プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.佐賀商業高校


B/バレエ音楽「ペトルーシュカ」より(I.ストラヴィンスキー)


1991年の全国大会・高校の部を実際に生で聴いた方から別に直接聞いたとかそういう訳ではないのですし、
これはあくまでも当時の私自身の記憶と感覚ではあるのですが、
プログラム1番のある意味大御所というのかカリスマ的存在の「淀川工業」の注目の朝一番&休み明けの演奏が
終わってしまうと、
なんとなくですけど・・・
それまでどことなく普門館全体に感じられた「ピーーンと張りつめた緊張感みたいな空気」が
なんか消散してしまったというのか緊張感が少し薄れてしまったというのか、
まだプログラム2番だというのに、なんかリラックスした空気に変わっていったような印象もあります。

結果論になるのですけど、プログラム2番~4番の佐賀商業・基町・武生東は、確かに頑張ってはいたのですけど
ちょっと全体の水準としては「すこーし落ちるのかな・・」という感じの演奏で、結果としても銅賞と言う事もあり、
朝一番のビッグネームの演奏が終わると、
なんかとてつもなく「眠たくなってしまった・・」みたいな記憶が残っています。
もちろん、佐賀商業の木管セクションの細かい動きの難しさとか基町の「寄港地」のオーボエの高校生離れした上手さとか
覚えてはいるのですけど、
なんとなくその辺りの記憶が曖昧・・・そんな感じはあったと思います。

そしてそうした会場全体に漂っていた「停滞感」というのか「眠気」を完璧に吹っ飛ばしてくれたのが
プログラム5番の習志野高校の目の覚めるような素晴らしい演奏だったようにも思えます。

さてさて、佐賀商業の演奏ですけど、
課題曲B/コーラルブルーはちょっと演奏がオーバーヒートしてしまって、
確かに「熱さ」とか「届け! 私達のこの想い!!」というのは十分すぎるほど伝わってきたのですけど、
ちょっと重たい演奏・・・
このコーラルブルーという課題曲は元々が「大変鳴る曲」でもあると思いますので、指揮者は意図的に
奏者をコントロールしないとなかなかこの音楽を的確に表現する事は難しいと言えるのかも
しれません。
演奏は音量的にも感情的にも熱めの演奏なんだけど、木管がうすめ、金管が優勢という感じで
少しバランスが悪かったのも勿体無い感じはありました。

自由曲の「ペトルーシュカ」ですけど、確かこの演奏は小長谷宗一氏のアレンジだったかな・・・?
90年の高岡商業とか92年の西宮吹奏楽団も確かこの小長谷氏のアレンジ版を使用していたせいもありますが、
確か、私の記憶では、
第一場・謝肉祭の市場と第四場・夕べの謝肉祭の市場から構成していたと思います。
全体のメインは、「ロシアの踊り」と第四場の「仮装をした人達」だったと思います。
演奏ですけど、一言で言うと、木管の細かい動きに、消化不良の箇所が結構散見され、
そのあたりが少し「粗削り」みたいな印象につながっていたようにも感じられます。
木管が少し浮ついているから、全体的にも少し不安定でサウンド的にも、楽器の生の音が直接耳にこだまするような
「生臭い」感じがあったのも少しマイナスかな・・とも思ったりもします。
全体のサウンドの流れとかスピード感は決して悪くはなく、課題曲同様、「若さと勢い」は十分伝わっていただけに
少し惜しい感じはあります。
1976年の秋田南は、ラストはトランペットのソロで締めくくりましたけど、
かなり賑やかな部分で終らせていたような記憶があります。
原曲で言うと、仮装をした人たち~喧嘩の場面で曲を終わらせていたと思います。
(私の記憶違いでしたら、申し訳ありません・・・・)
「ペトルーシュカ」には色々と版があるみたいで、曲の閉じ方も版によって違いはあります。
個人的には、ラストがトランペットのソロで終わる版の方がしっくりくる感じは
あるのですが、
版によっては、どんちゃん騒ぎで終わらせるものもありますし、
指揮者の解釈によって、随分と印象も変わるような感じもしますね。
小長谷氏のアレンジは、第四場をどんちゃん騒ぎ的に終わらせた版を採用したと思われるのですけど、
それが76年の秋田南との曲の閉じ方の違いになったと言えるのかもしれないですよね。

そうそう・・・この年というか多分今もそうですけど、「ペトルーシュカ」はアレンジ版としての吹奏楽の演奏は
可能なのですけど、
著作権の絡みで録音は不可となっていましたので、
佐賀商業も90年の高岡商業とか92年の西宮吹奏楽団も「ペトルーシュカ」の演奏はCDとして収録されていません。

その意味ではまさに「幻の演奏」と言えるのかもしれないですよね。

1976年の秋田南高校のあの伝説の名演のペトルーシュカがいまだにCDとして復刻されないのは
たぶんこの著作権の絡みなのでしようね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3005-ba516edb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |