FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京芸術劇場がいつ完成し、いつ頃オープニング公演をしたのかは
正直全然記憶にというか、印象に残っていません。
というか、池袋西口って、東京芸術劇場が完成する前って、どんな建物が
ありましたっけ・・・・?

東京芸術劇場に初めて聴きに行ったのは1992年6月頃だったと思います。
確か当時の日本は、PKO派遣がどーたらこーたら、国会で牛歩戦術が慢性的に
使用されていた時期だったような記憶があります。
指揮は秋山和慶、演奏は東京交響楽団
演奏曲目は、
前半がウェストサイドストーリー~シンフォニックダンスとバーバーのヴァイオリン協奏曲
後半がアイヴズの交響曲第4番でした。

この公演は、前半の曲は正直どうでも良く
とにかくアイヴズの交響曲第4番がお目当てでした。
この機会を逃したら、この曲は生涯聴くことが出来ないかも・・・という
気持ちもあったと思います。
(事実、この曲は今まででこの日の演奏しか生で聴いた事がない・・・)

東京芸術劇場は、やたら空間が広いような印象がありました。
初めてオケの実際の音を聴いた時は、サントリーホールの時の様な
インパクトはありませんでしたが、サントリーホールよりも残響音が長いような
印象は受けました。だけどぬくもり感は今ひとつだと思います。
響きも決して悪くありませんし、今でも大好きなホールの一つです。
最上階に行くまでは、エレベーターと階段を使用しますが、かなり時間がかかりますよね。
今では池袋駅とホールが地下で直結していますけど、それでも駅を降りてから席に座れるまで
15~20分程度かかるのは少し欠点かな・・・?

アイヴズという作曲家は大分以前から興味は持っていました。
初めて聴いたのは、確か小泉和裕指揮/東京都交響楽団
1988年の定期演奏会だったと思います。
曲は前半が、コープランドの静かな都市 とアイヴズの交響曲第2番
後半がラフマニノフ/交響的舞曲で、ラフマニノフを楽しみに聴きに行ったところ、
思いがけずアイヴズの魅力にひっかかってしまったという所です。
この2番も面白い曲で、例えば第5楽章なんて、フォスターの草競馬などの
比較的有名な曲がどんどん乱入してくるし、聴いていて楽しいと言うか、
日常風景の中に音楽が入り込んでくる楽しさも感じられました。
終楽章の最後の一音は、強烈な不協和音の塊ですが、とにかく斬新です。

アイヴズの4番は本当に難曲中の難曲だと思います。
あまりにも複雑過ぎて正指揮者の他に、第二と第四楽章は副指揮者も舞台上で
指揮をとります。
だから、一つの曲で、同時に二人の指揮者が指揮をするという非常に珍しい
スタイルをとります。
だけど、これはCDで聴いても絶対に分からないと思います。
生の実演で聴いてみて、本当に一つの楽章の中で、全く違ったメロディーが
鳴り響くというか、ホンキートンク状態に近いと言うか、音楽のカオスである事が
よーーく分かりました。
一人の指揮者が弦楽器に指示を送り、弦楽器は一つのメロディーを奏で
もう一人の指揮者は金管楽器群に指示を出し、マーチをぶっ放すという状態で
「混沌」を見事に表現していたと思います。

そんな中、第三楽章だけは、本当に美しいメロディーが全編を貫き、
何だか泣けてくるような音楽になっています。
これはこれで「あざとい」という感じもします。
というか、混沌と混沌の間に挟まれた楽章だから余計に美しく
聴こえるのかもしれません。

東京芸術劇場も最近は中々聴きに行く機会が激減してしまいましたが、
過去においても、

佐渡裕・新星日響/チャイコフスキー 交響曲第5番
小林研一郎・チェコフィル/マーラー 交響曲第1番「巨人」
テルミカーノフ・レニングラードフィル/ストラヴィンスキー 春の祭典
小泉和裕・都響/ローマの祭り
尾高忠明・読響=ピアノ=小山美稚恵 ショパン ピアノ協奏曲第一番

などなど多数の名演と印象に残る演奏を聴かせてくれたホールです。

これからも自分達に数多くの音楽との出会いをもたらせてくれれば
いいなーと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/30-f963bf14
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |