FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


早苗さんなのですけど、やっぱり最新作でのあの
「さっさと勝負しろ! この変なTシャツヤロー!」というのは実に素晴らしかったですよね!!

風神録でデビューを飾り、地霊殿でまさかのEX中ボス抜擢、そしてあの不滅の名言・・・
そして星蓮船での念願の自機抜擢!
そしてそして・・・「東方神霊廟」における二度目の自機・・・つまり、自機継続!!
そうですね・・・この時点で早苗さんの「東方Project」内での地位がほぼ確立され、
まさに・・・霊夢・魔理沙・妖夢・十六夜咲夜などと並ぶ名実共に東方の絶対的レギュラーとしての位置を
キープしたのだと思います!!

うーーーん、本当に早苗さんよかったですよね!!

神風録でのあの少しぎこちない感じとか少しふっきれない感じとか
今となっては不自然にすら(?)感じてしまうあの丁寧語・・・
今現在の「はっちゃけ早苗さん」から見てみると、とてつもなく懐かしい感覚はあるのですけど、
これもまた「早苗さんの一つの成長」と捉えてあげて
多めに見てあげましょうね!!



茨歌仙・早苗



早苗さんと言うと、「東方星蓮船」でそのはっちゃけ振りが随分と話題になったのですけど、
「東方神霊廟」においても二度目の自機と言う事で随分と「妖怪退治」に慣れてきたという事情も
あるのですけど、ここでも早苗さん節が炸裂しているような印象もあったりします。

一例をあげてみると・・・

響子:やーらーれーたー!
早苗:何という大声……!
響子:不肖ヤマビコ、まだまだ修行が足りないわ!
早苗:あのー。
響子:何?
早苗:もしかして妖怪さんでした?
響子:え?
早苗:良かったー。僧侶と戦っているのかと思ってたから。
響子:(本気でこれがお坊さんの勤行だと思ってたのかしら?)

→うーーむ、早苗さんは多分本気で、幽谷響子を「お寺のお坊さん」と勘違いして戦っていたのですね・・・
  というか・・・星蓮船でも似たような話が出ていたと思うのですけど、
  神仏に帰依している妖怪はもちろんの事修行僧なんかも「退治」の対象外なのに、 
  またまたそんな人でも例の「参ったか―!」と言わんばかりにやっつけてしまうのですよね・・・・(笑)

青娥:見事だわ。貴方、普通の人間じゃ無いわね。
早苗:判りますー?

→これも結構有名なシーンでして、早苗さんの「判りますぅー?」とドヤ顔での「やったね感!!」は
 とにかくお見事でしたね!!

布都:何者かと訊いておる。
早苗:ええ、幻想郷で神様をしております傍ら、巫女の真似事もしております。
布都:神様だと? そうか、我を天界に迎え入れようというのだな? 一度死んでみた甲斐があったというものだ。
早苗:いえ、そんなつもりはないですが。
早苗:あのー。中に入っても良いんですかー?入っちゃえ入っちゃえ。

→ま・・・ここのシーンは、早苗さんも早苗さんだけど、それ以上に早苗さんを神の使者と勘違いし、
 自分を天界に招待してくれるのが早苗さんとすっかり勘違いしている布都の「うっかりさんぶり」の方が
 際立っていたのかも・・・(苦笑・・)
 それでも、布都をやっつけた後での早苗さんの「入っちゃえ入っちゃえ。」というのは、
 まるで野蛮なロシア人の「構うもんか、やっちまえ!!」の世界に相通ずるものがありそうですよね・・・

そしてこの「東方神霊廟」においては、早苗さんのとある会話の中から
まさかまさかの・・
「え・・・早苗さんって本当につい最近まで外界の女子高生だったの・・??」とか
「早苗さん実は37歳説」みたいなものが出てくることになってしまいます・・・(笑)

その一例が・・・・

芳香:ちーかよーるなー! これから先はお前達が入って良い場所ではない!
早苗:来た!
芳香:我々は崇高な霊廟を守るために生み出された戦士(キョンシー)である。
早苗:キョ、キョンシー?
芳香:そうだ。やんごとなき霊魂に命を吹き込まれたのだ。
早苗:知ってます見てました。テンテン可愛かったですよね。
芳香:何の話だ?
早苗:そうかー、キョンシーって最近聞かないと思っていたら幻想郷(こんなところ)に居たのねー。

→ここで問題になるワードは「テンテン」なのですけど、
 「テンテン」とは「幽幻道士」という台湾映画シリーズのヒロインであると思われますけど、
 このシリーズ、公開されたのが1986年~1988年なのですよね・・・
 早苗さんのセリフは・・いかにもリアルタイムで見ていたみたいな言い方ですし、
 リアルタイムで見ていたのを仮に・・・10歳くらいにすると・・
 あらあら・・ここに「早苗さん実は37歳説」が生まれ出てしまうのですよね・・・(笑)

そして更にもう一つ・・・・

早苗:あのー、どちら様でしょう?
神子:私は豊聡耳神子。人は私を聖徳王と呼ぶわ。
早苗:聖徳太子!? あの旧一万円札の?

→ちなみにですけど一万円札が聖徳太子から現行の福沢諭吉に変ったのは1984年、
 そして聖徳太子の旧一万円札の発行が完全に停止になったのはやはり1986年なのです。
 うーーむ、なぜ早苗さんは、こんな旧一万円札を知っているのでしょうか・・・(笑)

やっぱり早苗さんは・・・実は・・・37歳なのかな・・・??

ま・・そうですね・・・幻想郷は「常識に囚われてはいけない世界」なのですし、
ましてや・・・紅魔館には、時間の進行さえ止めちゃうメイドさんだっているのですから・・・・(笑)
ま・・そうですね・・・
テンテンの件は、後年DVDを見たという解釈を採用し、旧一万円札が聖徳太子というのは、
別に常識の範囲なのかもしれないですらね。
やっぱり私達の早苗さんは「永遠の17歳! 永遠の巫女さん」なのですからね!! (笑)

あ・・・・そうそう、ついでに書いておくと、早苗さんは外界の女子高時代は「理系」です。
そして苦手な科目は・・・「歴史」との事です。
あ・・・ここでスマイルプリキュアファンの皆様でしたら、
「お前はなおちゃんかっ!」みたいなツッコミが入りそうですね・・・(苦笑・・)
そうですね・・・歴史が苦手と言うのならば、是非是非慧音先生の「寺子屋」に通って頂きたいな・・とも
思ったりもしますね・・・
そうそう・・・歴史が苦手である事を自覚した早苗さんは、「幻想郷でも歴史の勉強をしよう!」と思い立ったのは
素晴らしい事なのですけど、何を思ったのか、小学校6年の教科書を持ち出してきて、これを熱心に
読んでいるというは・・・そうですね・・・なんか最近の早苗さんらしい「幻想郷に慣れ、段々とずれてきた感」が
滲み出ているエピソードだと思います。
これは、本当に慧音大先生の寺子屋に通った方がいいのかも・・・??




神奈子と諏訪子



さてさて・・・上記の早苗さんの二柱とも言える二人の神々の神奈子と諏訪子なのですけど、
これは「東方鈴奈庵」第4巻におけるもえ先生の巻末の設定資料集です。

え・・・これって反則的に可愛い・・・

確かに諏訪子はロリッぽく描かれる方は別に珍しくないのですけど、
どちらかというと威厳とか尊厳とか尊大に描かれる事が多い神奈子をこんなに可愛く描けちゃうなんて・・・
やっぱりもえ先生の手に掛ってしまうと、
「大抵のキャラは美少女」になってしまいますよね!!
だって・・・・東方鈴奈庵第5巻に登場していた聖白蓮さんだって、もえ先生の手に掛ってしまうと
「素敵なお姉さん」ではなくて「素敵な美少女」になってしまいますからね!!
それにしてもこの諏訪子の可愛らしさは、まさに絶対反則だと思います!! (笑・・)

そうそう・・・八坂神奈子なのですけど、
東方儚月抄において、ゆかりんが綿月豊姫によって藍と共にあの屈辱を受けている真っ最中なのに、
なぜか唐突に・・・・八坂神奈子について言及しているのですけど、
あの時のゆかりんの意図って何なのかな・・・・
「守矢神社の本当の祭神は諏訪の土着神だけど…建前の祭神は建御名方神、つまりは大国主の息子にして、
最後まで抵抗した武神」と述べていて、
同時に「大国主の息子で危険分子だからこそ、太い注連縄でもって神社に封印した・・」とも
言っています。
そう・・ゆかりんとしては「注連縄というのは神様自体を封印する意味を持っている」という事と
自分達の捕縛を暗に照合しようという意図もあるのかもしれないですけど、
私としては・・・
山岸涼子先生の「日出処の天子」の中で、聖徳太子が物部守屋に対して
「神々はそもそもが祟るべきもので、我々は神々は祀らなくてはいけないし封印をしなくてはいけないもの、
そして同時にそうした神々からの祟りを護ってくれ祓ってくれるのがくれるのが仏様」みたいな
ある意味詭弁を弄しているのですけど、
それって・・
何となくですけど、ゆかりんが言った通り「神々は本来は祟るべき存在なので、私達はそれを封印しないといけない」
みたいなものなのかな・・・・??

そうやって考えてみると、神奈子はどうしてあえてそんな「封印」の象徴でもある「注連縄」を
自らの衣装の留め具&飾りとして着用しているのかな・・・?

そうですね・・・その辺りはまだ自分でも判断に迷っています・・・







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年8月に描かれた「射命丸文」です!!

このあやや(=射命丸文)とっても可愛いです!

あややは「天狗」というか・・・「鴉天狗」なのですけど、同時に幻想郷内の素敵な「新聞屋さん」という事で
「文々。新聞」(=ぶんぶんまる新聞)という新聞を発行し、
東方の世界としては比較的古いキャラの一人です。
ちなみに最新の第12回東方人気投票でも10位に入るなど、その人気は相変わらず高いという感じですね。

アミグリさんの描くあややは、この天狗といった要素を大事にされながらも
白シャツにフリル付き黒スカートとか比較的すらっとした雰囲気など「可愛らしさ」の要素も具備されていて
とっても素敵ですよね!
こんなとっても素敵で可愛いブン屋さん=新聞記者だったら、いつでも取材OK!!という感じのとっても
素晴らしいイラストですよね。
本当にいつもながらとっても可愛くて見ている人を「ハッピー」な気持ちにさせてしまうイラストを
ありがとうございます!!

あややというかこの天狗たちは、早苗さんの神社の守矢神社が建立されている妖怪の山にて暮らしていますので、
実は、あややと早苗さんは顔見知りと言った感じでもあります。
あややにとっては一番身近な取材対象という感じてもありますし、
最近の早苗さんがとにかくも―――、まさに「やりたい放題」でもありますので、射命丸文としても
興味津々の取材対象の一人と言えるのかもしれないですよね。

ちなみにですけど・・・

天狗のイメージ形成の一役を担ったという説のあるサルタヒコと巫女の祖であるアマノウズメは夫婦でありますので、
この「あやさな」という文と早苗さんのカップリングというのも
実は意外と由緒正しいものなのかもしれないですよね・・・(笑)

最後に・・・妖怪の山に早苗さんたちと共に暮らしていると言うと、別に天狗だけではありません。

河童だっています。

お値段以上のニトリではなくて、河童のにとりを2012年3月に描かれたアミグリさんのにとりのイラストも
とっても可愛いですし、水滴の背景がとっても夏らしいです!
アミグリさんのにとりをご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・!! → アミグリさん / 河城にとり

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

そしてこれからも是非是非宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございますっ!!

射命丸文のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

にとりの記事も紹介していただき、嬉しい限りです!

焼き鳥反対・・・・!?

アミグリ 様


最近転載をさせて頂きましたミスチーも素敵でしたけど、このあややもとっても素敵だと
思います。
そう言えば、ミスチーとあややは意外にも「鳥」という共通項がありましたね!
そのせいか何となくですけど、アミグリさんが描かれたあややとミスチーは姉妹作みたいにも
感じたものでした。
あの二人は設定の上では「焼き鳥反対論者」というのもなんだかとっても面白い話でしたよね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3001-267d859f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |