FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1.淀川工業高校


D/歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲(G.ヴェルディ)


淀川工業は、1985年~89年において「5年連続金賞」を達成し、1990年は「特別演奏」という
大変栄誉ある20分あまりの「特別演奏」をまさにやりたい放題やってくれて、
本当に丸谷先生共々奏者・関係者の皆様は「大満足のひと時」を過ごされていたと思います。
あの特演ですけど、「アイーダ」がとっても印象的で、普門館後方からの「バンダ」も大変効果的で
よかったと思います。
「ヒットパレード」で、ちびまる子で当時流行っていた「踊るポンポコリン」をとっても楽しそうに演奏したゐたのは
大変印象的でしたけど、
なんで・・・
この年は1990年なのに、1979年の西城秀樹の「ホップステップジャンプ」を今更歌っているんだぁ――!!みたいな
ツッコミは当時普門館会場にいた人はほぼ全員感じていたのかも・・・??

さてさて・・・それでもそうした楽しい大変栄誉ある一年間の「コンクールお休み&特別演奏」が
終わってしまうと、翌年からは
またまた「戦いの日々」が続く事になりますから、
結果的に一年のブランクが出来てしまう事になり、そうした「緊張感」の穴埋めをする事は
丸谷先生とか奏者の皆様も恐らくは大変だったと思います。
1981年のBJのインタビューの中においても、この年特別演奏だった秋田南の女子生徒が
「この一年はモチベーションを維持するのが大変だった」みたいな事を述べていたと思いますけど、
その気持ちは分かるような気がします。

しかも淀川工業のこの年の全国の出演順はプログラム一番・・・

そうなんですよ・・・、これ、私も今でもはっきりと覚えていますけど、
1991年の全国大会・高校の部の朝一番の演奏開始前って、なんか普門館全体に
なんともいえない「緊張感」みたいなピーンと張りつめた空気があったようにも私には感じられました。
だって・・・淀川工業みたいな「ビッグネーム」が5金の特演明けの普門館でプログラム一番・・・
「こんな実績ある学校がプログラム一番とは・・・・
今までのパターンで言うと、どんな実績と伝統がある学校でも朝一番の演奏はコケる事が多い・・
果たして淀川工業は一体どんな演奏を聴かせてくれるのだろうか・・・?」みたいな
大変な期待感と緊張感みたいな張りつめた空気がピーーンと普門館の至る所に漲っていたようにも
感じられたものでした。

さてさて・・・そんな中、演奏はどんな感じだったのでしょうか・・・?

これはあくまで私個人の感想ですけど、一言で言うと、上手いけどあんまり特徴が無い演奏・・・

無難と言えば無難なんだけど、特に聴く者に「何か」を伝えるには至らなかった・・・

そんな感じの演奏だったと記憶しています。

そうですね・・・・確かに本当に上手いのだけど、何か通り過ぎていったな・・・という感じの演奏でした。

少しよそ行きというかクールすぎたようにも思えます。

それが朝一番のせいなのか、元々練習段階からそうしたクールさが売りだったのか、
一年のブランクと言う事で、奏者に戸惑いがあったのか・・・
それは正直部外者の私には分かりません・・・

だけど一つ言える事は「大変惜しい演奏・・・」
同時に、もしも後半の出場だったらもう少し違う表情の演奏をしたのかな・・・とも
思ったりもしますね。
長い目で見てしまうと「ま・・こんな時代もあったよね・・」という感じなのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3003-3bea87cf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |