プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①でも語った通り、1991年の私は山梨県甲府市在住でした。
社会人になって4年目でしたけど、その若さで(?)都内の支店を無事に(?)追放され、甲府の支店に配属され、
当時自分が在籍した金融機関の行員の間では、
「都内・千葉・埼玉・神奈川以外の店舗はその行員で非ず・・山梨県の店舗に配属された行員は
左遷されたようなもの・・否、あれは島流しみたいなもんだね・・」というのがほぼ共通の認識でしたので、
この山梨に通算6年もいた私は・・・
見事に「非主流派」の冷や飯食い扱いでしたね・・・(苦笑・・)

だけどいいんです・・!!

その①でも書いた通り、1990年~95年に間において山梨在住の頃の世相は、まさに
バブル絶頂→バブル崩壊→不良債権問題の大問題化というまさに「激動」の時代でもありましたし、
1997年の山一證券・北拓・長銀等の破綻という金融機関の超ウルトラ大激震のまさに「前兆」の時期でも
ありましたので、
そうしたまさに「生き馬の目を抜く」東京都内の店を離れていて
「山梨」という非主流派みたいで、都内の店舗に比べるとまだいくらかはのんびりした雰囲気も少しはあった
都内店舗以外の店に在籍していた事は、
むしろ長い目で見るとラッキーな事だったのかもしれないですよね。
ましてやその金融機関は1999年に破綻してしまいましたから・・・

さてさて・・・1991年に私はどこに住んでいたかと言うと、甲府市内のその金融機関の「寮」だったのですけど、
この寮は、全然寮らしくない雰囲気で、どちらかというと「住み込み」みたいな雰囲気が漂っていました。
ま、そりゃそうですよね・・
だってあの寮は、本当に普通の一軒家でしたから・・・(笑)
ま・・実に妙な話ではあるのですけど、
当時金融機関がとある顧客に融資しその一軒家に根抵当権を設定し、担保として取っていました。
だけどその顧客が結局返済が滞り、金融機関として「競売」の手続きを取らざるを得なかったのですけど、
「ま・・売れるまでの間、山梨に飛ばされた若手行員の寮として提供してもいいんじゃないの・・?」みたいな
安直で安上がりな方法を上層部の方が見つけたんでしょうね・・・
(ま・・・当時はバブルの時代とはいえ、寮を一つ建てるだけでそれなりの建設コストは掛かりますからね・・)
一軒家と言っても結構広い家で、
一階は食堂と風呂場があり、居室が4部屋 二階には居室が6部屋もあり、計10人近くがそこに住んでいました。
ご飯は、近所の方に依頼し、平日の夕食のみ調理して頂いていたと思います。
だけどこの一軒家ですけど、基本的にはエアコンも何もないから、夏はあんな甲府盆地のクソ暑いところでしたから、
とにかくも―――、暑くて死にそうでしたし、冬はとにかく寒いし、
エアコンないのは結構堪えましたね・・・(苦笑・・)
会社に「エアコン設置して――!」と要請しても、
「だって・・・いずれ競売で売却決まったら、君たちは即刻出ていくんだよ・・そんなエアコン何て勿体ない・・却下!!」
という感じでしたね・・・(苦笑・・)
しかも・・築年数が相当古かったと思うのですけど、そのせいか年がら年中お風呂の給湯器が故障し、
年間を通してお風呂に入れないという事も多々ありましたね・・・・
そういう際は、近くに「天然温泉+家庭割烹」なんてお店があったもので、よくここに通っていました。

そうですね・・・一応「寮」という名称にはなっていましたけど、
本当に普通の家と変わりがなかったです。
一般的に寮と言うと、外廊下とか内廊下がずらーーっと並んでいて、その廊下に沿って各個室があるという
感じですけど、あの寮は、ごく普通の家と全く同じですので、
「個室」という感じは全く無かったですね・・・
一応ドアとか襖はありましたけど、鍵なんてものは一切ないし(笑)
とにかくプライヴァシーもへったくれも一切なし、「ぜーんぶさらけ出しの公開」みたいな感じでしたね・・・(苦笑・・)
ま・・そうした住み込みみたいな家族的な雰囲気の寮でしたので、
遅い夕ご飯の後には自然に食堂内でほぼ毎日宴会と化してしまうとか、
とてもじゃないけど「女の子」なんて連れ込める雰囲気は一切無いし(苦笑・・)
まさに「住み込み」みたいな雰囲気でした。
そうですね・・・あのプライヴァシーが一切無い雰囲気とかやろうと思えば各自が他の人の部屋を自由に覗き込める
みたいなあの雰囲気は・・
少し古い漫画ですけど、まさに「めぞん一刻」そのまんまの雰囲気でしたね・・・(苦笑・・)

ま・・一つ有難かったことは、古タヌキ・・いや・・先輩たちも一杯住んでいましたので、
当時の金融機関は「融資競争」ばかりを繰り広げ、その融資の審査・実行の際には
決算書分析とか不動産担保明細書作成とかその融資先の個人&法人としての調書作成とか
今後の業績分析とか
結構面倒で厄介な書類がてんこ盛りでしたし、
場合によっては、土日に寮に持ち帰ってこれらの書類も作らないといけなかったのですけど
こうした融資書類なんてものは、当時の新人営業行員にとってはまさにちんぷんかんぷんの世界・・・
そういう時に寮の諸先輩方に色々と手取り足取り教えて頂き
(ま・・・後日、教授代としての飲み代は結構高くつきますけど・・・苦笑・・)
まさにあれは「親分ありがてぇーーー」の世界でしたね・・・

そうそう・・その寮は大変不用心で、平日の昼間なんてのは誰もいないのに
玄関とか窓が開けっ放し・・なんてのは日常茶飯事でしたね・・・
そして当時の営業担当がとあるお客さんから
「うちに飼いきれない猫が一杯いる」なんて話を聞くと、ついつい調子こいて
「じゃーあの寮で引き取りますよ・・」なーんて余計な事を言ってしまい、結果として猫が5匹くらいあの寮内にいたのかな・・・?
そして前述の通り、窓とか各部屋のドアとか玄関とか開いていることが日常茶飯事でしたので、
いつの間にかも自分の部屋に猫が遊びに来ている・・なんてこともよくあり、
ひどいときには、夜、「あれ・・なんか動いているものがいるな・・」と目が覚めると
布団の上にネコが寝そべっていたとか、
目が覚めると目の前にネコが横たわっていたとか
そんな話はしょっちゅうでしたね・・・(笑)
ま・・・一番困ってしまったのは、その猫ちゃんたちがどっかから「ノミ」を貰ってきて
寮内にノミが大量発生し、
寮生の足がほぼ全員ノミに食われて真っ赤の発疹が出来てしまった・・なんて笑えない話もあったもんでした・・(苦笑・・)

ま・・だけど結果的にこのポンコツ寮も、当初の話通りというのか予定通りというのか、
1992年の春先には「競売」が決定し、
全員この寮は追い出されてしまい、あとは各自が勝手にアパート等を借りる事になり、
これであの「エアコン無し地獄」からは解放されたのですけど、
同時に・・・
なんか「寂しい気持ち」はあったのも事実ですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2991-4ec78fe9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |