プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このブログでは八雲紫=ゆかりんを語る際に結構頻繁にゆゆ様という名前が登場していたと思いますし、
フィギュアの紹介記事においては、このお名前は既に何度も登場していると思うのですけど、
今回から何回かに渡ってこの西行寺幽々子様、通称ゆゆ様について語らさせて頂きたいと思います。

そうですね・・・ゆゆ様について語ると多分ですけどとてつもなく長くなってしまいそうですので、
今回のその①は「総論」という事でゆゆ様の概要について
ほんの少しだけ語らさせて頂きたいと思います。
そうそう・・・なんか知らないですけど、ここ埼玉は土曜辺りから急激に暑くなり、日曜なんかは
さいたま市内でも気温は35度近くにまで達していました。
日曜は朝から仕事で結構午前中から珍しく(?)真面目に顧客廻りというアフターに従事していましたけど
車内をエアコンをガンガン利かせても、
室外の気温があまりにも高すぎて正直あんまり涼しくなりません。
帰宅して家に戻ったら、なんか「暑くてヘロヘロ・・」という感じでしたけど、こういう時にゆゆ様みたいな亡霊様にでも
お会いさせて頂き、気分だけでも涼しくなりたいなぁ・・・と思ったものでした。
ま・・ゆゆ様の記事は最低でも4~5回以上は続くと思いますし、むしろ酷暑の時機にこういう「ゆゆ様」みたいな亡霊記事を
書かせて頂いた方がむしろ夏向きでいいんじゃない・・・?などと
自分では思ったりもしています・・・(笑)

まず今回のその①は、ゆゆ様は「幽霊」ではなくて「亡霊」である事だけは、東方をよく分からない方にでも
知って頂く事が出来ればそれだけで幸いです!
あ、今までさり気なく「ゆゆ様」と書きましたけど
(魔法つかいプリキュアのみらいだったら、「今、ゆゆ様って言いましたぁ―?」と言っちゃいそう・・・??)
東方ファン間では、西行寺幽々子は「ゆゆ様」と言われる事がほぼ定着化されていますし、私自身も
普段は「ゆゆ様」と言う言い方がとってもしっくりきますので、
今後このブログでは親しみをこめて「ゆゆ様」という言い方で統一したいと思います。
(なんかこの「親しみをこめて」みたいな言い方は、「めだか箱」の安心院さんをなんだか思い出しちゃいますね・・・)

なんか一般的な感覚では、幽霊も亡霊も同じというのか
「一体どこに違いがあるの・・・?」という感じなのかもしれないですけど、
実はこの両者は全然違うのですね・・・
ゆゆ様は亡霊なのですけど、生前同様の姿を保ち、触れる事も話す事も生前同様に出来ます。
千年近くも冥界の「白玉楼」にて亡霊のまま住み続け、四季映姫様等閻魔さまからの命令を受けて、
冥界での幽霊管理を一任されています。
亡霊なのですけどちゃんと「足」はありますけど、亡霊らしい周辺の霊魂(人魂? 幽体?)とか額の三角巾を見ると
「あ、やっぱりゆゆ様は冥界の人なんだ・・・」と思ってしまいますね。

そもそも論になってしまいますけど、
実は、幻想郷内においては、「幽霊」と「亡霊」は別の存在なのです。
これはあくまで阿求ちゃんの表現をお借りしての解説になるのですけど、
幽霊とは人間だけでなく生物・無生物あらゆるものに宿っている「気」の塊であり、
特定の形を持っている訳でもなければ、誰かの前に姿を現して何かを喋ったり襲ったりする事はないし、
そもそもがそうした事は元々できない存在なのです。
「うらめしやぁー」とか言って恨みつらみをもってあらわれるのはあれはあくまで「亡霊」というのが
この幻想郷内での常識という事らしいですね。
関係ないのですけど、「東方星蓮船」にて早苗さんの前に出没した多々良小傘が「うらめしやぁ・・」とか言っていましたけど、
厳密に言うとあれは小傘の表現ミスという感じですね・・・
だって小傘は少なくとも「生きている妖怪」ですので・・・・
ま・・そんな小傘に対して「はいはい、表は蕎麦屋」と切り返しちゃう早苗さんがとっても素敵です!!
話を「幽霊」に戻すと、幽霊の性質と言うのは案外と「妖精」に近いものがあるのかもしれませんよね。
妖精は自然の具現と言えますし、幽霊は気の具現と言えるのだと思います。
よく「気は持ちよう」とか「病は気から」とか言われますけど、まさに「その通り!」と言えるのかもしれません。
幽霊自体は、一つ一つは決して「恐怖」の存在ではないのですけど、
一つの場所に複数もの幽霊が集結し、気分が落ち込んでいる者とか「死」を覚悟している者が
うっかり幽霊たちに囲まれてしまうと・・・
ま・・結構悲惨な結果になってしまう事も多いとの事ですね。
要は・・・「自分自身」というものをしっかりと自覚さえしていれば、こうした幽霊からのある種の悪戯は防止できるとの
事らしいです。
人は死んだら幽霊になりますけど、基本的に漂って冥界へ招かれるだけの存在でありますので
決して人間にまとわりついて呪い殺すとか決してそういう厄介な存在ではないのです。
その点、人間に対してイタズラはするけど妖怪みたいに人を食ってしまうまでの悪行はしない「妖精」と幽霊は
やっぱり基本的な立ち位置は同じなのかな・・とも思いますね。

一方亡霊は、人間が死んで幽霊になったもののうち、未練など生への執着が余りにも強い者がなるそうです。
人間以外の生き物でこのような死に方をする生き物はいないため、人間以外の亡霊は存在しないというのが
幻想郷内での常識なそうです。

ゆゆ様は亡霊です!

ゆゆ様は特別に生への執着を持ったまま死んだ訳ではありませんし、ま・・これはその②・その③辺りで
順次語らさせて頂きますが、
「西行妖」の封印の力によって、ゆゆ様は亡霊となっています。
ゆゆ様自身には生前の執着も恨みの思念も全く無いため、近くに居ても害の無い珍しい亡霊と言えるのですけど、
ゆゆ様自身は、最初に明記させておきますが、とある事情によって
生前自ら自分の命を絶たれた御方という事もあり、元々が他人に対して「恨み」を持ったり持たれたりする御方では
ないのです。

亡霊はいずれ幽霊に戻り閻魔の裁判を受け、地獄なり天界なりに行くか転生するかいずれかの道を
選択しないといけないのですけど、ゆゆ様はそうした「選択」の除外者という極めて珍しい立ち位置を取っています。
「西行妖」の封印の力という外部の力によって亡霊になっているため、
封印を解かない限り幽霊に戻る事が無く、
またその能力により、四季映姫様より冥界に永住する事を許されているため、
ゆゆ様が地獄へ落ちたり天界に進む事は永遠にないのです。
そして・・・ゆゆ様が「西行妖」の封印の力についつい興味を持ってしまい、
幻想郷中の春を集めて来れば西行妖を咲かせて「何者か」を復活させる事が出来るのではないかと考え、
それを実行に移してしまったというのが
実は・・・「東方妖々夢」のあの異変だったのです!
結果的にあの異変は霊夢によって解決され、西行妖を咲かせて「何者か」を復活させる事は阻止されたのですけど、
いやいや、それでよかったのです!
だって・・・その「何者か」というのは実はゆゆ様自身・・・つまり、生前のゆゆ様の事でもありますので
もしも・・・ゆゆ様の死体が死体が解き放たれてしまうと、それはゆゆ様自体の亡霊としての消滅、すなわち
存在の消滅になってしまいますので、
結果的にあれでよかったのだと思います。

考えてみると・・・・ゆゆ様はある意味「不死の方」とも言えると思いますね。
そうですね・・・ある意味、輝夜・永琳様・妹紅に近いと思いますけど、永琳様たちはあくまで「生きている者」であるのに対して、
ゆゆ様は既に「亡霊」というのが大きな違いですよね。
そっか・・・・ゆゆ様と言うのは「死」を自ら経験した事があるという意味では、幻想郷内でも
大変珍しい経歴の持ち主とも言えると思いますね。

ゆゆ様と言うと、個人的には「東方儚月抄」が大変印象的です。
ゆゆ様というと、何となくおっとりしているとかふわっとしているみたいな印象も一見ありそうなのですけど、
いやいや、実は大変な切れ者であることが
この東方儚月抄で明らかになったと思います。
あの作品の中では、

主演→霊夢・魔理沙・レミリア様・十六夜咲夜・綿月姉妹

助演→永琳・鈴仙

黒幕→ゆかりん

みたいな感じもあるのですけど、実は「真の主人公はもしかしてゆゆ様ではないのかな・・」と思わせる
抜群の切れ者&知恵者という印象をもたらしていたと思います。
ま・・・あの中では妖夢はなんかいかにも「役ただすの従者・・」みたいな感じでちょっと気の毒でした・・・(笑)
特に特に・・・ゆかりんとのあの「阿吽の呼吸」は素晴らしいしお見事でした!!!
あの話の中ではまさに「最重要人物」だと思いますし、
あの時のゆゆ様は本当に惚れ惚れするくらいかっこうよかったです!!

ゆゆ様は、そうですね・・・普段はとっても飄々とされている御方で、
あの射命丸文ですら、インタビュー中にゆゆ様の真意をほとんど理解できなかった程ですからね・・・

半面、なぜかゆゆ様には「大食い」という噂が以前から絶えず、
一度は、ミスチーを焼き鳥の食材として狙っていましたからね・・・(笑)
しかも、その「大食い」というのがついに公式でも認定され、
東方心綺楼で背景に出演した際、観戦しながら物凄いペースで無限におにぎりを食べ続けるというモーションで登場し、
まさにあれは「すさまじい大食漢」ぶりを遺憾なく発揮されていたのがとっても印象的です。

最近においては、「東方神霊廟」では、まさかまさかの1面ボスとして登場していました!!
というか・・・
あんな無茶苦茶強い御方がまさかの1面にいきなり登場と言う事で、あれは相当なインパクトがあったと思いますね!!










さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2015年5月に描かれたゆゆ様です。

いや―――、こういう涼しげなゆゆ様を見てしまうと、瞬間的かもしれませんけど
外の「暑さ」を瞬間的に忘れさせてくれる「清涼感」が伝わってきますね!
なんか例えは悪いのですけど、炎天下の外から家に戻ってきて、冷蔵庫にキンキンに冷やしておいた「ラムネを
くーーーーーっと飲み干したような気分爽快のようなイラストだと思います。
ま・・・ゆゆ様は実は「大食いキャラ」というのもあったりもしますから、意外とラムネをキュ―――ッと飲み干すというのも
お似合いなのかも・・・・??

そうですね・・・

アミグリさんは2014年と今年、2016年において「夏らしい絵を描こう」企画を展開されているのですけど
これはまさに「夏らしい絵」に相応しいのではないのかな・・とも思いますね!
やっぱりゆゆ様みたいな亡霊は夏場に出られた方がいいのかもしれないですよね・・・(笑)
そうそう・・・
「東方三月精」における肝試し大会にも妖夢とゆゆ様は参加されていましたけど、
ゆゆ様は亡霊のくせにお化け役として自ら参加されていましたし、半分幽霊のはずなのに妖夢は
終始ひびりまくって半泣き状態だったのはとっても可愛かったです!

アミグリさん! いつも本当にありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

yuyu

ゆゆ様は、「幽霊」ではなくて、「亡霊」というのは、初めて知りました!

「東方神霊廟」で一面ボスでゆゆ様が登場した時は、とてもびっくりしました…(笑)

「東方妖々夢」のゆゆ様は、とても強力な弾幕で、避けるのに必死でしたね…(笑)

ゆゆ様のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
髪のグラデーションが気に入っている一枚です。かなり気合を入れて描いた作品ですので、掲載していただき、嬉しいです!!

ゆゆ様は確かに、夏がぴったりなお方なのかもしれないですね…!
「夏らしい絵を描こうプロジェクト(略して夏プロ)」以外にも、描きたい絵がたくさんあるので、
「夏プロ」の絵はどれだけ描けるかわからないのですが、できる限り描いていこうと思います!!

こちらこそ、いつも本当にありがとうございます!!

すみません。タイトルミスしてしまいました…

連続ですみません…

コメントのタイトルを打っているときに、送信ボタンを押してしまいました…(汗)

「ゆゆ様のイラスト掲載うれしいです!」と打とうとしていました…。

ゆゆ様、素敵すぎます!!

アミグリ 様


「東方妖々夢」のゆゆ様が放つ弾幕はとてつもなく強力ですけど同時にとつても優雅で
大変美しかったので、とっても印象に残っています。

アミグリさんが描かれたあのゆゆ様は、本当に「細かいところまでよくこんなに手が入っているなぁ・・」と
感心させられたとっても素晴らしいイラストだと改めて思います!

夏プロもとっても楽しみですけど、是非是非・・・アミグリさんが今一番描かれたいものを優先して
アミグリさんのペースで描いて頂ければとっても嬉しいです!

いやいや・・こちらこそいつも本当にありがどうございます!!



いやいや、誰にだってありますよ・・・(笑)

アミグリ 様


いやいや・・そんな細かい事を気にしないで下さい・・・(笑)

私なんか、そのような事は日常茶飯事ですよ・・・(笑)

とにかく最近の自分の誤字脱字・変換ミスは相当ひどいものがありますね・・(苦笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3012-c33ecd82
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |