プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.筑紫丘高校


B/交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松(O.レスピーギ)


この年の高校の部りトリを飾ったチームですけど、初出場という事もあってか、そうですね・・・
今一つ本来の実力を発揮できないで本番の12分間のステージがあっという間に終わってしまったみたいな
印象が強いです。
そうですね・・・
本当に一言で感想を述べてしまうと「極めてバランスが悪い演奏」という事に尽きると思います。

課題曲B/バーレスクは、冒頭から曲の前半は大変よく歌い上げていて、中盤から後半への音楽的期待を
感じさせてくれていたのですけど、中盤以降、緊張感が一気に廻ってきたせいなのかは分かりませんけど、
急速に音楽的説得力を失ってしまい、少しミスが出てしまったような感じもありました。
なんで急に崩れてしまったのかな・・?
冒頭のあの雰囲気をキープ出来ていれば、もっと印象度がアップしたのに・・と大変惜しまれます。

自由曲の「ローマの松~アッピア街道の松」は既にコンクールでは定番の曲で、
とにかく「凄まじい鳴りっぷりの曲」として名高い曲ですし、
オーケストラの世界においても「もしかして・・・管弦楽曲史上最大の大音響の曲」としても
知られている曲です。
このチームの演奏はとにかくバランスが極めて悪い・・・
よく言うと奏者の自主性を尊重し、やりたいようにのびのびと吹かせている・・・
悪く言うと、全然コントロールが機能していない演奏とも言えると思います。
曲の冒頭から前半は、コールアングレ・バスクラ等木管楽器のソロが大変大きなウェイトを占めるのですけど、
その木管ソロ担当の音量が奏者によって相当の凸凹があり、
音が響いている奏者とそうでは無い奏者の落差が結構目立つようにも感じられます。
この「アッピア街道の松」は前半の静けさと中盤から後半の「大音響」の対比が極めて面白いのですけど、
このチームは、前半の木管ソロの印象があまり芳しくない上に、
中盤から後半の金管セクションは、とにかく力みまくって吹き鳴らしたという印象が大変強くて、
f~ff~fffあたりになってくると金管楽器の「和音」がしっかり響いてこない感じがあります。
まさにやりたい放題の機能不全に陥っている雰囲気で、音楽として「ここが聴かせどころ!!」というポイントを逸してしまい
どの部分を聴いても同じような強奏が終始続いているという感じです。

だけど・・・同じ曲を自由曲にしていた札幌光星よりは、まだ「少しマシ・・」みたいな印象があります。
ま・・・札幌光星は音楽が「破綻」していましたけど、
こちらのチームはどうにかこうにか「音楽の枠組み」という最低限の機能は果たせていたとも思います。
それが札幌光星は銅、このチームは銀にかろうじて踏みとどまるという明暗を分けた要因なのかな・・とも
思いました。

だけどこういう「ひたすら豪快に曲が響き渡る」という曲をコンクールで演奏する場合は、
指揮者のコントロールも大変だし、審査する方も評価は分かれてしまうのかもしれないですよね。

余談ですけど、この「アッピア街道の松」は原曲においては、トランペットとトロンボーンによる
「バンダ」(別働隊)がステージ横とか場合によっては客席後方から音を響かせ、
違った方向からの音響効果を楽しむという演出があるのですけど、
この時代のコンクールにおいては、そうしたバンダを配置した演奏はあったのかな・・・?
札幌光星もこのチームもレコードとかカスタムテープを聴いた限りでは、違った方向からの音響効果というものは
感じないから、多分・・・バンダは配置していなかったのかもしれないですよね。

さてさて・・・これで1977年の高校の部語りは終了です。
次回は、1991年の高校の部語りをさせて頂きたいと思います。
この年は・・・ま・・誰が何と言っても埼玉栄の「・・・・・・・そしてどこにも山の姿は無い」の
圧倒的な歴史的名演が光っていたと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2979-cb8b9b4c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |