プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1991年の吹奏楽コンクール語りの番外編(?)も今回で5回目・・

そうですね・・・そろそろ次回より本編に入りたいと思います。

だけど、この年の全国大会の中学と高校の部は、個人的な見解なのですけど
この年の課題曲と私自身の「感性」の相性が今一つと言う事もあり、
音楽を聴く上での「集中度」は今一つだったのかも・・・?
この頃は、世間はまだまだ「バブル景気」に半分浮かれていて、仕事も結構ハードでしたから、
かなり「疲れ」が溜まっている状態で朝9:05開始の普門館での演奏は、結構きつかったのかもしれないですよね・・・
そうした中だったから、あの課題曲を聴くのは気持ち的にも少ししんどかったと思います。

だけど・・・

とにかくこの年は、埼玉栄高校のあの歴史的名演を聴けて本当によかったと思います!!

あの演奏は・・・正直・・・今でもよーーく覚えていますし、あの演奏の素晴らしさは、このブログでも
語り継いでいきたいと思っています。

吹奏楽コンクールって、県レベルで微妙に規定とか運営が異なっている場合もあります。
私自身は何度か書いた通り1990年~95年まで山梨県に在住していましたけど、
山梨県の規定では、中学の部に限り「C部門」を設け、ここの部では人数制約一切なしで
関東大会への推薦は無く県大会で終了するという規定があったのは大変面白かったです。
ある学校は50名のA編成で臨み、「アルルの女」をおおらかに演奏したと思えば、
わずか7名で臨んだチームもありました。
この7名の演奏は、正直アンサンブルコンテストと対して変わりがないような気がしますけど、
確か記憶では、小太鼓 クラリネット・フルート・サックス・トランペット・ホルン チューバのみの
特殊編成で、シューベルトの「軍隊行進曲」を演奏してと思います。
そしてこの演奏の面白かったのは、全奏者が全員暗譜で、起立しての演奏スタイルといのが
大変ユニークでしたので、これは今でもよく覚えています。

現在も山梨には、こうした人数制約なしのC部門ってまだあるのかな・・・

そうそう・・・・千葉県にも面白い規定がありました。
記憶で申し訳ないのですが、1987年の千葉県大会では、確か小編成において、
当時は課題曲はA~Eまでの5曲しかなかったのに、課題曲F「なのはなマーチ」という独自の
課題曲を設けていたような気がします。
「なのはな」というのは千葉県の県花なのですけど、なんか可愛らしい小品でしたよね。
何団体のこの課題曲Fを演奏していましたけど、現在残されている録音や記録がないため、
自分の記憶しか媒体がないのは何か少し残念な感じがします。
なのはなマーチ、結構愛らしくて楽しい曲でしたけどね。

千葉県大会というのは、1987年の大会以外一度も聴いた事が無いもので、その後も千葉県吹連が
独自に課題曲の番外編というシステムを設けているか分りません。
だけど、こうした県独自のシステムやアイディアは素晴らしいと思います。

こうした県大会でのローカル大会というと、たまーにですけど、
「え・・・まだこんな曲を自由曲で演奏してくれるんだ・・・なんかなつかしい!!」と大感激してしまう曲に
巡り合ってしまうのが大変うれしいものがあったりもします。
1991年の山梨県大会においては、そうした懐かしい曲がたしか二つほどあったと記憶しています。

一つが、1981年の課題曲Aでもあった「イリュージョン」・・・・!!

というか・・・あんないかにもコンクール課題曲っぽい曲をなんで自由曲として選ぶんだろう・・・?
みたいな疑問も無くは無かったのですけど、
とにかく聴いていてなつかしかったです!

もう一つが、F.エリクソンの序曲「祝典」!!

そうですね・・・この曲は、私のように1970年後半から80年代前半に吹奏楽に関わっていた皆様に
とっては、ある意味「懐メロ」の世界なのかもしれないですよね・・・(笑)
それにこの曲は、私自身の中学3年の時の自由曲でもありましたから、
余計に懐かしかったですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

各県ごとのローカルルールってありましたね。

今では中学と高校は、「大編成の部」と「小編成の部」のみの部門分けが多いと思いますが、秋田県は平成10年頃まで中学はA~D、高校はA~B(もしくはA~C)のクラス分けで、昭和末期までは中学のC~Dクラスに限って人数の制限はありましたが、課題曲と自由曲で演奏者の変更可能という小編成部門にだけ与えられていた「特権」がありました。
当時、両クラスでは秋田県独自の課題曲E~Fの選曲も可能でした。確か主に過去のマーチの課題曲でしたが、何十回記念などの大会では秋田県が生んだ作曲家「後藤洋さん」の曲が特別に作曲されてその部門のみ選曲できる課題曲だったこともありました。
過去の課題曲を後年に自由曲で演奏する団体ももちろんあり、過去の大会で「波の見える風景」・「雲のコラージュ」でコンクールに出場した学校もありましたね。とても懐かしかったですね。
あと、自分が中3のときの学校の課題曲が、管理人様の故郷で高校吹奏楽部の指導者である内藤淳一さんの「吹奏楽のためのインヴェンョン第1番」を選曲してコンクールに出場したのも思い出に残ってます。(秋田では後藤さんの「カドリーユ」が多くの団体で選曲されていました)

あっ、間違いありました。。。

インヴェンョン→インヴェンションでした。
失礼いたしました。。。

序曲「祝典」やりました!
私はたぶんぬくぬく先生より少し後の時代かと思いますが、北海道では80年代半ばにも結構やっていましたね。いい曲だと思います。懐かしい曲名を見たらコメントしたくなりました。

Re: 各県ごとのローカルルールってありましたね。

一秋田県民 様


そうなんですよね! 以前は、B部門とかC部門とかがあったのですけど、最近は大と小にどのブロックも統一されている
感じですね。
現在ですと、昔で言う「B部門」にも「東日本大会」という全国大会みたいな大会もあり、
これは奏者にとってもなんか新しい目標が出来て、なんか羨ましい感じはあります。

後藤洋先生の1976年の課題曲「即興曲」を自由曲に選び関西大会に出場していた女子高というのも
以前ありましたね!
83年の課題曲は、私自身はカドリーユでしたけど、あの曲は意外と難しかったです!
大変うすめに書かれているのでバランス作りが難しかったですね。
内藤先生は、作曲家としての才能は大変優れたものをお持ちですが、指導者・指揮者としては
今ひとつじゃない・・・・今三つぐらいの御方でしたね・・

エリクソン/序曲「祝典」

sankichi1689 様


エリクソンの序曲「祝典」は名曲だと思います!

単純な三部構成なんですけど、あのリズムが執拗なまでに繰り返され最後はそれが更にすさまじいエネルギーとして
再現される感じがとっても素敵でした!
意外とうるうるきちゃいそうな中間部も素晴らしかったです。

こうした吹奏楽オリジナル作品は、永久に忘れられる事なく、誰かに演奏され続けて
ほしいものですね!!

名作曲家、名指揮者にあらず。。。

あぁ~、確か管理人様の投稿で読んだ記憶がありますが、内藤さん自身が自作自演した1983年は宮城県大会止まりだったのですよね。。。
その前年の1982年の課題曲D「サンライズ・マーチ」のトリオを作曲したのも、当時宮城県在住の高校生二人だったと記憶してますが、こちらは全国出場でしたね。「実演は教員が負けて高校生が勝つとは…」と思っていましたね。。。
しかし、後藤さんも同様に悲しい運命になり、確か自作自演した1976年は残念ながら東北銀賞、大後輩たちが演奏した1983年秋田県大会は銀賞、1983年は指導者の交代で既にレベルダウンしてはいたそうですが、どちらの年も「秋田南」・「花輪」の二大巨頭を崩すのは、作曲者が現役もしくはOBでいても容易ではなかったようですね。。。
東日本大会がある今の中学と高校の小編成部門は本当に羨ましいですね。
部員数の関係・校内事情など、かなり高いレベルの演奏なのに支部大会・全国大会に通じる部門への出場を断念していた学校は少なからずありましたが、東日本大会が出来てそういう学校が救われるようになったのは、とてもいいことですね。

Re: 名作曲家、名指揮者にあらず。。。

一秋田県民 様

タイトルの「名作曲家、名指揮者にあらず。。。」はまさに「その通り!」という感じですね!

内藤先生は確かにとってもお人柄がよくて温かみのある先生でしたけど、
荒井先生異動後の内藤先生の下での向山は、ご存じの通りです・・(笑)
サンライズマーチのトリオの元メロディーを仙台一高の生徒が作曲していたのをご存知とは
さすがです!
ちなみにですけど、一高の荒井先生というのは、実は向山の荒井先生の実兄でした・・・
地元では当時「荒井ブラザーズ」と呼ばれていました。
当時高校生だった後藤洋さんが既に50代後半とは・・・なんか時代の流れを感じてしまいますね・・・

作曲家だけど指揮もされる御方で印象的のは故・藤田玄播先生でした。
都大会の職場の部で指揮ぶりを何度か見たことがありますけど、
申し訳ないですが、指揮はとてつもなく下手です・・・
ギクシャクしていてコチコチと硬くて、
まさに「作曲家、名指揮者にあらず。。。」を絵に描いたような方でした。

東日本大会では、実は「隠れた名演」も一杯ありそうですね。
本当に羨ましい限りですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2999-536fa9c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |