をしていたのは、リコちゃんパパで間違いないですよね・・・
今回の話の中で、なにやら新しい敵というのか、なんだありゃ・・あの「アラジンと魔法のランプ」の魔神みたいな人は・・?
そのランプの抜け殻みたいなものをリコちゃんパパが発見していましたけど、
なんか少し嫌―――な予感が・・・??
まさか・・・・リコちゃんパパは魔法でもかけられて敵幹部になったりする事はないですよね・・・
だって・・・・
プリキュアの歴史の中では結構そういうパターン多かったもんなぁ・・・・(苦笑・・)
ハートキャッチのゆりさんの父親とかスイートのアコちゃんの父親のメフィストとか
ドキドキでのマリー・アンジュ=アイちゃん=レジーナの父親の国王とか
ハピネスにおいては、いおなの姉のまりあさんとか
そうですね・・・何が起きるのか最終決戦まで予断を許さないのがプリキュアの醍醐味でもありますからね・・・
これは余談ですけど、プリキュアにおいて身内・関係者を含めて初めて一般人が敵側の化物にさせられてしまったのは、
初代【無印】の教頭です・・・(苦笑・・)
あの教頭は・・・
化物になりながらも教頭の立場としての愚痴を散々ぶーたれていましたけど、
まさにあれは・・・ハートキャッチのデザトリアンとドキドキのジコチューの先駆けだと思います!

今回「いい話だなぁ・・・」としみじみ思ったのは、みらいと母親のナチュラルな空気感ですね。
みらいはとっても健気でいい子ですので、心の奥底でははーちゃんがいなくなった事に対する動揺と寂寥感で
かなり落ち込んでいるはずだと思うのですけどそれを全く表に出さないのは大変素晴らしい事ですよね!
だけど・・・
そんな事は母親にとっては、まさに・・・お見通し済というのか、
具体的に何があったのかは分からないとしても「自分の大切な娘に何かが起きている」事ぐらいは
ピーーンときている事はさすが!だと思いますし、
ま・・・こういう事は歴代でもよくある話ではあるのですけど、なんか妙にジーンとくるシーンでは
ありますよね。
そう・・・歴代ではスイートの響とまりあさんの関係もそんな感じでしたよね・・・
普段は中々一緒にいる事が出来なくても、心のどこかで繋がっているみたいな雰囲気はとっても梳き手でした!
ちなみにですけど・・・
私、歴代のプリキュアママさんの中で特に大好きなのは、みゆきママの育代さんではなくて
実は・・・りんちゃんママの和代さんと響ママのまりあさんなのでした・・・(笑)

そうなんですよね・・・

今回リコちゃんがついついポロッと口走ってしまいましたけど
リコちゃんもいつかは・・・・
魔法界に戻らないといけない立ち位置ではあるのですよね・・・
最近のプリキュアの傾向として、こうした「別れ」と「新しい出会い」とか
「各自一人ひとりがいつかは自分の夢の実現のためにここを巣立って羽ばたいていく」という
「自立」というのが大分クローズアップされてきていて、この辺りが初期の頃と比べて「進化」した点なのかな・・と
感じる事もあります。



dcea5bf7_convert_20160705013802.jpg


4739a189_convert_20160705013619.jpg


dc89490c_convert_20160705013730.jpg



ついについに・・・待望のキュアフェリーチェ降臨!!

というか・・・ま・・既に前回登場していますけどね・・・・(笑)

前回も同じ事書いていますけど、フェリーチェ、「マジ強い!!」という感じで
あの無双ぶりは、やっぱり東方の綿月依姫のあの強さに関しては無茶振り設定を思わず彷彿とさせて
くれちゃっています・・・(笑)
それにしても強い・・・!
なんかあれじゃ、「フェリーチェ一人いれば十分じゃん!!」みたいな感じなのですけど、
ま・・・
「みんなで力を合わせて」とか「心を一つにして」というのが美しきプリキュアの世界の掟でもありますので、
今後の三人体制としてのプリキュアもその展開が楽しみな所ではありますね!

敵幹部ですけど、
あの魔神みたいな人は・・・なんかあれはせんとくんみたいですね・・・・(苦笑・・)

あのせんとくんがいずれラスボス化してくるのかな・・・?

というか・・・ヤモーだけが復活していましたけど、バッティさんとかの復活はもうないのかな・・・??

ヤモーなんですけど、
「ドクロクシー様のお力が込められたヨクバールです。あなた方に勝ち目はありませんよ」とかなんとか
言っていましたけど、
「いやいやそのドクロクシーをプリキュアたちは既に一度倒してるんだから勝ち目あるでしょ・・・」と
ツッコミを入れたい気持ちではあります・・・(苦笑・・)

それにしても・・・フェリーチェかっこうよくて可愛い!!

フェリーチェが強すぎるというのか・・・・二人が弱いというのか・・・・
そうですね・・・
出来れば、みらいとリコの二人のプリキュアが更にパワーアップできるような展開も今後必要となってくるのかも
しれないですけど、
ま・・その辺りはまずは「三人の絆づくり」からしっかりと固めていく事から始めていった方が
いいのかもしれませんし、
新しい敵の出現と合せて、今後ますます目が離せそうにもないな・・という事を予感させられた回でも
ありました。

でも・・・

何よりも・・・・

「はーちゃん、おかえりなさい!! 」と心から祝福したい気持ちで一杯ですね!!



kyua-mirakuru-000_convert_20160703161442.png



さてさて・・・

上記のキュアミラクルのルビースタイルは、
当ブログがいつも大変お世話になっていて、特に特に・・「東方Project」関連では、まさに・・・
「この御方の存在抜きにはカテゴリとして成立しない」みたいな感じにもなっている
「dream fantasy」のアミグリさんがつい先日描かれた素敵な一枚です!!

アミグリさんによると・・・

「ルビースタイルは初めて見た時からのお気に入り」との事ですけど、
まさにそうした感じがこの一枚にググッ・・と凝縮されているような感じだと思います。

いや―――、とにかくめちゃくちゃ可愛いルビースタイルのミラクルだと思います!!

アミグリさんらしい「キラキラした感じ」とか「ふんわりと優しい感じ」とか「魔法少女らしい雰囲気」とかが
とってもよくにじみ出ていると思います。
こうやって見てみると、ツインテールとか金髪とか紅白のドレスとかは
まさに「魔法少女の王道」ですよね!
本当にアミグリさんはこうした魔法少女を描くのがうまいなぁ・・・と毎回毎回感じてしまいますし、
東方でもプリキュアでもこうした「可愛いかわいい女の子」を描かれる度になんか毎回毎回
ハッピーな気持ちにさせてくれていると思います。

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

ちなみにですけど、アミグリさんは、以前に何度か「プリキュア」も描かれていて、

元気一杯の「キュアサニー」 → こちらをクリック!!  アミグリさん/ キュアサニー

清涼感あふれる「キュアビューティ」 → こちらをクリック!! アミグリさん/ キュアビューティ

いやいや・・・アミグリさんの描かれるプリキュアも本当に素晴らしいですよね!!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

キュアフェリーチェと校長とリコ

今回、みらいとリコの前に登場したはーちゃん(現時点でまだ「花海ことは」という名は出ていない)/キュアフェリーチェ。OP画像ではーちゃんが魔法学校の制服を着ていたことから、彼女も魔法学校で魔法を学ぶことになるのでしょうか…。「花海ことは」の名も、おそらく彼女が編入するであろう津成木一中で名乗ると考えられます。妖精からプリキュアという例はくるみ、エレンに次いで3例目で、かつこまち、なおに次ぐ3人目の緑プリキュアです。
魔力を放出し老化した校長ですが、薬膳茶で元に戻っていた…。校長ファンの方も安心したことでしょうか。合わせて水晶も元に戻っています(まさか校長と水晶が一心同体とは考え難いですし…)。校長が電話で話していた相手は、考古学者であるリコの父と考えられます。
リコですが、いずれ魔法界に戻った後、魔法学校を卒業した後はナシマホウカイで暮らすというプランもありそうです(ナシマホウカイで暮らす魔法界人も多いという)。最終回でもしリコが魔法界に戻るとなれば、同じくラブの家で居候をしていたせつなと同じパターンになります。

イラストを掲載してくださり、嬉しいです!!

キュアミラクルのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

キュアサニーとキュアビューティの記事も紹介していただきうれしい限りです!!

Re: キュアフェリーチェと校長とリコ

鎌倉快速 様


いつも素敵なコメント頂きありがとうございます!

キュアフェリーチェですけど、「緑色キュア」と言う事で本当にいいのかな・・?と思わず言ってしまうくらい
珍しく色彩的に微妙な感じもあるのですけど、
こういう色的に迷ってしまうプリキュアも一人ぐらいいてもいいかもしれないですよね。
今年は珍しく黄色・青系が登場しない珍しいシリーズになるのかもしれないですね。

それと・・・ことはちゃんはリコに続いて朝比奈家に居候なのかな・・?

さすがに二人も居候というと朝比奈家の家計がピンチになるのかもしれないですね・・(笑)

それと・・・薬膳茶はプリキュアでもリアル社会でも大切かもしれないですね!

スマイルもとっても可愛いです!!

アミグリ 様


いえいえ・・こちらこそいつも本当にありがどうございます!!

やっぱりツインテールは「アニメの王道髪型」ですね!!
アミグリさんが描くツインテールがとにかく可愛かったです!

それと・・・スマイル組もとっても可愛いですね!

サニーなんかまさに「太陽サンサン!!」の雰囲気ですし、ビューティの知的さも光っていると
思います!!

私も、思いました。
はーちゃん、いれば、二人は、いらないのでは?、て。
う~ん、新しいキャラの、印象を良くするため、でしょうから、これからなのでしょうけど。
ちょっと、寂しかったです・・・
三人で、一緒に頑張って欲しかったです。

新しい幹部さん、これから増えますよね?
そんな感じ、しますもの。
これから、大変に、なって行くのかな~

かしこ

居候が増えちゃう・・・・??

みかんゼリー 様


そうですね・・・プリキュアの傾向として「新人さんには優しく・・・」というパターンが多いから
最初は優遇してあげましょう・・という感じなのかもしれないですね・・・(笑)
多分ですけど新しい敵幹部さんも登場しそうですし、3人の前途はまだまだ多難なのかもしれないですね。

はーちゃんは多分このまんま朝比奈家に居候なのかな・・・?

さすがに二人も増えると朝比奈家の「財政」も大変なのかも・・??

キュアフェリーチェ、かわいくて強いプリキュアですよね(*´∀`*)
正直、みらリコだけで良いでしょ、なんて当初は思っていましたが、長い間みらリコがはーちゃんをかわいがっていていたことから意気投合していますし、安心です。

僕個人的に、ヤモーさん復活には意味があるだろうと信じています(笑)。
どうも“ヤモーさん黒幕説”が頭から離れないんですよね。
とはいえ、あのランプの魔神のようなキャラも気になる所です。

フェリーチェ

takumi 様


私も全く同感です!!

みらいとリコの間の子供が「はーちゃん=キュアフェリーチェ」みたいなものですから、
あの3人の組合せは最高ですし、今後が楽しみになりそうですね!!

そうですね・・・

なんか唐突にリコちゃんパパが登場し、あの魔人がいたと思われるランプをいじっていましたので、
まさか・・「闇堕ち」しないといいなぁ・・なーんて風にも思っていました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3015-3ac3f51a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |