プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1991年と言うと平成3年・・・
その頃、私はどこで何をしていたのだっけ・・・??
当時はある地方銀行在職で、
1988年~89年の内勤を経て1990年初めは、葛飾支店在籍だったかな・・・・
当時在籍していた銀行は
(現在は破綻し存在していません・・、破綻時は1999年7月だったのですけど、
 まさにあれは・・・・ノストラダムスの大予言の1999年7月恐怖の大王到来と同じ時期でしたね・・・苦笑・・)
その当時、入行して1~2年目の行員は、
まずは一つの支店内で三か月程度、いわゆる「飛び込み営業」をやらされます・・・
ま、アポなしの突撃訪問というか、純粋な新規開拓営業セールス訪問ですね・・・・
大体一日300軒くらい飛び込み訪問をやって、ほぼ全権お断りの拒否反応・・・という感じですので、
これって、若手がやると結構辛いものがありまして、
ま、私自身もあの体験は・・・
うーーーん、結構「痛くて辛い経験」でしたけど、
結果的に1.世間の厳しさ 2.営業職の難しさと奥の深さ 3.世間は意外と冷たくない・・・・人情味もある
という事が分かっただけでも
かなりの「収穫」もありましたね・・・

ま、「葛飾」という都内屈指の「下町」というせいもありましたし、
(なんかいかにも町全体が「寅さんの街という風情はありました!!)
当時は、現在のような「テレビモニター付きインターホン」が今ほど普及していないから
鍵が掛っていないドアを開けて
「こんちはーー」という展開がいきなり可能ではあったというある意味「幸運」はありましたね・・・・
ま、現在ああいう飛び込み営業をやれ!と言われても、多分多少は出来るとは思うのですけど、
恒常的に続けていける正直出来る自信は全く無いですね・・・・

ま、だけど、
当時はそれどころではなくて、
要はその「飛び込み営業」で一定以上の成果を出さないとも次のステップへ進めないという事情があり
(その金融機関は、そうした飛び込み営業で一定の成績を残さないと
正式な形での営業担当としての辞令は貰えなかった・・・)
とにかく会社が求める成果を出す事に四苦八苦していましたね・・・
しかも・・・・その「成果」というのは大変ハードルが高く
当時はバブル絶頂という時代背景もありましたけど、
「預金の獲得」という簡単なものではなくて「融資案件の実行」というものでしたからね・・・・
あれはホント、難題でしたね・・・・
だって25歳程度の若いあんちゃん行員が飛び込みで
「お金を借りませんか・・・?」と言ったって
胡散臭い顔されるのが落ちで、ほとんどが
「はぁ・・・、お前何寝惚けた事言ってるんだ・・・帰れ、帰れ・・・!!」でしたからね・・・・(苦笑・・・)

ま、結果的にどうにかこうにかその「成果目標」を達成出来たと思ったら・・・・

いきなり支店長に呼ばれて・・・・

「はいはい、ご苦労さん・・・
君ね・・・確か地方出身で寮に入っていて独り者で次男だよね・・・・
そういう人材を甲府の支店が求めている・・・
行ってみないか・・・?
なーに、こんな都心店舗で苦労するよりも山梨県内の支店は目標も低めに設定されているし楽でいいよ・・・
山梨は都心よりはのんぴりしているよ・・・
なーに、2年でまた戻ってくるさ・・・」

と見事に(?)たぶらかされてしまい・・・・(苦笑・・・)

結果的に・・・・

6年近くも「山梨県の支店」に居座る羽目になってしまい、
「この若さで左遷・・・」・「既に冷遇コース・・・・??」みたいに感じになってしまいましたね・・・・(苦笑・・・)

時代はバブルの絶頂期からバブルの崩壊へ、融資量の拡大競争から抑制、そして貸し剥しへ
シフトしていった丁度金融機関の方向性が変わろうとしていた時代でした。
当時自分が在籍していた銀行の支店の大半は首都圏に集中し、なぜ山梨にも支店を出すんじゃ?
という感じでした。
ただ、どうでしょう?・・・結果的に振り返ってみると90年代前半の異常な各金融機関の融資拡大競争の
中で、生き馬の目を射抜く都内の支店に在籍していたら、自分なんかは、正直心身ともに
持たなかったと思います。あの異常なノルマをこなす事は到底不可能だったと
思います。

山梨県は、東京の隣の県で、たかだか特急で新宿から一時間半の所なのですが、
「何でこんなに山梨は田舎なの? 本当にここは関東?」と感じる位後進性が顕著な地域でした。
住んでいる人の言葉がまず全然違うことに、当時は違和感どころか
カルチャーショックを感じました。
山梨の言葉の基本的な語尾は、「・・・ずら」なのです。
(「ずら・・」という言葉は静岡方言かと思っていたら山梨にも息づいていたのですね。
 ちょっと古いアニメですけど、「ドカベン」で登場してくる殿馬と毎日話しているような感覚です。)
肯定形の場合の語尾は「・・・・し」で、否定形の場合の語尾は「・・・ちょし」
なのです。
例えば、標準語で「行け」は、山梨では「行けし」
「行くな」は、「行っちょし」という風な感じです。
他にも、標準語で「せわしい」→「やせったい」
「奥様・家内」→「おんなし」などなど例を挙げれば切りがありません。
他にも・・・・
へちょごむ→ 座り込む 、つるしんぼう → 干し柿 、ちょべちょべ → 口が軽い 、 すいよろ → お風呂、
じょける → ふざける 、おぼこさん → 蚕 なと゜いろいろありましたね・・
とにかくあの独特な甲州弁に慣れるには一年ぐらい掛かったのかも・・・??
東京の言葉と言うと、確かに「江戸っ子の江戸弁」というのは、早口でまくしたて気風がいいとか威勢がいいみたいな
感じですけど、全体的には洗練されているという印象が大変強いです。
だけど・・・甲州弁は言葉がきついし、言葉のニュアンスに独特のトゲがあり、言っている本人にそんな意識は無くても
甲州弁を全然知らない人間にとっては、
「え・・・この人・・一体何を怒っているの・・・? なんか・・私・・・失礼な事言ったのかな・・・??」みたいな意識が
大変強かったですね。

戦国時代から甲州の伝統的な近隣内のお金の貸し借り制度である「無尽」というシステムが、その当時においては
(ま・・飲み会という交流的側面が強い面もあるものの)
いまだに定着していたことは、金融機関に勤める者にとっては、カルチャーショックでした。
バブルの崩壊時はどこもそうだったと思いますが、
お金を借りても期日に適切に返済しない延滞者が、他の支店に比べて異常に多く、
債権管理・督促に本当に手を焼いていたのも、ま・・痛い思い出の一つですね・・・

だけど、人間的には(言葉は荒っぽくきつくても)温かい人が多かったのも事実で、
自分自身、当時は、田富・玉穂・甲西・若草・白根・増穂・鰍沢・八田・下部・六郷・
市川大門・身延・早川・豊富・中道・境川などの甲府からの遠隔先を担当し、
お客様の中にも農家の方も数多くいて、
当時保険ローンとかアパートローンとか大口預金とかのお願いによく通ったものでしたが、
結果的に、ダメな場合でもお土産にブドウとか桃をよく貰ったものでした。

そして帰店後に、
支店長・営業課長などから、「おー、今日はどうだった、融資情報は取れたか、預金獲得は出来たか?」と聞かれ、
「すいません、取れませんでした。だけど預金は貰えなくても、ブドウは
貰ってきました!!」と報告しても、口では「ばかもん!」と怒られるけど、店内が笑いに包まれるなど、
都内の店舗では少し考えられない、少し「のんびりとした雰囲気」が
あった事は救いでした。

山梨の定番的なお土産と言うと、信玄餅・ほうとう・煮貝・印鑑・宝石などが有名ですが、
個人的には、信玄桃というお饅頭や山梨ロマンロールケーキの方が好きです。
ワインも当然美味しかったです。

富士山と言うと静岡というイメージがありますが、実は富士山の半分程度は山梨県に位置し、
毎朝甲府からも、俗に言う「裏富士」の光景は拝めました。
だけど、夏は本当に暑かったですね。
感覚としては、八王子・埼玉県熊谷市と変わらない感じがします。
夏場は、毎年夏バテして、ざるそば・枝豆程度しか喉に入らなかった記憶もあります。

山梨県の吹奏楽は、1980年代中盤までは、中学の部が比較的健闘していて、
明見中・大月東中・甲府南西中が、全国大会にもしばし出場していました。
だけど、自分が山梨にいた頃はねこれらの学校の指導者の転任などにより
没落し、全体的にも非常にレベルが低くて、山梨県大会を初めて聴いた時は、
その低レベル・お粗末さに愕然としたものでした・・・
(山梨の復活は、21世紀以降の敷島中まで待たなくてはいけない感じでしたね・・・)
ちなみに、敷島中の指揮者の大島先生が、かつてB部門で出場していた頃、
笛川中学校と言う当時でも珍しい「組合立中学校」という学校において、
飛鳥・火の伝説・斑鳩の空・ぐるりよざは、音楽的にも相当高い水準で、
この演奏だけは今でも印象に残っています。
確か、火の伝説では、最後に金属タライをゴーーンと響かせていたアイディアは面白かったと
思いますし、「ぐるりよざ」のⅡの唄のラストの魚版叩きつけは大変インパクトがありました。

→その0.5に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2983-c843dd3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |