プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「キリスト教」と言うものは、なんだかんだ言っても西洋文化における支柱的存在なのだs思います。
人々の精神的支えというよりは生活の一部と言っても過言ではない感じもあります。

その点、日本と言う国は世界においても極めて珍しい無宗教の国・・・
否! 無宗教というよりは「多宗教の国」という感じなのかもしれません。
よく言われるように、クリスマスでキリスト教みたいなイベントを楽しみ、大晦日にはお寺の除夜の鐘に耳を傾け、
そして新年が明けると神社で初詣・・・!!
うーーん、世界的においてはこうした宗教に対してこれほどまで無節操な国は無いのかな・・とも思ってしまいますけど、
それは日本古来の伝統的な「八百万の神々の国」でありますし、
無宗教・無節操というよりは、むしろ・・・「多様な宗教観を全部包み込んでしまう寛容性のある国」と言った方が
いいのかもしれません。
最近このブログでやたらとネタにしている「東方Project」も、実際・・・ZUN神主様がとどのような意図をお持ちなのかは、
私にはよく分かりませんけど、
「東方の世界」をこうした「多様性とか寛容性とか様々な価値観を全ておおらかに受容する事の素晴らしさ」みたいな
事を実は意図しているという解釈ももしかしたらありなのかも・・・??
実際、世界の人たちが「こうした多様性・寛容性」を持つだけで随分と世界観がガラリと変わっていくような
気もするのですけどね・・・

さてさて・・・西洋の「キリスト教」の場合、精神的支え・生活の一部という意味以外においても
文学や絵画、音楽といった芸術面にも多大な影響を及ぼしているようにも感じられますし、
「聖書」の中に記されているお話を題材にしてクラシック音楽が創られている事例も結構多いようにも思われます。

そうですね・・・聖書を題材にしたクラシック音楽って実は結構ありまして、一例をあげると・・・・

ハイドンのオラトリオ「天地創造」

F.シュミットのオラトリオ「七つの封印の書」

バッハの「マタイ受難曲」・「ヨハネ受難曲」

ヘンデルのオラトリオ「メサイア」→これは「ハレルヤコーラス」が際立って有名ですよね!

メンデルスゾーンのオラトリオ「エリア」

シェーンベルクのオペラ「モーゼとアロン」

などが挙げられると思います。
しかし上記の曲はいずれもオラトリオというのか「カンタータ」に近いような感じで比較的
宗教色が濃厚でどちらかというととっつきにくいようなイメージが私の中ではあったりもします。
というか・・・これらの曲はあまりにも重厚過ぎて、世俗にまみれた私なんかが聴いても
正直・・・あんまり面白くは感じないものです・・・(苦笑・・)

さてさて・・・そうした中でも、比較的わかり易い音楽でストーリー性があり、
しかもその物語が結構面白そう・・というと意外と限られてしまうのかな・・・
ま・・私的には、黛敏郎が音楽を担当された映画「天地創造」なんかはかなり面白いと思いますし、
吹奏楽にアレンジもされた「ノアの箱舟」と「メインテーマ」の部分はとっても
優れていると思います。
ま・・・映画音楽ではなくて「歌劇」とか「楽劇」というジャンルにおいては、
「聖書」を題材にしたわかり易い音楽というと、
そうですね・・・・・
R.シュトラウスの楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り
サン・サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」~バッカナールを
強くお勧めしたいですね!!

R.シュトラウスの楽劇「サロメ」も実は元々の出典は新約聖書です。
この新約聖書のサロメの話を題材にしたのがオスカー=ワイルドの戯曲であり、その戯曲をテキストに
作曲されたのが、この楽劇「サロメ」なのです。
だけど、この話、結構危ないものがあり、官能的要素も含まれていますし、
初演当時は何かと物議を醸した作品でもありますし、
一部の都市では上演禁止をくらったほど危ない要素はてんこ盛りの作品です。

「七つのヴェールの踊り」は、楽劇「サロメ」の一部分なのですけど、
非常に重要な場面の音楽でもあるし、楽劇全体の一つのクライマックスシーンでもあります。
ま、恐らくは楽劇全体を象徴するシーンだと思います。

「七つのヴェールの踊り」は、R.シュトラウスも相当の思い入れがあったと思われます。
楽劇全体の作曲をほぼ終えた頃に、
改めて、この楽劇全体を左右する重要な箇所の「七つのヴェールの踊り」を
じっくりと腰を入れて作曲している経緯があったりもします。

この歌劇の内容を簡単に要約すると・・・

舞台はユダヤのヘロデ王が君臨する宮廷・・
その宮廷の中には、ヘロデ王の悪政を厳しく批判する預言者ヨナカーンが幽閉されています。
サロメは、ヨナカーンに興味を抱き、
色々とヨナカーンをあの手この手で誘惑するが
完全に無視されてしまう・・
ある日もサロメは義父であるヘロデ王から「踊り」を求められるが、
最初は辞退してしまう。
だけどヘロデ王から
「褒美にサロメの好きなものを何でもあげるから」と言われ、
引き受けてしまう。
そこで踊りを披露するのですが、そこで一枚一枚着ているものを脱いでいくシーンが
「七つのヴェールの踊り」なのです。
だからあの音楽は、あんなに異常に色っぽいというか艶っぽいのです。
そして踊りが終わった後、ヘロデ王から
「お前が欲しいものは何だ」と問われ、迷うことなく
「ヨナカーンの首」と答えてしまうのです。
(サロメの母親は、ヘロデ王をたぶらかして再婚したとヨナカーンから色々と批判され、
 内心苦々しく思い、いつかヨナカーンを亡きものにしたいと思いもあり、
 この首の一件は母親からの入れ知恵という要素もありますけどね・・・)
そしてヨナカーンが斬首され、その首が運ばれてくると
サロメはそのヨナカーンの首にキスをしまくり、ハイテンション状態で恍惚となってしまう・・・
そしてそのあまりの狂気さに恐怖を感じたヘロデ王は、
周囲の武将に命じてサロメを殺してしまう・・・

やはりこうやって文章にしても
かなり危ない世界の領域の話ですよね。

R.シュトラウスの「七つのヴェールの踊り」は約9分程度の作品ですけど、
出たしとラスト以外はそれほど音量的に爆発するものはありません。
むしろオーボエ・フルート等のソロ楽器が大活躍し、
全体として徐々に雰囲気を盛り上げていくというような感じの音楽です。
不思議な事ですが、目をつぶって聴いていると、
ホントまじで一枚一枚身に着けているものを脱いでいくという意識が明確に伝わってきます。
全体的にオーボエの官能的な響きにゾクゾクさせられます。
また、タンバリンの控えめながらエロチックな響きにも魅力を感じます。
瞬間的に曲の「間」があったりもしますけど、
この間の感覚が実に素晴らしいと思います。

この曲は解釈としては、テンポを少し落として、じっくりやんわりと徐々に盛り上げていった方が
いいようにも感じられます。

続きましてサン=サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」なのですけど、
この話自体は、やはり出典が旧約聖書であり、
色々な映画監督が昔も現在も結構題材にしているようですね。

でもこの物語もなかなか興味深いですよね。

簡単に要約すると・・・

イスラエルの民は長い間ペリシテ人に抑圧され苦しんでいた。
ある時、イスラエルにサムソンという怪力の赤ん坊が誕生し、成長するな否や
ライオンを素手で倒したり、ペリシテの軍隊を一人で散々にやっつけたり、
怪力を武器に大活躍をしていた。
ある時、サムソンは、デリラという絶世の美女に一目惚れしてしまうが、
それに目を付けたペリシテ人はデリラを買収し、そそのかし、
何とかサムソンの怪力の秘密を暴いて来いと命令されてしまう。
寝物語の中、デリラは何とかサムソンの怪力の秘密はその長髪にあると知り、
サムソンが爆睡している間にサムソンの髪をちょんぎってしまう・・・
そしてサムソンは結果的に怪力を失い、ペリシテに捕えられ、目をつぶされ視力を奪われ、
牢の中で石臼をひかされる日々を過ごしてしまう・・・
ある日、ペリシテの神々のお祭りが開催されることになり、サムソンは
見世物として、いたぶられながら祭壇に引きずり出されてしまう・・・
だけど、牢の中に閉じ込められている間にサムソンには再び髪が伸び始め、
最後は、怪力を再度発揮し、祭壇の二本の柱を破壊し、祭壇をなぎ倒してしまい、
多くのペリシテ人と共に祭壇の下敷きになってしまい、
復讐を成し遂げた・・・

この話、旧約聖書で読むと比較的淡々と描かれているのですけど、
映画として見てみると、
デリラが実に色っぽい感じ・・・
いかにも「誘惑する悪いお姉さん」的な感じで描かれています。
だけどデリラ自身、本当は心底サムソンが好きだったという感じでもあります。

サン=サーンスは、この旧約聖書を題材に不朽の名作オペラを完成させ、
今日に至るまでフランスオペラの貴重なレパートリーの一つとして完全に
定着させています。

「バッカナール」は、この歌劇の中の盛り上がる部分の一つで、
要はサムソンを捕えた祝賀会の宴会のどんちゃん騒ぎを描写した部分です。
歌劇の中でも大変有名な部分でもあります。
オーボエのいかにも妖しい雰囲気のソロで開始され、
中東の音楽のような雰囲気の音楽が展開されていきます。
カスタネットのリズム感溢れる響きが実に楽しいです。
中間部もたっぷりと歌われ、ラストも一気にヒートアップします。
ラスト近辺はホルンが大活躍します。
7分程度の曲なのですけど、妖しさ・楽しさ・歌・追い込みなどの要素がてんこ盛りで
飽きることはまずないと思います。

CDで「バッカナール」のみを聴く場合、デュトワ指揮/モントリオール響の素晴らしい名演が
個人的にはお勧めです。

なお、このバッカナールは、
2007年頃のフィギュアスケートにて、安藤美姫がショートプログラムで選曲した曲です。

そうですね・・・・・・妖しい誘惑するお姉さんは、古今東西問わず怖いという事を
立証した作品と言えるのかもしれないですよね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

バッカナール、大学1年の時に演奏したことあります(珍しいことに、クラが1st~4thまであった)。
印象的なのは、当然、冒頭のオーボエソロ。
ただ、学校にオーボエ無かったので、サックスの先輩がソプラノで吹いてました。
楽器に疎い、素人同級生の仲間内では「先輩、レッドスネイクカモーン吹いてるがな」とか言ってた(古)
あとは最後の盛り上がりのところのティンパニの乱れ打ち(「ドンダカダンダン、ダダダン、ドン・ダン、ドンダカダンダン、ダダダン、ドン・ダン」みたいな)。

あの編曲のクラパートって弦楽部分をそのまま書き換えたって感じで、とにかく難しかったイメージしかないですね。

聖書は

こんにちは。

聖書は高校がキリスト教の学校だったんで、必須科目でした。
読めば読むほど西洋人の価値観が分かりますよね。
カネは貯めるものではなく、使って増やすんだとか。
サロメはワイルドの戯曲でも有名で、日本でも大正時代に公演してました。
ピアズリーの挿絵が不気味過ぎる・・・。
サムソンは昔、中日にいたサムソン・リーを思い出しました。
確かに後ろ髪はロン毛でした。

サムソンとデリラ

某大学の卒業生 様


サムソンとデリラ~バッカナールの吹奏楽アレンジ版の編曲者というと多分ですけど
ステイガーだと思うのですけど、ご指摘の通り、あの編曲だと確かにクラリネットは大変だと思います。
ラスト近くのティンパニソロから展開されるホルンの雄叫びは、
何度聴いても惚れ惚れとするものがありますよね。
全国大会の演奏の中では、1983年の港南中と90年の阪急がとっても印象的です。

冒頭のオーボエをソプラノサックス代用は、すごい話ですけど、
それ以上に・・・
「レッドスネイクカモーン」とは・・・・
まさか・・・
某大学の卒業生 様も実は「東方」の早苗さんの鈴奈庵でのあのネタをご存知なのでしょうか・・・(笑)


Re: 聖書は

五航戦の愛鷹 様


五航戦の愛鷹 様はクリスチャンの学校出身だったのですね!!

確かに「聖書」は世界最大のベストセラー書でもあり、これを読むと西洋人の
発想の源流はなんとなくわかる感じもありますよね。
だけど日本人の自分なんかは、どちらかというと「東洋」の「因果応報」とか「輪廻転生」の世界の方に
少し共感を感じるものはあったりもしますね・・

中日のサムソン・・・

そういえばいましたね!! あの長髪はまさに「サムソンとデリラ」の世界ですよね・・!!

レッドスネイクカモーン

笑点で見てました、東京コミックショー。
リコーダーでピロピロ適当に吹いて、箱をつつく。
そんなどうでもいい芸風が好きでした。
(フルート・クラリネットパートのお約束芸でもありましたが)

あの芸を、もう見ることが出来ないのが残念ですが・・・

レッドスネイク、カモーン!!

某大学の卒業生 様



ショパン猪狩のあの芸・・・・懐かしいですよね・・・(笑)

あのなんともいえない胡散臭さが逆に今となっては新鮮ですよね。

確かに・・あのリコーダーのピロピロの妖しさは、まさに「バッカナール」の世界でも
ありますよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2969-c54f7ced
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |