プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日に続いてのL.スラットキンの話です。
というか、その①は「スラットキンはいつあんなに巨大化してしまったの・・?」という何だかしょうもない話で終わってしまい、
肝心要の「プロコフィエフの交響曲」の事には一言も触れないで終わってしまいましたので、
今回のその②ではその辺りをごく簡単に補足をさせて頂きたいと思います。

というか、いきなり話は横道にまたまたそれてしまいますけど、
1986年のサントリーホールのこけら落しで来日した際のスラットキンのスタイルは、比較的中肉中背という感じで、
演奏・楽曲の解釈自体も大変オーソドックスで、どちらかというと「野性味」というよりは「スマートさ・洗練された感じ」という
印象がありました。
勿論スラットキンの当時の手兵のセントルイス交響楽団も上手かったと思いますけど、
どちらかというと、「初めてあのサントリーホールの素晴らしすぎる残響音の素晴らしさの魅力」に圧倒されたという方が
強かったのかもしれないですね。

私が学生の頃は、クラシック音楽の演奏会場と言うと「東京文化会館」しか無いという感じでした。
外国から来日したオーケストラは、都内の場合は、東京文化会館や昭和女子大学記念講堂というパターンが多く、
こんな音響の悪いホールで演奏するなんて、せっかく遠路はるばると来たのに何だか気の毒という
感じも当時はあったものです。
国内の東京都内に拠点を構えるオーケストラは、演奏会のほとんどが東京文化会館で行っておりましたので、
当時は毎日どこかのオーケストラが
東京文化会館で演奏会を開催しているという印象すらあったものです。
当時の私は、典型的な貧乏学生でしたので、東京文化会館の場合、ほとんどのオーケストラが
「学生券」を出していましたので、4階や5階の右の位置が学生券の位置であり、
コントラバス奏者の顔がよく見えないあの学生席の位置から当時はよく聴いていたものです。
そう言えば、N響もNHKホールの最上階が学生券の指定席でしたが、確かここは
一枚1050円位だったような記憶があります。
当時の読売日本交響楽団は、定期演奏会は東京文化会館、名曲シリーズは
新宿の厚生年金会館でしたけど、両方共に音響は最悪でしたので、当時の奏者は今にして思うと、
少し気の毒な感じもありましたね。
ちなみに今現在は、この新宿厚生年金会館は既に解体されています・・・
なんかここにも「時代の経過」を感じてしまいますね。

さてさて・・・スラットキンのプロコフィエフの交響曲第5番ですけど、
「よく鳴っているな・・」という印象です。
第一楽章と第三楽章のドラ(タムタム)の地響きみたいな「ごわわわーーーーん」という響きが
テレビからもよーーく伝わってきました。
第一楽章冒頭の瑞々しい感じとか第三楽章の「美しさ」とか
第四楽章のラストのクライマックスまで一気に畳み掛けるあの「推進力」とか
聴いていて「飽きない!!」という印象でした。
スラットキンの指揮ぶりも大柄な体格なんだけど極度な大振りは控えていて、
そのエネルギーとか推進力は「ここぞ!!」とという時にのも温存し、抒情的に聴かせる箇所では、むしろ
しっとりとした指揮振りでしたので、
やはり音楽としての「陰影」がくっきりと出ているような香りもあり、
私はこういう演奏は結構大好きです。
N響が過去に演奏したプロコフィエフの交響曲第5番は、確か・・1995年辺りに生で聴いたデュトワ指揮の演奏が
とっても印象に残っているのですけど、
デュトワの場合は、論理的にまとめ、スラットキンの場合は「感覚」でまとめあげているという感じでした。

プロコフィエフの交響曲第5番は、本当にみずみずしさと透明感と霊感に満ち溢れている
20世紀が残してくれた数少ない名交響曲の一つだと思います。
20世紀のロシア名交響曲というと、ショスタコーイッチの5番とこのプロコフィエフの交響曲第5番は
絶対に外すことが出来ない本当に「名作中の名作」だと思います。
プロコフィエフの交響曲は、第1番の「古典交響曲」は大変シンプルで明快でわかり易いのに、
次の交響曲第2番は、とにかく「悪趣味に満ち溢れ、終始不協和音と強奏で響き渡る」という感じになり、
更に交響曲第3番となると、オカルト色が強いというのか、悪趣味で極めて退廃的・・・
だけど同時にロシアの広大な自然さも感じるという大変稀有な雰囲気を聴かせてくれています。
ちなみに交響曲第2番第一楽章なんて、ほぼ全てがffまみれで、弱音が出てくる箇所なんて
確か4小節くらいだけだったのかも・・
そのくらい怪奇な響きが錯綜しまくっています。
だけど2~4番を一気に聴いてしまった後で、この交響曲第5番を聴くと、間違いなくですけど・・
「え・・これって2~4番を作った人と本当に同じ作曲家なの・・?」とか
「あまりにも違いがあり過ぎて、交響曲第2番と5番の共通性なんてほとんどない・・この人、
本当は多重人格なんじゃないの・・?」
みたいな印象を持たれると思います。
実際に私もそうでした!
私の場合、吹奏楽から管弦楽という世界に入り込んだ事情があり、
一番最初に「プロコフィエフの交響曲」を知ったのは、1981年の花輪高校の第3番という特殊事情もあったのですけど、
とにかく最初に5番を聴いた時は、まさに「青天の霹靂」みたいな気分でした。
だって・・・あまりにも違いがあり過ぎるのですから・・・
だけどすぐにあの霊感溢れる瑞々しい抒情性に取りつかれ、一気にこの曲の魅力に取りつかれたものでした。
ちなみにですけど、私がこの5番を聴くきっかけとなったのは、やはり吹奏楽でして、
1982年の全日本吹奏楽コンクールの東北大会にて秋田高校が演奏したがそのきっかけを作ってくれたものでした!

ま・・とにかく・・
プロコフィエフの交響曲は、第2~4番、そして第6番の印象が極めて悪趣味・難解というせいもあるのですけど、
「どうもプロコフィエフの交響曲は好きになれない・・」という方も相当多いとはおもうのですけど、
この交響曲第5番だけは万人から愛される資格があるのではないでしょうか・・・?

よく解説書でも言われている事ですけど
何と言っても第三楽章の抒情性・美しさが本当に素晴らしいですね!!
第一楽章冒頭の霊感溢れる出たしも素晴らしいと思いますし、私はあのフルート等で奏でられる第一楽章の
テーマが流れるだけでなんか気持ちは引き締まりますね・・・
第二楽章の快活さもお見事の一言に尽きると思います。

そして圧巻は第四楽章ですね・・・・

出たしが静かに開始されるのですけど、
ホルンのポポポポポポポポという細かい刻みから開始される展開部は
一気にフィナーレにまで導いてくれる爽快さがあると思います。
終盤に打楽器の「ウッドブロック」が出てきて、小太鼓とかなり面白い掛け合いを聴かせてくれます。
日本フィルの定期だったかな・・・・
このプロコの曲を目当てにサントリーホールまで聴きに行ったのですけど
あいにく当日券はP席のみ・・・・
座席の位置はちょうど先程の「小太鼓とウッドブロック」のまさに目の前でした・・・・
終楽章にてこの二つの楽器の掛け合いが始まった際は
かなりエキサイトしましたね・・・・・
だって自分の目の前でこの楽器が音を出しているのですから・・・・
ま、確かにすごーく生々しい感じはあったのですけどもとてつもないライヴ感を味合う事は
出来たと思います。

この交響曲の終楽章は、聴き方によってはかなり面白いものがあると思います。

ラスト30秒くらい前だと思いますが、
金管・打楽器が凄まじい叩き付けを見せ、次の瞬間から
ff→f→mp→ppと音をボリュームを落としていき、
そして、
ヴァイオリン2台・ヴィオラ2台・チェロ2台・コントラバス・ピアノ・ハープ・タンバリン・小太鼓以外の楽器は
唐突に沈黙し、
上記の楽器のみによって、約10秒程度同じ音型を単調に繰り返し
そしてラストのラストで
最後に全楽器が再登場し、一気呵成に曲を閉じていきます。

これは通常のシンフォニーの「クライマックス」とは明らかに異質な
「アンチ・クライマックス」の世界だと思いますが、
やっぱり何か一つぐらい「仕掛け」をしないと気が済まないプロコフィエフらしい曲でもあるな・・・と
何か思ったりもしますね。

最後に・・・

プロコフィエフの生涯最後の交響曲は、交響曲第7番「青春」というとっても可愛らしい曲です。
この曲においては難しい要素・不協和音・悪趣味な響きはほぼ皆無です。
まさに「懐古趣味的」な曲と言えるのかもしれません。
プロコフィエフは、若い頃はあんなに前衛音楽を好んで曲を作っていたのにその最後の交響曲が
ああした「可憐でとてつもなく可愛い曲」というのは極めて意外にも感じますし、
悪く言うと・・「子供の頃の記憶への幼児退行化」ともいえるものかもしれないですね。

だけど・・・

こういう前衛・悪趣味・奇怪から可愛い音楽への突然の変貌というのは、
晩年の「子供に戻る」という現象の表れと言えるのかもしれませんし、
「極端から極端へ動いてしまう」というロシア人の「基本属性」がそうさせるのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2965-000a0703
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |