FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてですけど、東方Projectの早苗さんって本当に素敵すぎるキャラですよね!!

東方の公式漫画の世界では、描かれる作者の先生によってキャラの雰囲気とか性格とか考え方も
結構異なっているのが一つの特徴でもあり魅力なのですけど、
「東方茨歌仙」で描かれる「はっちゃけた感じの真面目なんだけど少し抜けている」早苗さんも素敵ですし、
「東方鈴奈庵」での「洗練されスマートなんだけど時にボケる」早苗さんもとっても素敵です。
そうなんですよ・・・東方の世界と言うのは、早苗さんが「東方地霊殿」で発したあの有名な一言、
「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界なのですよね!」をまさに具現化した世界なのであり、
「一つの固定観念」に囚われては絶対にやっていけない世界なのだと思います。
一般的には、ゲームを「漫画化」するというのはよくある事なのですけど、大抵は作家の先生を一人に統一し、
絵柄とか立ち絵を統一するのがむしろ普通なのだと思いますが、
やっぱり東方の世界と言うのは、常識が通用しない世界・・・
公式漫画においても描く作家さんを色々と替え、それぞれの世界観を出させて
「漫画の世界でも色々な考えとかデザインがありますよ・・」みたいな「寛容さ」・「多様性」を演出しているのが
東方の醍醐味なのかな・・・とも思っています。

それを象徴しているのが東方の「宗教観」であるというのは以前書いたような気がしますけど、
要は・・・
世界各国で紛争の原因になっているものの一つが実はこの「宗教」そのものであり、
本来人間の幸福を導き出す「灯」の役割であるはずのこの宗教が
そうした紛争を招いているという全世界的な矛盾があちこちで炸裂している訳ですけど、
それに対する東方の一つの「提示」というのは、
「別にいろんな宗教とか考え方があったってそれでいいじゃん・・」という事なのだと思います。
それは霊夢の博霊神社と早苗さんの守矢神社の構図が示唆されていると思います。
普通はあんだけ「東方風神録」のように激しいバトルを繰り広げ、最後は早苗さんは霊夢に叩きのめされてしまい、
博霊神社の乗っ取りは失敗に終わってしまうと、その後は
ま・・・・山口組と神戸山口組の抗争じゃないですけど、普通は「喧嘩状態」とか「顔を見るのも嫌・・」とか絶縁状態に
陥りがちなのですけど、
やっぱりこの点も東方の世界は、まさに常識に囚われてはいけない世界なのだと思います。
あの異変以降も、早苗さんも霊夢も普通にお互いに接していますし、
幻想郷内に二つの神社が普通に並立していますし、
それが今後の「紛争」の原因になる事も100%無いと思います。
つまり・・・東方の世界においては、白蓮さんじゃないけど、
「神も仏も人も妖怪も妖精も幽霊も吸血鬼も鬼も天狗もみーーんな同じ!!」という事なのだと思います。
この「許容性」とか「おおらかさ」とか「多様性の寛容」とか「違う価値観の尊重」というのが、
もしかして「今後の世界平和実現のカギ」になりそうな気もするのですけど、
そうした多様性の寛容なんか逆立ちしても出来そうにも無いこの現在の地球上の私達・人間というものは
多分ですけど・・・半永久的にそうした「世界平和」というものは
絶対に実現出来る訳はないと思います。

東方の世界は言ってみれば、「一つのユートピア」なのかもしれないですね・・・

そうした「異なる価値観の寛容さ」を意外にも実現しちゃったのが東方の「幻想郷」の世界であり、
同時に・・・・
早苗さんの、おしとやかさ・・・→はっちゃけ具合への「変容」も
そうした多様な価値観を早苗さんなりに理解し受けいれた結果と言えるのかもしれないですよね。
そう! 早苗さんの美点の一つが頭が固くない所だと思います。
この御方は、幻想郷に勇んで乗り込んできた頃は、「こうしないといけない・・」みたいな固定観念がのかたまりみたいな
感じもなくはなかったのですけど、
ひとたび「敗北」を味わい「幻想郷内の現実」を理解した途端に、
神奈子・諏訪子の二柱のアドバイスを素直に受け入れつつ、自分自身を柔軟に変化させていったようにも
思えますし、その「変化」こそがまさにあの「はっちゃけ振り」なのだと思います。

少し時系列的にまとめてみると・・・・(あくまで私の脳内妄想です・・・笑・・)

1.外界の悩める女子高生時代
         ↓
2.神奈子・諏訪子との出会いと自身の「風祝」としての役割の認識、そして現神化への進化
         ↓
3.外界の全てを捨てて、ある種の悲壮な覚悟と決意の下、幻想郷へ移住
         ↓
4.東方風神録として、霊夢に対する敗北と守矢神社の妖怪の山への建立
         ↓
5.守矢神社の布教活動と妖怪退治への参加
         ↓
6.東方地霊殿を経て、東方星蓮船にて早苗さん念願の自機キャラ化!!
         ↓
7.二度目の自機抜擢を経て、徐々に・・・はっちゃけ早苗さん化・・・

そんな流れがあるのかな・・・とも思っています。

さてさて・・・・この「東方星蓮船」にて早苗さんは、ついに、ついに・・・念願の自機抜擢を果たし、
ここに晴れて正式に幻想郷内の素敵な巫女さん&異変解決の請負人みたいな役割を
霊夢と同一の立場で得た事になるのかな・・とも思えます。
それと同時にも早苗さんというのは、
阿求ちゃんに言わせると「普通の巫女さんだけど、少しずれている・・・少し間抜けである」という評価も成り立ちますし、
実は外界にいた頃から少し天然さんの傾向があり、
真面目なんだけど、天然娘は何事にも染まり易い・・と言えるのかもしれないですよね・・・(笑)

この「東方星蓮船」なのですけど、
早苗さんの目的と言うのは、そうですね・・・神奈子に勧められた「妖怪退治に慣れる事」が
一番の主目的なのかもしれないですよね。
この早苗さんの自機としては、A装備(神奈子様の仰る通りに)とB装備(諏訪子様の仰る通りに)の2パターンが
あるのですけど、
まずこのB装備ですけど、とにかくめちゃくちゃ強いです!!
特にExボスの封獣ぬえとの相性が抜群に優れていて、適当に蛙のボムをバラ撒くだけで
ぬえの放つUFOを片っ端から粉砕出来てしまうのが極めて印象的です。
そうそう・・この東方星蓮船の2面ボスは、昨日の「東方傘娘」で散々ネタにさせて頂いた多々良小傘なのですけど、
ま・・・このB装備の早苗さんの前では、小傘なんて小物妖怪(?)を倒すなんて、まさに「朝飯前!!」みたいな
感じになってしまいますよね・・・・(苦笑・・)
しかも小傘はこの時点では、命蓮寺メンバーでもなんでもなく単なる「通りすがりの妖怪」が騒動に
巻き込まれただけなんですけどね・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・続きましてA装備(神奈子様の仰る通りに)なんですけど、
これは・・・特に会話においては、まさに「はっちゃけ早苗さん」が続出しています!!
そうですね・・・B装備に比べると性能面では極めて平凡と言うか、正直あんまり強くない・・・・
だけどとにかく妖怪というか・・・命蓮寺メンバーとの会話がとにかくやたらすごい事になっています・・・(苦笑・・)

一例を記すと・・・・

「そうですね。ネズミだって馬鹿になりませんね。外の世界のネズミは生体実験には欠かせない、尊い生き物ですし・・」
→これは対ナズーリンに対してのもの・・
「難儀ですねぇ。でもまぁ、私も妖怪退治の楽しさが分かってきたから特に驚きはしないわよ!」
「参ったかー!これが人間にして神である私、東風谷早苗の力よ!!」
→そうですね・・・・早苗さんは、一応「神に帰依しない妖怪を矯正するため」という目的意識を当初は持っていたのですけど、
 寅丸星が毘沙門天に帰依していると知る事になっても、
 それでも寅丸星を退治しちゃうのですよね・・・(苦笑・・)
 それにしても早苗さんのあの「参ったか―!」は最高ですね!!
「ええっ?妖怪退治の無い世界?それは困ります!!
「そ・こ・よ、そこ! そんな人が妖怪に食べられちゃうエキセントリックな出来事は、ここ、幻想郷でしか起きないのよ!!」
→これはムラサに対しての発言なのですけど、そうですね・・・・
 この時の早苗さんは、ほぼ完璧に目的と手段が入れ替っていますよね・・・
 早苗さんの元々の目的は、神奈子から指示されて幻想郷に慣れるために妖怪退治を始めたというのに、
 妖怪退治の楽しさ(?)にすっかり目覚めてしまい、「妖怪退治」自体が目的になってしまった早苗さんは、
 やっぱり染まり易い天然娘なのかもしれないですよね・・・(笑)

そしてトドメは、聖白蓮さんとの会話なのかな・・・

「神も仏も人も妖怪も全て同じ!!」と言い切る絶対的平等主義の白蓮さんから
「なんでお前はそうやって妖怪退治ばかりするのか!!」と問いかけられても
早苗さんは・・・・
「妖怪退治をしないと平和は訪れないと神奈子様も言ってたもん!」と答え
(→こらこら、早苗さん・・神奈子は一言もそんな事言ってないっちゅーに・・・!!)
ここでも早苗さんのはっちゃけ&勘違い&天然さんが遺憾なく発揮されたのでした!!

当初は神奈子から言われて見よう見まねで始めた「妖怪退治」が段々と自分の楽しみになってきていて、
そうですね・・・
これはもしかして、神奈子と諏訪子からの「独り立ちの日」も近いのかも・・・?
実際、神奈子からも「これが出来るようになったら一人で妖怪退治に行ってもいい」みたいに言われているようですしね・・

早苗さんは上記で記したとおり、段々と「妖怪退治の楽しさ」に目覚め始めていくのですけど、
この妖怪退治の楽しさという辺りが、
そうですね・・・一部の皆様からは「S苗さん」と呼ばれている所以のようですね・・・(笑)
昨日の記事の中にも登場した「多々良小傘」ですけど、小傘は最弱妖怪みたいなものですし、そのへたれっぷりも
中々なのですけど、
こんな弱い妖怪相手ならば、さぞかしS苗さんが炸裂なのか・・・という予感もあったのですけど、
実際はそうはなりませんでした・・・
だけど霊夢が自機の場合の対多々良小傘戦においては、

霊夢「あんたが倒されたがってたんじゃないの そういうのってなんて言ったっけ?」
小傘「さあ、さでずむ?」

みたいな会話もあったのですけど、そうですね・・・出来ればこの上記の会話は
是非是非早苗さん戦で言って欲しかったような気も・・・・??








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2010年4月に描かれた「ウェディング早苗さん」です!!

あ・・・お断りしておきますけど、上記の早苗さんの「S苗」とか言うのはあれはあくまで
一部ファンの方のネタですので・・・・(笑)
やっぱり「早苗さん」は・・・特に私にとっての早苗さんというのは、
東方風神録あたりの早苗さんとか東方鈴奈庵のあの洗練された感じの早苗さんというイメージを
大切にしたいかな・・・??
ま・・もちろん、はっちゃけ早苗さんも東方茨歌仙での少しアホっぽい早苗さんも大好きですけどね!!

だけどアミグリさんが描かれた「ウェディング早苗さん」はとっても清楚な感じがして素晴らしいと思います!!

何となくですけど、これは外界時代に式場の花嫁衣装のモデルのアルバイトをしていた時の早苗さんみたいな
妄想を起こさせる素敵な一枚だと思います。
それとも・・・・カエルと蛇の飾りが付いていますから、
射命丸文あたりから
「幻想郷の花嫁」という記事を特集したいからモデルになって!!と頼まれて写真撮影に応じた一枚・・・みたいな妄想も
ありなのかも・・・・??

とにかく、とにかく・・・こうやって私に素敵な「脳内妄想」を起こさせて頂くとっても可憐で清楚なイラストだと
思います。
こういうとっても素敵なイラストを見てしまうと、
「あ――、やっぱり早苗さんは素敵だなぁーー!」と改めて感じてしまいますし、
同時に・・・
「もしも霊夢がウェディングドレスをまとったらどんな感じになるのかな・・・?」みたいな楽しい想像もできそうですね・・・(笑)

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

ちなみにですけど・・・
アミグリさんの最新更新記事における「夏らしい絵を描こう企画 2016年」の第一弾の妖夢は
とにかくめちゃくちゃ可愛くてふんわりとして
初夏に相応しい「爽やかな妖夢」だと思います。
またまたこの妖夢の一つ前の霊夢がこれまた可愛くて絶品です!!
あの霊夢は、ロングの髪型となっていて、この髪が長めの霊夢もとっても魅力的です!!

この霊夢をご覧になりたい方は是非こちらから!! → ロング・霊夢

さてさて・・・次回の東方語りは、捨てる神あれば拾う神あり! →多々良小傘に見られる「生き方の多様性」、
パチュリーさん その③ 、早苗さん その⑦などを予定しています!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ウエディング早苗さん

ウエディング早苗さんのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
素敵な妄想もしていただき、嬉しいです!!

霊夢の記事も紹介してくださり、ハッピーです♪

清楚な花嫁さん

アミグリ 様


あのウェディング早苗さんは本当に「清楚な雰囲気」に満ちていて、
はっちゃけ早苗さんも素敵ですけど、こういう荘厳な早苗さんの雰囲気も大好きです!!
アミグリさんのあの素敵なイラストが無ければ、私の脳内妄想なんか発生する訳ないですよ・・・(笑)
まさにアミグリさんのイラストは、妄想さえ引き起こす「素敵な源」と言えるのかもしれないですね。

さてさて・・改めてメッセージさせて頂きますけど、
今週も色々とお願いばかりになってしまうと思いますが、
何卒宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2955-8bd71ea5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |