FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少し古いお話で恐縮なのですけど、先日、6/5(日)のPM21:00過ぎからのEテレにて
L.スラットキン指揮/NHK交響楽団によるS.プロコフィエフの交響曲第5番の演奏が放映されていました。
そうですね・・
最初にあれを見た際は、
「このなんかでっぷりと太った指揮者って誰・・・? どっかで見たことある顔なんだけど思い出せない・・・
あれ誰なんだろう・・
多分生でも見たことあるんだけどな・・
なんかこの雰囲気は・・・今全米で話題の人でもある共和党のあのトランプ候補の風貌に何となく似ているな・・」と
感じたものでした。
そして演奏終了後に字幕で「L.スラットキン」という文字を見た際に、
「そうそう・・!! 確かにあのお顔はスラットキンだ!! なんか懐かしい!! だけど久しぶりに見たら随分と
でかくなったもんだ・・」と感じましたし、
やはりあの雰囲気はトランプ候補に似ているなぁ・・と感じたものでした。
多分ですけど、私がスラットキンを最後に生で見たのは、1999年の冬のNHKホールでのN響定期演奏会
だったと思いますけど、
うーーん・・あの時ってこんなに丸っこい御方でしたっけ・・・?
多分ですけど、その後随分と・・・・「巨大化」されたような感じがありますね・・・(笑)

さてさて・・私がこのL.スラットキンを初めて見たのが、1986年の秋だったと思います。
その頃は、ちょうど日本のクラシック音楽のまさに「殿堂」とも言える「サントリーホール」がオープンした時期でもあり、
まさにサントリーホールのこけら落しお披露目演奏月間の真っ盛りの頃で、
スラットキン指揮/セントルイス交響楽団の日本公演が丁度このこけら落し月間の最後の日曜日の演奏会だったと
思います。
この頃の背景なのですけど、
アメリカのオーケストラは、シカゴ響とかニューヨークフィルとかサンフランシスコ響とかフィラデルフィア管とか
ボストン響とかミネソタ管とかクリーブランド管とかビッツバーク響とか
とにかく世界的な「名門オーケストラ」が多く、
その中でも特に、シカゴ・ニューヨーク・ボストン・フィラデルフィア・クリーブランドの5つのオーケストラが
「全米5大オーケストラ」という高い評価を受けていたと思います。
そうした中・・・1983年のタイム誌による全米オーケストラランキングにおいては、
1.シカゴ響 2.セントルイス響 3.ボストン響 4.フィラデルフィア管 5.ロサンゼルスフィル 6.クリーブランド管 
7.ニューヨーク・フィル 8.サンフランシスコ響と発表され、
全米オーケストラの間に「激震」が走ったとの事です。
というのも、今まで誰もマークせず名門オーケストラという認識もされていなかった無名の「セントルイス交響楽団」が
いきなり何の前触れもなく唐突に2位にランキングされ、
一気にセントルイスの音楽監督であったスラットキンに注目が集まり、一躍「時の人」になったという経緯が
当時はあったのです。
ちなみにこの発表に、当時フィラデルフィアの音楽監督であったムーティが激怒したというのは有名な話です・・・

さてさて・・・私にとっては、初めてのサントリーホール、初めての外国オーケストラを聴くという事で
まさにわくわくの期待感でサントリーホールに行ったのですけど、
全く期待を裏切らない素晴らしい演奏だったと思います。
音響と言うか、残響音がこんなに違うなんて・・・という
衝撃が今でも鮮明に頭に残っています。
公演曲の第一曲が、コープランド/バレエ組曲「ロデオ」だったのですけど、
その第一曲の「カウボーイの休日」はタイトル通り、けたたましい音で始まるので
そのせいもあったと思うのですが、
「音がこんなに斬新だったなんて・・・」とか「音楽会場という器が違うだけでこんなに音楽は躍動するものなのか・・」など、
当時は本当に新鮮な感動で一杯でした・・・

正直今サントリーホールで聴いても、耳がもう慣れてしまっているので
当時のような残響だけで感動することはありません。
だけど、サントリーホールはオープンしてから30年以上経過しても
独特の生命感溢れる響きや木の優しさは伝わってきますね。

大好きな演奏ホールの一つです。

セントルイス響の後半の曲は、ショスタコの5番でしたが、
バーンスタインのような熱気溢れる演奏を予想していましたが、意外と
クールな感じがし、何かメッセージを伝えたいという事が感じられた演奏だったような
印象があります。
終結部は、「権力者に迎合して自由を得た振りをするのか、逆らって己自身を抹殺されても
内面の自由を得るかは、お前たち一人一人の選択だ」という
メッセージが何となく感じられた瞬間もありました。
この曲を聴いてそう感じることはあまりないのですけどね・・・

セントルイス響のアンコールは、フィガロの結婚でしたが、
指先一つで自由に表現しているような感じがしましたし、もう一つのアンコール曲の
バーンスタインの「キャンディード」序曲は、まさにアメリカ!!という感じでした。

正直、当時はサントリーホールを使用するのは主に海外オケの日本公演の時程度かなと
思ったものですが、今みたいに都内のオケが日常的にサントリーホールを使用するとは
予想もしていませんでした。
全く時代というものは確実に「変化」していくものですよね。

それを象徴していたのが、まさに先日Eテレで久しぶりにそのお姿をお披露目してくれたスラットキンなのかな・・とも
感じたものです。
最初にスラットキンを見た時は「有望な若手の一人」とか「若き指揮者」みたいなイメージもありましたし、
どちらかというと「細身」という雰囲気はあったのですけどね・・・(笑)

前述のコープランドですけど、その代表曲の一つが「市民のためのファンファーレ」です。
この「市民のためのファンファーレ」もいかにもアメリカの映画音楽みたいな感じだと思います。
輝かしい金管楽器のファンファーレにティンパニー・ドラが響き渡る雄大なスケールの音楽そのものです。
「努力すればできない事は何もない、いつかはその夢が叶う」というキャッチフレーズが
いかにも似合いそうな音楽だと思います。
コープランドの交響曲第三番の第四楽章の冒頭は、何とこの「市民のためのファンファーレ」が
そのまんま転用されます。
この交響曲第三番は、正直「知る人ぞ知る隠れた名曲」だと思うのですけど、
いかんせん、全然演奏されない・・・(泣・・)
この交響曲は一度だけ生演奏を聴いたことがあるのですけど、
それがあのスラットキン指揮/N響だったのです。
あの演奏は本当に素晴らしかったですね!! いかにも「胡散臭いインチキ国家アメリカ」っぽい曲、そして演奏なのですけど、
このインチキっぽい感じがまさに「アメリカ」そのものであり、
私はあの演奏、本当に大好きでした!!

確か・・・あの時のスラットキンは、あんなに巨大化していなかったような気がしますので、
巨大化したのは多分・・・・21世紀に入ってからの話なのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2962-44ab7ef2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |