FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「本当にまたか・・」という感じもするのですけど、
とにかくグリフォン企画・制作の東方フィギュアの世界も本当に素晴らしいものがありますので、
これで6回目ですけど、この素晴らしい世界をまたまた今回も取り上げさせて頂きたいと思います。

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
(改めてですけど、Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は本当に素晴らしいですよね!!)
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)
現在は、発売は終了しているのですけど、是非是非新しいシリーズの企画とかそれが無理ならば
昔の商品の再発売も実現して欲しいものですね!!

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、ほとんどが2012年に発売または予約受付開始を
したものでして、
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
(アマゾンとかヤフオクでは、ドールと違って今でも頻繁に見かけますね)



諷ァ髻ウ_convert_20160609143442



今回のトップバッターは、慧音大先生!! 上白沢慧音です。

スケールは1/8 サイズ約21.5㎝ 価格は発売当時の税込で8190円でした。

:慧音のグリフォンフィギュアは実は二種類ありまして、ここで取り上げているのは
人間ヴァージョンとしてのもので、他に「白沢」(ハクタク)という獣人ヴァージョンとしてのものも存在しています。
慧音は、獣人(半人半獣)という位置付なのですけど、てゐ・うどんげちゃん・橙・藍さまのように「獣」みたいなのだけど
その本質は「妖怪」という皆様たちと異なり、
限りなく「人間」の立ち位置に近いし、人間友好度も極めて高いですし、
活動目的というかほぼ全てが「人間の為ために・・」という大変ありがたい先生でもあります。
この人間ヴァージョンのものは、長髪も印象的ですけど、
あの独特の帽子・・・六面体と三角錐の間に板を挟んだような形の青い帽子がとても印象的です。
胸元の赤リボンとかスカートの先端の白のレースもとっても素敵だと思います。
そうした慧音の特徴がとっても見事に再現されている完成度が高いフィギュアですね!
というか・・グリフォン東方フィギュアは、ほぼ全てのキャラの完成度がとてつもなく高いとも言えますけどね。

この「獣人」には先天性と後天性があるとの事ですけど、阿求ちゃんの著作によると、慧音先生は
後天性との事で元々は列記とした人間で両親も当然なか゜ら人間との事です。
普段は人間としての活動&形態を取っていますけど、
満月の夜のみ「白沢」に変身し、この時には、白沢としての役割でもある幻想郷の歴史の編纂及び一部改訂(?)を
しています。
普段は、人里に住み「寺子屋」を開き、幻想郷内の人里の子供たちに「歴史」を教えています。
そうそう・・その慧音先生の歴史の授業は結構難しいらしく、
生徒からは「退屈でつまらない」と言われ、
阿求ちゃんからも「私が授業をした方がきっと面白い」などと言われている始末です・・・(笑)
ま・・・授業なんてものは大抵はつまらないものだから、それは仕方が無いのかな・・・・?
ちなみに慧音先生は大変生真面目な御方でもありますから、授業中に寝ていたり、宿題を忘れてしまうと・・・
なんと・・!! あの痛そうな帽子を被ったままの状態で頭突きというお仕置きを食らうそうです・・・・
そうですね・・・
スマイルプリキュアで「歴史」が苦手ななおちゃんがもしもこの慧音先生の寺子屋の生徒だったら
毎日頭突きされまくりですね・・・(苦笑・・)

このフィギュアからもそう感じるのですけど、慧音先生の人間としてのお姿は、まさに「真面目な女教師」そのもの!!という
感じですし、まさに「先生!!」という呼び方が幻想郷で最も相応しいお人のようにも思えますね。
「東方鈴奈庵」では、この寺子屋は慧音先生の他にも複数の先生が在籍している描写があり、
授業も歴史に限らず、読み書き計算もちゃんとやっているようですね。
よく二次創作においては、「い・け・な・い・女教師」とか、「慧音先生は昼間は寺子屋の先生、夜は僕の個人教師」
みたいな描写もあるようですけど(苦笑・・)
慧音先生は根が真面目な御方ですし、そうしたよからぬ妄想はご法度ですので、
よいこのみんなはマネしちゃダメですよ・・・(苦笑・・)
二次創作においては、よくあの「パカルテット」(チルノ・ルーミア・リグル・ミスチー)という
ちょっと頭が弱そうな(?)妖精&妖怪たちをこの寺子屋で一生懸命教えているという設定が見られますけど、
それはなんか「いかにもありえそうな展開」という感じがしますよね!
だけど・・あの鳥頭のミスチーを教えるのは相当大変だし、ましてやあのチルノ相手だと・・・・(以下省略・・・苦笑・・)

余談ですけど、pixivにて「東方キャラ」として一番最初に投稿されたのは、実は・・・
霊夢でも魔理沙でもアリスでも無くて、
慧音先生だったのでした!!




蟶・・_convert_20160609143540



続きまして、道教勢力からは実は初登場の物部布都です。

スケールは1/8 サイズ約18㎝ 価格は発売当時の税込で8295円でした。

物部布都というと、初期の頃の「策士」というイメージは・・そうですね・・・現時点では既に
消滅しているのかも・・・(苦笑・・)
そうですね・・・どちらかというと、素直で騙され易いお人好しで思い込みが激しくというかアホの子みたいな
印象すらありますよね・・・
結構勘違いも多いし、早苗さんが「私は神様!」と名乗ると、自分を天界に迎え入れに来たと勘違いした事に示唆されるように
意外とお人よしみたいな所もありそうですね。
東方心綺楼におけるこいしちゃんへの負けっぷりは見ていてとっても気持ちのいいものでした・・・(笑)

だけどこのグリフォンフィギュアは、かなり「キリッ!!」としている雰囲気が漂い、
「アホの子」みたいな印象は全く感じないです。
全体的には「古代美」とか「凛とした美しさ」みたいなものも感じてしまいます。
頭には烏帽子、体には黄と緑の衣の上に「水干」や「狩衣」を思わせる白装束を纏っていて、
そうですね・・・飛鳥時代と言うよりは平安時代の衣装みたいな雰囲気があります。
全体的には「白」でまとめ東方にしては珍しく単調な感じもしたものですけど、このフィギュアをよーく見てみると、
結構カラフルなんだなぁ――というのが良く分かりますね。

目が吊り目気味でキッ!!としているこの雰囲気が結構大好きです!!

烏帽子を被っているので中々分かりづらいのですけど、布都の髪型は実は・・・(私が大好きな)ポニーテールですっ!!

こういう古代的形式美を備えた御方がポニーテールというのも実に面白いと思います!!




にとり


続きまして、にとり・・・
あ、「お値段以上のニトリ」じゃなくて、河童の河城にとりです。
人間が好きなのに人見知りするエンジニアというのが基本設定です。
頭にいつも帽子を被っているのが特徴なのですけど、にとりって多分ですけど帽子を脱いだことは無いと思いますので、
河童らしい頭に「お皿」が乗っかっているのかは・・・正直不明です。

スケールは1/8 サイズ約18㎝ 価格は発売当時の税込で7770円でした。

髪型がとっても可愛いですね!
一般的には、にとりの髪型というとツーサイドアップなのかな・・?と思っていたのですけど、
このグリフォンフィギュアではツインテールに近いような雰囲気も感じられます。
長靴・リュックサックといったにとりの特徴もとっても巧みに再現されていますよね。
にとりはエンジニアで、背中に担いでいるリュックサックの中にはありとあらゆる種類の工具、材料、燃料が
入っているという設定になっています。
最初にこのフィギュアを見た際は、手に持っているのは大好物のきゅうりなのかな・・?と思っていたら、
左手に持っているのは蒲の穂、右手に持っているのはのびーるアームでした・・・
にとりというと、これはあくまで個人的な感想としては、少しロリっぽい雰囲気もあるのかな・・と思っていたのですけど、
このグリフォンてフィギュアは比較的、「お姉さんっぼい感じ」が漂っていて、
少し大人っぽい雰囲気があります。
なんか別の側面のにとりを見たという感じもありますね。

そうそう・・・にとりというと、意外と「黒い・・・」という側面があるのが大変楽しいです。

白蓮さんの命蓮寺の縁日にて、詐欺まがいの的屋を開いて民衆から金をまきあ゛けていた所、白蓮さんから
注意を受けると、すかさず・・・・
「ショバ代払ってるんだから文句言うなよ!」 は・・・まさに驚きの一言でした!
はたまた・・・秦こころが例の「希望の面」を紛失して探し回っている際にも・・・
にとりが「もしかしたらうちの屋台にあるかも・・」とテキトーな事を言い、こころが「それでは見せて・・」と頼んでも、
なんと・・・・すかさず金銭を要求し、こころが「お金を取るの・・・?」と切り返した際の
「当たり前だろ?こちとら遊びじゃねえんだよ!!」はまさに衝撃の一言でした!!

阿求ちゃんの「東方求聞口授」においては、その腹黒さが語らていましたけど、
こういうにとりは、むしろ阿求ちゃんの著作以上の腹黒さとがめつさがあり、にとりの「意外な側面」も
遺憾なく発揮したしたものでした!!
阿求ちゃんの評としては、「心の底では人間や他の妖怪を下に見ている」とか「凶暴で残忍な部分がある」という感じに描かれ、
この激辛評価はナズーリンに対する評価に匹敵するものがありそうですね・・・(苦笑・・)

東方地霊殿では、魔理沙の支援として登場していましたけど、
河を汚すヤマメが大嫌いのようで、その際に、あの有名な発言・・・
「やい土蜘蛛!これからお前をぎったんぎったんにしてやる!」を発していました・・・
半面・・・かつての上司の鬼の星熊勇儀が現れると萎縮し、
「どうかそのままもう地上に帰ってこないでくださいと言っておいて・・」と
通信を通して魔理沙に懇願する始末でした・・・・(苦笑・・)



ぬえ-1


ぬえ



続きまして、「東方星蓮船」EXボスでもある封獣ぬえ!!

スケールは1/8 サイズ約24.5㎝ 価格は発売当時の税込で7560円でした。

それにしてもこのぬえの迫力は圧巻だと思います。
印象としては、フランちゃん・レミリア様の特別仕様1/7スケールに勝るとも劣らない大変な迫力があると思いますし、
あくまで個人的な印象としては、お空・八坂神奈子の圧倒的存在感に匹敵するようなとてつもない雰囲気があると
思います。
そして同時に・・・ぬえというと・・・そう! 言うまでも無く、
あの黒髪、黒ニーソ、黒ミニスカワンピで絶対領域も完備という点が素晴らしいと思いますし、
このグリフォンフィギュアのぬえの「絶対領域」の素晴らしさはまさに圧巻だと思います!!
というか・・・このぬえの「黒ミニスカワンピース」は大好きです!!

東方グリフォンフィギュアは、さとり様・紫様・ゆゆ様・妖夢・・チルノ・早苗さん・アリスなど今すぐ欲しいもの
ばっかりなんですけど、
もしかして・・・・
一番今すぐ欲しいフィギュアは、このぬえなのかもしれません・・・

だって・・あの絶対領域とか黒ミニスカワンピースはたまらない魅力に溢れていると思います!!

ま・・・ぬえの魅力は別に黒ミニスカワンピースとか絶対領域に限った話ではなく、
背中の翼もかなり特徴的で素敵だと思います。
この背中の翼がかなり横に広がっているおかけで、このグリフォンフィギュアのぬえの外箱はとてつもなくデカいというのは
結構知られた話ですよね・・・(笑)
その翼なのですけど、
背中からは赤い鎌のような三枚の右翼と、青いグネグネとした矢印状の左翼が三枚生えています。
この奇抜なデザインの羽は、お空と共に東方絵師泣かせのキャラとして名高い感じがありますね。
黒地のワンピースだけに胸元の赤リボンがとっても見栄えがします。
腕には青いヘビが巻き付いていますけど、
そうですね・・・ヘビというとなんか早苗さんと話が合いそうな気がしますね。
ぬえは、東方星蓮船にて早苗さんとバトルを繰り広げていますけど、B装備の諏訪子仕様においては、
ぬえがUFOを飛ばすトリッキーな事をしでかしても結構軽々と早苗さんに成敗されていたのが
印象的です。

こちらをしっかりと見据える瞳と少しだけ上がった口元が何か挑戦的な感じも醸し出しているのですけど
全体的には黒髪がよく似合う素敵な美少女という雰囲気です。
すらっとした足もまさに素晴らしいです!!
ぬえの特徴の一つでもある「黒ニーソ」の表現がお見事だと思います!!
黒ニーソ自体が太ももにやや食い込む感じになっていますし、ソックス上部やひざ曲りのしわもよく表現できてると思います。
そしてそれが赤い靴との色彩感の対称性も誘発していて、
「巧いな・・・」と本当に感心してしまいます!!

繰り返しになってしまいますけど、やっぱりあの黒ミニスカワンピースは最高ですね!!

服のしわとぴっちりした部分が為すこの身体のラインが、美少女なんだけど
妙に「艶」を感じてしまうのですね・・・
もしもですけど・・・ゆかりん=紫さまがこのぬえの衣装を身に纏ったら・・・
まさに・・・
「その時、私は命を落としても構わないと思った・・」の世界になってしまいそうですね・・・(笑)
非常に艶めかしいとも言えますし、少女らしい清楚な雰囲気とも言えますし、
このバランス感覚がとにかく絶妙だと思います!!



縺ャ縺・3_convert_20160613201808


ぬえといえばまずこの個性的な翼もかなり特徴的ですけど、
フィギュアにおいてもこのボリュームはかなり目を引くと思います。
というか・・・フランちゃん共々こうした羽で一体どうやって空を飛べるのでしょうかね・・・(笑)
左右で形が違い、それぞれ身体と比較してもかなり大きく先端が鋭利なのでとても威圧感を
感じてしまいますね!!

最後に・・なんかこればっかり・・みたいな言い方になってしまい恐縮なのですけど、
ぬえのあの黒ミニスカワンピースは本当に素敵だと思います!!
やっぱりとっても可愛いし、色気を感じてしまいますよね・・・・(笑)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは^^
どのフィギュアもすごいですねー^^
これって、全部集めている人いるんでしょうね…。
前も言いましたけど、置き場所に困らないのかなーと^^;

こんばんは☆

おお~、にとりちゃん、かわいいですね。
確かにちょっと、おねえさんなにとりちゃんですね。
わたしも彼女はなんとなく、11-12歳位のイメージでした…☆

置き場所

八咫烏 様


そうですね・・・

東方関係のブログを色々と拝見させて頂いていると、
本当に全種コンプリートという方もいらっしゃるようですね。
その場合は、家の中の「一つの部屋」を丸ごとコレクション部屋として使用しているとの事で、
やっぱり完璧に揃えるというのも色々な意味で大変そうですよね・・・(笑)

ちなみに今回の中では、私は特に・・ぬえのあの黒ワンピースに思いっきりKOされています・・・・(苦笑・・)

にとり

Michiru 様


確かに・・・!!

フィギュアだと大人っぽい雰囲気なのですけど、ゲームとか漫画の世界では
少しあどけない雰囲気もありましたよね。
あどけないけど少し腹黒いという何やら相矛盾する要素が
にとりのもう一つの魅力なのかもしれないですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2964-3f0a1c4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |