プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.兵庫高校


C/交響的断章(V.ネリベル)


実はなのですけど、この一つ後の記事がブログ開設以降通算3000記事となります!!
この記事は通算2999本目の記事となります。

このブログは、開設以来、「プリキュア」と「吹奏楽」を二本柱に据えてきましたけど、
(多分ですけど、これに「東方Project」カテゴリが間もなく「三本柱」の一つとして加わってくると思います)
「吹奏楽カテゴリ記事」だって、プリキュアや東方にだって負けやしません!!
「これからもまだまだいくよ! えへッ!!」という感じですね!!

1970年代前半~中盤あたりの頃の全国大会の高校の部では、
一部の審査員とか一部のBJ執筆担当の方から「印象がうすい高校の部」とか
「レヴェルがやたらと高い中学の部に比べると、パワーばかりが目立ち過ぎ、全体的なレヴェルが下がってしまう」とか
「兵庫県の今津中とか東京都の豊島十中みたいな明確な個性を感じさせるチーム&演奏が少ない」
みたいな幾分マイナス的評価をされている方も多かったような印象があります。

だけど・・・

実体は決してそんな事はないと私は思っています。

1970年代の高校の部にだって、天理高校・富山商業・花輪高校・秋田南高校・首里高校・玉川学園高等部・
銚子商業・前橋商業・浜松工業・名古屋電気等の個性溢れる素晴らしい演奏を聴かせてくれていたチームだって
いっぱい一杯あったと思いますし、
少なくとも「中学の部よりもレヴェルが低い」という事だけは断じてない事だけは強調しておきたいと思います!!
確かに70年代前半~中盤はどちらかというと「模索している時期」という感じもありますし、
上手い学校とそうでもない学校の「差」がちょっと開いているのが気になりますけど、
そうした過渡期の努力の結果が
1980年(第28回大会)の素晴らしき歴史的名演の続出と言う「果実」に繋がっているのだと思います。

そして・・・この時代を代表するチームの一つがこの「兵庫高校」なのではないのかな・・とも思います。

改めてですけど、この兵庫高校は(吹奏楽ファンの間ではよく言われる話ですけど)
あの激戦の関西大会に出場するには勿体無さすぎるチーム・・・
関西は、天理・淀川工業という二大大御所がでーーんと構えていてれ残りの代表1枠を巡って
毎年毎年他校との凄まじい激戦を展開し、
結果として・・・吉永先生が指揮された兵庫高校はわずか4回のみの全国大会出場に留まっているのですよね・・
これって本当に勿体無い話で、
例えば・・・四国とか中国とか東京支部のように比較的それほどレヴェルが高くないブロック(→失礼・・・)に
この兵庫高校が出場していたら、
少なくとも関西大会に居た時よりはもっともっと全国大会に出場出来て、
あの吉永先生の個性溢れる凄まじくアクの強い演奏を普門館の聴衆にお披露目出来たのにね・・と
今でも感じることがあります。
(ま・・・同じ事は私の吹奏楽仲間も今でもそういう事を言っていますけどね・・・)
例えば・・・1984年の関西大会の代表は、天理・淀川・神戸だったのですけど、
兵庫の自由曲のスミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」なんかは(日本ワールドレコード社のレコードを聴いた限りでは)
とてつもなく面白い演奏で、凄まじい迫力&テンポとダイナミックスレンジの変化を見せつけ、
「え・・これで代表になれないんだ・・」と関西大会のレヴェルの高さをまさに見せつけていましたよね!!

さてさて・・・1977年の兵庫高校の演奏なのですけど、
あれれ・・実はもう既に本編前に他校の語りの段階で、兵庫のディスコ・キッドとかネリベルとか
はたまた1974年の「朝鮮民謡の主題による変奏曲」の話は語ってしまいましたね・・・(笑・・)

ま・・・改めてですけど、この年の兵庫高校について語らさせて頂きますと・・・・

兵庫高校の課題曲C/ディスコ・キッドはいかにも吉永先生らしい解釈&表現で、
全体的にダーダー吹きみたいな感じなんだけどリズム感は極めてシャープ、しかも部分的にテンポを相当いじくり回し、
場面によってはわざとだと思うのですけど、瞬間的に「間」をとって
メロディーとメロディーの間に瞬間的な「空白」を作りだしているのですよね!
聴衆に「え・・・・!!」みたいな意外感を演出しているのはさすがですよね!!
いや――、あの斬新な解釈って凄いと思いますよ!
一体この楽しいノリノリな曲をどう解釈すればこんな大胆な解釈が生まれるんじゃい!!みたいな感じもするのですけど、
それが少しも違和感とか不自然さを感じさせない点が凄いと思います。
これってなんで不自然さを感じさせないかと言うと、理由は簡単でして、一貫して曲としてのドライヴ感が
弾けていて、終始ノリの良さを聴衆に伝えているからだと思います。
ちなみにですけど、吉永先生は西宮高校に異動後の1998年の課題曲Ⅱ/稲穂の波においても
曲の途中で瞬間的な「間」を開けて普門館の聴衆の度胆を抜いていましたよね!!
(あの演奏は当時私も普門館で直接聴きましたけど、驚きました!!)

とにかく・・・この年の高校の部で課題曲Cを選んだチームの中では群を抜いていたと思います。

自由曲のネリベルの「交響的断章」は、これは、はっきり書いてしまうと、
聴く人の好みによって「好き嫌い」ははっきりと分かれる演奏だと思います。
そうですね・・・聴く人の「感じ方」でかなり印象に違いが出てくる演奏であり、審査員の好みによって
評価が真っ二つに割れてしまうような演奏の典型的なものだとも思います。
一言で言うと・・・音量がかなりオーバーヒートしています。
確かに「高校生の熱いハート」は痛いほど伝わってくるけど、ちよっとコントロールを失ってしまったのかも・・?
そうした「音量過剰」という面が結果としてコンクールとしてはマイナス評価になってしまったのかなとも
思います。
そうですね・・・上記はどちらかというと一般論なのですけど、
私のように例えば「二つの交響的断章」とか「アンティフォナーレ」みたいなネリベルの凄まじいダイナミックスレンジの
極端な落差が大好き!!という人間にとっては、
この兵庫高校の「交響的断章」はとてつもなく魅力的な演奏に聴こえてしまいます。
ま・・・確かにちょっといくらなんでも音量過剰すぎる箇所があるのは私も認めますけど、
冒頭のあの強烈な威圧感とかpp~fffの凄まじい音量の急激な落差の付け方とか
中間部のシロフォーンの扱いのひそやかな感じとか
部分的にオルガントーンを彷彿とさせるクラリネットセクションの澄んだ音色とか
課題曲同様にテンポをかなりいじくりまくった大胆な解釈とか一気呵成みたいな強引な閉じ方とか
私はこの演奏は全然悪くないと思いますし、むしろ大好きなネリベルの演奏の一つだと思います。
(私にとってネリベルというと・・ま・・このブログでも何度も語っている通り、1979年の市立川口がバイブルです!!!)
1973年と1982年に名古屋電気高校がやはりこのネリベルの「交響的断章」を自由曲として演奏していましたけど、
名電だって音量はかなりバリバリに鳴らしていたし、あの圧倒的な上から目線的威圧感は、
兵庫高校が目指していた方向性とむしろイコールだと思うのですけど、
名電は金賞、この年の兵庫はコンクールの評価としては銅賞という結果に終わっています。

だけど、兵庫の銅賞は、「こうしたコンクールは審査員の評価が全てではない」という事をいみじくも
立証していると思います。
少なくとも私とか・・私の周辺の吹奏楽の仲間は今でもあの演奏は「優れたネリベルの演奏の一つ」と
思っていますし、
何よりも、吉永先生らしい個性&アクの強さが凄まじいほど漲っていると思いますし、
あの演奏から既に39年近く経過しているのですけど、こうやって今現在も私のハートに「何か」を
伝えているという事実だけは絶対に揺るがないですし、
とにかく吉永陽一先生、当時の兵庫高校吹奏楽部の奏者の皆様、そして関係者の皆様に
39年後の遠き埼玉の地から「敬意」を表させて頂きたいと思います。




2a6d10e8_convert_20160606194319.jpg



最後に・・・

え・・・なんでここにキュアミューズが・・・??

そうですね・・・その答えは、分かる人にしかわからないのかも・・・(笑)

私としては、その分かる方にその意図を分かって頂けるだけでもとっても嬉しいです(笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2953-25f42717
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |