プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.伊予高校


B/バレエ音楽「バリの喜び」(オッフェンバック=ロザンタール編)


四国大会のイメージと言うと、
1984年以前までは、観音寺第一高校と高松第一高校が代表枠1~2を争ってしのぎを削っていたみたいな
イメージがあります。
そうしたある意味マンネリ状況を打破したのが、伊予高校と土佐女子だと思います。
(土佐女子高校は森本先生が勇退以降は、全国大会にはすっかりご無沙汰していますね・・・少し寂しい感じはあります・・)
伊予高校は、2015年度も全国大会出場を果たしていますし、確か通算22回目の全国大会出場という
ある意味四国支部の「雄」でもあると思います。
だけどこの学校は、ある意味凄いなぁ・・と感じる点があります。
いや、別に嫌味で書いている訳ではないのですけど、過去に全国に22回の出場で、
金が1回 銀が3回、そして銅賞が18回というのも、ある意味「快挙」なのかな・・・とも思っています。
この学校は、上甲先生時代の時から現在の長谷川先生に至るまで、学校としての「個性」はかなり強いと
思っています。
あの「熱さ」・「音楽的熱気」というのは、多分・・一つの「伝統」・「お家芸」と言えるのかもしれません。
それを全くぶれることなく、
常に「精一杯絶えず何かを伝えようとする姿勢」は、むしろ高く評価されるべき事だと思いますし、
むしろ、それが「コンクール」の本来的姿ではないのかな・・とさえ思っています。
その位、この学校は、確かに客観的視点で捉えると、技術面では一歩も二歩も劣る面はあるのかもしれませんけど、
「何かを伝えようとする姿勢」は本当に胸を打たれるものがあります。
ま・・・確かに、数年前に自由曲として演奏したマーラー/交響曲第5番は・・・ちと痛い選曲でしたけど
「苦い青春の思い出」という意図は伝わってきましたし、
何て言うのかな・・・・あのスペインとか南九州みたいな「南国さ」溢れる牧歌的な明るさは、
一般的なマーラーの世界とは少しずれてはいるのですけど、
マーラーが「望んでも望みようがなかった世界観」を大変ユニークに表現されていて、
これはこれで解釈として十分成立するような気がします。

伊予高校の当時の指揮者の上甲先生は熱い先生だったようですね。
この先生がBJで一時執筆されていた「頑張る先生の記録」という一年間の連載記事を読んでみると
その「熱さ」・「情熱」は痛いほど伝わってきますね。
確かに、上甲先生時代の伊予高校は、
例えば1986年の「ローマの祭り」とか1991年の「バリの喜び」とか1993年の「イタリア奇想曲」などのように
「絶えず何かを精一杯表現する」という気持ちは演奏から本当に曲のすみずみにまで伝わっていたと思います。
言い方が少し悪いのかもしれないですけど、
技術的に少し見劣りする部分があって、時にそれがとてつもない「空回り」みたいな事も
あったりするのですけど、とにかくこの学校の持ち味でもある「絶えず何かを精一杯表現する」という
とてつもない前向きで前進する気持ちは本当に素晴らしいものがあったと思います。
空回りというと、89年のガイーヌとか90年のコッペリアとか高橋先生時代のサロメとかイタリアの印象~ナポリあたりが
その典型的な演奏だったようにも思ったりもします。
誠に申し訳ないのですけど、コッペリアとかサロメあたりは、
少なくても普門館の「全国大会」に出場できるレベルではないのかなとふと感じる事もありましたし、
当時「四国」代表の枠は既に2チームでしたけど、
毎回毎回銅賞ばかり取り続ける四国に2つも代表枠を設けるくらいなら
四国の枠を一つ削って、その分を関東や関西に振り分ければいいのに・・・とさえ思った事もあります。

さてさて・・・・1991年の「バリの喜び」は結果的に言うと、2015年8月現在、伊予高校の唯一の
全国大会金賞という評価になっていますけど、
そうですね・・・別にケチをつける気持ちは毛頭ないのですけど、
91年の演奏が金賞なら、86年と93年の演奏にも金賞を与えるべきじゃんとか
全く逆に言うと、93年の演奏が銅賞と言う評価ならば、91年も銅賞でないと整合性取れないじゃん・・とも
思ってしまいますね。

前述の通り、伊予高校は、この年に念願の初金賞を受賞したのですけど、
その演奏と評価は正直評価は分かれると思います。
ある人は「やり過ぎ・・・表現過剰、追い込み過ぎで煽り過ぎ」というマイナス評価をされる方も
いると思いますし
ある人は「あの熱い気持ちは素晴らしい! 高校生らしい素直でとってものびのびとした演奏」と
プラス評価をされる人もいると思います。
結果として1991年は金賞に輝いたのですけど、
91年と93年の両方の演奏を聴いた私の客観的な感想としては、
「どちらもほぼ同じような傾向の演奏で、プラスもマイナスもどちらの要素も持っている演奏」という
感じでした。
結果的に91年は金賞、93年は銅賞という事になりましたけど、
吹奏楽コンクールの場合、毎年毎年審査員が変わり
少なくとも明確な「審査基準」が定まっていないから、同じような傾向の演奏でも、
こうやって年によって、審査員の好みによって「評価」は変わるのかな・・・とも感じたものです。

91年も93年もその「積極性」は素晴らしいの一言なのですけどね・・・

やはり「音楽」というものに「絶対的な価値基準」は存在しない、人によって感想・捉え方・解釈は
異なるという事を何か立証したような演奏だったと思います。
「毎年変わる審査員による評価の判定基準の一貫性とは何か?」というテーマは、こうしたコンクールの場においては
「永遠の課題」なのかなともふと思ったものでした。

91年の伊予高校の演奏についての感想ですけど
課題曲については、後半は明らかに鳴らし過ぎだと思います。
やっぱここでも伝統の「絶えず何かを精一杯表現しようとする姿勢」が時に裏目に・・時に空回りしたような
感じも確かにあるのですけど、
そうした細かい事を抜きにしたとにかくやんちゃで楽しい素直でのびのびとした演奏とも言えると
思います。
ま・・・確かに楽しいのですけど、もう少し音量面のコントロールとかパートバランスに細かい配慮は
欲しかったと思います。
うーーん、やっぱりこういう演奏の評価は分かれてしまいますね・・・
自由曲は、前半からワルツあたりまではこのチームの「おおらかさ」が大変プラスに作用し素晴らしい演奏を
聴かせてくれていたと思います。
だけど・・・
ラストの「カンカン」はちょっと煽り過ぎというか、あれはいくらなんでもやり過ぎ・・・!!
楽しい事は楽しく聴けるのですけど、とてつもなく「疲れてしまった・・」みたいな感じの演奏なのかも
しれませんよね。

結果的に(私としては)まさかの金賞になりましたけど、四国支部のチームが金賞取るなんて
滅多にないだけにここは素直に「おめでとう!」と言ってあげたい気持ちです。
ちなみにですけど私の採点では文句なしの銅賞という感じでしたから、やっぱり人の感じ方というは
千差万別なのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3010-3b16485d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |