FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「幻想郷」とは常識に囚われてはいけない世界・・・・



161b73c4-s_convert_20160612201232.jpg



「早苗さん」と言うと誰が何と言っても東方地霊殿でのあの
「幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!」という発言だと思うのですけど、
そうですね・・・・
確かに東方神風録~地霊殿あたりまでの早苗さんは、
慣れない幻想郷での暮らしとか幻想郷内のルールとか色々と不慣れな面も多々あったと思いますし、
なによりも早苗さんは「外界出身」という事もありますので、
もしかしたら・・・・
今更ながらとんでもない所にやって来たとか
今頃外界の両親とか学校の同級生は何やってんのかなとか
果たして霊夢の博霊神社とうまくやっていけるのかとか
妖怪の山の神社として認められはしたけど、本当に河童とか天狗みたいな海千山千みたいなあの妖怪たちと
うまくやっていけるのかとか
はたまた・・・もしかして・・・・八雲紫は結構怖い・・・何考えてるかわかんないしぃ――とか
色々と早苗さんなりに悩まれていたのかな・・・?みたいに妄想する事もありますね・・・・

よく「進化論」という話は耳にするのですけど、
生物として・・・種族として生き残っていくためには「強さ」というよりも「環境の変化に対応できる適応力の有無」の方が
必要不可欠という話らしいですよね。
そいうい意味においては、
外界の考え方や経験に囚われる事も無く
一度霊夢の博麗神社に敗北を喫し叩きのめされると、
「それでは自分たちが今後幻想郷内で生き残るためにはどうすればいいのか・・何が足りなくて
今後何を身に付けていく必要があるのか・・?」という事を常に頭の片隅に置き、
外界→幻想郷という「凄まじい環境の変化」にきちんと順応していき、
「幻想郷で生き残るためには、自分はどのように変化をしないといけないのか」という事を
実践していった早苗さんは本当に素敵だと改めて感じてしまいます。

ま・・要は早苗さんには元々そうした「適応力」というのか「柔軟性」というものが備わっていたという事ですよね。

それが結果として・・・初期のころのおしとやかさ→星蓮船以降のはっちゃけ振りが
示唆されているのだと思います。
そして同時に・・・以前も書いたと思うのですけど、早苗さんは適応力が早いというよりは、
案外・・・元々が「何事にも染まり易い天然娘」という事なのかもしれないですよね。
ま、娘というよりは、正確に言うと一応は・・・現人神であられる訳ですけどね。



譏滄€」闊ケ_convert_20160617145943




前回、その⑥で書いた通り、早苗さんが「東方星蓮船」で自機として抜擢された意義なのですけど、
つまり・・神奈子や諏訪子の意図としては、
早苗さんに幻想郷での新しい生活に一日でも早く馴染んでもらう事、
幻想郷のルール、すなわち・・・「妖怪は人を襲い人は妖怪を恐れ、同時に時に人は妖怪を退治する必要がある」という事を
早苗さんなりに理解して貰う事が必要と考え、
「うちの早苗にも妖怪退治をやってもらおう・・・そしてゆくゆくは、博霊神社の霊夢と同様に
神社に解決を求めて時折舞い込んでくる異変をうちの早苗も解決できるようになれば尚いい・・
そしてそのための第一歩としてまずは妖怪退治にチャレンジして貰って
まずは妖怪退治に慣れて貰おうではないか」という考えが神奈子と諏訪子の二人の神にはあったものと
思われます。

そして・・・早苗さんは晴れて「東方星蓮船」にて念願の自機抜擢を果たし、
霊夢・魔理沙と共に自機キャラとして参戦をしていく事になるのです。
東方における「自機」というと言うまでも無く霊夢と魔理沙だと思うのですけど、
これ以降、早苗さんも「東方の自機キャラの一人」という認識は既に定着しつつあると思います。
(やったね! 早苗さん!! という感じですね・・
 天然っ娘の早苗さんは、自機抜擢と聞かされた際は、
もしかして・・・「神奈子様! 諏訪子様! 私・・私・・ついにやりましたよ!! 褒めて下さい!!」と
満面の笑顔で報告したのかも・・・・??)
東方で自機と言うと、霊夢・魔理沙・早苗さん以外と言うと、妖夢・十六夜咲夜・チルノ・射命丸文など
それ程数が多いわけではないですから、やっぱり早苗さんの自機昇格の意義は多いのかな・・とも
ふと思ったりもしますね。

ここで改めて述べますけど、神奈子と諏訪子の意図としては
「今回の自機参入の目的はあくまでもうちの早苗が妖怪退治に慣れる事」が目的だったはずなのです・・が・・・!!

ま・・それは前回のその⑥でもちらっとは書いているのですけど、
この星蓮船にて、早苗さんはすっかり「妖怪退治」の楽しさに目覚めてしまい、
本来は妖怪退治は慣れるまでの過程・手段であって、決して最終目的ではなかったはずなのですが、
「なんだ! 私だってやればできるじゃん!! というか・・こんなに妖怪退治が楽しいなんて夢にも思わなかった!!」
「最初に幻想郷に来たばかりの頃は、あんな海千山千の妖怪共なんか何考えているかさっぱりわからないし
なんか不気味だし、あんまり関わるのはちよっと・・
妖怪退治は霊夢に任せておけばいいんじゃないの・・・?と思っていた。」
「だけど・・霊夢になんか任せてばかりじゃいられない!!
私だって妖怪退治ぐらい出来る!!
というか・・・妖怪退治はとっても楽しい!!
こんなに楽しいなんて最初からやっておけばよかった!!」
みたいな考え方にすっかりシフトしまったようですね。

それが・・・あの「はっちゃけ早苗さん」なのであり、
そして・・・前述の通り「早苗さんとしての進化」そのものであり、何よりも早苗さんの柔軟性を示唆するものだと
思います。

それにしても改めてですけど、東方星蓮船での早苗さん・・・特にA装備【神奈子ルート】の早苗さんと妖怪たちとの
会話がとにかくとっても面白いです。
その⑥以外の会話の一旦を記してみると・・・


早苗:仕事ですって? ネズミの癖に。
    貯め込んだお米を一つ残らず食べたあげく結局、冬を越せないネズミの癖に。
早苗:ああ。これが妖怪退治ですね! ……楽しいかもしれない。

→これは一面ボスのナズーリンとの会話・・・なんだか徐々に早苗さん節が表れ始めてきましたね・・・(笑)
 そして同時に「妖怪退治の楽しさ」に目覚め始めた兆しが出てきましたね・・・

早苗:宝物庫が目当てではなくて、妖怪退治が目当てなんです。
一輪:妖怪退治なら他を当ってよ。
早苗:妖怪退治は妖怪相手にするもんです! 貴方、妖怪じゃなくて? ……覚悟!

→これは一輪との会話ですけど、いよいよ妖怪退治の本領発揮!という感じですね・・・

ナズーリン:おや? 君も魔界まで来たのかい?
早苗:あ! ネズミ。まだ生きていたのね!
ナズーリン:そう簡単にやられはしないよ。
早苗:今度こそ、二度と起き上がれなくしてやるわ! 貴方、弱かったし。
星:妖怪? 私の事ですか?
早苗:他に誰が居るのかしら。
星:貴方は妖怪を退治する事を正義とするのね。それもまた普遍的な考え方である。
早苗:神に帰依しない者を矯める為に、私がここに居るのです!
星:私は妖怪ですが、毘沙門天に帰依しています。
早苗:あ、あれ? でも、退治して見せますわ!
星:負けた……貴方も間違ってはいないというのね。
早苗:参ったかー! これが人間にして神である私、東風谷早苗の力よ!

→これは対寅丸星・ナズーリンとの対話ですけど、その⑥でも書いた通り、
 早苗さんというか神奈子の意図としては、妖怪が神に帰依した時点で「退治」の対象外となるはずだったと
 思うのですけど、それでも「そんなの関係ねぇー!」と言わんばかりに(→古いカビの生えたギャグですね・・苦笑・・)
 神に帰依している寅丸星をやっつけたばかりでなく、
 あの「参ったか―!」の一言はまさに強烈でしたし、
  これぞ「早苗さん!!」というオーラに溢れていました!!

早苗:人間と妖怪が平等に?
白蓮:ええ、神も仏も、妖怪との違いはない。
    それなのに何故妖怪は退治され、神様は信仰されるのか。それは、人間の都合でしかない。
早苗:神様と妖怪が同じですって? そんな訳有るもんですか!
白蓮:貴方は妖怪退治を正義とするのですね?
早苗:ええそうよ。そうしないと平和は訪れないわ! そう神奈子様も言ってたもん!
早苗:まあ良いです。妖怪なら退治しないとね!

→「神も仏も妖怪も人も同じ!」と言い切る絶対的平等主義者の白蓮さんとの神と妖怪の違いの見解の違いが
 面白いですね。
 というか・・・神奈子としては、幻想郷のルールも熟知しているはずですから、
 「別に妖怪退治は絶対的な正義ではないし、あくまでルールの一つとして行うもの」という認識だとは
 思うのですけど、いつのまにか早苗さんは、独自の解釈を取っていて、
 「妖怪は絶対に退治しなくちゃいけない・・」みたいな勘違いというか誤解を起こしていたのは、何とも言えず
 面白いところです。
 ま・・・天然さんみたいな現人神であらせられますので、一旦染まってしまうと・・・
 案外思い込みは激しいのかも・・・?? (笑・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてそして・・・
B装備【諏訪子ルート】の早苗さんと妖怪たちとの会話も、A装備ほどの過激さはなくても
やっぱり面白いところは幾つかありました。



早苗:きゃっ、ネズミネズミ。
早苗:ネズミが人間を食べる? あははは~。そんな馬鹿な話が。
ナズーリン:あるんだな。それが。君は、変わった人間だね。ネズミの恐怖を知らないなんて。
早苗:ふむふむ。幻想郷のネズミは人間を食べる、と。
    人間もネズミを食べるようになれば良いって事よね。
    ……。無いなぁ。それは微妙だよねぇ。

→これはナズーリンとの会話ですけど、なんだか感覚が少し微妙にずれている早苗さんが
 とっても素敵です!

小傘:うらめしや?
早苗:はいはい。表は蕎麦屋。
小傘:……私を見て驚かないの?
早苗:今は、部屋の中で小さなヘリコプターを飛ばせる時代。
    今更傘が飛んでいようが、そんなもんで今の人間が驚くもんですか。
小傘:ああ、うらめしい。
早苗:ネズミだけでなく傘にまでなめられているなんて末期的ねぇ。人間の尊厳はどこに……。
小傘:ちくしょう! こうなったら神社に降りて暴れてやる。
早苗:あら、自傷行為はいけないわ。本格的に退治されてしまうわよ。

→二面ボスで先日も当ブログで登場していた多々良小傘との会話は既に・・・二人とも「ボケ」の域に
  達しているような気も・・・?
ヘリコプターなんて単語はいかにも外界出身者にしいお言葉ですね・・(笑)
  ちなみに別の会話においては、新幹線なんて単語も飛び出していましたね・・・

村紗:強い……貴方は一体何者?
早苗:私は東風谷早苗。人であり神である現人神です! 妖怪には負けませんよ。

→これはまさに「参ったか―!」の世界ですね・・・・(笑)

早苗:で、貴方は誰?
ぬえ:私は鵺(ぬえ)、正体不明がウリの妖怪よ。正体不明は人間を怖がらせる事が出来る。
早苗:ぬえ……って、何かどっかで聞いた事あるような。
    あ、もしかして、ゲームとかでも良く出てくる化け物だ。確か……頭が虎、手足が蛇……だっけ?
ぬえ:蛇に手足は無いでしょ。
早苗:鵺の正体みたりエイリアン。って事でいいかしら。
ぬえ:ふむ、エイリアンの方が通りが良いのならそれでいいわ。
早苗:やった!エイリアンに会ったって自慢が出来る。
ぬえ:怖がらないの?
早苗:さあ、天狗を連れてきますので、一緒に記念撮影しましょ?
ぬえ:そう、どのみち怖がってくれないのね。でも、怖がってくれないと私の心は餓える。
早苗:さあさあ、おめかしして。

→そうですね・・これはExステージボスの封獣ぬえ(そう・・・!! あの絶対領域のあの御方です!!!)との会話なんですけど、
  これは・・・・多々良小傘の時以上に早苗さんは「ボケ」が入っていますよね・・・(笑・・)
  まさか・・射命丸文を呼びこんで記念写真を撮ろうと提案するとは・・・・!!
うーーむ、早苗さん、恐るべしっ!!




hapi-reimuchannnnnnn!!!_convert_20140530184507.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年5月に描かれた「霊夢」です。
いつものアミグリさんのタッチに比べて少しだけアニメっぽい雰囲気が感じられ、
これはとにかくとっても可愛いです!!
何となくですけど、今この瞬間にでもトコトコと歩き出そうな雰囲気が醸し出されていると思います。
先週の日曜日の早苗さん その⑥記事でリンク貼りさせて頂いた霊夢のイラストと同様に
幾分髪が長い霊夢がとっても素敵です!!

こういうとっても可愛い霊夢のイラストを見ると、
「やっぱり東方の巫女さんって言えば霊夢だよねっ!!」と思わず言い切ってしまいそうな感じになってしまいます・・・(笑)
→おいおい・・ついさっきまであんなに早苗さん、早苗さん・・と早苗さんばっかり熱く語っていたと  
  言うのにね・・・(笑)

でもどうしてアミグリさんが描かれる霊夢は、こんなに魅力的なんでしょうかね・・・!!
霊夢は東方の一大看板キャラですし、東方では屈指の人気キャラですので、本当に数多くの東方絵師の方が
様々な霊夢を描かれているのですけど、
やっぱり、私はアミグリさんが描く霊夢が大好きです!!
否!! 一番といってもいいと思います!!
以前も同じこと言ったと思いますけど、私自身が「東方」に興味を持つようになったのは、まさしくこのアミグリさんが
描かれる東方のあの素敵なイラストだったのでした!!
その意味では、本当にアミグリさんには「感謝」とか「ありがとう!!」という気持ちしかないです!!

そうそう・・・

アミグリさんが最近描かれた「夏らしい絵を描こうプロジェクト 2016」の第一弾として描かれた
妖夢がとってもふんわりとした優しい仕上がりになっていて、
いかにも「夏らしい・・・」企画に相応しい素敵な一枚だと思います。
妖夢の白ワンピースがとっても清楚ですね!!
これは、第二弾・第三弾も楽しみですね!

この夏らしい爽やかな妖夢をご覧になりたい方はこちらから・・・ → 夏仕様の妖夢


さてさて・・・次回の東方語りは・・・

グリフォンフィギュアの封獣ぬえの「絶対領域」は素晴らしい!!

グリフォンフィギュア その⑧

封獣ぬえ その①

早苗さん その⑧などを予定しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

嬉しいです!!

霊夢のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
妖夢の記事も紹介していただき、嬉しい限りです!!

こんばんは^^
やっぱり早苗さんは良いですね~
JK属性もあるし・・・
最初の頃の真面目なイメージも好きですが、
常識にとらわれなくなったあらりから良いキャラになりました(笑)

今思うと「変なTシャツヤロー」とか 「そうではない・・」 とか、
東方の迷言の発生源になってますね(笑)
今のところ紺珠伝の早苗さんがお気に入りです^^

こんばんは☆

悪夢…可愛いですね。
こんな可愛いナイトメアなら、見てみたい…☆
いや、お饅頭に押しつぶされるような、単なるナイトメアはいーですけど…☆

夢の世界って不思議ですね。
わたしは、この世とは全く違うロジックで、
様々な物事を説明してくださる方に教えを頂く…
そんな夢をよく見ますが…☆

とっても可愛い霊夢→やっぱり「霊夢のイラスト」と言うとアミグリさんですよね!!

アミグリ 様


あの霊夢はとっても可愛くて大好きです!

そしてあの妖夢もとってもふわってしていて、いかにも夏らしい「涼しい風」のイメージが
伝わってくるようなイメージでした!
第二弾・第三弾もとっても楽しみですけど、
果たしてどのキャラを描かれるのか・・・東方なのかそれ以外なのかも含めて
とっても楽しみにしています!

やっぱり、霊夢のイラストというと、私にとってはアミグリさんの作品が一番しっくりきますね!!

早苗さん、大好き!!

kadoという生き物 様


早苗さんって本当に素敵なキャラですよね!!
本当に大好きです!

kado様のブログでは、ドルフィンの霊夢のドールが登場していて、あれ、私、本当に大好きなのですけど、
出来ればあのシリーズにこの早苗さんも追加させてあげて欲しいですね!!

ヘカーティアに対してはなったあの迷言・・・「変なTシャツヤロー!」は「寝たら(私が)死ぬぞ!」と同様に
はっちゃけ早苗さんを象徴させるものであり、
あのセリフ、私も大好きです!
それと・・・鈴奈庵での「レッドスネーク、カモーン!」のあのセリフも
大好きです!!
初期の頃の「霊夢との対照性」も素敵でしたけど、最近の霊夢以上のある意味「非常識さ」が、
とにかく今後も目が離せそうにもないですね!







ちなみにですけど・・・・

Michiru 様


参考までに・・・

「悪夢」ではなくて「霊夢」ですので・・・・

霊夢は「東方」の中では絶対的なエースとも言える主人公なのですけど、
あの赤リボンとか巫女さん服は本当にとっても可愛いと思います!

私自身は、「夢」というのは、昼間起きた出来事の繰り返しという感じの内容が多くて、
なんか妙にリアル色が強くて
たまーに寝汗かきすぎ・・・みたいな事も起きたりもしますね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2974-eac4d49e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |