プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私が吹奏楽団の現役奏者を引退したのが1987年・・・
87年をもって10年間、小学校の管楽器クラブを含めると12年間の吹奏楽生活から足を洗う事に
なったのです。
その最後の年の吹奏楽コンクールは、ま・・・過去記事で散々書いているのですけど、
東京都大会・大学の部予選会にて屈辱的な「銅賞」で幕を閉じてしまい、
「え・・・マジかよ・・・、10年間出場し続けた最後の吹奏楽コンクールで銅賞を取るなんて・・・」と
当時は号泣(→マジです!! 私が人前で涙を流したのは、もしかして・・・この時が最後なのかも・・・??)したものです・・・
そうですね・・・・
中一の一番最初のコンクールがタイムオーバー・失格
大学4年の最後のコンクールが銅賞・・
うーーむ、私の場合、始まりも悪ければ終わりも最悪・・・という感じでしたね・・・(苦笑・・)

だけど・・最後のコンクールで演奏した課題曲がAの「風紋」でして、
実はこの課題曲は長い吹奏楽コンクールの歴史の中でも屈指の名課題曲の一つとして名高い曲ですし、
私自身演奏して、なんともいえない「感情」が時に自然と湧き上がる本当に情感たっぷりの曲だと思います。
この課題曲が私の「最後の吹奏楽コンクールの課題曲」となったのですけど、こんな素敵な課題曲で
有終の美を飾る事が出来た事は本当によかったと思っています。

そして・・・この翌年・・私が現役奏者を引退して次の年の吹奏楽コンクール課題曲は
またまた難しい曲のオンパレードでしたね・・・
だって・・Aの「深層の祭り」なんて・・・楽譜を見た瞬間・・・「自分には吹けない」と直感したものでした・・(苦笑・・)
Bの「交響的舞曲」もクラリネットのあの神経質そうな指の動きは・・やっかいそうですね・・
Cの「スタウト&シンプル」もマーチなんだけど、全然マーチらしくない上に演奏効果は大変上げにくい曲・・・
うーーむ、こうやって自分が楽に吹けそうな曲はDの「カーニバルのマーチ」だけだったのかも・・??
だけど、私・・・実は10年間の吹奏楽コンクール出場歴の中で課題曲に「マーチ」を吹いたことは、実は一度も
ありませんでした・・
1988年の課題曲に関しては・・過去記事でも書きましたけど、個人的にはAとCが大好きです。
嫌いなのはBかな・・

さてさて・・・

1991年と言うと、その時点では私はもう既に社会人4年目・・・

その0でも書いた通り、私はその当時は山梨の甲府に左遷中(??)でした・・・・(笑)

楽器のプレイヤーとしては既に4年近く全く吹いていない状態でしたので、多分この頃は・・・
もう楽器なんて音すら鳴らない状態になっていたのかもしれないですよね・・・

この年・・・1991年の課題曲ですけど、うーーん、そうですね・・・・自分にとっては「はずれ年」でしたね・・

というか前年の1990年の課題曲4曲がどれも素晴らしすぎたのだと思います。
あの90年度の完成度の高さに比べると91年は、そうですね・・・・
「力作揃いなんだけど、なんかちょっとね・・・」という感じの曲が多かったという印象ですね。

Aの「斜影の遺跡」は、そうですね・・あれ今の感覚で聴いてみてもやっぱり全然わからないです・・・
あの曲、結局何を言いたいのでしょ・・??
だけど、埼玉栄高校と土気中学校の演奏は素晴らしかったと思います。
そして・・意外な所では福岡県の中間東中の演奏が相当ユニークだったのが今でもよく覚えています。
坊主頭のトランペットセクションが盛り上がる部分で何度か全員「ベルアップ」をして演奏効果をあげていたのも
大変面白かったです。
Bの「コーラルブルー」はとにかく「鳴る曲」という印象が強かったです。
あの課題曲の打楽器の複数楽器持ち替えは見ているだけでもとにかくせわしそうでした・・
大抵のチームはあの課題曲を吹くと音量過剰になってしまう傾向が強く、
そうですね・・・
私としてはもう少し「ゆったりとした南国情緒」が聴きたかったです。
Cの「ロックンマーチ」は、一体あれのとこがロックなのかな・・という印象は当時も今も変わりがないです・・・
Dの「そよ風のマーチ」は、演奏するチームによっては音量過剰になってしまい、
「そよ風」ではなくて「台風襲来」みたいな感じの演奏が結構多かったような感じもありました。
課題曲Dで一番素敵に感じられたのは、私にとっては浜松商業でした。
大学の部で登場した徳山大学は、30人程度の大学の部では珍しい少人数で、しかもクラリネットが4本だったかな・・・
だけどその4人が極めて優秀な奏者が揃っていたため、自由曲の「パンチネルロ」と合わせて
少人数とは思えないとてもシンフォニックな響きなんだけど、同時にとつてもスマートで洗練された響きだったのは
大変印象的でした!!

そうですね・・・この年の全国大会では、とにかくこの課題曲を聴くのが例年に比べて
結構苦痛だった印象がありますね。
Bを選んだチームのオーバーヒートの演奏には、結構耳が痛かったですし、
Aの技術的な完成度の低さに頭を抱え込む演奏も結構多かったような気もします。
だからこそ課題曲Dが流れるとなんとなくホッ・・としたものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

楽しみにしていました90年代に突入。
ご存知のとおりリアルタイム世代です。

自分としては、コーラルブルーか、ロックンマーチを演奏してみたかったのですが、結局のところ、そよ風のマーチになりました。
(確か、課題曲を選ぶときにコーラルブルーをさらっと演奏した記憶がありますが、編成上多分ムリだったのかもしれません)

自分は大学・社会人で6回出場しましたが、マーチ4回、非マーチ1回(大学1年の時は一般B部門で出場したので課題曲なし)だったので、ほぼマーチばかりでした。

もし、今もコンクールに出るとなると、多分マーチを希望するかも知れませんね。

そういえば某tubeで、当時の動画が(音声のみ)アップされていましたので、暇さえあれば再生して当時を懐かしんでいます。

91年・パンチネルロ

某大学の卒業生 様


そうそう・・これは予告ですけど、多分来週あたりの記事リードの「パンチネルロ」の事も思いっきり
書かせて頂く予定にしております。

90年代は、私自身はプレイヤーからは足を洗っていて、既に「聴くばかり専門」になっていましたけど、
やはりコンクールにおけるマーチの演奏はなにか「ほっ・・」とするものがありますね!
そうですね・・・
是非コンクールで吹いてみたいのは、93年のマーチ「エイプリル・メイ」ですね!!

3月4月5月

自分の中でもマーチ・エイプリル・メイは名曲だと思ってます。(実際に演奏しました)

でも、当時はフルートが不在でしたので、E♭クラ1本(多分フルート代用?)とB♭クラ2本で演奏しました。

多分、全国大会でフルートなしで出場チームって珍しいのでは?と思うことも。

パンチネルロ、楽しみします。

あらま、タイムオーバーでしたか。。。

管理人様の学生時代をトラウマを思い出させるようで申し訳ないんですが、いきなり最初からタイムオーバーは悲しいですし、キツすぎますね。。。
そういえば自分が中高生のときの近隣の高校の吹奏楽指導者で、7年間の勤務の中で県内地区予選大会で2回、県大会で1回のタイムオーバーをした強者指導者がいましたね(苦笑)。
当時の教え子さんたちからは「タイムオーバー顧問」・「コンクールトラウマ顧問」というありがたくないイメージをいまだにもたれているようです。。。
あと、1994年と1998年の課題曲はとても演奏時間の長い曲ばかりでしたが、どこも自由曲の選曲とカットに難儀していて、「なんか演奏時間長くないか…?大丈夫?」と聴いている側がハラハラしまう年だったのを思い出します。

Re: 3月4月5月

某大学の卒業生 様


マーチ「エイプリル・メイ」は私も大好きな課題曲の一つですし、
まさに名マーチの一つですよね!
99年の「レィディアントマーチ」とか97年の「五月の風」も大好きですけど、
クラリネットにとっては結構難しい曲なのかも・・・?

やっぱり、マーチは、シンプル イズ ベストが何よりですよね!!

オーボエ・ファゴットがない学校は決して無くは無いかもしれないですけど、
フルートが無いというのはさすがにレアな事例ですよね!

ちなみに自由曲は・・・

一秋田県民 様


ちなみにですけど、タイムオーバーの際の課題曲がジュビラーテ、自由曲はチャイコフスキーのスラブ行進曲でした。

スラブ行進曲は一か所のみのカットにしたのが敗因だったのかもしれないですね・・・
規定により2.5秒オーバーで失格したのですけど、
正直・・・当時の私は、なんだかキツネにつまされたような感覚でしたけど
三年生は・・・
ほぼ全員泣き崩れていましたね・・・・

94年の際は、自由曲がみな一様に4分半程度でしたので、今では絶対にあり得ない選曲も
色々と見られ、それはそれで楽しかったです。
軽業師の踊りとかキャンディード序曲が自由曲何て今後は多分ありえない話なのかもしれないですね。

社会人バンド時代にレイディアントマーチ演奏しました
ただし、B♭管ではなくバスクラでした。

個人的にはレイディアントについてはバスクラの存在意義があまり感じられなかった気がします。

中間部のフルートとのユニゾン以外はほぼ他のベースパートと丸かぶり(パート的にはファゴットも一緒)。

自由曲(ぐるりよざ)でB♭クラと持ち替えをしてたので、レイディアントも持ち替えでもよかったとは思ってはいましたが。
(B♭クラが4人しかいなかったので余計にそう思ったりもします)

レィディアントマーチ

某大学の卒業生 様


レィディアントマーチ、何だかなつかしいですね!
この曲の「鋭さ」は、95年の課題曲ⅠのラメセスⅡ世のある「クラリネットの鋭い響き」と
何か似ているような感じもありました。
「ぐるりよざ」は大変な名曲ですけど、あの曲の爆発的エネルギーをクラリネット4名では
結構大変なものがありそうですね!

持ち替えは本当に色々と大変ですよね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2989-518b8398
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |