FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


普段こうやって一日平均15~20人前後の顧客と色々お話をさせて頂いていると、話している間は、
以前この顧客と、こういう会話をしたとかこういう相談を受けたとか、
その方の家族構成とか悩みのタネとか本音とか様々な事柄がさっと瞬間的に蘇る事が多いのですけど、
社内にいる時に事務方から
「○○区の××さんから電話・・」とか言われても
「あれれ、この××さんって誰だっけ・・・」とかさっぱり思い出せない事もありますし、
工事の現場監督等から
「あれ、あの人名前なんて言ったっけ・・・? ほら・・、最近外装工事をやった○○区の△△さんの隣の家の
あのうるさいばあさん・・・」とか聞かれても
顔は覚えているのだけど、「名前」が出てこないという事は
何か最近増えてきましたね・・・・・(苦笑・・・・)

そうですね・・・・

今現在在籍している会社の場合、大体500人ぐらいは・・・・恐らくですけど、名前と顔は一致しているはずだと思います。
だけどそれ以上は・・・・
うーーん、残念ながら・・・・「私の脳」のキャパを超えてしまっていますね・・・
何ていうのかな・・・その顔と名前を忘れてしまった顧客の家を実際に訪れ、その家に近づいてくると
「あ・・!! そういえばこの街並み・・・そうそう、依然来たことあるある!」みたいに記憶が一瞬で戻る場合もありますし、
PCの管理記録の上では「会うのは二回目」というはずなのに、
全然記憶&印象に残っていない事も多々ありますし、
そうですね・・そのお客様自身もこちらの事をすっかり忘れ果てていて、実際には初対面ではないのに
何お互いに「はじめまして・・・」みたいな雰囲気になってしまうのは
決してない話ではなくなりましたね・・・(苦笑・・)
20代~30代前半の頃は、
顧客の顔と名前が一致しないという事はまずありえない・・・、大抵の人は覚えているという感じでしたけど、
そうですね・・・・
まず人間の「老化」というのは、「記憶力の低下」と「足が重くなる・・・」という事から始まって
いくのかもしれませんよね・・・・

昔、何かのテレビの健康番組で取り上げていたのですけど
人間の「ボケ防止」というか「記憶力低下の防止策」の一環として、
自分が興味を持っている事とか趣味の事柄で、
例えば・・・・
AKB48が好きな人は、その48人の名前を1~48まで名前を挙げていくとか
鉄道に興味がある方は、例えば、東京から小田原までの停車駅を挙げていくとか
芸能関係がお好きな方は、第一回から昨年までの「歴代レコード大賞受賞者」の名前を
挙げていくとか
そうした何かしらの「連続性がある事柄」について思いだし列挙するだけで
随分と「記憶力低下」にはある程度効果が期待できるらしいです。

そうですね・・・・

それを自分に当てはめてみると・・・・

やはり「プリキュア」かな・・・・・(苦笑・・・)

先日、車での移動中に渋滞に巻き込まれ、瞬間的にヒマになった時、
初代・キュアブラックから現役の魔法つかいプリキュアの歴代から数えて44番目の戦士のキュアフェリーチェまで
プリキュアとしての名前と変身前の名前を列挙してみると・・・・

無事に・・・(??) なんとか歴代プリキュア全員の名前を言う事は出来ました・・・・(苦笑・・・)

ま、さすがにそこまではボケていなかった・・・・という事なのかな・・・・・??
さすがに・・・変身前の名前は忘れちゃった人がいましたね・・・美希たんの姓の「蒼乃」が
どうしてもあの時は出てこなかったです・・・・
うーーーむ・・・美希たん、ごめんよおぅ・・・という感じでしたね・・・(苦笑・・)

それと、最近では「東方」もこうした「記憶ゲーム」のネタとして使う場合もあります。
例えば・・「東方地霊殿」で登場した全キャラはだーれ?とか、この分野でも色々と応用編はできそうです。

とにかく趣味とか自分が関心・興味を持っている事にすら「記憶の低下」が進んで来たら、
本当にボケの兆候なのかも・・??

自分で言うのも変な話ですけど
そうですね、大体20代前半の頃までの「自分の記憶力」はすごいものがあったと思います・・・
例えば、中学や高校の英語の「リーダー」というか読解の場合、
教科書の試験範囲の英文の日本語訳は、大体一時間程度でほとんど丸暗記出来ていたと思いますし、
大学の試験で、教授が気を利かせてくれ事前に論文の試験問題を10題ほどに絞ってくれ
その中で一題を出題する場合でも、
大体2時間もあれば、その10題の論文内容をほぼ全て頭に入れる事は可能でした。
社会人になって、金融機関の営業担当の頃は、大抵実際の顧客管理先は500軒程度だったのですけど、
住所氏名は勿論、過去の対応履歴とか家族構成・趣味等は大抵頭に入っていて
特に記録簿とか見なくても
名前を見ただけでそうした情報がスラスラと出てきたものでした・・・

だけどその「記憶力の良さ」もせいぜい20台後半まででしたね・・・

30代を過ぎると目に見えて記憶力の低下が顕著になり
ある時、「銀行協会の検定試験」を受けたのですけど、それ以前なら3時間前にテキストをある程度
目を通しておけば、大抵の場合何とかなったのですけど
その時は、テキストを読んでも全然頭に入らない・・・
「あれ、何か調子悪いな・・・」と思っていてもやはり記憶が残らない・・
案の定、その試験は不合格になってしまいましたが、
それ以降から年々頭の脳みそが劣化の一途をたどり
「記憶力」はホント年を重ねるごとに落ちてきていますね・・・・

これは仕事量が本来のキャパを超えているせいなのか
記憶力が低下した影響なのかは
正直よく分かりませんけど、
ま、どちらにしても若い頃と対比して記憶力が低下したのは間違いないですね・・・・

自分のブログで、よく30年前の古い話(特に吹奏楽関連)が出てきますけど、
ま、確かに、1982年の東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第一番の名演とか
同年の仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲の名演とか
1981年の大曲高校の三善晃/交響三章第二楽章の名演などをこのブログでもよく語っていますけど、
あれはあくまで、あの素晴らしい演奏を後世に語り継いでいきたいという気持ちでやっている事なのですけど、
同時に・・・・
ある意味、自分の記憶力の訓練というか「維持」という意味もあるのかもしれませんよね・・・(笑)

今年の埼玉県の県立高校の入試問題を見た際も、
社会と理科は・・・
何というのかな・・・・頭の中では何となく答えられそうなきもするのですけど、
いかんせん・・・・「用語」が全然出てこない・・・・(苦笑・・・)
やっぱり「記憶力」は年々低下する一方ですね・・・・
数学に至ってはちんぶんかんぷん・・・・

第一問、8X-4Xくらいなら解けそうだけど

例えば・・・・

X+3Y=4

2X+5Y=6

という連立方程式を解きなさいすら・・・・
もう既に分からない・・・・というか覚えていない・・・・

確か、この連立方程式は、「ふたりはプリキュア スプラッシュスター」の満と薫の登場の回でも
出てきて、
確か・・・・「代入」という解き方で回答できるのですよね・・・
だけど・・・
その「代入」すら記憶にない・・・・(苦笑・・・)

多分・・・数学は2桁の得点いかないかも・・・・

ま、やっぱり年々頭は悪くなる一方ですね・・・・

このブログにおいては、基本的には、ま・・当たり前の事かもしれないのですけど
「自分が好きな事」しか記事にはしていません。
そして私、つまりこのブログの管理人は「書く事」自体は全然嫌いじゃないのですが、
今後、こうやって書く事自体が面倒になったり、
好きな事しか書かない筈なのに、好きな事すら書くのがとてつもなく面倒に感じたり、
はたまた・・・
同じような内容の記事が三日連続続いてしまったら、
それはこのポンコツ管理人がいよいよ「ボケてきた・・・」の兆候なのかもしれないですよね。
ま・・最近は、過去記事の引用というのかコピー&ペーストが結構増えてきたのは事実ではあるのですけどね・・・
ま、あれは・・記事の行数稼ぎという事もたまーにあったりもしますので
それは大目に見てあげてください・・・(笑)



あっきゅん


阿求



東方の阿求ちゃんなのですけど、
その能力とは、「毒舌を操る程度の能力」ではなくて(苦笑・・)
「一度見た物を忘れない程度の能力」なのです。
「東方鈴奈庵」においては、小鈴から大量に本を借り受けている描写は何度か出てくるのですけど、
それを全て記憶しているというのは「すごいな・・」と思いますし、
阿求ちゃんのその能力の1/10でも自分にあれはいいのになぁ・・・なーーんて思ったりもします・・・(笑)

阿求ちゃんの正体なのですけど、「幻想郷縁起」という幻想郷内の歴史書の初代編集者である阿一の
第9代目としての生まれ変わりです。
テーマを「幻想郷」一つに絞り、それに関する歴史・考察などを初代から9代目の阿求ちゃんに至るまで一貫して
携わるといういわば究極の「輪廻転生」を繰り返しています。
早い話が、初代阿一=阿求ちゃんと換言しても差し支えは無いとすら思います。
もっとも「生まれ変わり」と言っても前世はおろか初代の記憶は、阿求ちゃんにはそれほど強くは残っていない・・
「うっすらと残っている程度」なのだと思われます。
「完全な形での記憶の継承」ではないのですよ・・・
初代から8代目の間には、男としての経験もありますし女性としての経験もあるというのがなんか面白いと思います。
先ほど阿一=阿求と記しましたけど、やっぱりそうした意味においては、
9代目の阿求ちゃんは、やっぱり阿求ちゃんそのものであり、今現在を生きる阿求ちゃんなのだと思いますし、
今現在の阿求ちゃんというのは他に替え難いものがあるのだと思います。
そしてそれこそが、毒舌も可愛らしさもはかなさも有している今現在の阿求ちゃんなのだと思います。

現在も連載が続いている「東方鈴奈庵」においては、小鈴と共にレギュラーポジションを獲得している
阿求ちゃんですけど、
鈴奈庵での活躍も当分目が離せそうにないですね!
私としては・・・・マミゾウ親分と阿求ちゃんの絡みとか
小野塚小町を目撃した阿求ちゃんが「いよいよ私の寿命が尽きる瞬間が近づいてきた・・・??」みたいに
動揺するシーンなんかも是非是非見てみたい気持ちがあります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3007-2929a3d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |