プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.市立柏高校


A/バレエ音楽「ガイーヌ」より(A.ハチャトゥーリアン)


この年、1991年の全国大会・高校の部は、課題曲が正直今一つ自分の好みで無い事ととか
結構久し振りな事でしたけど、自分が実際に普門館で聴いた生演奏による自分自身による採点と
実際の審査結果に結構違いが出てしまったとか
レヴェルが凄まじいほど高い関東に対して、この年だけはなぜか例年のようなあの素晴らしいレヴェルの高さを
誇っていた関西代表のチームが例年のような高水準の演奏をそんなには聴かせてくれず
どちらかというと意外にも凡演で終わってしまっていた事とか
ま・・これは後で述べますけど、高岡商業がほぼ完璧の素晴らしい演奏を聴かせてくれていたのに
なぜかあの演奏が銀賞に留まってしまっていた事とか
とにかく・・・まさに「歴史的名演」といっても過言ではない埼玉栄のあのお見事すぎるシュワントナーとか
結構いろんな意味で印象&記憶には残る大会であったような気もします。

上記で述べた通り、とにかくこの年の関東代表の4チームによる演奏はどこも本当に素晴らしかったです!

逆に関西代表の3チームは、「あれれ・・一体どうしちゃったの・・・?」みたいな演奏でしたので
正直とてつもなく意外に感じたものでした。
というかこの年の関西代表は、天理と松井先生指揮での兵庫高校が関西大会で残念ながら消えてしまっていたので
プログラムに両校の名前が無い時点で、
なんか少しガッカリしていた・・・みたいな記憶がありますね・・・・
ちなみに兵庫高校は、吉永先生時代も素晴らしかったですけど、松井先生指揮がバトンタッチされて以降も
あのとてつもなく濃厚で個性とアクが強い演奏はご健在で、
松井先生指揮での兵庫高校の演奏は、関西代表チームにおいては洛南と同じくらい毎年毎年大注目のチームでした!
淀川工業は、休み明け&プログラム1番が祟って本来の調子が発揮されないまま終わってしまった様な感じがあり、
明石南は・・・うーーん・・・ごめんなさい・・関西代表にしてはちょっとインパクト&印象が希薄でしたし、
この年の洛南は、男子校らしい特性というのか洛南らしい持ち味が裏目に出てしまった様な演奏だったと
思います。

だけど、とにかくこの年の関東代表の4チーム、市立柏・習志野・埼玉栄・常総学院はどのチームも
本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれていて、
特に特に・・・・埼玉栄と市立柏は本当に「あれぞ名演!」を絵に描いたような演奏を聴かせてくれていたと
思います。

この年の課題曲A/斜影の遺跡は何を言いたいのかよく分からないのにとにかく不協和音と難解な曲想に
まみれた大変な難曲なのですけど、
高校の部においては、特に埼玉栄・市立柏が素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。
銀賞なんですけど東海大学第四高校も「え・・・この演奏のどこが銀賞なの・・・・?」みたいに感じてしまう
大変密度の高い演奏を聴かせてくれていたと思いますし、
銅賞という結果ではありますけど都立永山の課題曲Aも、聴く者に「何か」を伝えることが出来ていた演奏
だと思います。

市立柏の斜影の遺跡は、一言で言うととにかく精密な演奏だったと思います。
指揮者の石田先生はテレビでも何度も登場していますのでご存知の方も多いと思いますが、
とにかく熱いハートのお持ちの大変指導力に優れた先生なのですけど、
そうした熱いハートを胸に秘めつつ大変理性的でコントロールされた演奏を聴かせてくれていて、
そうですね・・・・
市立柏の「斜影の遺跡」は、まるで「設計図面」みたいに一部の隙も無い演奏だったと思います。
冒頭の打楽器の弱音のコントロールも素晴らしかったですし、
金管セクションも全体的にはかなり鳴らしているのですけど、全体の中で鳴る部分と抑制される部分の対比が
かなり鮮やかに表現していましたので、
金管がかなり鳴らしている部分でも「やかましい」とは全く感じませんでした。

自由曲の「ガイーヌ」ですけど、確か、序奏→アイシェのモノローグ→収穫祭という順に曲を構成されていて、
鳴る部分→しっとりと聴かせる部分→壮大に鳴る部分の三部構成になっていて、
動・静・動というコントラストがはっきりと描かれていて、聴いているだけでまさに石田先生ワールドに
ひきずりこまれるような感じの素晴らしい演奏だったと思います。
「ガイーヌ」というと、私が現役奏者時代は、ほとんどの演奏は、

1.アイシェの目覚めと踊り・レスギンカ

2.子守歌・レスギンカ

というパターンが多く、たまーに演奏するチームによっては「バラの少女の踊り」を加える事もあるという
感じでしたけど、
この流れを完全に変えてしまったのは、
1990年の中央大学によるガイーヌの塩素だったと思います。
中央大学は、レスギンカではなくて、「収穫祭」という大変華やかで演奏効果が十分狙える箇所を
新たに発掘したその功績は大変大きいものがあると思いますし、
90年の中央大学の演奏以降はレスギンカではなくて「収穫祭」でもってこの組曲を閉じるというのが
むしろ定番にすらなったような感じがあります。
あ・・・ちなみにですけど、厳密に言うと、「収穫祭」を全国大会で最初にお披露目したのは、90年の中央大学ではなくて
実は・・・1988年の関東一高なんですけどね・・・・
ただ関東一高はあまりにも地味な演奏のため、誰にも注目されていなかったのは
なんか気の毒でしたね・・・

市立柏の「収穫祭」もホルンの雄叫びも素晴らしかったし、そのホルンの二度目の雄叫びの再現の部分も
とにかくノリと勢いが伝わり、
聴いていてとにかく「心地よい!!」という気持ちを普門館の会場の隅々にまで伝える事が
出来ていたと思います。

とにかく文句のつけようがない圧巻の金賞だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3011-95279926
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |