FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


学生時代に、吹奏楽部以外の人たちからは
「こんだけ毎日楽譜を眺めているのだから、楽譜を渡された瞬間に演奏できちゃうんでしょ・・?」とか
聞かれたことは何度かあるのですけど、
そうですね・・・・
私、実はパート譜を渡されてすぐに初見で吹くと言う芸当はほぼ・・・・というか全くできなかったですね・・・(苦笑・・)

部内には結構何人もの人たちが、楽譜を貰って見たと同時に吹けちゃう人がいたりもして、
高校の頃も大学の頃も、そういう人を見るたびに
「この人、本当すごいな・・」と感心したものです。
「初見で吹ける」という事は何を意味するかと言うと、要は「パート譜」を見たと同時に
楽譜に書かれている音符を瞬間的に脳内でメロディー化し、それを即楽器を媒介として音にしていくという過程
なのですけど、
ま・・・たいていの人は・・・
1.楽譜を読み込む力が無い
2.楽譜を読み込んだとしてもそれを実際に「音」にするテクニックが無い
という原因により、初見で吹く事が中々出来ないという事になるのだと思います。

私なんか・・1の能力も2の能力も全く持っていなかったものでして、とにかく「初見」で吹くことは
本当に苦手でした・・・
そんなに技術的に難しい曲でなくても、初めて目にした楽譜を「音の流れ」として即座に掴むというのは
本当にダメでした・・・
一応・・・楽譜自体は多少は読めると思うのですけど、
書かれている楽譜を音にする事はとにかく苦手と言うかからっきしダメでしたね・・・
高校の頃もそうですし大学の吹奏楽団の頃も、同じパート内でそうした初見能力が長けた人に
まず一度パート譜に書かれている音を実際に「音」として吹いてもらえれば・・・
又は、その曲の全体の演奏をCDやレコードとして一回でも聴いて、
全体の流れ・雰囲気を掴むことが出来れば、初見ではだめでも、その後の演奏は何とか吹くことが出来たものでした・・・

そうですね・・・
一見何が書いてあるかよく分からないパート譜でも、一度とにかく誰かが実際に「音」にしたのを耳にすれば、
その後はなんとかなっちゃう・・という感じでした。
だけど私・・・初見演奏もダメでしたけど、暗譜といってスコアを見ないで吹く事も全然苦手だったもので、
結局は・・・右目で指揮者を見て、左目で楽譜を追いかける・・・
本番の演奏も中一から大学4年の頃もずーーっとそんな感じでしたね・・

楽譜には「パート譜」と言ってその一人一人が担当する楽器の楽譜と
「総譜」と言ってパート譜を一つにまとめたものの二種類がありまして、
この「総譜」は、1ページにそうですね・・・大体全部で20前後くらいの楽器が縦にずらーーっと並んであって
横にその各楽器のパート譜が1ページあたり大体10小節くらい記入されています。
だから・・総譜というものは、10分程度の曲であっても40ページぐらいにはなっていたのかな・・・・?
よくプロのオーケストラの演奏会でもも指揮者によってはこの「総譜」を指揮台の上にセットして、
指揮しながらこの総譜をめくっている方もいますけど、
あれって・・・指揮棒を振りながら同時に総譜をめくっていきますので結構大変なのかも・・・・?
短い曲ならいいのですけど、45分くらいの「交響曲」なら、まるで「一冊の本」みたいな分厚さになってしまう事も
あるようですね。

前述の通り、私、初見演奏が苦手で、つまり…初めて目にした楽譜を即座に音楽として頭に描くことは
全然苦手だったのですけど、
一度その曲を聴いてしまって全体像をどうにかこうにか理解すると、
総譜を見ると、各パートの役割とか全体と個々の位置づけとか何となくですけど理解できたような感じになれたのも
不思議なものです。
「総譜」というものは価格的には結構高いのですけど、
出版社によっては「ポケットスコア」みたいなちびっこいサイズのミニ総譜も売られていたりもしていて、
例えば、ベートーヴェンの交響曲第7番とかムソルグスキー作曲(リムスキー・コルサコフ編曲)のはげ山の一夜なんかは、
今はもう多分無理ですけど、
むかーーしは、そうした曲を聴きながら同時にそうしたポケットスコアを読み込み、
総譜を追いかけながらなんとなくわかったようなわからんような気分になりながら、
ちょっとした「自分ってすごいじゃん・・」みたいな軽い優越感に浸っていたりもしていたものでした・・・(苦笑・・)







dc285d1e_convert_20160618174735.jpg



そう言えば、スイートプリキュアの北条響も、物語開始の頃はスポーツ少女みたいな雰囲気で、
将来はスポーツ関係の仕事に就きたいみたいな事を言っていましたけど、
物語が進行し後半になるほど、「音楽」に対して真摯に向き合っていく描写が増えていき、
最終回では、響の父親でもある団先生から結構本格的なピアノのレクチャーを受けているシーンが
とっても印象的でした。

もしかして・・・響もスコアを読み込む事は色々と苦労をしたのかな・・・?

だけど響きは腐っても団先生の一人娘でもありますから、父親と母親のあの優れた音楽の遺伝子は
受けついているはずですし、
もしかして・・「絶対音感」とか「初見演奏」というのは元々お茶の子さいさいという感じなのかも
しれないですよね。

余談ですけど、響と団先生の横には、なぜか・・大太鼓とペダルティンバニが置かれていたのは
なんかいかにもスクールバンドの音楽室みたいな雰囲気も感じられました!! (笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

初見って

むかし、むかしの中部日本吹奏楽コンクールでやらされた記憶が有ります。中学生の小編成だったんですが確か課題曲代わりに有ったと思います。

やらされたって表現は悪いんですが、楽譜を配られて1時間位の練習時間が有ったような・・・?
とにかく昔の事で記憶が曖昧なんですが、有ったのは間違い有りません。

高校時代は、毎週の全体朝礼で毎週違う「行進曲」を演奏していて前日の日曜日、午前中に楽譜が配られて、お昼の休憩後に合奏練習をしてました。
とにかく、毎週違う曲で聞いた事も無い様な曲も有りましたが良い練習になりました。

まぁ、私はTubaだったんでどの曲も同じでしたけどね(笑)

そういえば、課題曲でありましたな…。

そういえば既出の記事がありますが、日本の吹奏楽コンクールは初見演奏を審査するのだと勘違いして作曲されたらしい、マクベスの「カント」という課題曲がありますな…。
確かに初見演奏できそうな曲ですが、曲の魅力はハッキリ言って。。。。
マクベスには「マスク」とか「神の恵みを受けて」とかの宗教的・神秘的な曲がありますので、勘違いがなくこのレベルの作曲されてたらと思うと、もったいない気がします。。。(リベンジするにも、マクベスはもう世の人じゃありませんし、全日本吹連もマクベスに「マスクのような曲をお願いします」と言えばよかったのに…)
コンクールの自由曲も、邦人作品を中心に非常に難易度の高い曲ばかりで初見演奏はなかなか容易ではなくなったかもですね。

全校朝礼

カリオストロ 様


毎週月曜の全校朝礼とはなつかしいお話ですよね。

大抵吹奏楽部だけは、体育館とか校庭での生徒達から離れた位置で待機し
入退場のマーチを演奏する事が多かったもので、
私なんかも朝礼の場でクラスの行列の中にいたという記憶が全く無いのは
そのためなんですよね。
真冬の校庭でのマーチング演奏は、とにかく指が冷えて困ったもんでした・・・(笑)


気の毒なマクベス・・・・

一秋田県民 様


そうそう、マクベス大先生は吹連からの委嘱を「初見演奏の課題曲」と勘違いして
ああした曲を作ってしまったらしいですからね。
それにしても全国大会で演奏チームがゼロというのも本当に気の毒な話で、
大人気のジェイガーとはまさに雲泥の差という感じでした。
確かに・・・ご指摘の通り吹連も「マスクみたいな曲を・・」とはっきり明示すべき
だったのかもしれないですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2982-10e414db
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |