FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6月の記事の中で先日N響を客演指揮されていたL.スラットキンについて記したのですけど、
Eテレの日曜PM21:00から放映されているN響の演奏会を収録した番組において、計3回に渡って
このスラットキン指揮による演奏が放映されていました。
1回目がこのブログでも記しましたけどプロコフィエエの交響曲第5番、二回目がブラームス
三回目がマーラーの交響曲第4番でした。
以前から何度も書いている通り、私自身は日曜出勤のため、日曜PM21:00以前に帰宅している事は
正直・・あんまりないかもですし、
日曜の帰宅時には、真っ先に録画しておいた「プリキュア」を見てしまうため、
中々まともにこのN響の番組を見る事も少ないのですけど、自分が興味がある曲とか大好きな曲が放映されていると
まともに見ちゃう時もあります。

6月の記事の中で「スラットキンがいつの間にか巨大化した風貌になっていて、なんだかトランプ候補みたい・・」とか
何とか書いていましたけど、
まったく失礼しちゃう話ですよね・・・(苦笑・・)
このポンコツ管理人は一体何を考えているのでしょうか・・・?
それと・・・1回目のプロフィエフの際は「なんか巨大化した・・」とも感じたのですけど、
意外な事に3回目の6/19のマーラーの際には、そんなに体格が巨大化した・・という印象は感じなかったのは
なんか不思議なものでした・・・

ま・・そんな訳で、今回はこのマーラー/交響曲第4番について簡単に記事にさせて頂きたいと思います。

マーラーの交響曲第4番は、正式タイトルはありません。
以前、読響と東京フィルの定期演奏会でこの曲を聴いた時、プログラムの表記で
「大いなる喜びへの讃歌」とありましたので、
それ以降何か自分自身もこのタイトルが気に入ってしまい、
ついついマーラー/交響曲第4番「大いなる喜びへの讃歌」と書きたくなってしまいます。
この交響曲が作曲されたのが1900年丁度で、まさに19世紀最後の年のシンフォニーです。
そして・・・マーラーは20世紀最初の年の1901年にあの第四楽章・アダージェットであまりにも有名な交響曲第5番を
作曲しています。
というか・・・このマーラーという御方は・・・
20世紀最初の交響曲の第一楽章冒頭をいきなり「葬送行進曲」風のトランペットのソロによるファンファーレで
開始させてしまう辺り、いかにもこの人らしいなぁ・・・と改めて思ってしまいます。
あ・・・そうそうこの交響曲第4番は大変意外かもしれませんけど、
世界初の全曲録音は、1930年5月28日・29日に近衛秀麿指揮の新交響楽団(現在のNHK交響楽団の前身)によって
果たされています。

マーラーの交響曲と言うと、一般的には・・・

〇「訳が分からない・・・難解・・・」

〇「感情の起伏が激しすぎ・・・突然怒りの表情を示したかと思えば、次の瞬間には泣き崩れていた・・」

〇「何か精神分裂症の音楽みたい・・・」

〇「聖なる部分と俗なる部分の落差が激しすぎる」

〇結局何を言いたいのかよく分からない・・・」

〇「複雑で曲があまりにも大規模過ぎて親近感に欠ける」

みたいな意見が多いと思います。

ま、確かにそういう意見は「確かに・・・ごもっとも・・・」としか言いようがない部分もありますし、
特に交響曲第6番~8番とか2番の復活あたりは
そうした指摘も当たっているような感じもします。

だけどそうしたマーラーの交響曲の中で例外的な位置づけが
この交響曲第4番「大いなる喜びへの讃歌」なのかもしれません。
この曲は、演奏時間が一時間を超える曲ばかりのマーラーの交響曲の中では
例外的に短く55分前後です。
(一番短いのは53分前後の巨人かな・・)
そしてこの交響曲の最大の特徴なのですけど、
使用する楽器の中で、トロンボーンとチューバという低音金管楽器を外しているため
「重量感」みたいな印象を回避し、天国的な色彩を強調している点が際立っていると思います。
だからこそ、第三楽章ラスト近くのクライマックスの部分でも
重厚感ではなくて、「天高く天女が舞い上がる」みたいな爽快感を感じさせてくれます。
この第三楽章ラストのクライマックスでは、
ティンパニー奏者の撥4本による「叩き付け」は極めて効果的で、演奏を引き締める効果も持っています。
あの場面のティンバニ奏者は、右手と左手にそれぞれ二本ずつの撥、計4本の撥で壮大に叩きつけをしていますけど、
あれは何度生で見ていても「かっこういい・・・!!」と惚れ惚れしちゃいます!

この交響曲の冒頭は、何と「鈴」をシャシャシャと控えめに鳴らす部分から開始され
この曲が何か「メルヘンチックだな・・・」と聴き手に感じさせるには十分な効果があると思います。
この鈴は第四楽章でも再現されます。
交響曲のジャンルで「鈴」を用いるのは極めて異例で、
他に鈴を使用した例と言うと、L・モーツアルトの「そりすべり」くらいしか思いつきませんけど、
マーラー自身も、この曲は
「今までの自分の曲とは何か違うものがある」ということを冒頭から聴衆にアピールしたい意図もあったのかも
しれませんよね。
ちなみにこの曲の初演は大変不評だったようですが、R.シュトラウスがこの交響曲の再演と指揮を希望し、
この第一楽章の冒頭の「鈴」という特殊楽器を使用させるために
わざわざR.シュトラウス宛にマーラーから小包を発送したというエピソードも残されています。
ま、こうした特殊楽器を一旦スコアに買いてしまうと、
後世の演奏家とか指揮者とか楽団事務スタッフがその特殊楽器の調達に苦労するという話の先駆け
みたいなものですね・・・

第二楽章は、ヴァイオリンによる不気味なソロがありますけど、
この部分は、通常は普通の楽器より高めに調弦されたやや甲高い響きの楽器を使用し、
この為、このソロを担当するコンサートマスターは、この部分のためだけにもう一台ヴァイオリンを
用意しておくことが多いみたいです。
この部分はマーラーは、「死神が私と踊る」と記したそうですけど、
まさにそうした表現がぴったりの箇所です。

第三楽章は20分近くと長大なのですけど
終始ゆったりとした音楽です。
この楽章は私も大好きで、
確か1999年のパスカル=ヴェロ指揮/新星日本の演奏では、この部分のテンポを極端に落とし
異常にゆっくりとした音楽を展開していきましたけど、
何か聴いていてこの時の演奏は妙にじーーんと胸にくるものがあり、
涙線を妙に刺激させられるというのか、聴いていて「溢れる感情の高まり」に
自分自身が驚いたしまったという経験があります。
この楽章はオーボエのソロが極めて印象深く、それをバックで支えているファゴットが実にいい仕事をしているのが
大変印象的です。

第四楽章でソプラノのソロが入ります。
実はマーラー自身は、交響曲第3番「夏の朝の夢」を作曲中、最初の構想として
「3番は7楽章構成にしよう」と考え、第7楽章目に現行の交響曲第4番第四楽章の部分を使おうと
予定していました。
だけど結局あまりにも3番は長すぎ
(第一楽章で既に40分を使ってしまうし、第6楽章終了時点で既に演奏時間100分になってしまう・・)
交響曲第3番は6楽章構成とし、
未使用の7楽章部分をそのまんま交響曲第4番第4楽章として使用した経緯があるのが
何とも言えず面白いものがあります。
ちなみに第一楽章では、なぜか唐突に次の交響曲である第5番第一楽章の「葬送」の部分が
紛れ込んだりもします・・・

第4楽章のソプラノのソリストをいつ舞台に出すかと言うのは、指揮者によってまちまちです。
私が初めてこの交響曲を聴いた時(シュワルツ指揮/東京フィル)、
ソプラノを第一楽章からずっと舞台上で待機させていましたので、
ソプラノの人は、約45分程度ひたすら自分の出番を舞台上で待機している状態でしたので、
こちらも何か気の毒な感じはしました。
ほとんどの指揮者の場合、大抵第三楽章からソプラノを舞台上に待機させるというパターンが
多いのですけどね。
中には・・・第三楽章を閉じたと同時に、舞台袖からソプラノ歌手がゆっくりと歩きながら、第四楽章を
歌いだすという演出をされていた指揮者もいました。

ま、この辺りは指揮者の考え方というのか解釈の違いもあるのかもしれないですよね。

そしてこの第四楽章のソプラノ歌手がメルヘンチックに歌い上げているその歌詞なんですけど、
あれは・・・実は結構グロテスクです・・・
あんなメルヘンに溢れ、まるで「天国」みたいな音楽みたいに聴こえる歌声の歌詞がまさかああした内容とは・・と
最初にあの訳詩を読んだ時は、正直びっくりしたものです。

ちなみにその訳詩を一部抜粋してみると・・・

ヨハネは仔羊を小屋から放して、
屠殺者ヘロデスはそれを待ち受ける。
我らは寛容で純潔な
一匹のかわいらしい仔羊を
死へと愛らしいその身を捧げ、犠牲にする。
聖ルカは牛を
ためらいもなく、犠牲にさせなさる。
天上の酒蔵には、
ワインは1ヘラーもかからない。
ここでは天使たちがパンを焼くのだ。

牡鹿や兎や
みんなそこの辺りを
楽しそうに走り回り
獣肉の断食日がやって来たら
あらゆる魚が喜んでやって来る!
ペテロ様が網と餌とを持って
天上の生け簀へと
いそいそといらっしゃる。
マルタ様が料理人におなりになるのだ。

ま・・・マーラー交響曲自体が、生=死、昼=夜、現実=理想といったある意味「対称性」をテーマにしているような感じも
するので、そういう意味においては、まさしく現実=理想、現世=天国の対称性をもしかしたら
意図しているのかもしれないですよね。

最後に・・・・これは私個人のお勧めなのですけど、
もしもマーラーの交響曲について興味があるけど実はまだマーラーを聴いたことが無いという御方は
是非是非・・・この4番かもしくは1番の「巨人」から聴き始める事をお勧めしたいと思います。
4番は大変わかり易く親しみやすく書かれていますので、
「マーラー入門編」としては最適と言えるのかもしれませんよね。
そうそう・・・間違ってもいきなり、第6番・第7番・第9番から聴き始める事はお勧めできないですね・・・
特に・・・6番を一番最初に聴いてしまうと多分ですけど・・・
「マーラー、大っ嫌い!!!」みたいな印象を持ってしまうのかも・・・??

ちなみにですけど、ま・・これは過去記事でも散々書いていますけど
私のマーラー初体験は、実はやっぱり吹奏楽コンクールでした。
一番最初に聴いたのが1982年の東北大会の八戸高校の1番「巨人」第四楽章で、
二回目に聴いたのが・・磐城高校の第3番第一楽章という感じで・・・
そうですね・・・いかにも自分らしいなぁ・・と思ってしまいますね・・・・(笑)

ちなみに・・・原曲を初めて生のオーケストラで聴いたのは、5番でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2990-4ca6f07b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |