FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


21.浜松工業


B/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」~Ⅳ.合戦とナポレオンの敗北 Ⅵ.皇帝と廷臣たちの入場(Z.コダーイ)


前年度の1976年の高校の部は、まさに「史上最も厳しい激辛審査の年」だったと思います。
当時の規定は絶対評価なのか相対評価なのかはよく分からないのですけど、
出場20チームの中で、金3 銀3 銅14と全体の7割が銅賞というのはある意味凄まじい結果ですよね。
全体が7割が銅という結果だけを見てしまうと、現在の若い世代の皆様の視点からは、
「なーーんだ! この年はよっぽどひどい演奏が続出していたんじゃん・・」と思われるのかもしれません。
76年の演奏は私も一通りは聴いていますしが、これはあくまで私個人が感じた事ですけど、
そんなにひどい演奏の続出とは全く思いません。
だって・・銅賞受賞チームの中にだって、個性的な逗子開成・鄙びた情緒と激しさの対比が面白い前橋商業、
硬派な名電、壮大なスケールの尼崎東、変拍子なのにリズム感が楽しい函館中部、
やかましいけど元気いっぱいの富山商業など素敵な演奏のチームは色々とありましたし、
中には「え・・・これで銅賞はいくらなんでも厳しいでしょ・・」と感じるチームも幾つかはあったと思います。
浜松工業もそうしたチームの一つだったと思います。
76年の増田宏三の「朝の歌」という比較的地味で内省的な曲をあれだけ音楽的に解釈してしっとりと吹き上げても
結果は銅賞でしたからね・・・

そういう意味において、もしかして1977年の浜松工業にとっては「前年度のまさかの銅賞」からの雪辱という
気持ちもあったのかもしれませんよね。
1977年~79年の浜松工業は、ハーリ・ヤーノシュ、チャイコの4番、アルメニアンダンスパートⅡの
あの輝かしい音色と勢いのあるサウンドに象徴されるように
まさに「気迫に溢れた輝かしい3年間」だったと感じますし、
特に77年の演奏は、確かにちょっと部分的に鳴り過ぎなのかな・・・とも感じるのですけど
とにかく「気合」が入った素晴らしい演奏だったと思います。
浜松工業って、遠山先生が異動後に赴任された浜松商業での演奏もそういう傾向があるのですけど、
邦人作品を演奏された時のしっとりとした内省的で「静かな知性」を感じる時と
アレンジもの・オリジナル作品を演奏した際のいかにも男子校らしい豪快で爆発的エネルギーを感じる時の
「二つの側面」の対比が極めて鮮やかで対照的で
その辺りを柔軟に使い分けたと思われる遠山先生の指導には本当に感服させられるものがあると思います。
ちなみにですけど・・
ちょっと古い演奏になってしまいますけど、浜松工業の兼田敏/パッサカリアと保科洋/カタストロフィーの演奏は
渋くていかにも「通好み・・・」みたいな演奏で、私は大好きですよ!

さてさて・・・この年の浜松工業ですけど、前述の通り気迫に溢れたガッツある演奏です。
演奏に「何とかしてやろう・・!!」という気持ちはストレートに伝わってくると思います。
上記で「二つの側面の使い分け」みたいな事を書きましたけど、
課題曲において内省的な知性を、自由曲において男子校らしい男気溢れる豪快さを感じさせてくれていたと
思います。
課題曲B/バーレスクは、おどろおどろしい雰囲気を醸し出しながらも「遊び心」は十分に発揮していたと思います。
木管と金管のバランスがとても巧みだな・・とも感じましたし、
どちらかというと大変巧みにコントロールされているなと思いました。
自由曲の「ハーリ・ヤーノシュ」は、金管が熱かったですね!!
Ⅳのトロンボーンのグリッサンドとかトランペットの茶目っ気溢れる表現もとっても楽しかったです。
Ⅵは多少鳴り過ぎというか、課題曲でみせた金管と木管のバランスが多少崩れてしまっていたのが
少し勿体ない感じがありました。
男子校という事情で仕方がない側面があるとは思うのですが、
木管は全体のサウンドとしてはよくまとまっているとは思うのですけど、個々の音色が少し「細い」みたいな
印象も時折感じます。
その「細さ」を金管セクションがバリバリと上からかぶせてくる傾向にありますので、
全体としては「やんちゃ」みたいな雰囲気にもなっていたと思います。
だけど・・コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」は元々がこうしたやんちゃでお茶目な曲でもありますので、
むしろ浜松工業のそうしたアプローチはまさに正しいと言えると思いますし、
とにかく79年の「フェリスタス」と「アルメニアンダンスパートⅡ」のあの輝かしいサウンドに匹敵するような
「勢い」は本当に素晴らしいものがあったと思います。
後半近くの金管セクションの輝かしいファンファーレ以降は、課題曲で見せたような精緻なバランス感覚を再現させ、
ラストまで一気呵成に締めくくっていたと思います。

まさに・・金賞に相応しい演奏であったと思いますし、前年度の雪辱を完璧に果たしていたと思います。

組曲「ハーリ・ヤーノシュ」ってこれだけ色彩感があり演奏効果が高い曲だと思うのですけど、
全国大会においては2002年のNTT西日本の演奏以降、一チームも自由曲として選ばれていないのは
意外な感じもあります。
浜松工業以外では、98年の生駒中、銅賞なんですけど1982年の帯広三条の演奏は
個人的に大好きです。
1974年の駒沢大学もこの曲を演奏しているのですけど、カスタムテープを聴いた限りでは、
課題曲の「高度な技術への指標」と合わせて、とにかくバリバリと豪快に曲を鳴らし、
凄まじい音量のせいもあると思うのですけど、とにかくちょっとやり過ぎ・・・
そうですね・・確かに楽しいのだけど思いっきり疲れる演奏です・・・
最後に・・・・
「ハーリ・ヤーノシュ」を全国初演したのは1967年の川本高校なのですけど、
そのBJの評では、なぜか・・・
「ティンバニを8台も使用しているが、これは絶対にこんな数は必要ではないはず・・!!」と
演奏そのものよりもやたらとティンバニの台数だけをこだわって評されていたのは、なんかヘンでした・・・
というか・・・・
この曲のⅣは、本来はペダル操作によってチューニング音を連続して変化させている部分があるのですけど、
演奏当時の日本のスクールバンドでは、ほとんどペダル式が普及していなくて
ほとんどは手締め式でしたので、
手締め式であの箇所を叩くのはちょっと難しいはずです・・・
だから、ペダル式では4台で済むはずなのに、手締め式を使用したゆえに倍の数を使用せざるを得なかったと
思うのですけどね・・(笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

遅くなりましたが

通産3000記事・お誕生日おめでとうございます。

これだけの記事を書かれるパワーに脱帽ですし、愛情溢れる一言一言に笑顔になれます。これからもお体に気を付けて楽しいブログを続けて下さいね。

いよいよ1979年ですね!

この年は如何いう訳か部員が少なくて全員で50名も居なかったと記憶しています。理由は判りませんが厳しい練習に厳しい部内での上下関係が問題だったのか・・・
トランペットなんか3年生が居なくて2年生が3名と同級生の初心者が1名の4名でしたし。

不思議な事にこの年の課題曲の思い出ってほとんど無くて兎に角、練習・練習の1年で終わった様に思います。

ただ自由曲についてはSAXソロの演奏について
先生「そこはこう吹きなさい」
先輩「嫌です。私はこう吹きます」
先生「その吹き方はこの曲調に合いません」
先輩「この吹き方の方が合います」

私ら1年生は下を向くしか無くて(笑)

それでも先生はそれを認めてましたけど。あれは先生の方が1枚も2枚も上手だったと今なら判りますけどね。
前にも書きましたが全国大会終了後のバスに駒沢大学の上埜先生が来られて「SAXソロサイコー」と言って頂いた事は先輩にとって大きな勲章なんだろうなと思います。

上埜先生が浜工の練習に来て頂いた時には自由曲の最後のバスドラムの1発の時に先生が指揮台を足でドーンと踏み鳴らしたら面白いですよと言ってましたが「それは無理だよな~」って1年生ながらに思いました(笑)

だけどこの1年間は私達の代の大きな収穫の有る1年間になったのは間違いないと思います。

秋田も始まりましたよ!

私も1週間前に開催された地元の県内地区予選大会を聴きに行って来ました。
そして昨日は名門「大曲吹奏楽団」の定期演奏会に足を運んで来ました。どちらからも感動をいただいて来ました。
やはりコンクールは審査結果発表までわからないもので、前評判の高かったところが予想外の結果で敗退したり、今までの実績がいまひとつだったところが急成長してたり。。。
そう言われてみれば、アンサンブルコンテストの結果=吹奏楽コンクールの結果にはならないのも面白い現象だと思いますね。
県大会も金賞・代表間違いなしと言われている強豪校がまさかの敗退・逆に無名のところがいい意味で期待を裏切ってた演奏出来る限りの上位入賞・上位大会代表に。。。はあり得ますよね。
月末には秋田県大会が始まりますので、「感動の名演」が一つでも多くあることを期待して、日程調整をしながら出来る限り聴きに聴きに行きたいと思っています!

とっても興味深いお話ですね!

カリオストロ 様


まずは・・・不肖・・・この私の誕生日等のお祝いメッセージをありがとうございます!
これからも出来る限り続けていく所存ですので、是非是非応援の程、宜しくお願いします!

まずですけど、1977年の浜松工業の内部事情はまさに驚きですね!
正直・・・ブレーンのCDやカスタムテープを聴いた限りではそんな部員不足みたいな感じは
全く感じず、むしろ「圧倒的なパワーと存在感」という印象が大変強いですよね!
トランペットが3年生不在と言うのも意外すぎますね・・・
だけどそれであんなにも「皇帝と廷臣たちの入場」のエネルギーが発散できるのだから
まさに驚異的としか言いようがないです・・!

ソロに関しては難しい問題ですよね・・
まさに奏者の自主性と指揮者の方向性のぶつかり合いなのですけど
なんか結果として・・・
遠山先生の「生徒の自主性尊重」がいい方向に行ったみたいな素敵なエピソードですよね!!

確かに・・・1974年の駒澤大学のラストの一発は強烈でした・・・(笑)
課題曲の「高度な技術への指標」も凄まじい鳴らし方でした!!

名演と出会うのが楽しみですね!!

一秋田県民 様


あーーー、大曲吹奏楽団いいですねーー!!
私も一度は定演聴いてみたいです!
大曲と言うと、83年のトリティッコ、93年の異常にテンポが遅いハムレット
2000年のアンティフォナーレが大変印象的です!

秋田もいよいよ始まるのでね!

現在の名門や過去の名門や現在発展途上のチームがごちゃまぜ状態の「県大会」は聴いていて
一番楽しいのかもしれないですよね!
ちなみに・・・埼玉の場合はほとんどが浦和文化センターで開催される事が多いのですけど
この浦和文化センターは実は我が家から歩いてでも行ける距離なので
私も時間があれば是非聴いてみたいと思います!

鳴らし過ぎ(笑)

確かにやり過ぎと感じる位に鳴らし過ぎるのが浜工のカラーでした。

前回のコメントで部員数の事を書きましたが正確には48名でした。この年は2年生が中心と言っても良い位の年でしたがこの2年生が鳴らすのが好きなメンバーが多くその影響で私達も鳴らしてました(笑)

只、吹奏楽で思いっきり鳴らすのって楽しいんですよね。

私は良くこの年の先輩、同級生と話すんですが、

3年生には全国大会に出場して金賞を取るんだ言う気持ちを持ち続ける心の強さを教えて頂きました。
2年生には楽しく演奏する気持ちを持ち続ける事の大変さと説教(1年生は2年生から定期的叱られる・気合いを入れられる)の時の長時間の正しい正座の仕方を教えて頂きました(笑)

今では楽しい思い出ですが、最近浜工の「高度な技術への指標」がユーチューブにUPされました。もし良かったらお暇な時にでも聞いてみて上げて下さい。

いつもいつも、お邪魔して申し訳ありません!

浜松工業は豪快さと内省的充実さが持ち味!!

カリオストロ 様


浜松工業というチームは、男子校らしい豪快さと
邦人作品を演奏した際に感じられる内省的で繊細な感じのまさに「二面性」をお持ちの学校なんだなぁ・・と
改めて感じました。
この年、1977年の「ハーリ・ヤーノシュ」が少し鳴らし過ぎになってしまうのもある意味仕方がない事で、
この曲に関しては、駒澤大学・富山商業など結構なチームが「爆演」を聴かせてくれていましたし、
プロの管弦楽団がやっても「音量過剰」になってしまいがちですので・・・(笑)

私も高校の頃、定期演奏会でチャイコフスキーの「1812年」を演奏しましたけど、
やっぱり「鳴らす事」は「快感」ですよね!!(笑)

浜松工業みたいな伝統校ですと、先輩たちから無言で受け継がれる「心得」みたいなものも
色々とありそうですね!

浜工の「高度な技術への指標」→今度聴いてみたいと思いますが、浜工がシンフォニアではなくて
この曲を課題曲にするとは少し意外ではあります・・・

あっ~(笑)

遠山先生は若い時、トランペット奏者として原信夫さんとJAZZをやってたんですよ。数年前にも浜松に来て駅前で演奏会を開いて指揮をされてました。

「A列車でいこう!」の練習をしていた時なんかドラムのリズム感が悪いってスティックで頭を本気で叩いてました(ドラムは同級生でしたが彼も本気で痛がってました)

ですから浜工は当時としては珍しく懐メロから流行の歌謡曲からポップスまで何でも有りでした。「高度な技術」はそんな訳で気合い入りまくりの課題曲だったんですが・・・

まさかのダメ金!!!

後輩としてもこれは結構ショックだったんだろうと想像に耐えがたく(笑)
前にも書きましたがこの時の3年生は今でも本気で悔しがってました。

それから私の記憶違いだったら申し訳有りませんが神奈川大学の吹奏楽部も遠山先生が在学中に立ち上げたと聞いた事があります。

あの先生、ホントに奥が深いと思います。

とてつもなく意外な話ですね・・・(笑)

カリオストロ 様


これはまた実に意外すぎるお話であり、私自身がまさに「え・・・」という感じで
びっくりですね!
遠山先生と言うと、邦人作品のあのしっとりとした情感とか和の鄙びた枯れた感覚みたいなイメージも
ありますので、
ジャズとか原信夫とかAトレインという単語となんかあんまり結びつかないなぁ・・という感覚も確かにあるのですけど、
浜松商でのメトセラⅡとかアルメのパートⅡの豪快に金管が美しく鳴る演奏を聴くと
「なるほど」とも思いますね。

本当に遠山先生は奥が深い素晴らしい先生ですよね!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2977-7d3f6c6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |