FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


20.札幌光星高校


C/交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松(O.レスピーギ)


そうですね・・・一言で言うと「優等生なんだけど制御不能の演奏」なのかな・・とも感じてしまいます。

課題曲C/ディスコ・キッドなのですけど、一つ前の兵庫高校のあのとにかく個性的すぎる「ディスコ・キッド」を
聴いてしまった後にこのチームの同じ課題曲を聴いてしまうと、
どうしても「平凡」とか「普通」とか「ありきたり・・」みたいにも感じてしまいますね。
ま、そんだけ兵庫のディスコ・キットがあまりにも個性的だったという裏付けでもあるのですけどね・・・
それと札幌光星のディスコ・キッドは、真面目すぎるというのか、あんまり「遊び心」がなくて
少しノリが悪い感じはありますね・・・
少し演奏自体をカチッ!と真面目に決めすぎたのが、この課題曲としてはマイナスの印象ももたらしてしまう感じは
あったりもします。
こういう真面目なチームは、どちらかというと課題曲はバーレスクを選んだ方がよかったのかな・・・とも
感じます。
そうした印象を持ってしまう理由なのですけど、リズムが大変甘いからなのかな・・とも思ったりもします。
ドラムはもう少しメリハリを付けてもいいと思いますし、
リズムがカチッ!と決まっていないから、メロディーラインが少しぐたぐたになっているようにも聴こえます。

自由曲の「ローマの松」ですけど、そうですね・・・一言で言うと・・・・興奮しすぎ!!というのか
一人で勝手に盛り上がって一人で勝手に自滅し、演奏が破綻してしまった・・・みたいな印象があります。
冒頭とかコールアングレのソロあたりは大変雰囲気もありも印象としては好ましいものがあっただけに
中間以降の展開は大変残念なものがありました・・・・
この「アッピア街道の松」は、少しある意味「計算」が必要な曲だとも思います。
恐らくですけど、管弦楽曲でもその鳴り方は半端無い大音響を轟かす曲なのですけど、
どこまで抑えてどこから盛り上げていくのかというのを指揮者がある程度計算して曲を構成しないと
痛い目に遭う曲でもあるのかなと思います。
冒頭は弱奏から開始されコールアングレの長いソロを絡めて徐々に盛り上がっていく曲で、
このppからffffに至る「段々と音量が大きくなっていくそのクレッシェンドの構成」が求められていくのですけど、
このチームの場合は、曲の中間から後半あたりの所で既に盛り上がり状態のピークに達してしまい、
曲のラスト近くはほぼ完璧に息切れの息も絶え絶え状態のヘロヘロ演奏になってしまい、
印象としては、「凄まじく鳴る曲なのに盛り下がって終わってしまった・・・」みたいな感じになってしまうのが
大変惜しまれます。
冒頭~前半あたりまでは大変コントロールされ洗練され、「これからどうやって盛り上がっていくのか・・」
みたいなワクワク感があったたけに
まだクライマックスではない所で勝手に一人で盛り上がってしまい、挙句の果てにエネルギー切れを起こして
ラストはヘロヘロの壊滅状態で終ってしまったのは本当に勿体無いですね・・・

指揮者の坂井先生ですけど、以前は札幌市民交響で色々と素晴らしい演奏を聴かせて頂き、
特に1988年と1993年のあの素晴らしきユーフォニアム奏者をソロ奏者として全面に出されていた
タンホイザーとカルミナ・プラーナは本当に素晴らしい演奏でしたし、
私個人としては、1988年のあの演奏は金賞という評価を得られたなかった事自体が不思議です。
どちらかというと、坂井先生は、知的・洗練・スマートさが売りという印象がありましたけど、
ま・・・若かりし日には、こういうコントロール抑制が崩壊してしまった演奏もある・・・という事だったのかも
しれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2956-79d0c6f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |